dancept1の備忘録

答弁権のエソロジー

第73回総会第三委員会:早期警告が人権侵害への迅速対応を促されなければならない、高等弁務官は専門家として第三委員会に拷問に対するコミットメント維持求める


文書番号:GA/SHC/4235

アジェンダ

  • アイテム74:人権の促進と保護
    • アイテム74(a):人権文書の履行

    • アイテム74(b):人権および基本的自由の効果的享受を改善するための代替アプローチを含む、人権問題

    • アイテム74(c):人権状況ならびに特別報告者および代表者の報告

    • アイテム74(d):ウィーン宣言および行動計画の包括的実施およびフォローアップ

ノート:

  • バチェレ人権高等弁務官との双方向対話で中国と北朝鮮がいつもの主張。拷問に関する対話ではアメリカが北朝鮮には言及せず、中国など五か国に言及。

  • 高等弁務官との対話での各国発言からの日本など14か国は「さらなる発言」の代表団に掲載のみで未採録

  • 高等弁務官との対話で、人権理事会を脱退したアメリカからカリー大使が「人権理事会の歯止めが利かない政治化( the unchecked politicization of the Human Rights Council)」を懸念。この点では中国と一致とする。いっぽうアメリカが言及した国などが同国を非難(未抽出)。
  • (国連総会ホームページ(英語))

    「73回セッション - ドキュメント - 社会、人道、文化問題(第三委員会)- 国連総会」- アジェンダ項目ごとのドキュメント

  • ( UN Web TV の映像より)

    (日本:0:44:40 - )

  • 関連エントリ

掲載URL:https://www.un.org/press/en/2018/gashc4235.doc.htm


United Nations

GA / SHC / 4235

GENERAL ASSEMBLY > THIRD COMMITTEE >
SEVENTY-THIRD SESSION,
17TH & 18TH MEETINGS (AM & PM)

15 NOVEMBER 2017


Early Warnings Must Trigger Rapid Responses to Rights Abuses, High Commissioner Tells Third Committee as Experts Call for Upholding Commitments against Torture

国連

GA / SHC / 4235

総会 > 第三委員会 >
七十三回セッション、
第17回および第18回会合(午前および午後)

2018年10月15日


早期警告が人権侵害への迅速対応を促されなければならない、高等弁務官は専門家として第三委員会に拷問に対するコミットメント維持求める

Early warnings must trigger rapid responses to human rights abuses, the top United Nations human rights official told the Third Committee (Social, Humanitarian and Cultural) today, as it began its deliberations on the promotion and protection of human rights.
早期警告が人権侵害に対する迅速対応を促されなければならない、国連人権職員トップが人権の促進と保護に関する審議開始にあたり、本日第三委員会(社会、人道および文化)に語った。

Speaking before the Committee for the first time as High Commissioner for Human Rights, Michelle Bachelet said the importance of early warnings generated by human rights monitoring has been tragically and powerfully demonstrated by years of work by Special Rapporteurs on the situation of the Rohingya.
人権高等弁務官として初めて委員会を前に発言し、ミチェル・バチェレ氏は、ロヒンギヤの状況に関する特別報告者による長年の作業によって、人権監視により発動された早期警告の重要性が悲劇的かつ強力に実証されていると述べた。

[…]

Responding to questions and comments, she spotlighted the large number of situations that the Human Rights Council has addressed in the past 12 years. But she acknowledged that it could improve its efficacy and deepen its cooperation with the Security Council, and suggested that its President be invited to brief the Committee.
質問やコメントに応えて、彼女は過去12年間において人権理事会が取り組んできた多くの数の状況に注目を集めた。しかし、その有効性を高め、安全保障理事会との協力を深めることができることを認め、その議長が委員会にブリーフィングするために招待されることを提言した。

Also making presentations today were the Chair of the Committee against Torture; the Chairperson of the Subcommittee on Prevention of Torture and Other Cruel, Inhuman or Degrading Treatment of Punishment; and the Special Rapporteur on Torture and Other Cruel, Inhuman or Degrading Treatment or Punishment
本日さらにプレゼンテーションしたのは、拷問禁止委員会委員長、拷問およびその他の残虐な、非人道的なまたは品位を傷つける取り扱いまたは刑罰防止に関する小委員会委員長[*1]、拷問およびその他の残虐な、非人道的なまたは品位を傷つける取り扱いまたは刑罰防止に関する特別報告者だった。

The Third Committee will reconvene at 10 a.m. on Tuesday, 16 October, to continue its debate on the promotion and protection of human rights.
第三委員会は、10月16日火曜日の午前10時に再招集し、人権の促進と保護に関する討議を継続する。

[…]

Background
バックグラウンド

The Third Committee met today to consider the promotion and protection of human rights. Before it were reports of the Human Rights Committee (document A/73/40); the Committee on the Protection of the Rights of All Migrant Workers and Members of Their Families (document A/73/48); the Committee against Torture (document A/73/44); and the Committee on Enforced Disappearances (document A/73/56).
第三委員会は本日、人権の促進と保護を検討するために会合を行なった。その前には人権委員会(ドキュメントA/73/40)、すべての移住労働者とその家族の権利の保護に関する委員会(ドキュメントA/73/48)、拷問禁止委員会(ドキュメントA/73/44)、強制失踪に関する委員会(ドキュメントA/73/56)の報告だった。

Also before the Committee were various reports of the Secretary‑General on: the Status of the human rights treaty body system (document A/73/309); the United Nations Voluntary Fund for Victims of Torture (document A/73/281); the United Nations voluntary trust fund on contemporary forms of slavery (document A/73/264) ; the Moratorium on the use of the death penalty (document A/73/260); the Human rights in the administration of justice (document A/73/210); Combating intolerance, negative stereotyping, stigmatization, discrimination, incitement to violence and violence against persons, based on religion or belief (document A/73/153); Globalization and its impact on the full enjoyment of all human rights (document A/73/172); the Effects of terrorism on the enjoyment of human rights (document A/73/347); the Twentieth anniversary and promotion of the Declaration on the Right and Responsibility of Individuals, Groups and Organs of Society to Promote and Protect Universally Recognized Human Rights and Fundamental Freedoms (document A/73/230); the Situation of human rights in the Democratic People’s Republic of Korea (document A/73/48); and the Situation of human rights in the Islamic Republic of Iran (document A/73/48).
さらに委員会の前には、人権条約機関制度の状況(ドキュメントA/73/309)、国連拷問被害者任意拠出基金(ドキュメントA/73/281)、奴隷制度の現代的形態に関する国連任意拠出信託基金(ドキュメントA/73/264)、死刑使用に関するモラトリアム(ドキュメントA/73/260)、司法行政における人権(ドキュメントA/73/210)、不寛容、否定的定型化、批判、差別、宗教または信条に基づく人に対する暴力への扇動や暴力との戦い(ドキュメントA/73/153)、グローバリゼーションとすべての人権の完全享受に対するその影響(ドキュメントA/73/172)、人権享受に及ぼすテロリズムの影響(ドキュメントA/73/347)、普遍的に承認された人権および基本的自由を促進し保護する個人、団体および社会組織の権利と責任に関する宣言の二十周年と促進(ドキュメントA/73/230)。北朝鮮における人権状況(ドキュメントA/73/308)、イラン・イスラム共和国における人権状況(ドキュメントA/73/299)[*2]、に関する事務総長のさまざまな報告だった。

The Committee also had before it the following documents[…]
委員会はまた、前には以下のドキュメントがあった[…]

[…]

Interactive Dialogue
双方向対話

MICHELLE BACHELET, United Nations High Commissioner for Human Rights (OHCHR)[…]
国連人権高等弁務官(OHCHR)、ミチェル・バチェレは[…]

[…]

The representative of China urged respect for sovereignty. Warning against politicization, pressure and confrontation, he advocated dialogue and cooperation within the Human Rights Council, as well as greater focus on the right to development and economic rights.
中国代表は、主権への尊重を強く促した。政治化、圧力および対立に対し警告し、彼は人権理事会内での対話と協力、加えて開発権および経済的権利に対してより強く焦点を集めることを提唱した。

[…]

The representative of Democratic People’s Republic of Korea deplored the growing tendency to misuse human rights, urging that the principles of non‑selectivity and impartiality be respected and that human rights instruments are not misused.
北朝鮮代表は、非選択性と公平性の原則が尊重され、人権文書が誤用されないよう強く促し、人権を悪用する傾向の増大が遺憾だった。

[…]

Also speaking were the representatives of Qatar, Brazil, Albania, Japan, Liechtenstein, Georgia, Angola, Viet Nam, Canada, Bahrain, India, United Arab Emirates, Nicaragua and Indonesia.
さらなる発言は、カタール、ブラジル、アルバニア日本リヒテンシュタインジョージアアンゴラベトナム、カナダ、バーレーン、インド、アラブ首長国連邦ニカラグアおよびインドネシア代表だった。

Torture
拷問

[…]

The representative of United States condemned all acts of torture. Describing violations in the Russian Federation, Syria, Iran, China and Venezuela, he called on all countries to uphold international obligations, asking about steps for involving civil society or non-State actors’ efforts to prevent torture.
米国代表は、すべての拷問行為を非難した。ロシア連邦、シリア、イラン、中国、およびベネズエラにおける違反を説明し、拷問を防ぐための関与する市民社会や非国家当事者の取り組みのへの手順について尋ね、すべての国々に対し国際社会の義務を守るよう要請した。

[…]


2018年10月26日

*1:原文は  the Chairperson of the Subcommittee on Prevention of Torture and Other Cruel, Inhuman or Degrading Treatment of Punishment(拷問およびその他の残虐な、非人道的なまたは品位を傷つける刑罰の取り扱い防止に関する小委員会委員長)。次の同特別報告者は正しく表記されている。

*2:原文の北朝鮮とイランに関する報告のドキュメント番号は A/73/48 となっている。