dancept1の備忘録

答弁権のエソロジー

第40回人権理事会:普遍的定期的審査に関する一般討論


文書番号:HRC/19/43E

ノート:

  • 午前中、UPR 結果採択を終えた中国が発言。

  • NGO からは 35 が発言したが、四つの NGO が中国の UPR や人権の問題を提起。これに対し中国から中国人権研究会(CSHRS)含む以下の八つの NGO が(大挙?)発言、加えて UPR 結果採択で中国を擁護したキューバの三つの NGO がこちらでも助太刀した。

    北京市民組織間国際交流協会(直前の被抑圧民族協会の声明に反論)、北京智誠移住労働者法律援助研究センター(主に自身の活動報告)、北京青少年法律援助研究センター:「中国における人権の偉大なプロモーションを目撃」、中国扶貧基金会(主に自身の活動報告)、中華全国婦女連合会 *1:「将来、中国は、この分野[女性の発言]において一層の進展を行なう」、中国障害者連合会:「障害者の権利保護における中国政府の取り組みを高く評価」、中国人権研究会(CSHRS):「あらゆる国の内政を干渉するための道具として人権を使用しようとするいかなる試みもすべて誤り」、マカオ女性総合協会(「家庭内暴力」への対策法(2016年))。

    中華全国婦女連合会は、(実際の発言内容は確認していないが)政府の物言いになってしまっている(正直といえば正直か)。今セッション大活躍(?)の中国人権研究会(CSHRS)も、いつもの調子で政府の発言そのもの。

  • 規約どおりいわば合法的に協議資格を取得して入り込む "GONGO" *2 による会合ジャックを懸念するのは当方だけではないだろう。国際機関などを自国の利益のために利用し尽くし、それまで想定されていた国際ルールやしくみを破壊するいつもの構図か。国連経済社会局「 iCSO(統合市民社会組織)システム」によれば、中国を本部として 59  、そのうち協議資格を有する NGO は 43 の登録がある *3

  • また、ルポン(Le Pont)という NGO中国当局に「領土保全を守り、人権を改善することを続けるよう要請」。iCSO システムによれば 2017年に「特殊」協議資格取得、フランスのトラップ(ベルサイユ近郊)を本部としているが、「言語」にタミル語、英語、フランス語とあるようにリンク先のホームページ Akkaraipattu News の記事はタミル語表記。

  • 被抑圧民族協会、ヨーロッパ法律司法センター、良心の自由のための団体と個人のヨーロッパ・コーディネーション(CAP-LC)が中国の UPR および人権の問題を提起。アンジニア・デュ・モンドは、イラン、シリアおよび北朝鮮を合わせたよりもイスラエル決議の方が多い、国連ウォッチも、今セッションにおいてイスラエルに対する七つなどに対し、中国(など)に関する国別報告がないことを指摘した。

掲載URL:
https://www.unog.ch/unog/website/news_media.nsf/(httpNewsByYear_en)/548BC0EADD463C5DC12583BE0051FF28?OpenDocument


HUMAN RIGHTS COUNCIL HOLDS GENERAL DEBATE ON UNIVERSAL PERIODIC REVIEW
人権理事会、普遍的定期的審査に関する一般討論を開催する

15 March 2019
2019年3月15日

The Human Rights Council during a midday meeting held a general debate on the Universal Periodic Review.
人権理事会は、昼の会合中、遍的定期的審査に関する一般討論を開催した。

In the discussion, speakers said that the Universal Periodic Review was one of the great successes of the Council in ensuring the universal coverage of human rights. It was thanks to this process that there was such progress achieved in terms of human rights legislation and this allowed others to learn from best practices. Delegations affirmed that discussions had to be based on results and far removed from politicization, taking into account national specificities and capacities. All interventions in this process should be based on open and constructive engagement, not on selectivity or naming and shaming. Some speakers noted that the process could not be a tool for coercing States and attempts to undermine the very foundation of the Universal Periodic Review were rejected. The Universal Periodic Review must be carried out objectively and must be protected from double standards within the Human Rights Council. The efficacy of the Universal Periodic Review greatly depended of the commitment of the State to the Council’s recommendations. That was why it was important to provide adequate capacity building. Finally, the importance of national institutions for follow up of recommendations was underlined.
議論において、発言者は、普遍的定期的審査は人権の普遍的な保障の確保における評議会の大きな成功の一つであると述べた。このプロセスのおかげで、人権法の観点からそのような進歩が達成され、他がベストプラクティスから学ぶことができた。代表団は、議論は結果に基づいたものでなければならず、国家の特異性や能力を考慮に入れ、政治化からは遠く離れていなければならないことを確認した。このプロセスへの介入は、選択性や名指しと辱めではなく、オープンで建設的な関与に基づくべきであると主張した。一部発言者は、このプロセスは国家を強要するためのツールにはなり得ず、普遍的定期的審査のまさにその基盤を弱体化させる試みは拒否されたと指摘した。普遍的定期的審査は客観的に実施されなければならず、人権理事会内の二重基準から保護されなければならない。普遍的定期的審査の有効性は、理事会の勧告に対する国の関与に大きく依存していた。それが、十分なキャパシティ・ビルディングを提供することが重要だった理由だった。最後に、勧告をフォローアップするための国内機関の重要性が強調された。

[…]

The Human Rights Council will meet next at 4 p.m. to hold a debate on the mitigation and countering of rising nationalist populism and extreme supremacist ideologies.
理事会は次に、上昇する民族主義ポピュリズムと極端な至上主義的イデオロギーの緩和と対抗に関する討論を開催するために、午後4時に会合を行なう。

General Debate on the Universal Periodic Review
普遍的定期的審査に関する一般討論

[…]

China said the Universal Periodic Review was the best platform to have frank and constructive dialogues and stressed the importance of observing the principles of transparency and non-politicization. All countries had the right to accept and implement the recommendations according to their capacity. China recalled that during its latest review, it had accepted 80 per cent of the recommendations made to it.
中国は、普遍的定期的審査が率直で建設的な対話を行なうための最良の基盤であると述べ、透明性と非政治化の原則を遵守することの重要性を強調した。すべての国々は、彼らの能力に従って勧告を受け入れ、実施する権利を有してた。その最新審査中、同国に対してなされた勧告の80パーセントを受け入れていた。

[…]

National Union of Jurists of Cuba, The recognized attempts made by China to strengthen its legal system and said that promoting human rights in China meant there was huge progress in terms of improving the living standards, health, education, and promoting the rights of persons with disabilities. China promoted balanced human rights development.
キューバ法律家全国組合は、中国によってなされた法制度を強化するための試みは認められており、中国における人権促進は、生活水準の向上、健康、教育、および障害者の権利の促進に関して大きな進歩があったと述べた。中国はバランスの取れた人権開発を推進した。

[…]

Cuban United Nations Association highlighted the measures and actions taken by China in human rights education, especially through training of law enforcement and civil servants. The organization welcomed China’s proactive work in multilateral mechanisms, particularly the implementation of the Paris Climate Agreement, and combatting terrorism and drug use.
キューバ国連協会は、とくに法執行機関や公務員の訓練を通じて、人権教育において中国によってとられた措置や行動を強調した。同組織は、多国間メカニズム、とくにパリ気候協定の実施、ならびにテロリズムと麻薬使用との戦いにおける中国の積極的な取り組みを歓迎した。

National Association of Cuban Economists welcomed what the Chinese Government had achieved in the past decades to promote the human rights of the Chinese people, especially poverty reduction in rural areas. In recent years, China had lifted 10 million people in rural areas out of poverty, whereas 70 per cent of the poverty reduction globally corresponded to China’s success.
キューバ経済学者全国協会は、中国政府が過去数十年間に中国人民の人権、とくに農村地域の貧困削減を推進するために達成したことを歓迎し、近年、農村地域の1,000万人を貧困から解放した。世界の貧困削減の70パーセントが中国の成功と一致した。

[…]

Society for Threatened Peoples said the Universal Periodic Review was meant to include stakeholders, alongside States. However, they expressed their concern about a joint submission that had been made on China, accepted, but later removed as it had been found to violate a criterion on political impartiality. The Society disputed this, and believed it was removed due to political pressure from China.
被抑圧民族協会は、普遍的定期的審査が締約国と並んでステークホルダーを含むことが意図されていたと述べた。しかしながら、受け入れられたが、政治的公平性の基準に対する違反が判明していたとして後にに取り除かれた、中国に対してなされた合同提出についての懸念を表明した。同協会はこれに異議を唱え、それは中国からの政治的圧力のために取り除かれたと考えた。

Beijing NGO Association for International Exchanges disagreed with the previous speaker, stating that the situation in Tibet was not as had been described. Her Association had established a system for entrepreneurship for women called She Loves Tech, in collaboration with a number of international partners. A partner programme in Nepal had recently been established.
北京市民組織間国際交流協会は、チベットにおける状況が説明されていなかったと表明し、前の発言者に異議を唱えた。彼女の協会は、多くの国際的パートナーと共同で、シー・ラブズ・テックと呼ばれる女性のための起業家精神のためのシステムを設立していた。ネパールにおけるパートナープログラムが最近設立されていた。

Beijing Zhicheng Migrant Workers' Legal Aid and Research Center said that more than one million migrant workers were currently employed in Beijing, and these were often poorly educated and did not know their rights. The organization worked with such migrant workers to improve their access to legal representation. They had established a number of regional support centres, and had trained public law lawyers to help those in need.
北京智誠移住労働者法律援助研究センターは、北京において百万人以上の移住労働者が現在、雇用され、通常十分な教育を受けず、彼らの権利を知らなかったと述べた。同組織は、法的代理人へのアクセスを改善するために、そのような移住労働者と協力した。彼らは、多くの地域支援センターを設立し、必要としている人々を助けるために公法の弁護士を訓練していた。

Beijing Children's Legal Aid and Research Center had witnessed great promotion of human rights in China. The Government and society were paying more attention to children. Special institutions and mechanisms were set up to take care of children. Juvenile protection and the juvenile criminal justice system were improved. Social indicators of children published by the United Nations Children’s Fund reflected the improvement.
北京青少年律援助研究センターは、中国における人権の偉大なプロモーションを目撃していた。政府と社会は児童にさらに注意を払っていた。特別な機関とメカニズムが、児童のケアをするために設立された。青少年の保護と青少年の刑事司法制度が改善された。国連児童基金によって公表された児童の社会指標は改善を反映した。

China Foundation for Poverty Alleviation was engaged in international assistance to poverty alleviation in many countries. The organization was mostly working on sanitation and safe drinking water, as well as other areas identified by the 2030 Agenda for Sustainable Development.
中国扶貧基金会は、多くの国々において貧困緩和のための国際支援に従事していた。同組織は主に、衛生と安全な飲料水に加え、持続可能な開発のための2030年アジェンダにより認定された他の分野に取り組んでいた。

All China Women's Federation said that the Federation and its local branches had been in close contact with women in China, in order to ensure that women’s voices were heard in Government policies. New policies had been set up to assess the impact of improvements. More than 31 provinces had a new organizational set up. In future, China would make even greater progress in this field.
中華全国婦女連合会は、同合会とその支部は、女性の声が政府の政策において聞かれるようにするために、中国の女性と密接にしていたと述べた。新しいポリシーが、改善の影響を評価するために設定されていた。31以上の省に新組織の設立があった。将来、中国は、この分野において一層の進展を行なう。

China Disabled Person's Federation appreciated the efforts made by the Chinese Government in the protection of the rights of persons with disabilities. There were 85 million persons with disabilities in China, and many laws related to the protection of their rights. Every five years there was a plan for the protection of their rights. China was also part of the cooperative mechanisms of the Association of Southeast Asian Nations for exchange of experience.
中国障害者連合会は、障害者の権利保護における中国政府の取り組みを高く評価した。中国において8,500万人の障害者がおり、彼らの権利の保護に関連する多くの法律があった。5年ごとに彼らの権利保護のための計画があった。中国はまた、経験の交換のための東南アジア諸国連合の協力メカニズムの一部だった。

The European Centre for Law and Justice spoke of the case of Pastor Cao San Qiang, a permanent resident of the United States who had for the past two years been wrongfully imprisoned in China for simply living his faith. The organization pleaded for his freedom and reunification with his family.
ヨーロッパ法律司法センターは、単に彼の信仰生活のために中国において過去2年間不当に投獄されていた米国永住者、ツァオ・サンチエン牧師の事件を話した。同組織は、彼の自由と彼の家族との再会について懇願した。

[…]

European Coordination of Associations and Individuals for Freedom of Conscience said the rights of religious minorities were restricted in China. Falun Gong and the Church of Almighty God were outlawed completely. The extent of China’s control of Tibetan culture and religion was massive, and at least one million Uighurs were imprisoned in Xinjiang. They called on China to open up and accept a visit of the Special Rapporteur without delay.
良心の自由のための団体と個人のヨーロッパ・コーディネーション[Coordination des Associations & Particuliers pour la Liberté de Conscience:CAPLC]は、宗教的マイノリティの権利は中国において制限されていたと述べた。法輪功と全能神教会は完全に違法とされた。チベットの文化と宗教の中国の支配範囲は非常に大きく、少なくとも100万人のウイグル人が新疆において投獄された。中国に対し、遅滞なく開放と特別報告者の訪問を受け入れるよう要請した。

China Society for Human Rights Studies (CSHRS) said the Universal Periodic Review had helped improve the human rights situation of China, where 55 religious minorities lived, often in remote areas. The cultures and languages of minorities were protected, such as those of Uighurs and Tibetans. Any attempt to use human rights as a tool to interfere in the internal affairs of any country was wrong.
中国人権研究会(CSHRS)は、普遍的定期的審査が55の宗教的マイノリティが暮らす中国の人権状況を改善するのに役立っていたと述べた。ウイグル人チベット人などのマイノリティの文化や言語は保護されていた。あらゆる国の内政を干渉するための道具として人権を使用しようとするいかなる試みもすべて誤りだった。

Women's General Association of Macau, The. reminded that 30 per cent of women in China had experienced domestic violence. In order to combat domestic violence, China had adopted the first nationwide law in 2016, as an important milestone in the protection of human rights in the country.
マカオ女性総合協会は、中国における女性の30パーセントが家庭内暴力を経験していたことを想起した。家庭内暴力と戦うために、中国は2016年に同国における人権保護における重要な節目として、2016年に最初の全国的な法律を採択した。

[…]

Le Pont recognized progress made by China. More than 70 per cent of people in China had seen their living conditions improve. China had achieved the goal of eradication of poverty 10 years ago. South-South cooperation was supported and Chinese authorities were called upon to continue to defend their territorial integrity and improve human rights.
ルポンは、中国のによってなされた進捗を認識した。中国における70パーセント以上の人々が生活環境改善を見ていた。 中国は10年前に貧困撲滅の目標を達成していた。南南協力は支持され、中国当局は、彼らの領土保全を守り、人権を改善することを続けるよう要請された。

Ingénieurs du Monde said that the Council was created to ensure universality, neutrality and in order to eliminate double standards. Many countries, like Venezuela (Bolivarian Republic of) had spoken against naming and shaming and country specific resolutions. Why were there more resolutions on Israel than on the Islamic Republic of Iran, the Syrian Arab Republic and the Democratic People’s Republic of Korea combined?
アンジニア・デュ・モンドは、理事会は普遍性、中立性を確保し、二重基準を排除するために創設されたと述べた。ベネズエラボリバル共和国)のような多くの国々は、名指しと辱めおよび国別決議に反対して発言していた。イラン・イスラム共和国シリア・アラブ共和国および北朝鮮を合わせたよりもイスラエルに関する決議の方が多かったのはなぜか?。

[…]

United Nations Watch said the Human Rights Council in the past 13 years had never established a single commission of inquiry on Saudi Arabia and never adopted a condemnatory resolution on that country. At this session, the Council would hear seven reports on Israel, two on the Democratic People’s Republic of Korea, two on the Islamic Republic of Iran, one on the Syrian Arab Republic, and none on Algeria, China, Iraq, Pakistan, Qatar, Russia, Somalia, Turkey, Venezuela or Zimbabwe.
国連ウォッチは、過去13年間において人権理事会がサウジアラビアに関する単独の調査委員会を設置したことはなく、その国に対する決定的な決議を採択したこともなかったと述べた。このセッションでは、理事会はイスラエルに関する七つ、北朝鮮に関する二つ、イラン・イスラム共和国に関する二つ、シリア・アラブ共和国に関する一つを聞き、およびアルジェリア中国イラクパキスタンカタール、ロシア、ソマリア、トルコ、ベネズエラまたはジンバブエに関しては無い。

[…]


2019年3月24日

*1:下記も参照。

*2:下記参照。

*3:下記 iCSO「高度な検索」Country: China で確認できる。近年急増中とまでは言えないが、2000年代以降順調に増加している模様。