dancept1の備忘録

答弁権のエソロジー

第35回人権理事会:身体的、精神的健康および国際的連帯に関する双方向対話


文書番号:HRC17/073E

ノート:

(日本政府声明)
ジュネーブ国際機関日本政府代表部「ステートメント
第35回人権理事会 人権理事会 健康の権利特別報告者とのID(インタラクティブダイアログ)久保田友子一等書記官ステートメント (平成29年6月6日)

なお、UN Web TV は志野光子大使の発言と記載している(チャプター16)。

掲載URL:

http://www.unog.ch/unog/website/news_media.nsf/(httpNewsByYear_en)/8D2FFB53147370A6C1258137005B94CD?OpenDocument


HUMAN RIGHTS COUNCIL HOLDS INTERACTIVE DIALOGUE ON PHYSICAL AND MENTAL HEALTH AND ON INTERNATIONAL SOLIDARITY
人権理事会、身体的、精神的健康および国際的連帯に関する双方向対話を開催

6 June 2017
2017年6月6日

The Human Rights Council in its midday meeting held a clustered interactive dialogue with Dainius Puras, Special Rapporteur on the right of everyone to the enjoyment of the highest attainable standard of physical and mental health, and Virginia Dandan, the Independent Expert on human rights and international solidarity.
人権理事会は、昼の会合で、到達可能な最高水準の身体的および精神的健康の享受への万人の権利に関する特別報告者、ダニウス・プラスおよび人権と国際的連帯に関する独立専門家、バージニア・ダンダンとの集約化双方向対話を開催した。

[…]

Interactive Dialogue
双方向対話

Japan noted that the Council should play an active role in addressing discrimination based on medical conditions and stigmatization, adding that the Special Rapporteur should also collaborate with the Special Rapporteur on the rights of persons with disabilities.
日本は、理事会が、医学的条件と烙印に基づく差別に積極的に取り組むべきであると指摘し、特別報告者は障害者の権利に関する特別報告者と協力するべきであると付け加えた。

[…]


2017年7月12日