dancept1の備忘録

答弁権のエソロジー

中国:国連専門家、人権派弁護士の投獄を非難


文書番号:HR/17/377E

ノート:

  • 国連ジュネーブ事務局ホームページ「プレスリリース」より。
  • 注釈に、総理が国連事務総長に立場を確認したり、ネット上で「国連の方から来ました」などと書かれたりする「国連専門家」についての説明がある。

    なお、人権専門家の中にデイヴィッド・ケイ氏(意見と表現の自由の権利の促進と保護に関する特別報告者)の名が見える。

  • 産経ニュース

    (江氏の判決公判についての記事/2017年11月21日)(江氏が支援していた人権派弁護士、謝陽(シエ・ヤン)氏の判決公判についての記事/2017年12月26日)

掲載URL:https://unog.ch/unog/website/news_media.nsf/(httpNewsByYear_en)/590755C04EFF896AC12581E100453ADA?OpenDocument


CHINA: UN EXPERTS CONDEMN JAILING OF HUMAN RIGHTS LAWYER JIANG TIANYONG
中国:国連専門家、人権派弁護士の投獄を非難

23 November 2017
2017年11月23日

GENEVA, 23 November 2017 (Issued as received) – A group of United Nations human rights experts* has appealed to the Government of China to unconditionally release Jiang Tianyong, a human rights lawyer jailed for two years after being found guilty of inciting subversion of the State’s power.
ジュネーブ、2017年11月23日(受領時発行)— 国連人権専門家グループ * は、中国政府に対し国家政権転覆扇動罪として有罪判決を受け、懲役二年に処された人権派弁護士、江天勇(ジアン・ティアンヨン)を無条件に釈放するよう訴えた。

“Mr. Jiang’s trial clearly fell short of international standards and his conviction represents an unfair and arbitrary punishment of a human rights lawyer and defender, whose only crime was to exercise his rights to free speech and to defend human rights,” said the experts.
「江氏の裁判は明らかに国際基準に達しておらず、彼の有罪判決は人権派弁護士と擁護者の不公正かつ恣意的な懲罰であることを示し、彼の唯一の犯罪は自由な発言権を行使して人権を守ったことだった」と専門家は述べた。

“Domestic judicial procedures should be in compliance with China’s international human rights obligations,” they added.
「国内司法手続きは、中国の国際人権義務に従うべきだ」と付け加えた。

“We condemn the verdict and urge the Chinese Government to release Mr. Jiang immediately and unconditionally.”
「我々はこの判決を非難し、中国政府に対し、直ちにかつ無条件に江氏を解放するよう強く要請する」と述べた。

Mr. Jiang, whose wife and daughter are in exile in the United States, was an outspoken defender of his fellow human rights lawyers who were arrested in an unprecedented crackdown in July 2015. He was disappeared on 21 November 2016 and held in secret detention for more than nine months. The UN Special Rapporteur on extreme poverty and human rights, Philip Alston, who met with Mr. Jiang during his visit to China in August last year, had expressed concern that his enforced disappearance may have occurred, at least in part, in reprisal for his cooperation with the UN during his visit to China.
妻と娘が米国に亡命中の江氏は、2015年7月の前例のない取り締まりで逮捕された仲間の人権派弁護士の遠慮のない弁護者だった。彼は2016年11月21日に行方不明となり、九か月以上秘密拘留に置かれた。昨年八月の中国訪問中に江氏と面会した極度の貧困と人権に関する特別報告者フィリップ・オルストンは、少なくとも部分的には、中国訪問中の国連との協力への報復として彼の強制失踪が発生した可能性があると懸念を表明していた。

Mr. Jiang was found guilty of the incitement charge on 21 November 2017 by the Changsha Intermediate People’s Court after a supposed confession in August. The experts had previously expressed concern that his confession may have been coerced by the use of torture, in contravention of the Chinese Criminal Procedures Law and international human rights standards.
江氏は八月に自白したとされた後、長沙中級人民法院によって2017年11月21日に扇動罪の有罪判決を受けた。専門家は、中国の刑事訴訟法や国際人権基準に違反して、自白が拷問の使用により強制された可能性があると以前に懸念を表明していた。

The experts have been in contact with the Chinese Government on several occasions to raise their concern.
専門家は、懸念を提起するために中国政府と数回にわたり接触してきた。

END
終わり

* The UN experts: Mr. Philip Alston, Special Rapporteur on extreme poverty and human rights; Mr. Michel Forst, Special Rapporteur on the situation of human rights defenders; Mr. David Kaye, Special Rapporteur on the promotion and protection of the right to freedom of opinion and expression; Mr. José Antonio Guevara Bermúdez, Chair-Rapporteur of the Working Group on Arbitrary Detention, and the Working Group on Enforced or Involuntary Disappearances.
* 国連専門家:極度の貧困と人権に関する特別報告者フィリップ・オルストン氏、人権擁護者の状況に関する特別報告者ミシェル・フォルスト氏、意見と表現の自由の権利の促進と保護に関する特別報告者デイヴィッド・ケイ氏、恣意的抑留に関する作業部会および強制または非自発的失踪に関する作業部会議長報告者ホセ・アントニオ・ゲヴァラ・ベルムーデス氏。

The Special Rapporteurs and Working Groups are part of what is known as the Special Procedures of the Human Rights Council. Special Procedures, the largest body of independent experts in the UN Human Rights system, is the general name of the independent fact-finding and monitoring mechanisms of the Human Rights Council that address either specific country situations or thematic issues in all parts of the world. Special Procedures experts work on a voluntary basis; they are not UN staff and do not receive a salary for their work. They are independent from any government or organization and serve in their individual capacity.
特別報告者と作業部会は、人権理事会の特別手続として知られていることの一部である。国連人権制度における独立専門家の最大の機関である特別手続は、世界各地の特定の国の状況やテーマの問題に取り組む、人権理事会の独立した実情調査と監視メカニズムの総称である。特別手続専門家は自主的に行動する。彼らは国連のスタッフではなく、作業のための報酬を受け取っていない。いかなる政府や組織からも独立しており、個々の能力で職務を行なっている。

UN Human Rights country page: China
国連人権国ページ:中国

[…]


2018年1月9日