dancept1の備忘録

答弁権のエソロジー

国連専門家、投獄されたチベット人マイノリティ人権擁護者に対する告訴を取り下げるよう中国に強く促す


文書番号:(なし)

ノート:


UN experts urge China to drop charges against jailed Tibetan minority human rights defender
国連専門家、投獄されたチベット人マイノリティ人権擁護者に対する告訴を取り下げるよう中国に強く促す

Chinese
中国語

GENEVA (19 May 2020) – UN human rights experts* have called on China to lift charges against a Tibetan minority human rights defender who is awaiting an appeal hearing against a seven-year jail sentence imposed on disturbing public order charges.
ジュネーブ(2020年5月19日)– 国連人権専門家 * は中国に対し、公序良俗をかく乱した罪で課せられた七年の実刑判決に対する控訴審理を待っているチベット人マイノリティ人権擁護者に対する告訴を取り下げるよう要請した。

"We are deeply concerned by what appears to be the criminalisation of the legitimate work of a minority community member and human rights defender. We are also concerned about the reports of deterioration of his physical and mental integrity due to poor detention conditions," said the experts.
「我々は、マイノリティ・コミュニティのメンバーで人権擁護者の正当な活動の犯罪化とおもわれるものに深い懸念を抱いている。我々はまた、劣悪な拘留条件のために彼の肉体的・精神的インテグリティの悪化についての報告についても懸念している」と専門家は述べた。

A-Nya Sengdra had been campaigning against alleged corruption, illegal mining and illegal hunting and poaching of endangered animals before he was arrested and allegedly beaten on 4 September 2018 in Qinghai province.
ア=ニャ・センドラは、2018年9月4日に青海省において逮捕され、殴打されたとされる前に、汚職、違法採掘、絶滅危惧動物の違法狩猟・密猟などの疑惑に対してキャンペーンを行なっていた。

The human rights defender was sentenced on 6 December last year after being found guilty on charges of "gathering people to disturb public order" and "picking quarrels and provoking trouble". Other Tibetan minority representatives from Qinghai province were also charged and given similar jail terms.
同人権擁護活動者は、「公の秩序を乱すために人々を集めること」「喧嘩を仕掛けたりトラブルを引き起こすこと」の罪の有罪判決を受け、昨年12月6日に実刑判決を受けた。青海省からの他のチベット人マイノリティの代表者も起訴され、同様の刑期を与えられた。青海省からの他のチベット少数民族の代表者も起訴され、同様の刑務所の条件を与えられた。 

Sengdra's appeal court hearing was postponed last month and is now expected anytime soon.
センドラ氏の控訴裁判所の審理は先月延期され、今すぐいつでも期待される。

"The charges against Mr Sengdra stem from a wider crackdown on Tibetan minority human rights defenders. They constitute violations of Mr Sengdra's right as a member of a minority community to exercise his human rights without discrimination or intimidation, including his freedom of expression," the experts said.
「センドラ氏に対する告発は、チベット人マイノリティ人権擁護者に対する広範な弾圧から生じた。それらは、表現の自由を含む、差別や脅迫なしに人権を行使するマイノリティ・コミュニティのメンバーとしてのセングラ氏の権利侵害を構成する」と専門家は述べた。

"We urge the authorities to comply with their obligations under international law, including by lifting the charges against Mr Sengdra. The human rights of the Tibetan minority must be fully respected."
「我々は、センドラ氏に対する告発を撤回することを含む、国際法に基づく義務を遵守するよう当局に強く促す。チベット人マイノリティの人権は完全に尊重されなければならない」。

The experts have sought information from the Chinese Government.
専門家は中国政府に情報を求めている。

ENDS
終わり

*The UN experts: Mr. Fernand de Varennes, Special Rapporteur on minority issues, Ms. Leigh Toomey (Chair-Rapporteur), Ms. Elina Steinerte (Vice-Chair), Mr. José Antonio Guevara Bermúdez, Mr. Sètondji Roland Adjovi and Mr. Seong-Phil Hong, Working Group on Arbitrary Detention; Mr. David Kaye, Special Rapporteur on the promotion and protection of the right to freedom of opinion and expression; Ms. Mary Lawlor, Special Rapporteur on the situation of human rights defenders; and Mr. Nils Melzer, Special Rapporteur on torture and other cruel, inhuman or degrading treatment or punishment
* 専門家:マイノリティ問題に関する特別報告者フェルナンド・デ・ヴァレンヌ氏氏、恣意的拘留に関する作業部会リー・トゥーミー氏(議長報告者)、エリナ・ステイネルテ氏(副議長)、ホセ・アントニオ・ゲヴァラ・ベルムーデス氏、セトンジ・ローランド・アジョビ氏およびソン・フィルホン氏、意見と表現の自由の権利の促進と保護に関する特別報告者デイヴィッド・ケイ氏、人権擁護者の状況に関する特別報告者メアリー・ローラー氏、ならびに拷問およびその他の残酷で非人道的または品位を傷つける扱いまたは処罰に関する特別報告者ニルス・メルツァー氏。


2020年5月25日

刑事告発で平和的抗議活動を沈黙させないよう香港に強く促す


文書番号:(なし)

ノート:

  • 国連人権高等弁務官事務所ホームページ「プレスリリース」(英語)より。

  • (メディア報道より)


    Hong Kong urged not to silence peaceful protest with criminal charges
    刑事告発で平和的抗議を沈黙させないよう香港に強く促す

    GENEVA (13 May 2020) – UN human rights experts* today urged Hong Kong Special Administrative Region authorities to immediately drop the criminal prosecution of 15 pro-democracy activists who participated in peaceful protests in the city last year.
    ジュネーブ(2020年5月13日)– 国連人権専門家 * は本日、昨年、市内において平和的抗議活動に参加した15名の親民主主義活動家の刑事訴追を直ちに取り下げるよう香港特別行政区当局に強く促した。

    “Nobody should be subjected to administrative or criminal sanctions for taking part in a peaceful protest, even if the regime governing protests requires an authorisation,” the experts said.
    「抗議活動を管理する体制が許可を必要としている場合でも、誰も平和的抗議に参加したことにより行政的または刑事的制裁を受けるべきではない」と専門家は述べた。

    Protests were initially sparked in 2019 as a reaction to proposed legislation, which would have allowed the extradition of criminal suspects to mainland China. Those peaceful assemblies developed into protests calling for more democratic participation in public affairs. During the height of the protests, nearly 2 million people took part in peaceful marches.
    抗議活動は当初、2019年に犯罪容疑者の中国本土への引き渡しを可能にしたであろう法案への反動として火がついた。それらの平和的集会は、公務におけるより民主的参加を求める抗議活動へと発展した。抗議活動最盛期には2百万人近くが平和的行進に参加した。

    However, as the standoff between the protesters and the government continued, more and more violent clashes between the police and some individuals were recorded. The UN experts had already expressed their concern in this regard in a press release in September 2019.
    しかしながら、抗議者と政府との睨み合いが続くにつれ、警察と一部個人とのあいだに暴力的な衝突がますます記録された。国連専門家はこの点について2019年九月のプレスリリースにおいてすでに懸念を表明していた。

    The 15 pro-democracy activists were arrested in April and have been charged with various counts of assisting in the organisation of ‘unauthorised’ assemblies or participation in them. Some have also been charged with announcing ‘unauthorised’ marches. Their trial is due to start on 18 May. These charges were brought under the Public Order Ordinance, which establishes an authorisation process for assemblies, contrary to international human rights standards.
    四月に逮捕された15名の親民主主義活動家は、「無許可の」集会の組織化や、集会への参加を支援したという様々な罪で起訴されている。一部は「無許可の」行進を発表した罪でも起訴されている。彼らの裁判は5月18日に開始される予定である。これらの告発は、国際的人権基準に反して集会の認可プロセスを定めている公序良俗条例のもと起訴された。

    “The charges were filed at a time when protests are restricted for COVID-19 prevention. The persons charged are all leading figures in the pro-democracy movement. We fear the chilling effect these arrests aim to have on peaceful protests in Hong Kong,” the experts said.
    「告発は、COVID-19予防のために抗議活動が制限されている時期に提起された。起訴された人物は、すべて民主化運動の指導的人物である。我々は、これらの逮捕が香港における平和的抗議活動に狙いを定める萎縮効果を恐れている」と専門家は述べた。

    The UN experts said the authorities are obligated not to criminalise peaceful protesters or prosecute organisers for the acts of violence committed by individual participants. Only individual acts of violence may be subject to prosecution.
    国連専門家は、当局は、個々の参加者によって侵された暴力行為について平和的抗議者の犯罪化や主催者の起訴をしない義務があると述べた。個々の暴力行為のみが起訴の対象となる可能性がある。

    Furthermore, authorities should review the Public Order Ordinance in line with international human rights standards. The experts have also noted a pattern of criminalization of peaceful protesters over the past months including when peaceful protests took place in compliance with existing public health regulations.
    さらに、当局は国際的人権基準に沿って公序良俗条例を見直すべきである。専門家はまた、平和的抗議活動が既存の公衆衛生規制に準拠して行なわれたときを含め、過去数か月間にわたる平和的抗議者の犯罪化のパターンにも言及した。

    The UN experts are following the cases closely and are in a dialogue with the relevant authorities.
    国連専門家は、この事例を注意深く追跡し、関係当局と対話している。

    ENDS
    終わり

    * The experts: Mr. Clement Nyaletsossi Voule,Special Rapporteur on the right to peaceful assembly and association, Mr. David Kaye, Special Rapporteur on the promotion and protection of the right to freedom of opinion and expression; Ms. Mary Lawlor, Special Rapporteur on the situation of human rights defenders
    * 専門家:平和的な集会および結社の権利に関する特別報告者クレマン・ニアレッツーシ・ブール氏、意見と表現の自由の権利の促進と保護に関する特別報告者デイヴィッド・ケイ氏、人権擁護者の状況に関する特別報告者メアリー・ローラー氏


    2020年5月19日

中国:国連専門家、人権擁護者三名の強制失踪に深刻な懸念


文書番号:(なし)

ノート:


China: UN experts gravely concerned by enforced disappearance of three human rights defenders
中国:国連専門家、人権擁護者三名の強制失踪に深刻な懸念

GENEVA (23 March 2020) - UN human rights experts* expressed their grave concern about the welfare of three human rights defenders who were forcibly disappeared by the Chinese authorities shortly after their arrest in December 2019.
ジュネーブ(2020年3月23日)– 国連人権専門家 * は、2019年12月に逮捕された直後に中国当局により強制的に失踪された人権擁護者三名の福祉について深刻な懸念を表明した。

Three Chinese human rights defenders, Mr. Ding Jiaxi, Mr. Zhang Zhongshun and Mr. Dai Zhenya, have been held by authorities in a form of detention called Residential Surveillance in a Designated Location (RSDL) since they were arrested for attending an informal weekend gathering in the city of Xiamen. At the gathering, they discussed the situation of civil society and politics in China with other lawyers and activists.
丁家喜(ディン・ジアシー )氏、張忠順(チャン・ションシュン)氏および戴振亜(タイ・チェンヤ)氏の中国人人権擁護活動者三名は、アモイ市での週末の非公式集会に出席したために逮捕されて以来、指定された場所における住宅監視(RSDL)と呼ばれる拘留形式において当局により拘束されている。集会で、彼らは中国における市民社会や政治の状況を他の弁護士や活動家と議論した。

“We see parallels between this recent crackdown and previous attempts to silence dissenting voices in China. Nine other human rights defenders who attended the event have also been summoned for questioning or detained in what has been a cross-provincial operation led by a special taskforce of Yantai City police,” the UN experts said.
「我々は中国におけるこの最近の取り締まりと反対意見を沈黙させる以前の試みとのあいだには類似点があると見ている。このイベントに参加した他の九名の人権擁護活動者も、尋問のために召喚されたか、煙台市警察の特別機動隊により率いられた省をまたいだ活動に拘束された」、と国連専門家は述べた。

“It has also unfortunately become common practice for Chinese authorities to provide limited or conflicting information on the victims and the charges they face. The families are often kept in the dark about the well-being of their loved ones.”
「残念ながら、中国当局が被害者と彼らが直面している罪状について限られた、あるいは矛盾する情報を提供することは一般的慣行となっている。家族は通常、愛する人たちの幸福について知らされない」。

The experts expressed their alarm at the ongoing use of RSDL in China, despite having for many years reiterated the position that RSDL is not compatible with international human rights law. As a form of enforced disappearance, RSDL allows authorities to circumvent ordinary processes provided for by the criminal law, and detain individuals in an undisclosed location for up to six months, without trial or access to a lawyer. This puts individuals at heightened risk of torture, inhuman or degrading treatment or punishment.
専門家は、RSDLが国際人権法に準拠していないという立場を長年繰り返したにもかかわらず、中国におけるRSDLの継続的使用に警告を表明した。RSDLは強制失踪の一形態として、刑事法で規定されている通常の手続きを回避し、裁判や弁護士へのアクセスなしに、個人を非公開の場所に最大六か月拘留することができる。これは、個人に拷問、非人道的または品位を傷つける扱いまたは処罰のリスクを高める。

“While certain provisions in international law allow exceptional measures to be taken for the protection of public order or national security, enforced disappearance is a grave and flagrant violation of human rights and is unacceptable in all circumstances,” the experts said. “We are dismayed that national security provisions are used to target human rights defenders who meet peacefully and exercise their right to free speech - even if such speech is critical of the State.”
国際法におけるある規定は、公共秩序や国家安全保障を保護するために例外的な措置をとることが認めているが、強制失踪は重大かつあからさまな人権侵害であり、いかなる状況においても容認できない」と専門家は述べた。「我々は、たとえそのような発言が国家に対して批判的であっても、平和的に会合し、言論の自由の権利を行使する人権擁護活動者を標的とすることに国家安全保障条項が利用されていることに失望している」。

The experts feared that the arrest and detention of Mr. Ding, Mr. Dai and Mr. Zhang could have a chilling effect on the defence of human rights in China.
専門家は、丁氏、戴氏および張氏の逮捕と拘留が中国における人権擁護に委縮効果を与える可能性を恐れた。

“When the authorities in any country systemically charge human rights defenders with ‘subversion of state power’ or other terror-related charges without clearly communicating the factual basis for such accusations, we worry that these defenders are just being persecuted for the exercise of their most basic human rights,” the UN experts concluded.
「いかなる国の当局も、このように告発の根拠となる事実を明確に伝えず、「国家権力の転覆」 やその他のテロ関連の告発を体系的に行なっている場合、我々は、人権擁護活動者がもっとも基本的な人権を行使しただけで迫害されているのではないかと懸念している」、と国連専門家は結論付けた。

The experts are in a dialogue with Chinese authorities on this issue and will continue to closely monitor the situation.
専門家はこの問題に関して中国当局と対話しており、その状況を注意深く監視を続ける。

ENDS
終わり

(*)The UN experts: : Mr. Michel Forst, Special Rapporteur on the situation of human rights defenders,; The UN Working Group on Enforced or Involuntary Disappearances: Mr. Luciano Hazan (Chair), Mr. Tae-Ung Baik (Vice Chair), Mr. Bernard Duhaime, Ms. Houria Es-Slami, and Mr. Henrikas Mickevičius; Mr. David Kaye, Special Rapporteur on the promotion and protection of the right to freedom of opinion and expression; Mr. Clement Nyaletsossi Voule; the Special Rapporteur on the rights to freedom of peaceful assembly an association; Ms. Fionnuala Ní Aoláin, the Special Rapporteur on the promotion and protection of human rights and fundamental freedoms while counter-terrorism; Mr. Nils Melzer Special Rapporteur on Torture and Other Cruel, Inhuman or Degrading Treatment or Punishment.
(*)国連専門家:人権擁護者の状況に関する特別報告者ミシェル・フォルスト氏、国連強制的または非自発的失踪に関する作業部会:ルシアノ・アサン氏(議長)、ベク・テウン(副議長)、ベルナール・デュエム氏、ホーリア・エス=スラミ氏、ヘンリカス・ミケビチウス氏、意見と表現の自由の権利の促進と保護に関する特別報告者デイヴィッド・ケイ氏、平和的集会および結社の自由の権利に関する特別報告者クレマン・ニアレッツーシ・ブール氏、テロリズム対策の一方での人権および基本的自由の促進および保護に関する特別報告者フィオヌアラ・ニ・アオレイン氏、拷問およびその他の残酷な、非人道的なまたは品位を傷つける扱いまたは刑罰に関する特別報告者ニルス・メルツァー氏。


2020年3月28日

第43回人権理事会:ボスニア・ヘルツェゴビナの普遍的定期的審査結果を採択、アフリカ系の人々のための国際の十年に関する議論を開催し、第四十三セッションを一時中断/そうしなければ期限切れとなるすべてのマンデートおよびマンデート活動を延長し、19名の特別手続マンデート保持者を任命


文書番号:HRC20.034E

ノート:

  • アフリカ系の人々のための国際の十年 *1 の中間レビューに関する討論で中国が発言。

  • 新型コロナ対応のセッション中断により期限切れとなるマンデートおよびマンデート活動 *2 をセッション再開まで延長する決議草案を投票なしで採択。本要約記載の草案 A/HRC/43/L.14 リンク先は現時点でドキュメント未アップ。北朝鮮と中国が発言。

  • 特別手続マンデート保持者19名を任命。おひとかた「中国の」、ということで、すべての人権、とくに経済的、社会的および文化的権利の完全な享受に対する対外債務およびその他の関連する国際金融債務の影響に関する独立専門家である——債務トラッパーからの「対外債務」の「独立」してるはずもない専門家。日本からは、その原因と結果を含む、奴隷制度の現代的形態に関する特別報告者に小保方智也・英キール大学教授。国連高等弁務官事務所ウェブサイトは現時点では(まだ就任前ということで)前任者のプロフィールを掲載しているが(対外債務(英語)/現代の奴隷制英語))、下記によれば中国のリー・ユフェン氏は1990年から2014年まで国連貿易開発会議(UNCTAD)*3 で上級経済担当オフィサーや債務・開発金融局長などを務めた。清華大学客員教授。サウスセンター *4 上級顧問 *5

    「リー・ユフェン | 貿易と持続的発展のための国際センター」

    小保方教授は、下記によれば専門は国際法および人権、ノッティンガム大学で法学博士号を取得、博士号取得前には国連難民高等弁務官事務所と韓国で働いていたとの由(1999年 - 2000年)。

    「小保方智也 | キール大学」

    なお先般、こちらは国連機関についてだが WHO の「同志」テドロス事務局長はじめ下記が報じられたりしていた。

    SankeiBiz(2020年3月6日)

    AFP(2020年2月3日)
    独立専門家候補を勧告した諮問グループの今年度メンバー(三月まで)は、ジブチイラクモルドバエクアドルおよびイタリア。左記および独立専門家の任命プロセスについては下記掲載のリンク先参照。以下その抜粋訳。

    選考および選任プロセスの概要

    人権理事会の独立国際専門家は、事務局によって発行された候補者要請に応じたオンライン書面による申請を伴う、競争的で透明なプロセスを経て任命される。最終候補者は、五つの地域グループのそれぞれが指名した五名の大使によって構成される諮問グループの電話インタビューを受ける。諮問グループは、公開報告書を通じて人権理事会議長に勧告を行なう。議長が指名した候補者が人権理事会で承認されれば、任命は完了する。

    一般的基準

    2007年6月18日の人権理事会決議5/1付属書によれば、マンデート保持者の指名、選考、任命の際には、以下の一般的基準がもっとも重要となる。

    (a)専門知識、
    (b)マンデートの分野における経験、
    (c)独立、
    (d)公平、
    (e)個人の誠実さ、および
    (f)客観性

    前回セッションでの諮問委員選挙についても参照(下記)。

  • 国連人権高等弁務官事務所ホームページ(英語))

    国連人権理事会ホームページ(英語)「諮問グループ」(英語

    • 「人権理事会 サイクルごとの諮問グループのメンバー」(英語(Word))
    • 「人権理事会の独立国連専門家についての選任および任命プロセスに関する基本情報」(英語
  • ( UN Web TV )

  • 関連エントリ(工事中)

  • 掲載URL:

    https://www.unog.ch/unog/website/news_media.nsf/(httpNewsByYear_en)/94566E0ACCDA398DC125852900690625?OpenDocument


HUMAN RIGHTS COUNCIL ADOPTS UNIVERSAL PERIODIC REVIEW OUTCOME OF BOSNIA AND HERZEGOVINA, HOLDS DEBATE ON THE INTERNATIONAL DECADE FOR PEOPLE OF AFRICAN DESCENT, AND SUSPENDS ITS FORTY-THIRD SESSION
人権理事会、ボスニア・ヘルツェゴビナの普遍的定期的審査結果を採択、アフリカ系の人々のための国際の十年に関する議論を開催し、第四十三セッションを一時中断

Council Extends All Mandates and Mandated Activities that would otherwise Expire and Appoints 19 Special Procedure Mandate Holders
理事会、そうしなければ期限切れとなるすべてのマンデートおよびマンデート活動を延長し、19名の特別手続マンデート保持者を任命

13 March 2020
2020年3月13日

The Human Rights Council this morning adopted the Universal Periodic Review outcome of Bosnia and Herzegovina and held a debate on the midterm review of the International Decade for People of African Descent. Taking note of the measures adopted by the host country Switzerland to prevent the spread of the COVID-19, the Council also extended all mandates and mandated activities that would otherwise expire, until the resumption of the forty-third session, and appointed 19 Special Procedure mandate holders, before suspending the session.
今朝の人権理事会は、ボスニア・ヘルツェゴビナの普遍的定期的審査結果を採択し、アフリカ系の人々のための国際の十年の中間レビューに関する討論を開催した。COVID-19の拡散を防ぐためにホスト国スイスで採用された措置に留意し、理事会はまた、セッションを一時停止する前に、そうしなければ期限切れとなるすべてのマンデートおよびマンデート活動を第四十三回セッション再開まで延長し、ならびに19名の特別手続マンデート保持者を任命した。

In the debate on the midterm review of the International Decade for People of African Descent, Michelle Bachelet, United Nations High Commissioner for Human Rights,[…]
アフリカ系の人々のための国際の十年の中間レビューに関する討論において、ミチェル・バチェレ、国連人権高等弁務官は、[…]

[…]
Speaking were Peru on behalf of a group of South American countries, the European Union, Haiti on behalf of the Caribbean Community, South Africa on behalf of the African Group, Azerbaijan on behalf of the Non-Aligned Movement, Guyana, Costa Rica, Ecuador, Pakistan, South Africa, Brazil, Namibia, Vanuatu, Bolivarian Republic of Venezuela, Indonesia, Qatar, Nepal, China, Cuba, Russian Federation, Senegal, Angola and Belgium.

[…]

The Council then took action on the extension of mandates and mandated activities that would otherwise expire before the forty-third session resumed.
理事会はその後、第四十三回セッションが再開される前に期限が切れるマンデートおよびマンデート活動の延長に関する審議を行なった。

[…]

Syria, Democratic People’s Republic of Korea, Myanmar, Iran and China spoke in explanation of the vote after the vote.

[…]

Summaries of the Committee’s public meetings in English and French are available at the United Nations Office at Geneva News and Media page, while the webcast can be viewed at UN Web TV.
理事会の英語とフランス語による公開会合概要は、ウェブキャストがUN Web TVで視聴できるとともに、ジュネーブ国連事務所のニュースとメディアのページで利用可能である。

[…]

Action on Resolution on the Extension of Mandates and Mandated Activities
マンデートおよびマンデート活動延長に関する決議に関する審議

In a resolution (A/HRC/43/L.14) on Extension of mandates and mandated activities, adopted without a vote, the Council takes note of the measures adopted by the host country Switzerland to prevent the spread of the COVID-19. Recalling that on 12 March 2020 it decided to suspend its forty-third session on 13 March until further notice, the Council decides to extend all mandates and mandated activities that would otherwise expire, until the date on which they can be considered by the Council when the forty-third session is resumed.
投票なしで採択された、マンデートおよびマンデート活動の延長に関する決議(A/HRC/43/L.14)において、理事会は、COVID-19の拡散を防ぐためにホスト国スイスで採用された措置に留意する。2020年3月12日に、さらなる通知があるまで3月13日に第四十三回セッションを一時中断することを決定したことを想起し、理事会は、そうしなければ期限切れとなるすべてのマンデートおよびマンデート活動を、第四十三回セッションが再開され理事会により検討できる日まで延長することを決定する。

[…]

Appointment of Special Procedure Mandate Holders
特別手続マンデート保持者の任命

Elisabeth Tichy-Fisslberger, President of the Human Rights Council, said that on the basis of the recommendations of the Consultative Group, and having held broad consultations, she had decided to propose the appointments of those candidates whose names were indicated in the letter that had been circulated to all delegations on 21 February 2020. The letter was accessible on the Extranet and the webpage on “the nominations, selection and appointment of mandate holders of the Special Procedures”.
エリザベト・ティヒー=フィッシルバーガー、人権理事会議長は、諮問グループの勧告に基づいて、幅広い協議を行った結果、2020年2月21日に全代表団に回覧された書簡に名前が示された候補者の任命を提案することを決定していたと述べた。この書簡は、エクストラネットおよび「特別手続マンデート保持者の指名、選定、および任命」に関するウェブページでアクセスできた。

The Council then went on to appoint 19 Special Procedure mandate holders.
その後、理事会は19名の特別手続マンデート保持者を任命した。

[…]

Yuefen Li of China was appointed as the Independent Expert on the effects of foreign debt and other related international financial obligations of States on the full enjoyment of all human rights, particularly economic, social and cultural rights ; Claudia Mahler of Austria was appointed as the Independent Expert on the enjoyment of all human rights by older person ; and Isha Dyfan of Sierra Leone was appointed as the Independent Expert on the situation of human rights in Somalia.
中国のリー・ユフェンは、すべての人権、とくに経済的、社会的および文化的権利の完全な享受に対する対外債務およびその他の関連する国際金融債務の影響に関する独立専門家に任命され、オーストリアのクローディア・マーラーは、高齢者によるすべての人権の享受に関する独立専門家に任命され、シエラレオネのイシャ・ディファンは、ソマリアにおける人権状況に関する独立専門家に任命された。

[…]

The Council further appointed Balakrishnan Rajagopal of the United States as the Special Rapporteur on adequate housing as a component of the right to an adequate standard of living, and on the right to non-discrimination in this context ; Tomoya Obokata of Japan as the Special Rapporteur on contemporary forms of slavery, including its causes and its consequences ; Olivier de Schutter of Belgium as the Special Rapporteur on extreme poverty and human rights ; and Alena Douhan of Belarus as the Special Rapporteur on the negative impact of unilateral coercive measures on the enjoyment of human rights.
理事会はさらに、米国のバラクリシュナン・ラジャゴパルを適切な生活水準に対する権利の構成要素としての適切な住居、およびこの文脈における非差別の権利に関する特別報告者として、日本の小保方智也を、その原因と結果を含む、奴隷制度の現代的形態に関する特別報告者として、ベルギーのオリヴィエ・ド・シュッターを極度の貧困と人権に関する特別報告者として、およびベラルーシのアレナ・ドゥハンを人権の享受に対する一方的な強制措置の悪影響に関する特別報告者として任命した。

[…]

Concluding Remarks by the President
議長による結語

ELISABETH TICHY-FISSLBERGER, President of the Human Rights Council, expressing her gratitude, said she hoped to see everybody back in Room XX when the session resumed. The coming weeks and the exceptional circumstances might provide an opportunity to reflect on new ways to fulfil the Council’s mandate, she added.
エリザベト・ティヒー=フィッシルバーガー、人権理事会議長は、感謝の意を表明して、セッションが再開された際に全員がルームXXに戻ることを望むと述べた。今後の数週間と例外的な状況は、理事会のマンデートを果たすための新しい方法を検討する機会を提供するかもしれない、と彼女は付け加えた。


2020年3月21日

*1:

*2:当該マンデートの決議が審議・採択不能となったためとおもわれる。

*3:

*4:1995年発効の政府間協定により設立された政府間政策研究シンクタンク。「グループ77(G-77)と中国や非同盟運動(NAM)などの南の団体からの政策アドバイスや技術的およびその他のサポートの要請にも対応」。

「サウスセンター•多様性における南の団結 | サウスセンターについて」

*5:下記による(Senior Adviser)。

「サウスセンター•多様性における南の団結 | 事務局」

第43回人権理事会:マダガスカル、イラク、スロベニアおよびエジプトの普遍的定期的審査結果を採択


文書番号:HRC20.033E

ノート:


HUMAN RIGHTS COUNCIL ADOPTS UNIVERSAL PERIODIC REVIEW OUTCOMES OF MADAGASCAR, IRAQ, SLOVENIA AND EGYPT
人権理事会、マダガスカルイラクスロベニアおよびエジプトの普遍的定期的審査結果を採択

12 March 2020
2020年3月12日

The Human Rights Council this afternoon adopted the Universal Periodic Review outcomes of Madagascar, Iraq, Slovenia and Egypt.
人権理事会は昼の会合において、マダガスカルイラクスロベニアおよびエジプトの普遍的定期的審査結果を採択した。

Sabina Stadler Repnik, Permanent Representative of Slovenia to the United Nations Office at Geneva,[…]
サビーナ・スタドラー・レプニク、スロベニアジュネーブ国連事務所常駐代表は、[…]

[…]
Speaking were Pakistan, Russian Federation, Venezuela, Afghanistan, Cabo Verde, China, Djibouti, Egypt, Ethiopia, Iran, Libya and Nepal.

[…]

Alaa Yousuf, Permanent Representative of Egypt to the United Nations Office at Geneva,[…]
アラア・ユスフ、エジプト在ジュネーブ国連事務所常駐代表は[…]

[…]

Speaking were Ethiopia, Gabon, Greece, Haiti, Iran, Iraq, Jordan, Kuwait, China, Libya, Malawi and Mauritania.

[…]

The Human Rights Council will reconvene on Friday, 13 March, at 9 a.m. discuss the outcome of the Universal Periodic Review of Bosnia and Herzegovina. It will then hold a debate on the midterm review of the International Decade for People of African Descent. Finally, it will adopt a list of Special Procedure mandate holders, before suspending its forty-third session because of the COVID-19 virus.
理事会は、3月13日金曜午前9時に再集会し、ボスニア・ヘルツェゴビナの普遍的定期的審査結果を議論する。その後、「アフリカ系の人々のための国際十年」の中間レビューに関する議論が行われる。最後に、COVID-19ウイルスのために四十三回セッションを一時中断する前に、特別手続マンデート保持者の名簿を採択する。

[…]


2020年3月21日

第43回人権理事会:フィジー、サンマリノ、イラン、アンゴラおよびカザフスタンの普遍的定期的審査結果を採択


文書番号:HRC20.032E

ノート:


HUMAN RIGHTS COUNCIL ADOPTS UNIVERSAL PERIODIC REVIEW OUTCOMES OF FIJI, SAN MARINO, IRAN, ANGOLA AND KAZAKHSTAN
人権理事会、フィジーサンマリノ、イラン、アンゴラおよびカザフスタンの普遍的定期的審査結果を採択

12 March 2020
2020年3月12日

The Human Rights Council in its midday meeting adopted the Universal Periodic Review outcomes of Fiji, San Marino, Iran, Angola and Kazakhstan.
人権理事会は昼の会合において、フィジーサンマリノ、イラン、アンゴラおよびカザフスタンの普遍的定期的審査結果を採択した。

Nazhat Shameem Khan, Permanent Representative of Fiji to the United Nations Office at Geneva,[…]
ナザット・シャミーム・カーン、フィジージュネーブ国連事務所常駐代表は、[…]

[…]

Speaking were Vanuatu, Solomon Islands, Afghanistan, Barbados, Botswana, China, Cuba, Egypt, Guyana, Haiti, Iran and Libya, as well as the representatives of the following non-governmental organizations : International Parenthood Federation, International Service for Human Rights, Commonwealth Human Rights Initiative and Civicus – World Alliance for Citizen Participation.

[…]

The delegation of San Marino was unable to travel to Geneva due to COVID-19 pandemic. In the statement read by Maria Del Socorro Flores Liera, Vice-President of the Human Rights Council, San Marino[…]
サンマリノ代表団はCOVID-19のパンデミックによりジュネーブに旅行することができなかった。マリア・デル・ソコロ・フローレス・リエラ、サンマリノ人権理事会副議長により読み上げられた声明において、サンマリノは[…]

[…]

Cyprus, Iraq, Libya, Venezuela, Burkina Faso and China, as well as the Centre for Global Non-Killing spoke in the discussion.

[…]

Esmaeil Baghaei Hamaneh, Permanent Representative of Iran to the United Nations Office at Geneva,
イスマイル・バカエイ・ハマネ、イラン在ジュネーブ国連事務所常駐代表は、[…]

[…]

Speaking in the discussion were Russia, China, Sri Lanka, Syria, United Kingdom, Venezuela, Afghanistan, Belarus, Belgium, Botswana and the Philippines. Also taking the floor were the following non-governmental organizations : Society of Iranian Women Advocating Sustainable Development of Environment, Disability Association of Tavana, Baha’i International Community, Lawyers for Lawyers, World Jewish Congress, Organization for Defending Victims of Violence, Human Rights Watch, Rahbord Peimayesh Research and Educational Services Cooperative and Centre for Inquiry.

[…]

Margarida Rosa da Silva Izata, Permanent Representative of Angola to the United Nations Office at Geneva,[…]
マルガリダ・ホーザ・ダ・シルバ・イザタ、アンゴラジュネーブ国連事務所常駐代表は、[…]

[…]

Sudan, China, Afghanistan, Botswana, Brazil, Burkina Faso, Burundi, Cabo Verde, Venezuela and the Democratic Republic of the Congo took part in the discussion. Also speaking were the United Nations Population Fund, as well as International Volunteerism Organization for Women, Education and Development, Lutheran World Federation, International Service for Human Rights, Ingénieurs du Monde, CIVICUS – World Alliance for Citizen Participation and Rencontre Africaine pour la Défense des Droits de l’Homme.

[…]

Zhanar Aitzhanova, Permanent Representative of Kazakhstan to the United Nations Office at Geneva,[…]
ザナー・アイトジャノワ、カザフスタンジュネーブ国連事務所常駐代表は、[…]

[…]

Speaking were Sri Lanka, Venezuela, Vietnam, Afghanistan, Russia, Burundi, China, Cuba, Egypt and Iran. UN Women, United Nations Children’s Fund and United Nations Population Fund also spoke, as did the representatives of the International Bar Association, Action Canada for Population and Development, Article 19 - The International Centre Against Censorship, Asian Forum for Human Rights and Development (joint statement), International Lesbian and Gay Association and the Alliance Defending Freedom.

[…]

The Council is holding a full day of meetings today. It will resume its work at 3 p.m. to continue its consideration of the outcomes of the Universal Periodic Review of Madagascar, Iraq, Slovenia, Egypt, and Bosnia and Herzegovina.
理事会は本日、全日会合を開催している。マダガスカルイラクスロベニア、エジプト、およびボスニア・ヘルツェゴビナの普遍的定期的審査結果の審議を継続するために午後3時に作業に戻る。

[…]


2020年3月21日

*1:


第43回人権理事会:イタリア、エルサルバドル、ガンビアおよびボリビアの普遍的定期的審査結果を採択し、COVID-19により現セッションの一時中断を決定


文書番号:HRC20.031E

ノート:


HUMAN RIGHTS COUNCIL ADOPTS UNIVERSAL PERIODIC REVIEW OUTCOMES OF ITALY, EL SALVADOR, THE GAMBIA AND BOLIVIA, AND DECIDES TO SUSPEND THE CURRENT SESSION DUE TO COVID-19
人権理事会、イタリア、エルサルバドルガンビアおよびボリビアの普遍的定期的審査結果を採択し、COVID-19により現セッションの一時中断を決定

12 March 2020
2020年3月12日

The Human Rights Council this morning adopted the Universal Periodic Review outcomes of Italy, El Salvador, Gambia and Bolivia, and decided to suspend its current forty-third session as of Friday, 13 March and until further notice due to the COVID-19 virus.
今朝の人権理事会は、イタリア、エルサルバドルガンビアボリビアの普遍的定期的審査の結果を採択し、COVID-19ウイルスにより、さらに通知があるまで現第四十三回セッションを3月13日金曜以後一時中断することを決定した。

Elisabeth Tichy-Fisslberger, President of the Human Rights Council, said that after consultations last night, the Bureau had concluded that under the current circumstances and the implications of the COVID-19 virus, an orderly suspension of the session by the end of this week would be the best approach to follow. Before the suspension of the session, the Council would proceed with the adoption of the Universal Periodic Review outcomes scheduled for the session, today and tomorrow ; hold the annual debate on racial discrimination, which would take place following the conclusion of the adoption of the Universal Periodic Review outcomes ; and postpone all remaining plenary debates to the resumption of the forty-third session. Additionally, the Council would appoint the 19 mandate holders scheduled to be appointed at the session.
エリザベト・ティヒー=フィッシルバーガー人権理事会議長は、昨夜の協議の後、事務局は、現在の状況とCOVID-19ウイルスの影響のもと、今週末までに秩序だったセッションの中断が従うべき最善のアプローチであると結論したと述べた。セッションの中断前に、理事会は、今日と明日のセッションに予定されている普遍的定期的審査の結果の採択を進め、普遍的定期審査結果の採択の結論に続いて行なわれる、人種差別に関する年次討論を開催し、残りのすべての本会議の議論を第四十三回セッション再開へ延期する。さらに、理事会は、セッションで任命されることが予定された19名のマンデート保持者を任命する。

[…]

Joaquín Alexander Maza Martelli, Permanent Representative of El Salvador to the United Nations Office at Geneva,[…]
ホアキン・アレクサンドル・マーザ・マルテッリ、エルサルバドルジュネーブ国連事務所常駐代表は[…]

Speaking were United Kingdom, United Nations Population Fund, Venezuela, Barbados, Belgium, Brazil, Burkina Faso, China, Egypt, Guyana, Haiti and Libya.

[…]

The Council is holding a full day of meetings today. It will resume its work at noon to continue its consideration of the outcomes of the Universal Periodic Review of Fiji, San Marino, Kazakhstan, Angola, Iran, Madagascar, Iraq, Slovenia, Egypt, and Bosnia and Herzegovina.
理事会は本日、全日会合を開催している。フィジーサンマリノカザフスタンアンゴラ、イラン、マダガスカルイラクスロベニア、エジプト、およびボスニア・ヘルツェゴビナの普遍的定期的審査の結果の審議を継続するために正午に作業に戻る。

[…]

Consideration of Outcome of Universal Periodic Review of El Salvador
エルサルバドルの普遍的定期的審査結果の審議

JOAQUIN ALEXANDER MAZA MARTELLI, Permanent Representative of El Salvador to the United Nations Office at Geneva, thanked Japan, Burkina Faso and Mexico, who made up the troika of the Universal Periodic Review for El Salvador. Out of 207 recommendations received, El Salvador had made solemn progress in implementing 151 of them, which it had fully accepted. Additionally, El Salvador was committed to continued internal discussions to implement relevant international agreements, and would continue to work to improve the opportunities enjoyed by vulnerable groups. The Universal Periodic Review process must be seen as a mechanism for truly reflecting the progress made in human rights in the relevant country. As such, the Government underscored the participation of civil society groups in continuing to foster the progress made in human rights in the country. In El Salvador, consolidating representative democracy and fostering human rights were the cornerstone of the State’s actions. As such, they were very aware of the challenges faced, and the Government would provide the relevant follow up to these recommendations to ensure they were fully implemented.
ホアキン・アレクサンドル・マーザ・マルテッリ、エルサルバドルジュネーブ国連事務所常駐代表は、エルサルバドルへの普遍的定期的審査のトロイカを構成した、日本ブルキナファソおよびメキシコに感謝した。受領した207の勧告のうち、エルサルバドルは151の勧告の履行において重大な進展を見せ、完全に受け入れた。さらに、エルサルバドルは、関連する国際協定を実施するために内部議論を継続することを約束し、脆弱なグループが享受する機会の改善に取り組むことを継続する。普遍的定期的審査プロセスは、関連国における人権の進歩を真に反映するためのメカニズムとみなされなければならない。そのため、同政府は、同国における人権における進展の促進を継続する市民社会グループの参加を強調した。エルサルバドルでは、代議制民主主義を強化し、人権を促進することが、締約国の行動の基礎となった。そのため、彼らは直面している課題を非常によく認識しており、同政府は、それらが完全に実施されるように、これらの勧告に関連するフォローアップを提供する。

[…]


2020年3月21日

*1:


第43回人権理事会:マイノリティ問題に関する特別報告者との双方向対話を開催/マイノリティ問題に関するフォーラム、社会フォーラム、特別手続マンデート保持者による、および人権[侵害]防止への理事会の貢献に関する報告書を聞く/理事会の注意を要する人権状況に関する一般討論(答弁権)


文書番号:HRC20.030E

ノート:

  • 昼の会合答弁権による発言続き(理事会の注意を要する人権状況に関する一般討論)。北朝鮮と日本が二度目の権利を行使し、いつものやり取りを続ける(関連エントリ参照 2020-03-11 および 2020-02-26 参照)。 日本政府も相変わらずの、しかも前の声明でのポイントは繰り返さないと断ってなお「戦後の貢献」繰り返し。

  • マイノリティ問題に関する特別報告者との双方向対話で反差別国際運動(IMADR)が、昨年九月バンコクにおいて同特別報告者とトム・ラントス研究所により開催され同 NGO も共催した、第一回・教育、言語およびマイノリティの人権に関するアジア太平洋地域フォーラム(Asia-Pacific Regional Forum on Education, Language and the Human Rights of Minorities)について発言。

    反差別国際運動(IMADR)「イベント&キャンペーン」(2019年3月17日)同フォーラムでチベットウイグルなどが提起されたのかは不明。「日本からは朝鮮学校における言語教育の実践と課題に関する発題者として在日本朝鮮人人権協会の朴金優綺」(パクキム・ウギ)氏が招待されたとの由(下記)。

    反差別国際運動(IMADR)「イベント&キャンペーン」(2019年9月27日)

    「 OHCHR | 教育に関するアジア太平洋地域フォーラム、タイ、バンコク

    朴金氏は2017年の国連マイノリティ問題に関するフォーラムの第十回セッションにもパネラーとして参加、同年の日本の UPR 第三サイクル審査においても「朝鮮学校差別」について提起していた。

  • 同上双方向対話での「一部 NGO 」によるチベットへの言及に中国が答弁権を行使し反論(本要約には「理事会の注意を要する人権状況に関する一般討論中なされた声明への応答」の最後に中国も記載されているが下記掲載の UN Web TV のとおり。試しにヘルシンキ人権財団を再生してみると、やはり分裂扇動罪で懲役五年の刑を宣告されたタシ・ワンチュク氏に言及するなど「チベット語を周縁化する政策」について提起)。

  • (外務省声明)

    声明掲載なし。

  • ( UN Web TV )

    チャプター6:北朝鮮(答弁権)/[パン・グァンヒョク(Pang Kwang Hyok)政府代表]
    チャプター8:日本(答弁権)/政府代表

    チャプター29:中国/ワン・イー(Wang Yi)政府代表
    チャプター41:反差別国際運動(IMADR)/小松泰介氏(事務局次長、ジュネーブ事務所)
    チャプター45:ヘルシンキ人権財団/クリスティーナ・マインダースマ(Christina Meindersma)氏
    チャプター52:中国(答弁権)/[ワン・イー政府代表]

  • 関連エントリ

  • 掲載URL:

    https://www.unog.ch/unog/website/news_media.nsf/(httpNewsByYear_en)/88F7D2F048B56A1EC12585280068A642?OpenDocument


HUMAN RIGHTS COUNCIL HOLDS INTERACTIVE DIALOGUE WITH THE SPECIAL RAPPORTEUR ON MINORITY ISSUES
人権理事会、マイノリティ問題に関する特別報告者との双方向対話を開催

Hears Presentation of Reports by the Forum on Minority Issues, Social Forum, Special Procedure Mandate Holders, and on the Council’s Contribution to the Prevention of Human Rights
マイノリティ問題に関するフォーラム、社会フォーラム、特別手続マンデート保持者による、および人権[侵害]防止への理事会の貢献に関する報告書を聞く

11 March 2020
2020年3月11日

The Human Rights Council this afternoon held an interactive dialogue with the Special Rapporteur on minority issues, Fernand de Varennes. It also heard the presentation of reports of the Forum on Minority Issues, the Social Forum, Special Procedure mandate holders, as well as the report on the contribution of the Human Rights Council to the prevention of human rights violations pursuant to Council resolution 38/18.
この午後の人権理事会は、マイノリティ問題に関する特別報告者、フェルナンド・デ・ヴァレンヌとの双方向対話を開催した。また、マイノリティ問題に関するフォーラム、社会フォーラム、特別手続マンデート保持者の報告書、同様に理事会決議38/18に基づく人権侵害防止への人権理事会の貢献に関する報告書のプレゼンテーションも聞いた。

Presenting the report on his country visit to Spain, the Special Rapporteur on minority issues, Fernand de Varennes, […]
マイノリティ問題に関する特別報告者、フェルナンド・デ・ヴァレンヌは、スペインへの国別訪問に関する報告書を発表し、[…]

[…]

Speaking were Pakistan (on behalf of the Organization of Islamic Cooperation), European Union, Pakistan, United Nations Children’s Fund, Estonia, Serbia, Iraq, Slovenia, Hungary, India, Ecuador, Croatia, Ireland, Montenegro, Myanmar, Azerbaijan, Russian Federation, Venezuela, Austria, Malaysia, Thailand, Indonesia, Albania, Paraguay, China, Nepal, Romania, Guyana, Cameroon, Armenia, Philippines, Marshall Islands, Ukraine, Bangladesh, Afghanistan and Georgia.

Also taking the floor were the following non-governmental organizations : International Movement against All Forms of Discrimination and Racism, Minority Rights Group, World Jewish Congress, International Organization for the Right to Education and Freedom of Education, Helsinki Foundation for Human Rights, Réseau Européen pour l’Egalité des Langues, International Council Supporting Fair Trial and Human Rights, Sikh Human Rights Group, Rights Livelihood Award Foundation, and Maat for Peace, Development and Human Rights Association.

The following delegations spoke in right of reply in response to the statements made during the general debate on human rights situations that require the Council’s attention : Pakistan, Georgia, Azerbaijan, South Africa, Bangladesh, Democratic People’s Republic of Korea, Turkey, Japan and China.
理事会の注意を要する人権状況に関する一般討論中なされた声明への応答における答弁権において以下の代表団が発言した:パキスタングルジアアゼルバイジャン南アフリカバングラデシュ北朝鮮、トルコ、日本および中国

[…]

The Council will next meet on Thursday, 12 March, at 9 a.m. to adopt the Universal Periodic Review outcomes of Italy, El Salvador, Gambia, Bolivia, Fiji, San Marino, Kazakhstan, Angola, Iran, Madagascar, Iraq, Slovenia, Egypt, and Bosnia and Herzegovina.
理事会は次に、イタリア、エルサルバドルガンビアボリビア、フィジーサンマリノカザフスタンアンゴラ、イラン、マダガスカルイラクスロベニア、エジプト、 およびボスニア・ヘルツェゴビナの普遍的定期的審査の結果を採択するために3月12日木曜午前9時に会合を行なう。

[…]


2020年3月19日