dancept1の備忘録

答弁権のエソロジー

第36回人権理事会:人権機関とメカニズムに関する一般討論を終結し普遍的定期的審査に関する一般討論を開始


文書番号:HRC/17/146E

ノート:

  • 前半の「人権機関とメカニズムに関する一般討論」においてアメリカが中国に言及。中国が言及した事務総長の報告については下記関連エントリ参照。同じく中国が答弁権により反論(「中国は、法の支配を守る国」)したNGOの発言は、当会議要約では確認できなかった。
  • 上記の一般討論、観測対象外(未抽出)だが、インド(ざっと 17 NGO)、スリランカ(同じく 10 NGO)への言及が多い。
  • 関連エントリ

掲載URL:

https://unog.ch/unog/website/news_media.nsf/(httpNewsByYear_en)/A30384F039B69E68C12581A3005E8A91?OpenDocument


HUMAN RIGHTS COUNCIL CONCLUDES GENERAL DEBATE ON HUMAN RIGHTS BODIES AND MECHANISMS AND STARTS GENERAL DEBATE ON UNIVERSAL PERDIODIC REVIEW
人権理事会、人権機関とメカニズムに関する一般討論を終結し普遍的定期的審査に関する一般討論を開始

22 September 2017
2017年9月22日

The Human Rights Council this afternoon concluded its general debate on human rights bodies and mechanisms and started its general debate on the Universal Periodic Review.
人権理事会は、この午後、人権機関とメカニズムに関する一般討論を終結させ、普遍的定期的審査に関する一般討論を開始した。

[…]

The Council then met behind closed doors to consider its Complaint Procedure.
理事会はその後、苦情処理手続きを検討するために非公開で会合を行なった。

[…]

General Debate on Human Rights Bodies and Mechanisms
人権機関とメカニズムに関する一般討論

[…]

United States highlighted the importance of the participation of civil society in the Human Rights Council, noting that there should be no reprisals for their engagement with the United Nations. Several documents detailed ways of addressing those reprisals, but more should be done by the presidents and membership of relevant United Nations bodies to address them. The United Stated drew attention to the harassment of civil society by Venezuela and China.
米国は、人権理事会における市民社会の参加の重要性を強調し、国連との関与に報復があってはならないと指摘した。いくつかの文書に、これら報復への対処の方法が詳述されているが、それに対処するために、関連する国連機関の議長とメンバーがより多くのことを行うべきである。米国は、ベネズエラ中国による市民社会への嫌がらせに注意を喚起した。

China voiced serious reservations on the report of the Secretary-General on the cooperation with United Nations mechanisms in the field of human rights. Experts of special mechanisms were not judges of human rights and they had no right to fabricate cases of reprisal in order to exert pressure on Member States. One mentioned person named was not even a member of civil society but a known terrorist who was on an Interpol list. China regretted and rejected the allegations made by the United States.
中国は、人権分野における国連メカニズムとの協力に関する事務総長の報告に深刻な留保を表明した。特別メカニズムの専門家は人権の裁判官ではなく、メンバー国に圧力をかけるために報復の事件を捏造する権利はなかった。名指しで言及されたある人物は市民社会のメンバーでさえなく、インターポールのリストにあった既知のテロリストだった。中国は、米国によって成された主張は遺憾であり、拒否した。

[…]

Right of Reply
答弁権

China, speaking in a right of reply, said that it firmly rejected an accusation made by a non-government organization. China was a country that observed the rule of law. It did not accept outside interference in its judicial system. The prisoner who had died had received good medical treatment and the case had nothing to do with human rights.
中国は、答弁権による発言において、非政府組織によって成された非難を断固として拒否したと述べた。中国は、法の支配を守る国だった。その司法制度において外部の干渉を受け入れなかった。死亡した囚人は良好な治療を受けており、その事例は人権とは無関係だった。

[…]


2017年10月5日