dancept1の備忘録

答弁権のエソロジー

第36回人権理事会:オランダと南アフリカの普遍的定期的審査結果を採択


文書番号:HRC/17/145E

ノート:

  • 中国が両国の審査結果について発言。ポーランド同様オランダでもロマに言及している(下記関連エントリ参照)。
  • イギリスに続きオランダ在ジュネーブ国連事務所常駐代表の声明も抽出(同上)。
    ※ 議長が勧告の受諾/留意件数を訂正しているが、いずれにせよ合計が合わない。「四カ国」の件が関係しているのかもしれない。オランダの審査への見解 A/HRC/36/15/Add.1 はこちらだが未確認(合計203件のようだが内訳サマリが掲載されていない)。
  • 関連エントリ

掲載URL:https://unog.ch/unog/website/news_media.nsf/(httpNewsByYear_en)/1E7F2D134B8EFF3FC12581A300500B0A?OpenDocument


HUMAN RIGHTS COUNCIL ADOPTS UNIVERSAL PERIODIC REVIEW OUTCOMES OF THE NETHERLANDS AND SOUTH AFRICA
人権理事会、オランダと南アフリカの普遍的定期的審査結果を採択

22 September 2017
2017年9月22日

The Human Rights Council at its midday meeting adopted the Universal Periodic Review outcomes of the Netherlands and South Africa.
人権理事会は、この昼の会合で、オランダと南アフリカの普遍的定期的審査結果を採択した。

[…]

In the ensuing discussion, speakers commended the Netherland’s achievement in advancing human rights, in particular efforts to prevent ethnic profiling and to increase awareness about the importance of the economic independence of women. Some speakers expressed hope that the Netherlands would accept accountability for human rights violations and environmental damage resulting from the global or overseas operations of Dutch companies. Others noted with concern the recent amendments to expand the powers of special services and allow them to access information on the Internet.
続く議論において、発言者は、人権の推進、特にエスニック・プロファイリングを防止することと女性の経済的自立の重要性に対する認識を高めることの努力におけるオランダの成果を称賛した。一部の発言者は、オランダ企業のグローバルまたは海外事業に起因する人権侵害と環境被害の説明責任をオランダが受け入れるという希望を表明した。その他は、特殊業務の権限を拡大しインターネット上の情報にアクセスできるようにする最近の改正案を懸念とともに指摘した。

[…]

The Council then adopted the Universal Periodic Review outcome of the Netherlands.
その後、理事会は、オランダの普遍的定期的審査結果を採択した。

[…]

In the ensuing discussion, speakers welcomed South Africa’s efforts to eradicate poverty, improve living standards, and combat racism, as well as the implementation of social inclusion programmes and improvement of medical care. They also welcomed the adoption of special laws to combat torture and human trafficking. They encouraged the Government’s efforts to eliminate hate speech and related intolerance through legal measures, and to prosecute crimes committed against persons with albinism under the hate speech bill.
続く議論において、発言者は、南アフリカの、社会参加プログラムの実施および医療改善に加えて、貧困撲滅、生活水準向上およびレイシズム対抗の努力を歓迎した。また、拷問や人身売買に対抗するための特別法の採択を歓迎した。同政府の、法的措置を通じたヘイトスピーチや関連する不寛容の排除や、ヘイトスピーチ法案のもとアルビノ患者に対して犯された犯罪を起訴する努力を奨励した。

[…]

The Council then adopted the Universal Periodic Review outcome of South Africa.
その後、理事会は、南アフリカの普遍的定期的審査結果を採択した。

[…]

Consideration of Outcome of Universal Periodic Review of the Netherlands
オランダの普遍的定期的審査の結果の検討

MONIQUE T.G. VAN DAALEN, Permanent Representative of the Netherlands to the United Nations Office at Geneva, noted that the representatives of all four countries of the Kingdom of the Netherlands, namely, the Netherlands, Aruba, Sint Maarten and Curacao, had been part of the delegation to engage in the interactive dialogue on behalf of their Governments as each of the countries was responsible for the implementation of its obligations stemming from the different human rights conventions. The Kingdom had received 203 recommendations. Most of them concerned the country of the Netherlands of the Kingdom. They focused on the human rights institutional infrastructure and many legislative and policy measures. Many recommendations concerned non-discrimination, children’s rights, migrants’ rights and hate crime. The Netherlands had been urged to continue the strategic and systematic approach to tackling discrimination and hate crimes on the grounds of race, ethnic origins, nationality and religion. With the further implementation of the National Action Programme against Discrimination, the Government of the Netherlands aimed to give specific follow-up to among others these recommendations with both preventive and repressive measures.
Some recommendations were related to business and human rights. The Netherlands was committed to preventing and remedying the involvement of Dutch companies in human rights abuses and would continue its efforts in this regard.
オランダ在ジュネーブ国連事務所常駐代表モニーク・T・G・ヴァン・ダーレンは、オランダ王国の四カ国すべての代表者、すなわちオランダ、アルバ、シント・マールテン、キュラソーの代表者は、各国が異なる人権条約にもとづく義務の履行の責任を負っていたため、政府の代表として双方向対話に参加する代表団の一部だった。王国は203件の勧告を受けた。それらのほとんどは、王国のオランダ国に関係していた。それらは人権機関のインフラストラクチャーや多くの立法・政策措置に重点を置いていた。多くの提言は、無差別、児童の権利、移民の権利およびヘイトクライムに関わるものだった。オランダは、人種、民族起源、国籍、宗教上の理由で差別やヘイトクライムに対処するための戦略的かつ体系的アプローチを継続するよう強く促されていた。差別に対する国家行動計画の更なる実施に伴い、オランダ政府は取り分けこれらの勧告について、予防的および抑制的措置の両方で具体的にフォローアップすることを意図した。
一部の勧告は、ビジネスと人権に関するものだった。オランダは、人権侵害に対するオランダ企業の関わりを防止し是正することにコミットしており、この点について努力を続ける。

Ms. Van Daalen recalled that the horrible hurricane Irma struck Sint Maarten recently. Due to these extreme circumstances, the Government of Sint Maarten could not participate in finalizing its response of the Kingdom to the Universal Periodic Review recommendations. The Kingdom of the Netherlands had accepted 105 recommendations and another 97 recommendations were noted. For instance, three recommendations related to the ratification of the Optional Protocol to the International Covenant on Economic, Social and Cultural Rights were noted because the Government was currently studying the advice it had requested from the Council of State on an enabling draft law on this subject. Other recommendations had been accepted, for instance recommendations aimed at strengthening national policy to decrease the gender wage gap.
ヴァン・ダーレン氏は、最近、恐ろしいハリケーン「イルマ」がシント・マールテンを襲ったことを想起した。このような極端な状況のために、シント・マールテン政府は、普遍的定期的審査勧告への王国の対応の確定に参加できなかった。オランダ王国は、105件の勧告を受諾し、別の97件の勧告が留意された。例えば、政府は現在、この件に関する付与法案を求める国家評議会からの助言を研究していたため、経済的、社会的および文化的権利に関する国際規約への選択議定書の批准に関連する三つの勧告が留意された。ほかの勧告、例えばジェンダー賃金格差を縮小するための国家政策の強化を目的とした勧告が受諾された。

[…]

China welcomed the presentation of the Netherlands on its measures to protect human rights, including the ratification of the Convention on the Rights of Persons with Disabilities. The Netherlands was encouraged to strengthen its anti-discrimination legislation, combat xenophobia actively, and promote the rights of minorities, including Roma.
中国は、障害者の権利に関する条約の批准を含む、人権を保護するための措置に関するオランダのプレゼンテーションを歓迎した。オランダは、差別禁止法を強化し、積極的に外国人嫌悪に対抗し、ロマを含むマイノリティの権利を促進するよう奨励された。

[…]

The President of the Human Rights Council informed that out of 203 recommendations received, 104 had been adopted while 98 had been noted. Additional clarification had been provided on 1 recommendation, indicating which parts of the recommendation were supported and which were noted.
人権理事会議長が、受けた203件の勧告のうち104件が採用されるとともに、98件が留意されていたことを報じた。勧告のどの部分が支持され、どの部分が留意されたかを示す、1件の勧告に関する追加説明が提供された。

[…]

MONIQUE T.G. VAN DAALEN, Permanent Representative of the Netherlands to the United Nations Office at Geneva, thanked State representatives and representatives of civil society for their contribution, and noted their constructive comments and concerns. It was key to ensure proper follow-up of the Universal Periodic Review process and accordingly the Netherlands would organise a multi-stakeholder follow-up conference in November 2017 with workshops on different themes discussed during the Universal Periodic Review. Following the recent elections in the country, a cabinet was currently being formed and it would come with new policies. The outcomes of the Universal Periodic Review and the follow-up conference could also feed into those deliberations. The Netherlands remained strongly committed to the Universal Periodic Review.
オランダ在ジュネーブ国連事務所常駐代表モニーク・T・G・.ヴァン・ダーレンは、締約国代表と市民社会の代表に対して、彼らの貢献および建設的なコメントと懸念を指摘したことに感謝の意を表した。普遍的定期的審査プロセスの適切なフォローアップを確実にするためには、それが重要であり、したがってオランダは、2017年11月に普遍的定期的審査のあいだ議論されたさまざまなテーマに関するワークショップによるマルチステークホルダー・フォローアップ会議を企画する。同国における最近の選挙に続き、現在組閣が行われており、新たな政策が打ち出される。普遍的定期的審査の結果とフォローアップ会議は、これらの審議にも役立つ可能性があった。オランダは、普遍的定期的審査に引き続き強くコミットした。

Consideration of Outcome of Universal Periodic Review of South Africa
南アフリカの普遍的定期的審査の結果の検討

[…]

China commended South Africa for its constructive engagement in the Universal Periodic Review and the acceptance of recommendations. It particularly welcomed South Africa’s efforts in the eradication of poverty, the improvement of living standards, and the combat against racism. China appreciated the implementation of social inclusion programmes and improvement of medical care.
中国は、南アフリカに対し、普遍的定期的審査における建設的関与と勧告の受諾を称賛した。特に、南アフリカの、貧困撲滅、生活水準向上、レイシズムに対する戦いにおける努力を歓迎した。中国は、社会的統合プログラムの実施と医療の改善を評価した。

[…]


2017年10月1日