dancept1の備忘録

答弁権のエソロジー

第35回人権理事会:理事会の注意を要する人権状況に関する一般討論


文書番号:HRC17/097E

ノート:

  • 発言した38か国中、アメリカ、日本、韓国、チェコ、オーストラリア、カナダ、ノルウェー、フランスの8か国が北朝鮮に言及。相変わらず日本へは慰安婦ガーと反撃しているが、韓国がこの問題を控えると、北朝鮮の発言だけに逆に信憑性に疑問を抱く雰囲気が醸成されてくるような気もしないでもない(楽観的すぎるか)。
  • その韓国は「理事会の注意を要する人権状況」に関して日本に言及せず。すでに「表現の自由」の会合で教科書に絡めて発言してきたように慰安婦もどうなるか分からないが、徴用工でも研究中か。
  • ドイツ、スイス、フランス、アイルランドの4か国が中国に言及。
  • 中国への言及が少ない気もするが、アフリカ始め世界中悲惨な状況がたくさんあるということで(言及された数を国別に比較した訳ではないので雰囲気)。が、当会議要約、イギリスが中国を非難したことを中国の発言で要約しているが、イギリスの部分では、そのような発言が見えない。実際にはイギリスは中国だけでなく北朝鮮についても発言しており(下記 UN Web TV 参照)、言及した国についても「要約」されている模様。なにか意図が働いているのかは知らないが。
  • アップされた原文は、なぜか北朝鮮の表記のうちオーストラリア、カナダおよび日本の最後の発言だけゴシック体になっており目立つ(オーストラリアは「北朝鮮と政府」の部分。日本では最後の「北朝鮮はこの問題に実質的な対応をしていなかった」の部分全体も)。
  • しかし毎度のことなれど、北朝鮮の「断固たる」主張は味わい深い。清々しくさえある。名演説をお楽しみください(訳はあれですが)。※もちろん主張に組みしている訳ではございません。
  • 山城博治氏への我那覇真子氏のカウンタースピーチについては、下記の関連エントリ 2017-06-14 参照。
  • (反差別国際運動/山城博治氏スピーチ)

    東京新聞/2017年6月16日)(日本語訳全文あり)(産経ニュース/2017年6月18日)

  • 関連エントリ

掲載URL:
http://www.unog.ch/unog/website/news_media.nsf/(httpNewsByYear_en)/0FEF05794887DA79C1258140005C62DE?OpenDocument


HUMAN RIGHT COUNCIL STARTS GENERAL DEBATE ON HUMAN RIGHTS SITUATIONS REQUIRING THE COUNCIL’S ATTENTION
人権理事会、理事会の注意を要する人権状況に関する一般討論を開始

Deputy High Commissioner for Human Rights Presents Oral Update on Eritrea
人権高等弁務官エリトリアに関する口頭報告を発表

15 June 2017
2017年6月15日

The Human Rights Council this afternoon started its general debate on human rights situations that require the Council’s attention after hearing an oral update by the Deputy High Commissioner for Human Rights on cooperation between Eritrea and the Office on the situation of human rights in that country.
人権理事会は、この午後、エリトリアと同国における人権状況に関する事務所との協力に関する人権高等弁務官による口頭報告を聞いた後、理事会の注意を要する人権状況に関する一般討論を開始した。

General Debate on Human Rights Situations that Require the Council’s Attention
理事会の注意を要する人権状況に関する一般討論

[…]

United States remained concerned about the human rights situations in Syria, Myanmar, Belarus, the Democratic Republic of Congo and the regions of Ukraine not under government control. The United States were deeply concerned by the arbitrary detention, excessive sentencing and torture that Iran imposed on human rights defenders and minorities. Gross human rights violations and abuses in the Democratic People’s Republic of Korea, including summary executions and enslavement, were extremely worrisome. The United States condemned the suppression of protests in Venezuela and the use of military courts to try civilians.
米国は、シリア、ミャンマーベラルーシコンゴ民主共和国および政府統制下にないウクライナの人権状況について引き続き懸念した。米国は、イランが人権擁護者やマイノリティに課した恣意的な拘禁、過度の刑罰および拷問によって深く憂慮された。北朝鮮における即決の処刑や奴隷化を含む著しい人権侵害や虐待は極めて憂慮された。米国は、ベネズエラにおける抗議活動の弾圧と、民間人を裁くための軍事法廷の使用を非難した。

[…]

Germany was concerned about the deteriorating situation in Venezuela and the violations of human rights in South Sudan. Germany was deeply concerned by reports about the targeted persecution of homosexuals in Chechnya. Germany feared that the increasing repression against civil society in Egypt might contribute to radicalisation and undermine the stability in the country. Germany remained deeply worried about widespread human rights abuses in China, especially in Tibet and neighbouring regions.
ドイツは、ベネズエラにおける情勢悪化と、南スーダンにおける人権侵害が懸念された。ドイツは、チェチェンにおける同性愛者を標的とした迫害に関する報告によって深く憂慮された。ドイツは、エジプトにおける市民社会に対する弾圧の増加が過激化をもたらし、国の安定を損なう恐れがあると危惧した。ドイツは、中国、特にチベットや周辺地域で人権侵害が広がっていることについて引き続き深く懸念した。

Japan regretted that human rights situations that required the Council’s attention remained prevalent not only in Syria, but also in Asia, the Middle East and Africa. The human rights situation in the People’s Democratic Republic of Korea, including the issue of abductions, had to be jointly addressed by the international community. Japan called on that country to listen sincerely to the repeated concern from the international community, and to cooperate with relevant United Nations human rights mechanisms.
日本は、シリアだけでなく、アジア、中東、アフリカにおいても、理事会の注意を要する人権状況が引き続き残っていることに遺憾の意を表明した。拉致問題を含む北朝鮮の人権状況は、国際社会によって共同で対処されなければならなかった。日本は、国際社会からの繰り返される懸念に真摯に耳を傾け、関連する国連の人権メカニズムに協力するよう、当該国に求めた。

[…]

Republic of Korea urged the Government of the Democratic Republic of the Congo to investigate the reported mass killings in Kasai and to cooperate with the Office of the High Commissioner for Human Rights. In South Sudan, it called for a stop to targeting of civilians, particularly of women and children. It commended the Central African Republic for having taken measures to initiate transitional justice. It remained concerned about systematic, widespread and grave human rights abuses in the Democratic People’s Republic of Korea.
韓国は、コンゴ民主共和国政府に対し、報告されたカサイにおける大量殺人を調査し、人権高等弁務官事務所に協力するよう促した。南スーダンにおいては、特に女性や児童の一般市民を標的とすることを止めるよう求めた。中央アフリカ共和国が、移行期正義を開始する措置を取ったことを賞賛した。北朝鮮における体系的、広範かつ重大な人権侵害を懸念した。

[…]

China noted that discussions under item 4 should be held in line with the principles of objectivity, constructive dialogue and cooperation. Unfortunately, the United States, the United Kingdom and Germany attacked other countries, staining the Council’s work. Their own human rights records did not look good, with xenophobia and violence against refugees and migrants increasing. They turned a blind eye to their own problems while criticizing others.
中国は、第4項のもとでの議論は、客観性の原則、建設的な対話と協力に沿って行われるべきであると指摘した。残念ながら、米国、英国、ドイツは他国を攻撃し、理事会の仕事を汚した。彼ら自身の人権記録は、外国人嫌悪ならびに難民と移民に対する暴力の増加により良好とは思われなかった。彼らは他国を批判しながら、己自身の問題に目を閉ざした。

Switzerland deplored the use of the death penalty in Saudi Arabia and Iran. In Nigeria, Switzerland deplored that crimes were punished by the death penalty in various states. In China, despite the reduced scope of the number of crimes punished by the death penalty, there was still a high number of executions for crimes that were not always grave. Increasing repression against civil society in Mexico was particularly worrisome. Switzerland was worried that the new law on non-governmental organizations in Egypt would further narrow the operative space for these organizations.
スイスはサウジアラビアとイランにおける死刑の使用に遺憾の意を表した。ナイジェリアにおいて、さまざまな状況で死刑に処せられたことにスイスは遺憾の意を表した。中国においては、死刑に処せられた犯罪数の範囲が縮小したにもかかわらず、必ずしも重大ではない犯罪について依然として多くの処刑が行われた。メキシコにおける市民社会に対する抑圧の増大は特に憂慮された。スイスは、エジプトにおける非政府組織に関する新しい法律が、これらの組織の活動空間をさらに狭めることを懸念した。

[…]

Czechia voiced alarm over the use of deadly force by the police against protesters in Venezuela, and about increasing restrictions on the right to peaceful assembly and assaults on lesbian, gay, bisexual, transgender and intersex persons in Chechnya. It urged the Democratic People’s Republic of Korea to stop systematic human rights abuses. It was shocked by the discovery of mass graves in the Kasai province in the Democratic Republic of the Congo.
チェコは、ベネズエラにおける抗議者に対する警察による致命的な武力行使や、チェチェンにおける平和的な集会の権利についての制限や、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーインターセックス者に対する攻撃の増加について警鐘を鳴らした。北朝鮮に体系的な人権侵害を止めるよう促した。コンゴ民主共和国のカサイ州において集団墓地が発見されたことに衝撃を受けた。

[…]

Australia highlighted that the human rights situation in Syria remained catastrophic. Atrocities included torture, extrajudicial executions and siege. There was no evidence of any improvement in the human rights situation in the Democratic People's Republic of Korea and the Government should adopt the recommendations of the report of the Commission on Inquiry. Australia encouraged Burundi to remain committed to the peace process and to engage in constructive dialogue with all parties.
オーストラリアは、シリアにおける人権状況は依然として壊滅的であると強調した。残虐行為には、拷問、超法規的処刑、包囲が含まれていた。北朝鮮における人権状況が改善したという証拠はなく、政府は調査委員会の報告の勧告を取り入れるべきである。オーストラリアは、ブンディンに平和プロセスに関与し続け、すべての締約国と建設的な対話を行うことを促した。

Canada was committed to combatting discrimination targeting lesbian, gay, bisexual, transgender and intersex communities and was concerned about the situation in the Russian Federation and Chechnya in that regard. Canada was concerned by the mounting scale of human suffering in conflicts in south Sudan and Yemen, where allegations of serious human rights violations and abuses must be investigated and perpetrators held to account. It remained deeply concerned by the human rights situation in the Democratic People's Republic of Korea.
カナダは、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーインターセックスのコミュニティを対象とした差別との闘いに取り組み、その点に関してロシア連邦チェチェンの状況が懸念された。カナダは、南スーダンとイエメンの紛争における人的被害の規模に懸念を抱いた。そこでは深刻な人権侵害や虐待の疑いが調査され、加害者は証言のために拘束されねばならない。北朝鮮における人権状況により引き続き深く憂慮した。

Norway expressed concern about the shrinking space for civil society, and about the situation for women in many countries. Saudi Arabia and Iran should create enabling environments for human rights defenders. Diminishing space for civil society in Egypt was also of concern. In Venezuela, the Government should respect the separation of powers, and Norway also remained deeply concerned at the human rights situation in the Democratic People's Republic of Korea.
ノルウェーは、市民社会のための空間の縮小や、多くの国における女性の状況について懸念を表明した。サウジアラビアとイランは、人権擁護者のための環境をつくり出すべきである。エジプトにおける市民社会のための空間の減少も懸念された。ベネズエラでは、政府は権力の分離を尊重すべきであり、ノルウェーはまた、北朝鮮の人権状況についても引き続き深く憂慮した。

France said human rights violations were rampant in the Democratic Republic of the Congo, Burundi, South Sudan and the Democratic People’s Republic of Korea. International law should be respected in Yemen and the shrinking civil society space in Turkey, Russia, China and Venezuela was of concern. Egypt’s challenges confronting terrorism were known. France was also concerned at the rise of violence and intimidation against lesbian, gay, bisexual, transgender and intersex persons.
フランスは、コンゴ民主共和国ブルンジ南スーダン北朝鮮で人権侵害が横行していたと述べた。イエメンにおいては国際法が尊重されねばならず、トルコ、ロシア、中国ベネズエラにおける市民社会の縮小が懸念された。エジプトのテロとの闘いは知られていた。フランスはまた、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーインターセックス者に対する暴力や脅迫の増加についても懸念した。

[…]

Democratic People’s Republic of Korea stated that the ill practice of politicization in the Council remained unabated. The European Union and the western countries were little better than the United States. The issue of “comfort women” was an undeniable fact of history for which Japan had to offer apology. It noted that inhumane sanctions and unilateral coercive measures against sovereign States negatively impacted the normal lives of citizens.
北朝鮮は、理事会における政治化の悪い慣行は、依然として衰えなかったと表明した。 欧州連合と西側諸国は、米国よりは少しは良かった。「慰安婦」の問題は、日本が謝罪しなければならない歴史の否定できない事実であった。非人道的な制裁と主権国家に対する一方的、強制的な措置は、市民の正常な生活に否定的な影響を与えたと指摘した。

[…]

Ireland was concerned at the alleged violations of human rights and international humanitarian law in Syria and Yemen. It condemned all forms of persecution on the basis of religion or belief in the Middle East. Threats to civil society space had emerged in a number of States. Ireland was concerned by the restrictions of civil liberties in Bahrain and the deteriorating human rights situation in Turkey. The detention of human rights defenders and lawyers in China was also worrisome.
アイルランドは、シリアとイエメンにおける人権と国際人道法違反の疑いが懸念された。中東における宗教または信念に基づく、あらゆる種類の迫害を非難した。市民社会空間への脅威が、いくつかの国で出現した。アイルランドは、バーレーンにおける市民としての自由権の制限と、トルコにおける人権状況の悪化が懸念された。中国の人権擁護者や弁護士の拘留も憂慮された。

[…]

Helsinki Foundation for Human Rights stated that since February 2009, at least 150 Tibetans had set themselves on fire in one of the biggest waves of self-immolations in the past 60 years. The Foundation urged the Council to call on China to grant independent and impartial monitors unfettered access to Tibet, as agreed by China following its 2013 Universal Periodic Review.
ヘルシンキ人権財団は、2009年2月以来、少なくとも150人のチベット人が、過去60年間で最大の自己犠牲の波のひとつにおいて自ら火に身を投じたと表明した。財団は、中国が2013年普遍的定期レビューに従い合意したとおり、独立公平な査察団のチベットへの自由なアクセスの許可を中国に求めるよう理事会に促した。

[…]

International Movement Against All Forms of Discrimination and Racism, in a joint statement with, Franciscans International, stressed that the Government of Japan and the United States had repeatedly infringed the rights of the people living in Okinawa, turning a blind eye on their opposition to the militarisation of their territory. It strongly condemned the arrests of protesters by the Japanese authorities and called on the Government to stop human rights violations and respect the Okinawan people’s will against the construction of new United States and Japanese military bases.
反差別国際運動は、フランシスカン・インターナショナルとの共同声明で、日本、米国政府が沖縄に住む人々の権利を繰り返し侵害し、彼らの領土の軍事化に対する反対に目を閉ざしていると強調した。日本当局による抗議者の逮捕を強く非難し、政府に対して人権侵害を止め、米国と日本の新しい軍事基地の建設に対する沖縄の人々の意志を尊重することを求めた。

[…]

Right of Reply
答弁権

[…]

China, speaking in a right of reply, highlighted that positive developments had been accomplished in the field of human rights in China, which was now a country of the rule of law. Internal legislation provided for enhanced human rights guarantees allowing citizens to enjoy their rights. Significant support should be provided by non-governmental organizations in order to promote human rights. However, China would not allow for any possibility to challenge the basic political system of the State. China reiterated its call to stop the politicization of human rights issues by some Member States of the Council.
中国は、答弁権により発言し、今や法の支配する国であった中国の人権分野において肯定的な発展が達成されたことを強調した。市民が権利を享受することを認めることを保証する、人権の強化のための国内法令を規定した。人権を促進するために、非政府組織によって意義深い支援が提供される筈である。しかしながら中国は、国家の基本的な政治体制を脅かす、いかなる可能性も許容しない。中国は、理事会の一部メンバー国による、人権問題の政治化を止める求めをあらためて表明した。

[…]

Japan, speaking in a right of reply in response to the Democratic People’s Republic of Korea, noted that the crimes of the past mentioned by that State were groundless. Responding to a statement made by civil society, Japan explained that the construction work in Okinawa was allowed by the Government of Okinawa. The arrest of local activists took place because they used violence. Detention was carried out according to the law and it did not in any way contravene Japan’s international human rights obligations.
日本は、北朝鮮に応じて答弁権により発言し、同国が言及した過去の犯罪は根拠がないと指摘した。市民社会の声明に応じて、日本は、沖縄の建設作業は沖縄政府によって許可されたと説明した。彼らが暴力を利用したため、地元の活動家が逮捕された。拘留は法律に従って行われ、いかなる形においても日本の国際人権義務に反するものではなかった。

Democratic People’s Republic of Korea, speaking in a right of reply, categorically rejected the provocative remarks made by Japan, Republic of Korea and the United States. They were politically motivated and had nothing to do with human rights. It rejected resolutions on the Democratic People’s Republic of Korea, which were full of fabrications and lies. A political and military confrontation was being directed against the Democratic People’s Republic of Korea under the guise of human rights. Armament was a necessary self-defence measure for the Democratic People’s Republic of Korea. The Republic of Korea should release abductees from the Democratic People’s Republic of Korea, while Japan should stop misusing the abduction issue and should instead sincerely apologize for its past crimes.
北朝鮮は、答弁権により発言し、日本韓国米国の挑発的発言を断固として拒絶した。彼らは政治的に動機づけられ、人権とは関係なかった。捏造と嘘に満ちた対北朝鮮決議を拒否した。政治的、軍事的な対立が、人権を装って北朝鮮に向けらた。軍備は北朝鮮のために必要な自衛策だった。韓国北朝鮮からの拉致被害者を解放すべきだが、日本拉致問題の悪用を止めるべきであり、過去の犯罪について誠実に謝罪すべきである。

Republic of Korea, speaking in a right of reply in response to the Democratic People's Republic of Korea, said it would not repeat what had been said about defectors from the Democratic People’s Republic of Korea who had escaped of their own free will. It called on that country to improve its policies and the human rights situation of its people. The new Government of the Republic of Korea would put forward diverse efforts to help improve the civil, political, economic, social and cultural rights for the people of the Democratic People's Republic of Korea.
韓国は、北朝鮮に応じて答弁権により発言し、北朝鮮から自由意志で脱出した亡命者について語られたことは繰り返さないと述べた。政策と人々の人権状況を改善するよう当該国に求めた。韓国の新政府は、北朝鮮の人々のための民主的、政治的、経済的、社会的、文化的権利を向上させるために、さまざまな努力を行なう用意がある。

[…]

Japan, speaking in a second right of reply, urged the Democratic People's Republic of Korea to act on the issue of abductions. Indeed, despite repeated concerns expressed by the international community and non-governmental organizations, the Democratic People's Republic of Korea had not provided any substantive response to this issue.
日本は、二度目の答弁権により発言し、北朝鮮拉致問題に行動するよう促した。実際、国際社会と非政府組織が繰り返し懸念を表明したにもかかわらず、北朝鮮はこの問題に実質的な対応をしていなかった。

Democratic People’s Republic of Korea, speaking in a second right of reply, rejected the misleading allegations and evasive attitude of Japan. It rejected resolutions that were full of lies and fabrications. It reminded of the United Nations General Assembly resolutions that called for full respect and implementation of the Inter-Korean Declaration. It called on the Republic of Korea to change its confrontational policy towards the Democratic People’s Republic of Korea and to faithfully implement the Declaration. Japan’s evasiveness vis-à-vis its past crimes was deplorable.
北朝鮮は、二度目の答弁権により発言し、日本の誤解を招く主張や忌避的態度を拒否した。嘘や捏造に満ちた決議を拒否した。南北宣言の完全な尊重と実施を求めた国連総会の決議を想起させた。北朝鮮に対する対立政策を変え、宣言を忠実に実施するよう韓国に求めた。過去の犯罪に対する日本の忌避は嘆かわしいものだった。


2017年7月1日