dancept1の備忘録

答弁権のエソロジー

第37回人権理事会:人権擁護者ならびに拷問に関する双方向対話


文書番号:HRC18/015E

ノート:

  • 中国:「中国は人権の保護にコミットし[…]法律および司法制度の改善と改革の実施に取り組んでいた」。人権擁護者には言及せず。ヘルシンキ人権財団(本部ワルシャワ)がチベットの人権弾圧について発言、これに対しては午後の会合で答弁権を行使して反論(下記関連エントリ 2018-03-01 参照)。同 NGO は翌日の会合でもチベットに言及する(同 2018-03-02 )。人権擁護者の状況に関する特別報告者が、香港への学術訪問緩和を賞賛。

  • ヘルシンキ人権財団(HFHR)

  • 関連エントリ

掲載URL:
https://www.unog.ch/unog/website/news_media.nsf/(httpNewsByYear_en)/E914F0E9D25B8261C125824300562C4C?OpenDocument


HUMAN RIGHTS COUNCIL HOLDS INTERACTIVE DIALOGUE ON HUMAN RIGHTS DEFENDERS AND ON TORTURE
人権理事会、人権擁護者ならびに拷問に関する双方向対話を開催

1 March 2018
2018年3月1日

The Human Rights Council in its midday meeting held a clustered interactive dialogue with the Special Rapporteur on the situation of human rights defenders, Michel Forst, and with the Special Rapporteur on torture and other cruel, inhuman, or degrading treatment or punishment, Nils Melzer.
人権理事会は、昼の会合で、人権擁護者の状況に関する特別報告者ミシェル・フォルスト、ならびに拷問およびその他の残酷な、非人道的なまたは品位を傷つける扱いまたは刑罰に関する特別報告者ニルス・メルツァーとの集約化双方向対話を開催した。

[…]

Discussion
討論

[…]

China was committed to the protection of human rights and was working to improve its legal and judicial system and conducting reforms in line with the provisions of the Convention against Torture and Other Cruel, Inhuman or Degrading Treatment or Punishment. 
中国は人権の保護にコミットし、拷問およびその他の残酷な、非人道的なまたは品位を傷つける扱いまたは刑罰に関する条約の規定に沿って、法律および司法制度の改善と改革の実施に取り組んでいた。

[…]

Helsinki Foundation for Human Rights said 10 years after major protests broke out across the Tibetan Plateau, the People’s Republic of China had implemented harsh policies aimed at suppressing any challenge to its rule. As a result, almost any expression of Tibetan identity, acts of non-violent dissent or criticism of ethnic or religious policies could today be considered by authorities as illegal.
ヘルシンキ人権財団は、チベット高原を横切る大規模な抗議が沸き起こってから10年が経過し、中国はそのルールへのいかなる異議申し立ても抑圧する厳しい政策を実施していた。その結果、チベットアイデンティティのほとんどあらゆる表現、非暴力的な異議表明や民族的または宗教的政策批判が、こんにち当局によって違法とみなされる可能性がある。

[…]

Concluding Remarks
結語

MICHEL FORST, Special Rapporteur on the situation of human rights defenders, regretted statements by the Russian Federation calling for the abolition of his mandate. He said his mandate allowed for the provision of technical assistance and offered his expertise to help Russia address concerns. Mr. Forst proposed a follow-up visit to Australia to better guide the implementation of previous recommendations, also noting that Mexico was a strong supporter of his mandate. He said a campaign would be launched to mark the twentieth anniversary of the United Nations Declaration on Human Rights Defenders. The goal of the campaign was to change the narrative in which human rights defenders were identified as a means to better present the role they played. The Special Rapporteur was working on guidelines to inform the behaviour of private sector actors working with human rights defenders. He mentioned the possibility of a global summit that would gather human rights defenders as a means to share best practices and concerns. He expressed pleasure over European Union efforts to study the shrinking space for civil society organizations. China had facilitated an academic visit to Hong Kong, he said, calling on other States to extend similar invitations.
人権擁護者の状況に関する特別報告者ミシェル・フォルストは、ロシア連邦による彼のマンデート廃止を求める声明が遺憾だった。彼は、彼のマンデートは、技術支援の提供を可能にし、ロシアの表明した懸念に役立つ専門知識を提供したと述べた。フォルスト氏は、以前の勧告の実施をより良く導くためにオーストラリアへのフォローアップ訪問を提案し、メキシコが彼のマンデートを強力に支持していることを指摘した。彼は、人権擁護者に関する国連宣言二十周年を記念してキャンペーンが開始されると述べた。このキャンペーンの目的は、人権擁護者が、彼らが果たした役割をよりよく示す手段として見做されたという物語を変えることだった。特別報告者は、人権擁護者と協力している民間セクターの行動を報告するためのガイドラインに取り組んでいた。ベストプラクティスと懸念を共有する手段として人権擁護者を集めるグローバルサミットの可能性について言及した。市民団体の縮小する空間を研究する欧州連合の努力に対して喜びを表明した。中国は、香港への学術訪問を容易にしたと述べ、同様の招待を拡大するよう他の締約国に求めた。

[…]


2018年3月10日