dancept1の備忘録

答弁権のエソロジー

第74回総会第三委員会:代表者が強制措置の使用を非難するなか、第三委員会専門家、テロリズムに対抗しながら司法の独立を確保し市民的自由を維持することが不可欠、と言う


文書番号:GA/SHC/4268

ノート:

  • 中国がテロ対策、一方強制措置(「ある国」に言及)、開発権、国際秩序で発言。

  • ガルシア=サヤン裁判官と弁護士の独立に関する特別報告者が京都コングレスに言及。昨年、日本が声明で言及していた(関連エントリ参照)。

  • 関連エントリ

掲載URL:https://www.un.org/press/en/2019/gashc4268.doc.htm


United Nations

GA/SHC/4268

GENERAL ASSEMBLY > THIRD COMMITTEE >
SEVENTY-FOURTH SESSION,
21TH & 22TH MEETINGS (AM & PM)

16 OCTOBER 2019


Vital to Ensure Judicial Independence, Uphold Civil Liberties while Countering Terrorism, Third Committee Experts Say as Delegates Decry Use of Coercive Acts

国連

GA/SHC/4268

総会 >第三委員会 >
七十四回セッション、
21回および22回会合(午前および午後)

2019年10月16日


代表者が強制措置の使用を非難するなか、第三委員会専門家、テロリズムに対抗しながら司法の独立を確保し市民的自由を維持することが不可欠、と言う

Ensuring the protection of human rights in counter‑terrorism instruments, tackling contemporary threats to judicial independence, and the role of multinational forums in fostering a more equitable world order were among the topics addressed in briefings to the Third Committee (Social, Humanitarian and Cultural) today, as delegates engaged with experts in lively interactive dialogues.
本日、活発な双方向対話において代表者は専門家と議論を交わすなか、テロリズム対策手段における人権確保、司法の独立への現代の脅威への取り組み、およびより公平な世界秩序発展における多国籍フォーラムの役割が第三委員会(社会、人道および文化)へのブリーフィングで取り上げられたトピックの一部だった。

[…]

The Third Committee will reconvene at 10 a.m. on 17 October to continue its consideration of the promotion and protection of human rights.
第三委員会は、人権の促進と保護の検討を継続するために、10月17日午前10時に再会する。

Background
バックグラウンド

The Third Committee (Social, Humanitarian and Cultural) continued its debate on the promotion and protection of human rights today (for background, see Press Release GA/SHC/4266).
第三委員会(社会、人道および文化)は本日、人権の促進と保護に関する議論を継続した(バックグラウンドについては、プレスリリースGA/SHC/4266参照)。

Interactive Dialogues — Countering Terrorism
双方向対話 — テロリズム対策

FIONNUALA NÍ AOLÁIN, Special Rapporteur on the promotion and protection of human rights and fundamental freedoms while countering terrorism, […] 
フィオヌアラ・ニ・アオレインテロリズム対策の一方での人権の促進と保護に関する特別報告者は、[…] 

[…] 

In the ensuing dialogue, the representative of the United States[…]
その後の対話において、米国代表は[…]

[…] 

The representatives of Mexico and China also spoke.
メキシコと中国代表も発言した。

[…]

Independence of Judges
司法の独立

DIEGO GARCIA-SAYAN, Special Rapporteur on the independence of judges and lawyers,[…]
ディエゴ・ガルシア=サヤン裁判官と弁護士の独立に関する特別報告者は、[…]

[…]

More broadly, he said the role of judges and lawyers is essential in tackling corruption, specifically transnational corruption, since they prosecute the perpetrators of these acts. The United Nations Convention against Corruption is a vital tool to ensure that proper investigation is carried out. International law should regulate the actions and responsibilities of judges, he said, stressing that the system can only work effectively if judges and lawyers are independent. To this end, he drew attention to the Fourteenth United Nations Congress on Crime Prevention and Criminal Justice which will take place in Kyoto, Japan in April 2020. Also participating in the discussion were the representatives of the Maldives, Russian Federation and Lithuania.
さらに大まかに言って、彼は裁判官と弁護士の役割が、彼らはこれらの行為の加害者を告発するので、腐敗、とくに国境を越えた腐敗に取り組む上で不可欠である、と述べた。国連腐敗防止条約は、適切な調査が実施されるようにするための重要なツールである。彼は、裁判官と弁護士が独立している場合にのみシステムが効果的に機能することを強調して、国際法は裁判官の行動と責任を規制すべきでる、と述べた。この目的のために、2020年4月に日本の京都において開催される第十四回国連犯罪防止刑事司法会議に注意を喚起した。また、モルディブロシア連邦およびリトアニア代表も議論に参加した。

[…]

The Committee then discussed the report of IDRISS JAZAIRY, Special Rapporteur on the negative impact of unilateral coercive measures on the enjoyment of human rights, who was unable to attend today’s meeting due to illness.
その後、委員会は、病気のため本日の会議に出席することができなかったイドリス・ジャザイリー人権の享受に対する一方強制措置の悪影響に関する特別報告者の報告を議論した。

Discussing the report (document A/74/165), several delegates took to the floor to highlight situations in their own countries where the negative impact of such measures is felt. Venezuela’s delegate said that political and financial pressure against developing countries are examples of unilateral coercive measures. China’s representative noted that “a certain country” pursues power politics against her own. Using unilateral measures as a political tool is not only against the Charter of the United Nations but also undermines other countries’ efforts to protect human rights based on the needs of their own people.
報告書(ドキュメントA/74/165)を議論して、数名の代表者は、そのような措置の悪影響が感じられる自国の状況を強調するために発言した。ベネズエラの代表は、発展途上国に対する政治的および財政的圧力が一方的強制措置の例であると述べた。中国の代表者は、「ある国」は自身に対して権力政治を追求していると指摘した。政治的手段として一方的措置を使用することは、国連憲章に反するだけでなく、自国民のニーズに基づいて人権を保護する他国の取り組みも損なう。

[…]

Right to Development
開発権

ZAMIR AKRAM, Chair‑Rapporteur of the Working Group on the Right to Development,[…]
ザミル・アクラム開発権に関する作業部会議長報告者は、[…]

[…]

The Russian Federation’s delegate said that the right to development is connected to the protection of the most vulnerable groups of society. The report’s recommendations will help form a more secure legal basis for related activities of the international community and enhance the status of the United Nations bodies dealing with this topic. China’s delegate said that while the right to development is a fundamental human right, it has not been effectively implemented across the world. She welcomed efforts by the Working Group to develop a legally binding instrument on the right to development.
ロシア連邦の代表は、開発権は社会の最も脆弱なグループの保護に関係していると述べた。この報告書の勧告は、国際社会の関連活動のより安全な法的基盤を形成し、このトピックを扱う国連機関の地位を高めるのに役立つ。中国の代表は、開発権は基本的人権であるが、世界中で効果的に実施されていないと述べた。彼女は、開発権に関する法的拘束力のある文書を開発するための作業部会の取り組みを歓迎した。

[…]

SAAD ALFARARGI, Special Rapporteur on the Right to Development, […]
サアド・アルファラルギ開発権に関する特別報告者は、[…]

[…]

In the ensuing dialogue, Egypt’s representative, […]
その後の対話において、エジプトの代表者は、[…]

[…]

Also speaking were the representatives of Cuba, Azerbaijan, Indonesia, Iran and China.
さらなる発言は、キューバアゼルバイジャンインドネシア、イランおよび中国代表だった。

Promotion of Equitable International Order
公平な国際秩序の促進

LIVINGSTONE SEWANYANA, Independent Expert on the promotion of a democratic and equitable international order,[…]
リビングストン・セワニャナ民主的で公平な国際秩序の促進に関する独立専門家は、[…]

[…]

When the floor opened for questions and comments, States highlighted their support for an equitable international order, with the representative of Maldives[…]
議場が質問とコメントのために開かれると、各国はモルディブ代表とともに、公平な国際秩序への支持を強調し[…]

[…]

Also speaking in the interactive dialogue were representatives of Venezuela (on behalf of the Non‑Aligned Movement) and China.
双方向対話におけるさらなる発言は、ベネズエラ非同盟運動代表)と中国代表だった。


2019年10月19日