dancept1の備忘録

答弁権のエソロジー

第40回人権理事会:高等弁務官の年次報告ならびに高等弁務官事務所および事務総長の報告に関する一般討論


文書番号:HRC/19/53E

ノート:

掲載URL:
https://www.unog.ch/unog/website/news_media.nsf/(httpNewsByYear_en)/68FF9AE9D62D5628C12583C3006CF15A?OpenDocument


HUMAN RIGHTS COUNCIL HOLDS GENERAL DEBATE ON THE ANNUAL REPORT OF THE HIGH COMMISSIONER AND REPORTS OF THE OFFICE OF THE HIGH COMMISSIONER AND THE SECRETARY-GENERAL
人権理事会、高等弁務官の年次報告ならびに高等弁務官事務所および事務総長の報告に関する一般討論を開催

Hears Presentation of Country Reports on Colombia, Cyprus, Guatemala, Honduras, Iran and on the Human Rights Situation of Rohingya and other Minorities in Myanmar, as well as Oral Updates on Venezuela and Yemen
コロンビア、キプロスグアテマラホンジュラス、イランならびにミャンマーにおけるロヒンギャおよびその他のマイノリティの人権状況に関する国別報告、加えてベネズエラおよびイエメンに関する口頭報告のプレゼンテーションを聞く

20 March 2019
2019年3月20日

The Human Rights Council this afternoon heard the presentation of written reports on country situations in Colombia, Cyprus, Guatemala, Honduras, Islamic Republic of Iran and on the human rights situation of Rohingya and other minorities in Myanmar, and oral updates on Venezuela (Bolivarian Republic of) and Yemen. It then held a general debate on the annual report of the High Commissioner and reports of the Office of the High Commissioner and the Secretary-General.
人権理事会は、この午後、コロンビア、キプロスグアテマラホンジュラスイラン・イスラム共和国における国状に関する書面報告、ならびにミャンマーにおけるロヒンギャおよびその他のマイノリティの人権状況、ならびにベネズエラボリバル共和国)およびイエメンに関する口頭報告のプレゼンテーションを聞いた。その後、高等弁務官の年次報告ならびに高等弁務官事務所および事務総長の報告に関する一般討論を開催した。

[…]

The Council will next meet on Thursday, 21 March at 9 a.m., to conclude its general debate on the annual report of the High Commissioner. It will then hear the presentation of other reports or oral updates by the High Commissioner on Afghanistan and Libya under its agenda item on technical assistance and capacity building, and hold a general debate on technical assistance and capacity building. The Council will then start taking action on resolutions and decisions.
理事会は次に、高等弁務官の年次報告に関する一般討論を終結するために、3月21日木曜日午前9時に会合を行なう。その後、アフガニスタンリビアに関する高等弁務官による技術支援と能力開発に関するアジェンダ項目に基づく他の報告書または口頭報告のプレゼンテーションを聞き、技術支援とキャパシティビルディングに関する一般討論を開催する。理事会はその後、決議と決定に関する審議を開始する。

[…]

General Debate
一般討論

[…]

Japan called on Myanmar to redouble its efforts to return displaced persons to Rakhine state. Regarding Venezuela, it remained concerned at the deteriorating human rights situation in the country, and the wave of people fleeing. Japan deplored the situation in Yemen and believed the Stockholm Agreement reached last year was an important step in establishing stability. Japan continued to provide support to vulnerable Yemenis.
日本ミャンマーに対し、避難民をラカイン州に帰還させる取り組みを倍加するよう要請した。ベネズエラに関しては、同国における人権状況悪化、および避難する人々の波を引き続き懸念した。日本は、イエメンにおける状況を非難し、昨年に到達したストックホルム合意は安定確立において重要な一歩だと考えた。日本は脆弱なイエメン人への支援提供を継続した。

[…]

China believed that the Office of the High Commissioner had to abide by principles of dialogue, mutual dialogue, sovereignty and territorial integrity. As for Venezuela, the sovereignty of the State had to be respected. China welcomed the efforts of the Government, and the internal problems of Venezuela had to be dealt with by its own people. China was committed to the principles of the United Nations Charter and opposed outside interference.
中国は、高等弁務官事務所は、対話、相互対話、主権および領土保全の完全性の原則を遵守しなければならないと考えた。ベネズエラに関して、締約国の主権が尊重されなければならなかった。中国は同政府の取り組みを歓迎しており、ベネズエラの国内問題は自国民によって対処されなければならなかった。中国国連憲章の原則に忠実であり、外部からの干渉に反対した。

[…]

Democratic People's Republic of Korea said country reports before the Council lacked objectivity and contained unverified and groundless information. The Democratic People’s Republic of Korea was opposed to the use of human rights as a pretext to increase pressure and interfere in internal affairs and ultimately overthrow legitimate governments.
北朝鮮は、理事会の前の国別報告書は客観性に欠け、検証されず根拠のない情報を含んでいたと述べた。北朝鮮は、圧力を高め、内政を妨害し、最終的には合法的政府を打倒するための口実として人権を使用することに反対した。

[…]


2019年4月6日