dancept1の備忘録

答弁権のエソロジー

第38回人権理事会:レイシズム、人種差別、外国人差別および関連した不寛容に関する一般討論


文書番号:HRC18/107E

ノート:

  • 差別以前に政府が弾圧を続ける中国が、国際社会に向け「少数民族は体系的差別に苦しんだ」との指摘。そうしたチベットの状況について中国チベット文化保護・発展協会:中国は「文化と経済両面においてチベットの発展に大きな関心を払った」。

  • 中国チベット文化保護・発展協会(CAPDTC)
    当ブログでは中国人権研究会について "NNGO"(Non Non-Governmental Organization/非非政府組織)と書いているのだが、

    チベット亡命政権ウェブサイトの記事によれば、"GONGO"(Government Organized NGO/政府組織非政府組織)と呼ばれるらしい(苦笑)。2014年の UPR 中国審査において、中国の人権活動家、王炳章(ワン・ビンジャン)氏の娘で、同会合で発言した中国系カナダ人、ティアナ・ワン(王天安)氏 *1 に対し、CAPDTC のメンバーが会場で「脅迫」行為を行ない退去を命じられたとある。

    「これが中国がチベット文化を保護・発展させる方法である | チベット亡命政権」(2014年3月26日)(レコードチャイナ/2014年3月23日)チベット亡命政権の記事は、CAPDTC が「中華人民共和国民政部に登録され、同部の監督、監査および管理の対象となることを公然と認めている」ことを問題視していたが、中国の NGO なぞそんなもんだろうという。しかしながら、最高幹部(senior leaders)に中国共産党統一戦線工作部の元部長や副部長(党中央委員)、中国人民政治協商会議のメンバーなどが名を連ね、また同記事が依拠していたニューヨーク・タイムズによると本部は北京・中南海の政府要人居住区向かいの厳重に警備された政府組織ビル内、お隣はその統一戦線工作部の本部ということらしい *2

    「表向きは N.G.O. からの中国人の男、人権聴聞会から出入り禁止 - ニューヨーク・タイムズ」(2014年3月24日)

    分かりやす過ぎる。同協会英語版サイトのアーカイブ*2 参照)によれば、協会の「活動範囲(Scope of Activities)」は以下のとおり。工作機関の活動内容(の婉曲)としか読めない(アンダーラインは当方)。

    協会は以下の活動を行うものとする:

    (1)チベット文化の歴史、現状、発展動向を調査研究し、その保護・発展に関する政府機関・経済社会組織への具体的提案を行なうこと。

    (2)チベットの宗教、教育、芸術、民俗習慣、医学、観光、環境保護などの全体的かつ真実の紹介を行なうために、チベット文化に関する国内外の展示会やセミナーを開催すること。

    (3)アジア太平洋地域における地域会議などの国際会議その他のみならず、国連人権委員会セッション、経済社会開発分野における国連会合、国連NGO会議に出席すること、

    (4)チベット学者とチベット芸術団を他国を訪問するために編成すること、チベットを訪れる外国人の友人を招待すること、海外に住むチベット人との広範な接触を行い、関連するサービスを提供すること、

    (5)国内外の組織や企業が、チベット文化の保護・発展に関するプログラムのための投資や人材育成を行なうことの追求、支援、組織および促進すること、

    (6)チベット文化の保護・発展に関するプログラムのために国家の関連法律に従って国内外で資金を調達すること、

    (7)チベット文化に関するコンサルティングサービスを提供すること。

    下記は統一戦線工作部による海外での浸透工作の手口を報じたフィナンシャルタイムズによる記事(大紀元/2017年11月3日)。第7支局がチベットを担当してるらしい。上記で「「統一戦線工作は威力絶大の必殺技」と讃えられて」おり、「党の指導下で、我々はこの必殺技をよりよく使いこなすべき」と発言した *3 と報じられている張裔炯(チャン・イーチォン)副部長は、CAPDTC の副会長(vice chairman)であった。

  • アゼルバイジャンが22日会合に続きアルメニアに言及し非難合戦(未抽出)。

  • 関連エントリ

掲載URL:
https://www.unog.ch/unog/website/news_media.nsf/(httpNewsByYear_en)/68D7DA508BE945A3C12582BE00636C1D?OpenDocument


HUMAN RIGHTS COUNCIL HOLDS GENERAL DEBATE ON RACISM, RACIAL DISCRIMINATION, XENOPHOBIA AND RELATED INTOLERANCE
人権理事会、レイシズム、人種差別、外国人差別および関連した不寛容に関する一般討論を開催

2 July 2018
2018年7月2日

The Human Rights Council this afternoon held a general debate on racism, racial discrimination, xenophobia and related forms of intolerance.
この午後、人権理事会は、人レイシズム、人種差別、外国人差別および関連した不寛容に関する一般討論を開催した。

[…]

General Debate on Racism, Racial Discrimination, Xenophobia and Related Intolerance
レイシズム、人種差別、外国人差別および関連した不寛容に関する一般討論

[…]

China called on the international community to implement the Durban Declaration and Programme of Action. Progress had been made but violence against refugees was growing. Ethnic minorities suffered from systematic discrimination. China had always supported the international community in its struggle against racism. It called on countries affected by racism to show political will and zero tolerance against racism.
中国は、国際社会に対しダーバン宣言と行動計画を実施するよう要請した。進展がなされたが、難民に対する暴力が増大していた。少数民族は体系的差別に苦しんだ。中国は、レイシズムに対する闘いにおいて、つねに国際社会を支えていた。レイシズムにより影響された国々に対し政治的意思とレイシズムに対するゼロ・トレランスを示すよう要請した。

[…]

China Association for Preservation and Development of Tibetan Culture said that China paid great attention to the development of Tibet both in cultural and economic terms. Human rights in Tibet would be better protected through China’s openness.
中国チベット文化保存発展協会は、中国が文化と経済両面においてチベットの発展に大きな関心を払ったと述べた。チベットにおける人権は、中国の開放を通じよりよく保護される。

[…]


2018年7月4日

*1:後述のニューヨーク・タイムズの記事によれば国連ウォッチに招待され発言した模様。当ブログお馴染みの専務理事ヒレル・ノイアー氏も登場していた。

*2:同記事からの CAPDTC のウェブサイトへのリンク先はアクセス不能になっている(中国語版へリンク)。Wayback Machine の方も最後のアーカイブ(2017年6月)は中国政府公認(?)のブロック画面になっていた。下記はコンテンツを確認できる2016年12月14日アーカイブ英語版も同様だが、コンテンツを確認できた2016年12月13日アーカイブ「CAPDTC について(About CAPDTC)」ページに、前述の「民政部に登録され、同部の監督、監査および管理の対象となる」の文言があった。

*3:そのときとおもわれる会見の模様を報じた中国網の記事(2017年10月23日)。

第38回人権理事会:レイシズムと人種差別に関する特別報告者との双方向対話


文書番号:HRC18/106E

ノート:

  • 反差別国際運動(IMADR)の小松泰介事務局次長(ジュネーブ事務所)が発言。

    「国籍に基づく人種差別(HRC38, 2018, OS)| IMADR:反差別国際運動」

  • 関連エントリ

掲載URL:
https://www.unog.ch/unog/website/news_media.nsf/(httpNewsByYear_en)/1C7D697577CDF63FC12582BE00606BEC?OpenDocument


HUMAN RIGHTS COUNCIL HOLDS INTERACTIVE DIALOGUE WITH THE SPECIAL RAPPORTEUR ON RACISM AND RACIAL DISCRIMINATION
人権理事会、レイシズムと人種差別に関する特別報告者との双方向対話を開催

2 July 2018
2018年7月2日

The Human Rights Council this afternoon held an interactive dialogue with E. Tendayi Achiume, Special Rapporteur on racism, racial discrimination, xenophobia and related intolerance, who presented two thematic reports to the Council.
人権理事会は、この午後、二つのテーマ別報告を理事会に提出したレイシズム、人種差別、外国人嫌悪および関連する不寛容に関する特別報告者、E・テンダイ・エイキウメとの双方向対話を開催した。

[…]

Interactive Dialogue
双方向対話

[…]

International Movement against All Forms of Discrimination and Racism (IMADR) endorsed the Special Rapporteur’s timely recommendations to combat racial discrimination in the context of citizenship, nationality and immigration status, intersecting with gender, religion and other grounds, and noted with concern that many States failed to combat racial discrimination.
反差別国際運動(IMADR)は、市民権、国籍および移民資格、ジェンダー、宗教およびその他の理由との交差という状況における人種差別に対抗するための特別報告者のタイムリーな勧告を支持し、多くの締約国が人種差別に対抗することができなかったという懸念を指摘した。

[…]


2018年7月4日

第38回人権理事会:ウィーン宣言と行動計画の実施に関する一般討論


文書番号:HRC18/105E

ノート:

  • 中国が発言:「人々中心のアプローチ」。

掲載URL:
https://www.unog.ch/unog/website/news_media.nsf/(httpNewsByYear_en)/53CE352BAA2F3653C12582BE00503DE3?OpenDocument


HUMAN RIGHTS COUNCIL HOLDS GENERAL DEBATE ON IMPLEMENTATION OF THE VIENNA DECLARATION AND PROGRAMME OF ACTION
人権理事会、ウィーン宣言と行動計画の実施に関する一般討論を開催

2 July 2018
2018年7月2日

The Human Rights Council in its midday meeting held a general debate on the follow-up to and implementation of the Vienna Declaration and Programme of Action.
人権理事会は、昼の会合において、ウィーン宣言と行動計画のフォローアップと実施に関する一般討論を開催した。

[…]

General Debate on the Follow-up to and Implementation of the Vienna Declaration and Programme of Action
ウィーン宣言と行動計画のフォローアップと実施に関する一般討論

[…]

China, speaking on behalf of a group of countries, stated that a people centred-approach was essential in the promotion of human rights. No one should be left behind and everyone’s freedoms and rights should be respected. A people-centred approach required States to respect people’s rights and dignity. To achieve that, States needed to improve people’s wellbeing, ensure more equitable distribution of economic benefits, promote social justice, and foster multilateral relations among countries.
中国は、各国のグループを代表して発言し、人権の促進において人々中心のアプローチが不可欠だと表明した。誰もが取り残されるべきではなく、誰もが自由と権利を尊重されななければならない。人々中心のアプローチは、人々の権利と尊厳を尊重するよう締約国に要請した。これを達成するためには、締約国は人々の福祉を改善し、より公平な経済的利益の分配を確保し、社会正義を促進し、各国のあいだの多国間関係を醸成する必要があった。

[…]


2018年7月4日

第38回人権理事会:パレスチナおよびその他のアラブ被占領地における人権状況に関する一般討論


文書番号:HRC18/104E

ノート:

掲載URL:
https://www.unog.ch/unog/website/news_media.nsf/(httpNewsByYear_en)/803F59BAB283FE63C12582BE003F9116?OpenDocument


HUMAN RIGHTS COUNCIL HOLDS GENERAL DEBATE ON THE HUMAN RIGHTS SITUATION IN PALESTINE AND OTHER OCCUPIED ARAB TERRITORIES
人権理事会、パレスチナおよびその他のアラブ被占領地における人権状況に関する一般討論を開催

2 July 2018
2018年7月2日

The Human Rights Council this morning held a general debate on the situation of human rights in Palestine and other occupied Arab territories, after hearing statements by concerned countries.
今朝の人権理事会は、関係国による声明を聞いた後、パレスチナおよびその他のアラブ被占領地における人権状況に関する一般討論を開催した。

Israel was not present in the room to take the floor as a concerned country.
イスラエルは、関係国として討論に加わる場に出席しなかった。

[…]

General Debate on the Human Rights Situation in Palestine and Other Occupied Arab Territories
パレスチナおよびその他のアラブ被占領地における人権状況に関する一般討論

[…]

China said that the issue of Palestine was the crux and root cause of the Middle East situation. China was closely following the situation and expressed its grave concern over the huge number of victims. Israel was urged to exercise restraint. Efforts had to be made in accordance with the United Nations resolutions. China was a strong advocate of the Middle East peace process and supported an independent Palestine State based on its pre-1967 borders with East Jerusalem as its capital.
中国は、パレスチナ問題が中東情勢の核心で根本的な原因だと述べた。中国は、その状況を綿密に追っており、多数の被害者に深刻な懸念を表明した。イスラエルは自制することを強く促された。国連の決議に従って取り組まなければならなかった。中国は、中東和平プロセスの強力な提唱者であり、東エルサレムを首都とする1967年以前の国境に基づく独立パレスチナ国家を支持した。

[…]

Human Rights Now said that Israel’s violent response to Palestinian protests, which had resulted in injuring over 1,200 people, had been the worst scale violence since 2014. The use of firearms against unarmed protesters violated the right to life and peaceful assembly. Israel ignored most of the Council’s resolutions. Nonetheless, a resolution to end Israeli impunity had to be adopted by the Council.
ヒューマンライツ・ナウは、1,200人以上の負傷者をもたらしたパレスチナ人の抗議へのイスラエルの暴力的対応は、2014年以来最悪の規模だったと述べた。非武装の抗議者に対する銃器の使用は、生命と平和的集会の権利を侵害した。イスラエルは理事会の決議のほとんどを無視した。それにもかかわらず、イスラエルの不処罰を終わらせる決議が理事会により採択されなければならなかった。

[…]


2018年7月4日

第38回人権理事会:普遍的定期的審査結果に関する一般討論


文書番号:HRC18/103E

ノート:

  • 中国が発言。

  • 国際友和会(オランダ、ユトレヒト)が韓国における良心的兵役拒否について発言。前回37回セッションで行なわれた韓国審査の会合で、同国の取り組みを歓迎する声明を行なっていた。

掲載URL:
https://www.unog.ch/unog/website/news_media.nsf/(httpNewsByYear_en)/4B0D1BF99B7EFF80C12582BB005828C8?OpenDocument


HUMAN RIGHTS COUNCIL HOLDS GENERAL DEBATE ON UNIVERSAL PERIODIC REVIEW
人権理事会、普遍的定期的審査結果に関する一般討論を開催

29 June 2018
2018年6月29日

The Human Rights Council this afternoon held a general debate on the Universal Periodic Review.
人権理事会は、この午後、普遍的定期的審査結果に関する一般討論を開催した。

[…]

General Debate on the Universal Periodic Review
普遍的定期的審査に関する一般討論

[…]

China stated that the Universal Periodic Review was a mechanism for all countries to hold constructive dialogue on an equal footing. The Universal Periodic Review should operate under the principles of objectivity, transparency, non-selectivity, and non-politicization, and China called on all countries to respect those principles. It was up to each country to implement the recommendations as they saw fit. China also underlined the importance of technical assistance and capacity building.
中国は、普遍的定期的審査は、すべての国が対等な建設的対話を行なうためのメカニズムだと述べた。普遍的定期的審査は、客観性、透明性、非選択性、および非政治性の原則のもとで運用すべきであり、中国はすべての国に対し、それらの原則を尊重するよう要請した。適切と判断して勧告を実施するのは各国次第だった。中国はまた、技術支援とキャパシティ・ビルディングの重要性を強調した。

[…]

International Fellowship of Reconciliation reminded of the very poor record of conscientious objection to military service in the Republic of Korea. The exception had come in December 2017 when the Republic of Korea had received recommendations on that issue from an unprecedented 10 countries. It seemed that there could be civilian alternative service to the military service, which was a promising step, but it was not the end of the road.
国際友和会は、韓国における良心的兵役拒否の非常に乏しい記録を想起した。例外は、2017年12月に韓国がこれまでない10か国からこの問題に関する勧告を受けたとき生じた。有望なステップだった兵役への民間代替サービスがあるように見えたが、それは道の終わりではなかった。

[…]


2018年7月4日

第38回人権理事会:イスラエル、リヒテンシュタイン、およびセルビアの普遍的定期的審査結果を採択


文書番号:HRC18/102E

ノート:

掲載URL:
https://www.unog.ch/unog/website/news_media.nsf/(httpNewsByYear_en)/438E08D2DC7008AFC12582BB0042C6B9?OpenDocument


HUMAN RIGHTS COUNCIL ADOPTS UNIVERSAL PERIODIC REVIEW OUTCOMES OF ISRAEL, LICHTENSTEIN, AND SERBIA
人権理事会、イスラエルリヒテンシュタイン、およびセルビアの普遍的定期的審査結果を採択

29 June 2018
2018年6月29日

The Human Rights Council in its midday meeting adopted the Universal Periodic Review outcomes of Israel, Lichtenstein, and Serbia.
人権理事会は昼の会合において、イスラエルリヒテンシュタインセルビアの普遍的定期的審査結果を採択した。

Vojislav Šuc, President of the Human Rights Council, said Israel had informed him that it would not be present in the room for the consideration of the outcome of its Universal Periodic Review. However, Israel had presented its position on recommendations in the addendum to the Working Group report.
人権理事会議長、ヴォイスラヴ・シュッツは、イスラエルが普遍的定期的審査の結果の検討のための会場に出席しないことを通知していたと述べた。しかしながら、イスラエルは作業部会報告書への補遺において勧告に対するその立場を提示していた。

[…]

The President of the Human Rights Council said that out of 240 recommendations, Israel had accepted 70 and noted 170.
人権理事会議長は、240の勧告のうち、イスラエルは70を受け入れ、170を留意していたと述べた。

[…]

Consideration of Outcome of Universal Periodic Review of Serbia
セルビアの普遍的定期的審査の結果の検討

[…]

China commended Serbia’s constructive participation in the Universal Periodic Review and thanked it for accepting its recommendations. China hoped that Serbia would continue to pursue the socio-economic development of its people, promote gender equality, and better protect the rights of women.
中国は、セルビアの普遍的定期的審査への建設的な参加を賞賛し、その勧告を受け入れたことについて感謝した。中国は、セルビアが人々の社会経済的発展を追求し、ジェンダー平等を促進し、女性の権利をより保護することを続けることを希望した。

[…]


2018年7月4日

第38回人権理事会:ルクセンブルク、バルバドス、モンテネグロおよびアラブ首長国連邦の普遍的定期的審査結果を採択


文書番号:HRC18/101E

ノート:

掲載URL:
https://www.unog.ch/unog/website/news_media.nsf/(httpNewsByYear_en)/7B10616BCF70ADFFC12582BB003BC07C?OpenDocument


HUMAN RIGHTS COUNCIL ADOPTS OUTCOMES OF UNIVERSAL PERIODIC REVIEW OF LUXEMBOURG, BARBADOS, MONTENEGRO AND THE UNITED ARAB EMIRATES
人権理事会、ルクセンブルク、バルバドス、モンテネグロおよびアラブ首長国連邦の普遍的定期的審査結果を採択

29 June 2018
2018年6月29日

The Human Rights Council this morning adopted the outcomes of the Universal Periodic Review of Luxembourg, Barbados, Montenegro and the United Arab Emirates.
今朝の人権理事会は、ルクセンブルク、バルバドス、モンテネグロおよびアラブ首長国連邦の普遍的定期的審査結果を採択した。

[…]

Consideration of Outcome of Universal Periodic Review of Barbados
バルバドスの普遍的定期的審査の結果の検討

[…]

China thanked Barbados for having accepted its recommendations, expressing hope that Barbados would continue to foster gender equality and sustainable economic development.
中国は、バルバドスがジェンダー平等と持続可能な経済開発を奨励し続けること希望を表明し、その勧告を受け入れたことについてバルバドスに感謝した。

[…]

Consideration of Outcome of Universal Periodic Review of Montenegro
モンテネグロの普遍的定期的審査の結果の検討

[…]

China commended Montenegro for its constructive engagement and the acceptance of Beijing’s recommendations. Montenegro must continue working to protect the rights of vulnerable populations, including the rights of minorities. China supported the adoption of the outcome.
中国は、モンテネグロの建設的な関与と北京の勧告受け入れを賞賛した。モンテネグロは、マイノリティの権利を含む脆弱な人々の権利を保護するための取り組みを続けなければならない。中国は結果の採択を支持した。

[…]


2018年7月4日