dancept1の備忘録

答弁権のエソロジー

第40回人権理事会:普遍的定期的審査に関する一般討論


文書番号:HRC/19/43E

ノート:

  • 午前中、UPR 結果採択を終えた中国が発言。

  • NGO からは 35 が発言したが、四つの NGO が中国の UPR や人権の問題を提起。これに対し中国からの以下の八つの NGO が(大挙?)発言、加えて UPR 結果採択で中国を擁護したキューバの三つの NGO がこちらでも助太刀した。

    北京市民組織間国際交流協会(直前の被抑圧民族協会の声明に反論)、北京智誠移住労働者法律援助研究センター(主に自身の活動報告)、北京青少年法律援助研究センター:「中国における人権の偉大なプロモーションを目撃」、中国扶貧基金会(主に自身の活動報告)、中華全国婦女連合会:「将来、中国は、この分野[女性の発言]において一層の進展を行なう」、中国障害者連合会:「障害者の権利保護における中国政府の取り組みを高く評価」、中国人権研究会(CSHRS):「あらゆる国の内政を干渉するための道具として人権を使用しようとするいかなる試みもすべて誤り」、マカオ女性総合協会(「家庭内暴力」への対策法(2016年))。

    中華全国婦女連合会は、(実際の発言内容は確認していないが)政府の物言いになってしまっている(正直といえば正直か)。今セッション大活躍(?)の中国人権研究会(CSHRS)も、いつもの調子で政府の発言そのもの。

  • 規約どおりいわば合法的に協議資格を取得して入り込む "GONGO" *1 による会合ジャックを懸念するのは当方だけではないだろう。国際機関などを自国の利益のために利用し尽くし、それまで想定されていた国際ルールやしくみを破壊するいつもの構図か。国連経済社会局「 iCSO(統合市民社会組織)システム」によれば、中国を本部として 59  、そのうち協議資格を有する NGO は 43 の登録がある *2

  • また、ルポン(Le Pont)という NGO中国当局に「彼らの領土保全を守り、人権を改善することを続けるよう要請」。iCSO システムによれば 2017年に「特殊」協議資格取得、フランスのトラップ(ベルサイユ近郊)を本部としているが、「言語」にタミル語、英語、フランス語とあるようにリンク先のホームページ Akkaraipattu News の記事はタミル語表記。

  • 被抑圧民族協会、ヨーロッパ法律司法センター、良心の自由のための団体と個人のヨーロッパ・コーディネーション(CAP-LC)が中国の UPR および人権の問題を提起。アンジニア・デュ・モンドは、イラン、シリアおよび北朝鮮を合わせたよりもイスラエル決議の方が多い、国連ウォッチも、今セッションにおいてイスラエルに対する七つなどに対し、中国(など)に関する国別報告がないことを指摘した。

掲載URL:
https://www.unog.ch/unog/website/news_media.nsf/(httpNewsByYear_en)/548BC0EADD463C5DC12583BE0051FF28?OpenDocument


HUMAN RIGHTS COUNCIL HOLDS GENERAL DEBATE ON UNIVERSAL PERIODIC REVIEW
人権理事会、普遍的定期的審査に関する一般討論を開催する

15 March 2019
2019年3月15日

The Human Rights Council during a midday meeting held a general debate on the Universal Periodic Review.
人権理事会は、昼の会合中、遍的定期的審査に関する一般討論を開催した。

In the discussion, speakers said that the Universal Periodic Review was one of the great successes of the Council in ensuring the universal coverage of human rights. It was thanks to this process that there was such progress achieved in terms of human rights legislation and this allowed others to learn from best practices. Delegations affirmed that discussions had to be based on results and far removed from politicization, taking into account national specificities and capacities. All interventions in this process should be based on open and constructive engagement, not on selectivity or naming and shaming. Some speakers noted that the process could not be a tool for coercing States and attempts to undermine the very foundation of the Universal Periodic Review were rejected. The Universal Periodic Review must be carried out objectively and must be protected from double standards within the Human Rights Council. The efficacy of the Universal Periodic Review greatly depended of the commitment of the State to the Council’s recommendations. That was why it was important to provide adequate capacity building. Finally, the importance of national institutions for follow up of recommendations was underlined.
議論において、発言者は、普遍的定期的審査は人権の普遍的な保障の確保における評議会の大きな成功の一つであると述べた。このプロセスのおかげで、人権法の観点からそのような進歩が達成され、他がベストプラクティスから学ぶことができた。代表団は、議論は結果に基づいたものでなければならず、国家の特異性や能力を考慮に入れ、政治化からは遠く離れていなければならないことを確認した。このプロセスへの介入は、選択性や名指しと辱めではなく、オープンで建設的な関与に基づくべきであると主張した。一部発言者は、このプロセスは国家を強要するためのツールにはなり得ず、普遍的定期的審査のまさにその基盤を弱体化させる試みは拒否されたと指摘した。普遍的定期的審査は客観的に実施されなければならず、人権理事会内の二重基準から保護されなければならない。普遍的定期的審査の有効性は、理事会の勧告に対する国の関与に大きく依存していた。それが、十分なキャパシティ・ビルディングを提供することが重要だった理由だった。最後に、勧告をフォローアップするための国内機関の重要性が強調された。

[…]

The Human Rights Council will meet next at 4 p.m. to hold a debate on the mitigation and countering of rising nationalist populism and extreme supremacist ideologies.
理事会は次に、上昇する民族主義ポピュリズムと極端な至上主義的イデオロギーの緩和と対抗に関する討論を開催するために、午後4時に会合を行なう。

General Debate on the Universal Periodic Review
普遍的定期的審査に関する一般討論

[…]

China said the Universal Periodic Review was the best platform to have frank and constructive dialogues and stressed the importance of observing the principles of transparency and non-politicization. All countries had the right to accept and implement the recommendations according to their capacity. China recalled that during its latest review, it had accepted 80 per cent of the recommendations made to it.
中国は、普遍的定期的審査が率直で建設的な対話を行なうための最良の基盤であると述べ、透明性と非政治化の原則を遵守することの重要性を強調した。すべての国々は、彼らの能力に従って勧告を受け入れ、実施する権利を有してた。その最新審査中、同国に対してなされた勧告の80パーセントを受け入れていた。

[…]

National Union of Jurists of Cuba, The recognized attempts made by China to strengthen its legal system and said that promoting human rights in China meant there was huge progress in terms of improving the living standards, health, education, and promoting the rights of persons with disabilities. China promoted balanced human rights development.
キューバ法律家全国組合は、中国によってなされた法制度を強化するための試みは認められており、中国における人権促進は、生活水準の向上、健康、教育、および障害者の権利の促進に関して大きな進歩があったと述べた。中国はバランスの取れた人権開発を推進した。

[…]

Cuban United Nations Association highlighted the measures and actions taken by China in human rights education, especially through training of law enforcement and civil servants. The organization welcomed China’s proactive work in multilateral mechanisms, particularly the implementation of the Paris Climate Agreement, and combatting terrorism and drug use.
キューバ国連協会は、とくに法執行機関や公務員の訓練を通じて、人権教育において中国によってとられた措置や行動を強調した。同組織は、多国間メカニズム、とくにパリ気候協定の実施、ならびにテロリズムと麻薬使用との戦いにおける中国の積極的な取り組みを歓迎した。

National Association of Cuban Economists welcomed what the Chinese Government had achieved in the past decades to promote the human rights of the Chinese people, especially poverty reduction in rural areas. In recent years, China had lifted 10 million people in rural areas out of poverty, whereas 70 per cent of the poverty reduction globally corresponded to China’s success.
キューバ経済学者全国協会は、中国政府が過去数十年間に中国人民の人権、とくに農村地域の貧困削減を推進するために達成したことを歓迎し、近年、農村地域の1,000万人を貧困から解放した。世界の貧困削減の70パーセントが中国の成功と一致した。

[…]

Society for Threatened Peoples said the Universal Periodic Review was meant to include stakeholders, alongside States. However, they expressed their concern about a joint submission that had been made on China, accepted, but later removed as it had been found to violate a criterion on political impartiality. The Society disputed this, and believed it was removed due to political pressure from China.
被抑圧民族協会は、普遍的定期的審査が締約国と並んでステークホルダーを含むことが意図されていたと述べた。しかしながら、受け入れられたが、政治的公平性の基準に対する違反が判明していたとして後にに取り除かれた、中国に対してなされた合同提出についての懸念を表明した。同協会はこれに異議を唱え、それは中国からの政治的圧力のために取り除かれたと考えた。

Beijing NGO Association for International Exchanges disagreed with the previous speaker, stating that the situation in Tibet was not as had been described. Her Association had established a system for entrepreneurship for women called She Loves Tech, in collaboration with a number of international partners. A partner programme in Nepal had recently been established.
北京市民組織間国際交流協会は、チベットにおける状況が説明されていなかったと表明し、前の発言者に異議を唱えた。彼女の協会は、多くの国際的パートナーと共同で、シー・ラブズ・テックと呼ばれる女性のための起業家精神のためのシステムを設立していた。ネパールにおけるパートナープログラムが最近設立されていた。

Beijing Zhicheng Migrant Workers' Legal Aid and Research Center said that more than one million migrant workers were currently employed in Beijing, and these were often poorly educated and did not know their rights. The organization worked with such migrant workers to improve their access to legal representation. They had established a number of regional support centres, and had trained public law lawyers to help those in need.
北京智誠移住労働者法律援助研究センターは、北京において百万人以上の移住労働者が現在、雇用され、通常十分な教育を受けず、彼らの権利を知らなかったと述べた。同組織は、法的代理人へのアクセスを改善するために、そのような移住労働者と協力した。彼らは、多くの地域支援センターを設立し、必要としている人々を助けるために公法の弁護士を訓練していた。

Beijing Children's Legal Aid and Research Center had witnessed great promotion of human rights in China. The Government and society were paying more attention to children. Special institutions and mechanisms were set up to take care of children. Juvenile protection and the juvenile criminal justice system were improved. Social indicators of children published by the United Nations Children’s Fund reflected the improvement.
北京青少年律援助研究センターは、中国における人権の偉大なプロモーションを目撃していた。政府と社会は児童にさらに注意を払っていた。特別な機関とメカニズムが、児童のケアをするために設立された。青少年の保護と青少年の刑事司法制度が改善された。国連児童基金によって公表された児童の社会指標は改善を反映した。

China Foundation for Poverty Alleviation was engaged in international assistance to poverty alleviation in many countries. The organization was mostly working on sanitation and safe drinking water, as well as other areas identified by the 2030 Agenda for Sustainable Development.
中国扶貧基金会は、多くの国々において貧困緩和のための国際支援に従事していた。同組織は主に、衛生と安全な飲料水に加え、持続可能な開発のための2030年アジェンダにより認定された他の分野に取り組んでいた。

All China Women's Federation said that the Federation and its local branches had been in close contact with women in China, in order to ensure that women’s voices were heard in Government policies. New policies had been set up to assess the impact of improvements. More than 31 provinces had a new organizational set up. In future, China would make even greater progress in this field.
中華全国婦女連合会は、同合会とその支部は、女性の声が政府の政策において聞かれるようにするために、中国の女性と密接にしていたと述べた。新しいポリシーが、改善の影響を評価するために設定されていた。31以上の省に新組織の設立があった。将来、中国は、この分野において一層の進展を行なう。

China Disabled Person's Federation appreciated the efforts made by the Chinese Government in the protection of the rights of persons with disabilities. There were 85 million persons with disabilities in China, and many laws related to the protection of their rights. Every five years there was a plan for the protection of their rights. China was also part of the cooperative mechanisms of the Association of Southeast Asian Nations for exchange of experience.
中国障害者連合会は、障害者の権利保護における中国政府の取り組みを高く評価した。中国において8,500万人の障害者がおり、彼らの権利の保護に関連する多くの法律があった。5年ごとに彼らの権利保護のための計画があった。中国はまた、経験の交換のための東南アジア諸国連合の協力メカニズムの一部だった。

The European Centre for Law and Justice spoke of the case of Pastor Cao San Qiang, a permanent resident of the United States who had for the past two years been wrongfully imprisoned in China for simply living his faith. The organization pleaded for his freedom and reunification with his family.
ヨーロッパ法律司法センターは、単に彼の信仰生活のために中国において過去2年間不当に投獄されていた米国永住者、ツァオ・サンチエン牧師の事件を話した。同組織は、彼の自由と彼の家族との再会について懇願した。

[…]

European Coordination of Associations and Individuals for Freedom of Conscience said the rights of religious minorities were restricted in China. Falun Gong and the Church of Almighty God were outlawed completely. The extent of China’s control of Tibetan culture and religion was massive, and at least one million Uighurs were imprisoned in Xinjiang. They called on China to open up and accept a visit of the Special Rapporteur without delay.
良心の自由のための団体と個人のヨーロッパ・コーディネーション[Coordination des Associations & Particuliers pour la Liberté de Conscience:CAPLC]は、宗教的マイノリティの権利は中国において制限されていたと述べた。法輪功と全能神教会は完全に違法とされた。チベットの文化と宗教の中国の支配範囲は非常に大きく、少なくとも100万人のウイグル人が新疆において投獄された。中国に対し、遅滞なく開放と特別報告者の訪問を受け入れるよう要請した。

China Society for Human Rights Studies (CSHRS) said the Universal Periodic Review had helped improve the human rights situation of China, where 55 religious minorities lived, often in remote areas. The cultures and languages of minorities were protected, such as those of Uighurs and Tibetans. Any attempt to use human rights as a tool to interfere in the internal affairs of any country was wrong.
中国人権研究会(CSHRS)は、普遍的定期的審査が55の宗教的マイノリティが暮らす中国の人権状況を改善するのに役立っていたと述べた。ウイグル人チベット人などのマイノリティの文化や言語は保護されていた。あらゆる国の内政を干渉するための道具として人権を使用しようとするいかなる試みもすべて誤りだった。

Women's General Association of Macau, The. reminded that 30 per cent of women in China had experienced domestic violence. In order to combat domestic violence, China had adopted the first nationwide law in 2016, as an important milestone in the protection of human rights in the country.
マカオ女性総合協会は、中国における女性の30パーセントが家庭内暴力を経験していたことを想起した。家庭内暴力と戦うために、中国は2016年に同国における人権保護における重要な節目として、2016年に最初の全国的な法律を採択した。

[…]

Le Pont recognized progress made by China. More than 70 per cent of people in China had seen their living conditions improve. China had achieved the goal of eradication of poverty 10 years ago. South-South cooperation was supported and Chinese authorities were called upon to continue to defend their territorial integrity and improve human rights.
ルポンは、中国のによってなされた進捗を認識した。中国における70パーセント以上の人々が生活環境改善を見ていた。 中国は10年前に貧困撲滅の目標を達成していた。南南協力は支持され、中国当局は、彼らの領土保全を守り、人権を改善することを続けるよう要請された。

Ingénieurs du Monde said that the Council was created to ensure universality, neutrality and in order to eliminate double standards. Many countries, like Venezuela (Bolivarian Republic of) had spoken against naming and shaming and country specific resolutions. Why were there more resolutions on Israel than on the Islamic Republic of Iran, the Syrian Arab Republic and the Democratic People’s Republic of Korea combined?
アンジニア・デュ・モンドは、理事会は普遍性、中立性を確保し、二重基準を排除するために創設されたと述べた。ベネズエラボリバル共和国)のような多くの国々は、名指しと辱めおよび国別決議に反対して発言していた。イラン・イスラム共和国シリア・アラブ共和国および北朝鮮を合わせたよりもイスラエルに関する決議の方が多かったのはなぜか?。

[…]

United Nations Watch said the Human Rights Council in the past 13 years had never established a single commission of inquiry on Saudi Arabia and never adopted a condemnatory resolution on that country. At this session, the Council would hear seven reports on Israel, two on the Democratic People’s Republic of Korea, two on the Islamic Republic of Iran, one on the Syrian Arab Republic, and none on Algeria, China, Iraq, Pakistan, Qatar, Russia, Somalia, Turkey, Venezuela or Zimbabwe.
国連ウォッチは、過去13年間において人権理事会がサウジアラビアに関する単独の調査委員会を設置したことはなく、その国に対する決定的な決議を採択したこともなかったと述べた。このセッションでは、理事会はイスラエルに関する七つ、北朝鮮に関する二つ、イラン・イスラム共和国に関する二つ、シリア・アラブ共和国に関する一つを聞き、およびアルジェリア中国イラクパキスタンカタール、ロシア、ソマリア、トルコ、ベネズエラまたはジンバブエに関しては無い。

[…]


2019年3月24日

*1:下記参照。

*2:下記 iCSO「高度な検索」Country: China で確認できる。近年急増中とまでは言えないが、2000年代以降順調に増加している模様。

第40回人権理事会:ベリーズ、チャド、中国およびマルタの普遍的定期的審査結果を採択


文書番号:HRC/19/42E

ノート:

  • 中国は、昨年11月に行なわれた作業部会(関連エントリ 2018-11-09 参照)で提起された346件の勧告のうち、284件を「受け入れ」、62件を「留意」とした。以下カッコ内の番号は作業部会の結果報告 A/HRC/40/6(2017年12月26日)および被審査国の対応を記載した同補遺 A/HRC/40/6/Add.1(2018年2月15日)が参照している前者のパラグラフ番号(下記掲載の国連人権高等弁務官事務所ホームページへのリンク先参照)。

  • 日本が勧告した自由権規約条約の批准および強制失踪条約の批准はいずれも受け入れず。結果報告補遺によれば、前者(28.6)は準備中だが批准の具体的予定は未定、後者(28.7)は「この条約の普遍性を確かめるには、さらなる観察が必要」と回答した。韓国が行なった四件の勧告の内、大気汚染含む環境への悪影響の削減(28.132)については「受け入れおよび実施中」、北朝鮮による四件はすべて「受け入れ」と回答。以上、下記掲載の関連エントリ 2018-11-09 、および同じくメディア報道の Bitter Winter 3月20日記事も参照のこと。

  • 会合では通常どおり12か国が発言。儀礼的なコメントが多いのも普通だが、オマーン:「中国が国際システムの中で推進した、文化的多様性への尊重のモデルを歓迎した」といった塩梅で、中国の人権弾圧に言及したのはノルウェー(と「国連メカニズムへのアクセスに関する勧告を拒否していたこと」に深い遺憾の意を表したオランダ)のみ。

  • "GONGO"(Government Organized NGO/政府組織非政府組織)こと中国チベット文化保護・発展協会(CAPDTC)*1 始めとする中国(および共同声明にキューバ)の NGO が中国を礼賛。中国計画生育協会が「海外の非政府組織の規制に関する法律」について言及しているが、下記掲載 UN Web TV によれば、登録 NGOアメリカ、香港、日本、韓国およびドイツが上位五か国としている *2 。国際人権サービス(CIVICUS - 市民参加のための世界同盟との共同声明)、ヘルシンキ人権財団、国際人権連盟およびヒューマン・ライツ・ウォッチチベットウイグル問題などに言及。楽玉成(ラー・ユーチョン)中国外交部副部長はヒューマン・ライツ・ウォッチの声明をとり上げ非難。

  • 中国がチャド、マルタ審査で発言。

  • 国連人権高等弁務官事務所ホームページ(英語))

    「 OHCHR | UPR - 中国」(英語

    • 作業部会の結果報告補遺 - A/HRC/40/6/Add.1「普遍的定期的審査に関する作業部会の報告 中国 補遺」先行版(2018年2月15日)(英語(Word))
    • 作業部会の結果報告 - A/HRC/40/6「普遍的定期的審査に関する作業部会の報告 中国」(2017年12月26日)(英語(PDF))
  • (国連 UPR 情報ホームページ(英語版))

    「 UPR 中国 - セッション31 / 2018年11月 - 作業部会における審査 - 英語 | UPR 情報」

  • (メディア報道より)

    • 共同通信(2019年3月16日)
    • Bitter Winter

      (2019年3月21日)

      ※ とり上げられている CAP-LC の発言は午後の会合での模様(関連エントリ 2019-03-15 参照)。

      (2019年3月20日

    • AP(2019年3月16日)

      「中国特使、ムスリム拘留センターを「キャンパス」と呼ぶ」

    • 中国網(2019年3月19日)

      ※「米側のいわれなき対中非難」とは13日に公表された国務省の年次国別人権報告書のことだろう *3

    • 中国国際放送局

      (2019年3月17日)

      (2019年3月16日)

  • ( UN Web TV の映像から)
    チャプター01:中国/楽玉成(ラー・ユーチョン/Le Yucheng)外交部副部長
    チャプター17:中国国連協会(共同声明)/チァン・タン(Dan Zhang)氏
    チャプター18:中国計画生育協会/ホン・ピン(Ping Hong)氏
    チャプター19:中国人民対外友好協会/ジーヨンジュン(Yongjun Ji)氏
    チャプター20:国際人権サービス(共同声明)/サラ・ブルックス(Sarah Brooks)氏
    チャプター21:中国扶貧基金/ウー・ポン(Peng Wu)氏
    チャプター22:中国国際交流協会/シュー・ヤブグェン(Yabgwen Shu)氏
    チャプター23:ヘルシンキ人権財団/カイ・ミュラー(Kai Mueller)氏
    チャプター24:中国チベット文化保護・発展協会(CAPDTC)/ルゥ・ムカフ(Mucav Lu)氏
    チャプター25:国際人権連盟/ソニア・タンシク(Sonia Tancic)氏
    チャプター26:ヒューマン・ライツ・ウォッチ/ジョン・フィッシャー(John Fisher)氏(ジュネーブ・ディレクター)
    チャプター27:中国/楽玉成外交部副部長

  • 関連エントリ

掲載URL:
https://www.unog.ch/unog/website/news_media.nsf/(httpNewsByYear_en)/3A2E760ABE35B843C12583BE0043C0E0?OpenDocument


HUMAN RIGHTS COUNCIL ADOPTS THE OUTCOMES OF THE UNIVERSAL PERIODIC REVIEW OF BELIZE, CHAD, CHINA AND MALTA
人権理事会、ベリーズ、チャド、中国およびマルタの普遍的定期的審査結果を採択

15 March 2019
2019年3月15日

The Human Rights Council this morning adopted the Universal Periodic Review outcomes of Belize, Chad, China and Malta.
人権理事会は、今朝、ベリーズ、チャド、中国およびマルタの普遍的定期的審査を採択した。

[…]

The President informed that of the 124 recommendations received, Belize had accepted 100 and noted 24. The Council then adopted the Universal Periodic Review outcome of Belize.
議長は、受けた124の勧告のうち、ベリーズが100を受け入れ、24を留意していたことを報じた。理事会はその後、ベリーズの普遍的定期的審査結果を採択した。

[…]

The President informed that out of 204 recommendations received, Chad had accepted 195 and noted nine. The Council then adopted the Universal Periodic Review outcome of Chad.
議長は、受けた204の勧告のうち、チャドが195を受け入れ、九を留意していたことを報じた。理事会はその後、チャドの普遍的定期的審査結果を採択した。

[…]

The Vice President informed that out of the 346 recommendations received, China had accepted 284 and noted 62. The Council then adopted the Universal Periodic Review outcome of China.
副議長は、受けた346の勧告のうち、中国が284を受け入れ、62を留意していたことを報じた。理事会はその後、中国の普遍的定期的審査結果を採択した。

[…]

The President informed that out of 157 recommendations received, Malta had accepted 122 and noted 27, while additional clarifications were sought on eight. The Council then adopted the Universal Periodic Review outcome of Malta.
議長は、受け取った157の勧告のうち、八に関して追加説明が求められたいっぽう、マルタが122を受け入れ、27を留意していたことを報じた。理事会はその後、マルタの普遍的定期的審査結果を採択した。

The Council will next hold a general debate on the Universal Periodic Review
理事会は次に普遍的定期的審査に関する一般討論を開催する[。]

Consideration of the Outcome of the Universal Periodic Review of Belize
ベリーズの普遍的定期的審査結果の検討

[…]

Consideration of the Outcome of the Universal Periodic Review of Chad
チャドの普遍的定期的審査結果の検討

[…]

China commended the constructive engagement of the Government of Chad in the Universal Periodic Review, and expressed hope that it would continue implementing the 2030 Agenda, and combatting poverty and terrorism in an effort to secure a safe life for its citizens.
中国は、普遍的定期的審査におけるチャド政府の建設的関与を賞賛し、2030年アジェンダ実行を継続し、市民のための安全な生活を確保する取り組みにおいて貧困とテロリズムと戦う希望を表明した。

[…]

Consideration of the Outcome of the Universal Periodic Review of China
中国の普遍的定期的審査結果の検討

LE YUCHENG, Deputy Minister of Foreign Affairs of China, reminded that most countries had recognized China’s progress in the field of human rights, and expressed gratitude to all those who had taken part in China’s third cycle of the Universal Periodic Review. The Deputy Minister reminded that 2019 marked the seventieth anniversary of the founding of the People’s Republic of China. During that time, the country had achieved great economic progress for the world’s largest middle-income population, and had lifted 740 million people out of poverty. In 2020, China would achieve comprehensive poverty reduction. China faithfully upheld the principle of legality and the presumption of innocence, and shared the dividends of its own development with the world. Such achievements would not have been possible without socialism, which was people centred, with development and the rule of law at its core. In November 2018, the Chinese Government had adopted 30 new measures to promote human rights. The Government had revised the Criminal Procedures Law, officially launched Internet Courts, created 13.6 million new jobs, and had held human rights consultations and dialogues with many countries. China was happy to accept all the recommendations that were conducive to national conditions. That was a clear testament of the Government’s willingness to uphold its international human rights commitments.
楽玉成(ラー・ユーチョン)中国外交部副部長は、ほとんどの国々が中国の人権分野における進展を認識していることを想起し、中国の普遍的定期的審査第三サイクルに参加したすべての人々に感謝を表明した。副部長は、2019年が中華人民共和国創立70周年を迎えたことを想起した。その間、同国は世界最大の中所得者層のために大きな経済的進歩を遂げ、7億4000万人を貧困から解放していた。2020年において、中国は包括的な貧困削減を達成する。中国は、罪刑法定主義推定無罪のを忠実に支持し、自身の発展の配当を世界と共有した。そのような達成は、開発と法の支配を核とする、人民中心の社会主義なしには実現できなかった。2018年11月において、中国政府は人権を促進するために30の新しい措置を採択した。政府は刑事訴訟法を改正し、公式にインターネット裁判所を立ち上げ、1,360万の新たな雇用を創出し、ならびに人権に関する協議および多くの国々との対話を開催した。中国は、国の状況に資するすべての勧告を受け入れることを喜んだ。それは、政府の国際的な人権への取り組みを支持する政府の意志の明確な証だった。

The Deputy Minister noted that 62 recommendations were difficult to accept because they were either politically biased, based on inaccurate information, or not in line with national priorities. Such was the recommendation on the abolition of the death penalty. As for the reference to the so-called large-scale arbitrary detention, it constituted interference into China’s internal affairs. The Deputy Minister reminded that several diplomats and journalists had visited the training and education centres in Xinjiang, including himself. Located in the north-west border, with 24 million people, Xinjiang’s prosperity was key for the security and prosperity of the entire country. China strongly opposed any terrorist acts, ethnic division and interference. Thousands of terrorist acts had been orchestrated in Xinjiang due to the spread of religious extremism. Accordingly, the authorities had taken a series of measures to prevent such extremism, and the training and education centres had proved to be effective. The programme was preventive and it aimed to educate and rehabilitate the individuals influenced by the extremist ideology. The centres offered courses on the national common languages, legal knowledge and practical skills. The trainees signed agreements with the training centres, which safeguarded all of their basic human rights. They could go home and receive visits by the family whenever they wanted. The training programme was a special measure adopted by Xinjiang at a special time. The programme would be gradually downsized. Xinjiang had 24,000 mosques and the rights of ethnic and religious minorities were safeguarded. In the past 24 months, no terrorist acts had taken place and the number of tourists visiting Xinjiang had soared, the Deputy Minister stressed. No one could claim perfection when it came to human rights, and China would join hands with others to continue promoting human rights around the world, he concluded.
副部長は、62の勧告は、不正確な情報に基づき、政治的に偏っているか、国の優先事項と一致していないため、受け入れることが困難であると指摘した。これが死刑の廃止に関する勧告だった。いわゆる大規模な恣意的拘留への言及に関しては、それは中国の内政問題への干渉に相当した。副部長は、彼自身を含む、数人の外交官とジャーナリストが新疆における訓練教育センターを訪問していたことを想起した。2,400万人とともに北西部の国境に位置し、新疆の繁栄は国全体の安全と繁栄の鍵だった。中国は、いかなるテロリスト行為、民族の分断および妨害も強く反対した。宗教的過激主義の蔓延により、新疆において何千ものテロリスト行為が画策されていた。したがって、当局はそのような過激主義を防ぐために一連の措置をとり、訓練教育センターが効果的であることが証明されていた。プログラムは予防的であり、それは過激主義的イデオロギーの影響を受けた個人を教育し、回復させることを目的とした。センターは、各国の共通言語、法律に関する知識、実践的なスキルに関するコースを提供した。研修生は研修センターと契約を結び、研修センターは基本的人権すべてを保護した。彼らは家に帰り、家族による訪問をいつでも受けることがでた。訓練プログラムは特別な時に新疆によって採用された特別措置だった。プログラムは徐々に縮小される。新疆には24,000のモスクがあり、民族的、宗教的マイノリティの権利は保護されていた。過去24か月間で、テロリスト行為は行われておらず、新疆を訪れる観光客の数は急増していた、副部長は強調した。人権となると誰も完璧を主張することはできず、中国は、世界中で人権を促進し続けるために他と手を組む、彼は結論付けた。

A representative of the Chinese delegation from Hong Kong Special Administrative Region of China noted that Hong Kong had been implementing its laws with full support from the central Government since 1997, namely its Bill of Rights. Hong Kong was determined to safeguard the rule of law and freedom for long-term prosperity and stability. The power of legal adjudication was vested in the Court of Appeal and Hong Kong ranked first in Asia in terms of judicial independence, and it was one of the safest cities. Hong Kong Special Administrative Region of China had ranked as the freest world economy for 25 consecutive years. It would continue to promote the rights of all citizens under the One Country Two Systems principles.
中国香港特別行政区からの中国代表団代表は、香港は1997年以来中央政府の全面的な支援を得てその法律、すなわちその権利章典を実施していたことを指摘した。香港は、法の支配ならびに長期的繁栄と安定のための自由を守ることを決心した。法的裁定の権限は控訴裁判所に帰属し、香港は司法的独立の観点においてアジアで第一位であり、最も安全な都市のひとつだった。中国香港特別行政区は25年連続で最も自由な世界経済としてランクされていた。一国二制度の原則のもとですべての市民の権利を促進し続ける。

A representative of the Chinese delegation from Macao Special Administrative Region of China underlined that all residents of Macao were equal before the law, regardless of their origin, and that they were not subject to any discrimination. Macao’s laws safeguarded the freedom of its residents and invoked directly the principles of international human rights instruments. Macao Special Administrative Region of China had made progress in the protection of human rights, with the revision of its social security system and education outreach activities on human rights. Macao had an independent commission to address human rights concerns.
中国マカオ特別行政区からの中国代表団代表は、出身国にかかわらず、マカオのすべての居住者は法律の前に平等であり、いかなる差別の対象ではないと強調した。マカオの法律は居住者の自由を守り、国際人権文書の原則を直接発動させた。中国マカオ特別行政区は、社会保障制度の改正と人権に関する教育支援活動により、人権の保護において進展を遂げていた。マカオには人権問題に対処するための独立委員会があった。

Mali welcomed important progress realized by the Chinese authorities in promoting economic, social and cultural rights through the implementation of the five-year plan on economic and social rights. The third national action plan on human rights was welcomed as well as the law against family violence.
マリは、経済的および社会的権利に関する五年計画の実施を通じて、経済的、社会的および文化的権利促進における中国当局によって実現された重要な進歩を歓迎した。人権に関する第三次国家行動計画は、家庭内暴力に対する法律と同様に歓迎された。

Mauritania welcomed the delegation of China and thanked them for accepting most of recommendations, 284 out of 346. China’s attachment for the implementation of the 2030 Agenda was appreciated. Efforts to promote the lives of its citizens were acknowledged, as well as the improvement of legal regulations. China’s support to development countries was welcomed.
モーリタニアは、中国代表団を歓迎し、346のうち284の、勧告の大部分受け入れについて感謝した。2030年アジェンダの実施に対する中国のコミットが評価された。その市民の生活を促進するための取り組み、加えて法的規制の改善が認められた。発展途上国に対する中国の支援が歓迎された。

Mauritius thanked the delegation for accepting over 80 per cent of the recommendations, including those made by Mauritius. The announcement of new measures for the protection of human rights, covering areas ranging from legislative measures, poverty reduction, health, and environmental protection, was noted.
モーリシャスは、モーリシャスによってなされたそれら含む、勧告の80%以上の受け入れについて代表団に感謝した。立法措置、貧困削減、健康、および環境保護までに及ぶ分野をカバーする、人権保護のための新しい措置の発表が指摘された。

Mozambique noted the enormous achievements that China had made in human rights development. It had lifted 700 million people in rural areas out of poverty. China’s focus on peace and development in a holistic way was appreciated.
モザンビークは、中国が人権開発において行なった大きな成果を指摘した。農村部において7億人が貧困から抜け出していた。中国全体論的に平和と発展に焦点を当てていることが評価された。

Myanmar noted that the Chinese Government had formulated multiple national human rights action plans in active response to recommendations by the Council on a comprehensive plan for human rights development. The initiative on promoting human rights through peace, development, cooperation and equality complemented efforts to improve global human rights governance.
ミャンマーは、中国政府が人権開発のための包括的計画に関する理事会による勧告への積極的対応において複数の国内人権行動計画を策定していたと指摘した。平和、開発、協力および平等を通じた人権促進に関するイニシアチブは、世界的な人権統治を改善するための取り組みを補完した。

Namibia took note of China’s concept of human rights which put people at the centre and prioritized the right to development. It was particularly pleased that China had accepted its recommendation to identify more crimes which should be abolished and encouraged further progress in this regard.
ナミビアは、人民を中心に置き、開発権を優先した中国の人権コンセプトに注目した。中国が、廃止されるべきより多くの犯罪を特定し、この点に関してさらなる進展を促すための勧告を受け入れたことはとくに喜ばしかった。

Nepal welcomed China’s fostering of a peaceful and stable environment for broad-based social and economic development. It congratulated it on the remarkable progress made in ending poverty and raising the standard of living for the people throughout China, including Tibet and other rural areas with ethnic minorities.
ネパールは、広範囲にわたる社会的および経済的発展のための平和で安定した環境の中国の育成を歓迎した。マイノリティのいるチベットや他の農村地域含む中国全土の人民のための貧困の撲滅と生活水準の向上において著しい進歩がなされたことに関して祝福した。 

Netherlands noted China’s enormous progress in advancing economic rights and lifting many people out of poverty. Netherlands deeply regretted that China had rejected recommendations regarding access for United Nations mechanisms and called on it to issue a standing invitation to Special Procedures.
オランダは、経済的権利の推進や、多くの人々を貧困から救い出すことにおける中国の大きな進歩を指摘した。オランダは、中国が国連メカニズムへのアクセスに関する勧告を拒否していたことが深く遺憾であり、特別手続への継続招待を出すよう要請した。

Nigeria commended China for its strong commitment to the Universal Periodic Review process and on the success of its economic policies to lift a large number of people out of poverty. It recommended the adoption of the outcome report and wished China a successful implementation of the accepted recommendation.
ナイジェリアは、普遍的定期的審査プロセスへの強いコミットメントと、多数の人々を貧困から救い出すための経済政策の成功に関して中国を賞賛した。結果報告の採択を勧告し、受け入れられた勧告の成功裏の実施を中国に望んだ。

Norway was looking to learn more on what measures China would put in place to ensure freedom of expression and create a safe environment for human rights defenders. It was disappointing that recommendation to abolish the death penalty or to provide transparency on religious minorities in Xinjiang were rejected.
ノルウェーは、表現の自由を確保し、人権擁護者のための安全な環境をつくるために中国がどのような対策を整備するかに関してもっと知ろうとしていた。死刑を廃止することや新疆における宗教的マイノリティに対して透明性を提供することの勧告が拒否されたことに失望した。

Oman commended China for its achievements in the human rights field, and for accepting the recommendations proposed by Oman. Oman welcomed the model of respect for cultural diversity that China promoted within the international system. The Council was advised to adopt the report.
オマーンは、人権分野におけるその成果、およびオマーンにより提案された勧告の受け入れについて中国を賞賛した。オマーンは、中国が国際システムの中で推進した、文化的多様性への尊重のモデルを歓迎した。理事会は報告書を採択するよう助言された。

Pakistan welcomed the establishment of an inter-agency working group to implement recommendations. China’s announcement to undertake 30 new measures for human rights protection, which covered 10 areas, was welcomed.
パキスタンは、勧告を実施するための省庁間作業部会の設立を歓迎した。10の分野をカバーする、人権保護のための30の新しい措置をとるという中国の発表を歓迎した。

Philippines acknowledged the fact that China had accepted more than 80 per cent of the recommendations, including three tabled by the Philippines on the rights of persons with disabilities, the fight against illegal drugs, and strengthening migrant worker protection.
フィリピンは、障害者の権利、違法薬物との戦い、中国が、移住労働者保護の強化に関するフィリピンによって提出された三つを含む、勧告の80パーセント以上を受け入れていたという事実を認識した。

United Nations Association of China, in a joint statement with Cuban United Nations Association, National Association of Cuban Economists, and National Union of Jurists of Cuba, The, appreciated the development progress made for all Chinese citizens, as well as the new measures to improve the judicial system. Politically motivated accusations were counterproductive and did not contribute to the promotion of human rights. The ways to achieve those values were diversified and no one had monopoly on them.
中国国連協会は、キューバ国連協会、キューバ経済学者全国協会およびキューバ法律家全国組合との共同声明において、すべての中国人市民のためになされた開発の進歩に加え、司法制度を改善するための新しい措置を評価した。政治的動機による告発は逆効果であり、人権の促進には寄与しなかった。それらの価値を達成する方法は多様化し、誰もそれらに関して独占していなかった。

China Family Planning Association reminded that the number of civil society organizations had increased several times in past few years. In 2016, China had adopted a law on regulating overseas non-governmental organizations, which had played a positive role in their relations with Chinese partners.
中国計画生育協会は、市民社会団体の数が過去数年間で何度も増えたことを想起した。2016年において、中国は、海外の非政府組織の規制に関する法律を採択し、それは中国のパートナーとの関係において積極的な役割を果たしていた。

Chinese People's Association for Friendship with Foreign Countries stated that it had established friendly relations with over 500 international organizations. Safeguarding social justice and fairness was paramount and having a safe home was the foundation of all. Chinese people were leading a happy life.
中国人民対外友好協会は、500以上の国際組織と友好関係を築いていたと表明した。社会的正義と公正さを守ることが最重要であり、安全な家を持つことはすべての基礎だった。中国人は幸せな生活を送っていた。

International Service for Human Rights, in a joint statement with CIVICUS - World Alliance for Citizen Participation, said China’s approach to the Universal Periodic Review process was not cooperative, illustrated by its rejection of all recommendations to grant access to Xinjiang province. It urged China to stop using the Universal Periodic Review as a fig leaf.
国際人権サービスは、CIVICUS - 市民参加のための世界同盟との共同声明において、新疆地区へのアクセスを許可するすべての勧告を拒否したことで示される、中国の普遍的定期的審査へのアプローチは非協力的だったと述べた。普遍的定期的審査を覆い隠すために使うのをやめるよう中国に強く促した。

China Foundation for Poverty Alleviation said that since 2005 China’s foundation had been providing humanitarian assistance and they were willing to share their experience concerning poverty alleviation. The reality in Xinjiang was different than what was represented by certain media outlets.
中国扶貧基金は、2005年以来中国の財団は人道支援を提供してきており、貧困緩和に関する彼らの経験を共有しようとしていたと述べた。新疆における現実は、特定のメディアによって表現されていることとは異なった。

Chinese Association for International Understanding stated that all people in Xinjiang had access to the same rights and full development and lauded the positive impacts of inter cultural centres in the province.
中国国際交流協会は、新疆におけるすべての人民には同じ権利と完全な開発へのアクセスがあったことを表明し、その地区における異文化間センターの良い影響を称えた。

Helsinki Foundation for Human Rights stated that Tibetans in the People’s Republic of China had not been allowed to participate in the Universal Periodic Review process. They were concerned about the ongoing repressive policies against Tibetans, and it was utterly cynical that China claimed recommendations calling for the protection of human rights as already implemented.
ヘルシンキ人権財団は、中国におけるチベット人は普遍的定期的審査プロセスにおいて参加を許可されていなかったと表明した。チベット人に対する進行中の抑圧的政策について懸念し、中国が、人権の保護を要請する勧告をすでに実施されているかのように主張したことは全く皮肉だった。

China Association for Preservation and Development of Tibetan Culture (CAPDTC) stated that all Tibetans had freedom, and economic growth was strong with a gross domestic product of 140bn yuan, an increase of 9 per cent over previous years. Over the years, the central Government and the autonomous Government of Tibet had worked together to preserve the Tibetan culture.
中国チベット文化保護・発展協会(CAPDTC)は、すべてのチベット人には自由があり、1,400億元の国内総生産と、前年比9パーセント増と堅調だったと表明した。長年にわたり、中央政府チベット自治政府チベット文化を維持するために協力していた。

International Federation for Human Rights Leagues congratulated China for its having implemented so many of the recommendations. However, as long as China continued to oppress civil society and the most fundamental human rights, it made a mockery of the Universal Periodic Review process, and the United Nations treaty bodies.
国際人権連盟は、中国が多くの勧告を実施したことについて祝福した。しかしながら、中国市民社会と最も基本的な人権を抑圧することを続ける限り、普遍的定期的審査プロセスと国連条約機関を嘲笑した。

Human Rights Watch noted that the fact that China had provided no accountability in the death of human rights defender Cao Shunli in 2013, or of those of Liu Xiaobo, Tenzin Delek Rinpoche, Yang Tongyan and Muhammed Salih Hajim, was a powerful indication of its deteriorating human rights environment. Chinese authorities had reversed key legal gains, constricted space for independent civil society, and undertaken a campaign of arbitrary detention of Turkic Muslims.
ヒューマン・ライツ・ウォッチは、中国が、2013年における人権擁護者、曹順利(サオ・シュンリ)、または劉暁波(リウ・シャオポー)、テンジン・デレク・リンポチェ、楊同彦(ヤン・トンヤン)およびムハンマド・サリフ・ハジムの死に対して説明責任を与えていなかったという事実は、その人権環境悪化の強力な兆候だったと指摘した。中国当局は、主要な法的利益を覆し、独立した市民社会のための空間を狭め、テュルク系ムスリムを恣意的に拘留するキャンペーンに着手していた。

LE YUCHENG, Deputy Minister of Foreign Affairs of China, said he had listened very attentively to all the statements. First, people had a fair judgment of their own and they spoke positively of China’s progress in the promotion of human rights. Second, facts spoke louder than words. China could accept all those well-intentioned recommendations, but not those that interfered into China’s judicial independence. Some human rights issues in fact concerned judicial independence and sovereignty. Some smeared that in Tibet there was a problem of freedom of religion and speech. Today, in Tibet there were almost 2,000 religious sites and people in Tibet enjoyed a free and happy life. The Deputy Minister reminded that in four decades since the economic opening, China had provided a decent life for 1.4 billion people. The path of human rights protection with Chinese characteristics had produced remarkable results. The Deputy Minister condemned the statement made by Human Rights Watch. The remarks made by some delegation and non-governmental organizations regarding the training centres in Xinjiang represented a total distortion of facts and groundless accusations against China. Those were matters of counter-terrorism and de-radicalization. Combatting terrorism was a matter of international cooperation. Without China’s intervention, terrorism in Xinjiang would have spread elsewhere.
楽玉成(ラー・ユーチョン)中国外交部副部長は、すべての声明に対して非常に注意深く耳を傾けていたと述べた。第一に、人々は彼ら自身の公正な判断をし、人権促進における中国の進歩について肯定的に話した。第二に、事実は言葉よりも雄弁だった。中国はこれらの善意の勧告をすべて受け入れることができるが、中国の司法的独立を妨げるものは受け入れられない。いくつかの人権問題は、実際には、司法の独立と主権に関してだった。一部は、チベットにおいて信教の自由と言論の自由の問題があると中傷した。今日、チベットにおいてはおよそ2,000の宗教的な場所があり、チベットにおける人民は自由で幸福な生活を享受した。副部長は、経済開放以来の四十年間において、中国は14億人に文化生活を提供していたことを想起した。中国の特徴を備えた人権擁護の道筋は驚くべき結果をもたらしていた。副部長はヒューマン・ライツ・ウォッチによってなされた声明を非難した。新疆におけるトレーニングセンターに関して一部の代表団と非政府組織によってなされた発言は、事実の完全なゆがみと中国に対する根拠のない告発を表した。それらはテロリズム対策と脱過激化の問題だった。テロリズムとの戦いは国際協力問題だった。中国の介入がなければ、新疆におけるテロリズムは他の地域にも広がっていた。

The President of the Council informed that out of 346 recommendations, China had accepted 284 and noted 62.
理事会議長は、346の勧告のうち、中国が284を受け入れ、62を留意していたことを報じた。

The Council then adopted the Universal Periodic Review outcome of China.
理事会はその後、中国の普遍的定期的審査結果を採択した。

Consideration of the Outcome of the Universal Periodic Review of Malta
マルタの普遍的定期的審査結果の検討

[…]

China welcomed Malta’s constructive participation in the Universal Periodic Review and expressed hope that the Government would continue to take measures to advance the socio-economic development of its citizens.
中国は、マルタの普遍的定期的審査における建設的参加を歓迎し、同政府が市民の社会経済的発展を前進させるための措置をとることを継続する希望を表明した。

[…]


2019年3月22日

*1:下記参照。

*2:下記の北京師範大学中国公益研究院事前法律センターによる報告どおり。

*3:レコードチャイナ(2019年3月16日)

アゴラ(2019年3月21日)


第40回人権理事会:中央アフリカ共和国およびモナコの普遍的定期的審査結果を採択


文書番号:HRC/19/41E

ノート:

  • 中国が両方の審査で発言。

掲載URL:
https://www.unog.ch/unog/website/news_media.nsf/(httpNewsByYear_en)/1F67FBEBF305A8A8C12583BD006C75C3?OpenDocument


HUMAN RIGHTS COUNCIL ADOPTS UNIVERSAL PERIODIC REVIEW OUTCOMES OF THE CENTRAL AFRICAN REPUBLIC AND MONACO
人権理事会、中央アフリカ共和国およびモナコの普遍的定期的審査結果を採択

14 March 2019
2019年3月14日

The Human Rights Council this afternoon adopted the Universal Periodic Review outcomes of the Central African Republic and Monaco.
人権理事会は、この午後、中央アフリカ共和国およびモナコの普遍的定期的審査結果を採択した。

[…]

The Council will next meet on Friday, 15 March at 9 a.m. to consider the outcomes of the Universal Periodic Review of Belize, Chad, China and Malta. It will then hold a general debate on the Universal Periodic Review.
理事会は次に、ベリーズ、チャド、中国およびマルタの普遍的定期的審査結果を検討するために、3月15日金曜日午前9時に会合を行なう。その後、普遍的定期的審査結果に関する一般討論を開催する。

[…]

Consideration of Outcome of Universal Periodic Review of the Central African Republic
中央アフリカ共和国の普遍的定期的審査結果の検討

[…]

China commended the Government of the Central African Republic for its commitment to continue efforts in the promotion and protection of human rights, and towards social and economic development.
中国は、人権の促進および保護、ならびに社会的および経済的発展における取り組みを継続するコミットメントについて中央アフリカ共和国政府を称賛した。

[…]

Consideration of the Outcome of the Universal Periodic Review of Monaco
モナコの普遍的定期的審査結果の検討

[…]

China commended Monaco for its constructive participation in the Universal Periodic Review and expressed hope that Monaco would continue its efforts to promote the rights of women and children.
中国は、普遍的定期的審査における積極的参加についてモナコを賞賛し、モナコが女性と児童の権利を促進するための取り組みを継続することへの希望を表明した。

[…]


2019年3月24日

第40回人権理事会:メキシコ、モーリシャス、ヨルダンおよびマレーシアの普遍的定期的審査結果を採択


文書番号:HRC/19/40E

ノート:

  • 中国がメキシコ、ヨルダン審査で発言。

掲載URL:
https://www.unog.ch/unog/website/news_media.nsf/(httpNewsByYear_en)/677868865174334EC12583BD005F6699?OpenDocument


HUMAN RIGHTS COUNCIL ADOPTS THE UNIVERSAL PERIODIC REVIEW OUTCOMES OF MEXICO, MAURITIUS, JORDAN AND MALAYSIA
人権理事会、メキシコ、モーリシャス、ヨルダンおよびマレーシアの普遍的定期的審査結果を採択

14 March 2019
2019年3月14日

The Human Rights Council during its midday meeting adopted the Universal Periodic Review outcomes of Mexico, Mauritius, Jordan and Malaysia.
人権理事会は、昼の会合中、メキシコ、モーリシャス、ヨルダンおよびマレーシアの普遍的定期的審査結果を採択した。

[…]

The Council will next consider the outcomes of the Universal Periodic Review of the Central African Republic, Monaco, and time allowing, Belize.
理事会は次に、中央アフリカ共和国モナコ、および時間が許せば、ベリーズの普遍的定期的審査結果を検討する。

[…]

Consideration of the Outcome of the Universal Periodic Review of Mexico
メキシコの普遍的定期的審査結果の検討

[…]

China commended Mexico for its constructive engagement and for accepting the recommendation made by China and urged the Government to continue to implement the National Development Plan in order to ensure sustainable development, poverty eradication, and the promotion of women’s rights.
中国は、建設的な関与と中国によってなされた勧告の受け入れについてメキシコを称賛し、持続可能な開発、貧困撲滅、女性の権利の推進を確実にするために国家開発計画の実施を継続するよう同政府に強く促した。

[…]

Consideration of the Outcome of the Universal Periodic Review of Mexico
ヨルダンの普遍的定期的審査結果の検討

[…]

China commended Jordan for its constructive engagement with the Universal Periodic Review, and expressed hope that Jordan would step up training for law enforcement personnel, and that it would ensure the implementation of the Law on the Rights of the Child.
中国は、普遍的定期的審査との建設的な関与についてヨルダンを称賛し、ヨルダンが法執行機関職員のための訓練を強化し、それが児童の権利に関する法律の実施を確実にすることへの希望を表明した。

[…]


2019年3月24日

第40回人権理事会:人権機関およびメカニズムに関する一般討論


文書番号:HRC/19/38E

ノート:

  • 中国、日本が発言。

  • 国際人権活動日本委員会より前田朗教授が、朝の会合(下記)で福島について提起したのに続き、琉球」「における人権活動家に関する報告」の『ニュース女子』問題に言及。辛淑玉氏(本要約では「在日朝鮮人で有名な人権擁護者」は落とされている。UN Web TV へのリンク先参照)らとともに前田教授ものりこえねっとの共同代表である。

  • 国際キャリア支援協会より藤木俊一氏が、8日の会合(下記)で韓国の「常軌を逸した外交関係」を是正するよう要請したのに続き、

    前日(下記)(および2月28日)の北朝鮮による日本に対する声明に反論。韓国が大好物で人権条約機関の委員会もしばしば勧告を行なう<「被害者」中心のアプローチ>を否定してみせ、「事実に基づくアプローチ」を提唱 *1

  • カナダ法律家権利ウォッチが中国の人権擁護者に対する弾圧、アフリカ人権擁護会議、アンジニア・デュ・モンド(本部フランス、ディボンヌ *2 )がウイグルに言及。中国人権研究会(CSHRS)は本日三度目の登場、中国政府そのままの発言。

  • ( UN Web TV の映像から)
    チャプター16:中国/シャオ・ウー(Shao Wu)政府代表
    チャプター17:日本/Shuichi Nishino 政府代表
    チャプター43:カナダ法律家権利ウォッチ/ジュディス・ファン・デン・リヒテンベルク(Judith van den Lichtenberg)氏
    チャプター43:中国人権研究会(CSHRS)/マオ・ジュンシャン(Junxiang Mao)氏
    チャプター61:国際人権活動日本委員会/前田朗氏(東京造形大学教授)
    チャプター73:アフリカ人権擁護会議/マリー=バレンタイン・ショー(Marie-Valentine Shaw)氏
    チャプター89:アンジニア・デュ・モンド/エゼキエル・ポジャルニー(Ezequiel Podjarny)氏
    チャプター95:国際キャリア支援協会/藤木俊一氏 ※ Mr. Shuichi Nishino と記載 *3

  • 関連エントリ(工事中)

掲載URL:
https://www.unog.ch/unog/website/news_media.nsf/(httpNewsByYear_en)/49448F59F103F130C12583BC00692ECD?OpenDocument


HUMAN RIGHTS COUNCIL HOLDS GENERAL DEBATE ON HUMAN RIGHTS BODIES AND MECHANISMS
人権理事会、人権機関およびメカニズムに関する一般討論を開催

Hears Address by Haitian Minister for Foreign Affairs, and Presentation of Reports of the Forum on Minority Issues, the Forum on Human Rights, Democracy and the Rule of Law, the Social Forum, and the Coordination Committee of Special Procedures
ハイチ外務大臣による演説、マイノリティ問題に関するフォーラム、人権、民主主義および法の支配に関するフォーラム、社会フォーラム、ならびに特別手続調整委員会の報告のプレゼンテーションを聞く

13 March 2019
2019年3月13日

The Human Rights Council this afternoon held a general debate on human rights bodies and mechanisms, after hearing the presentation of reports of the Forum on Minority Issues, the Forum on Human Rights, Democracy and the Rule of Law, the Social Forum, and the Coordination Committee of Special Procedures. The Council also heard an address by Bocchit Edmond, Minister for Foreign Affairs of Haiti.
人権理事会は、この午後、マイノリティ問題に関するフォーラム、人権、民主主義および法の支配に関するフォーラム、社会フォーラム、ならびに特別手続調整委員会の報告のプレゼンテーションの聴取後、人権機関およびメカニズムに関する一般討論を開催した。理事会はまた、ハイチ外務大臣、ボシット・エドモンによる演説を聞いた。

[…]

The Council will meet again on Thursday, 14 March at 9 a.m., to consider the Universal Periodic Review outcomes of Saudi Arabia, Senegal, Republic of Congo, Nigeria, Mexico, Mauritius, Jordan, Malaysia, Central African Republic, Monaco, Belize, Chad, China and Malta.
理事会は、サウジアラビアセネガルコンゴ共和国、ナイジェリア、メキシコ、モーリシャス、ヨルダン、マレーシア、中央アフリカ共和国モナコベリーズ、チャド、中国およびマルタの普遍的定期的審査の結果の検討のために、3月14日木曜日午前9時に再び会合を行なう。

[…]

Presentation of Reports by the Forum on Minority Issues, the Forum on Human Rights, Democracy and the Rule of Law, the Social Forum, and the Coordination Committee of Special Procedures
マイノリティ問題に関するフォーラム、人権、民主主義および法の支配に関するフォーラム、社会フォーラム、ならびに特別手続調整委員会の報告のプレゼンテーション

[…]

General Debate on Human Rights Bodies and Mechanisms
人権機関およびメカニズムに関する一般討論

China attached importance to the constructive role of Special Procedures in the promotion and protection of human rights. In recent years, China had received several visits by Special Procedure mandate holders, and it had extended several invitations to them. China believed that Special Procedures should behave in line with the Code of Conduct and should respect the sovereignty and territorial integrity of States, use reliable information, and engage in constructive dialogue with Governments.
中国は、人権の促進と保護における特別手続の建設的役割を重視した。近年、中国は特別手続マンデート保持者による訪問を何度か受けており、招待を何度か示していた。中国は、特別手続きは行動規範に沿って行動し、締約国の主権と領土保全を尊重し、信頼できる情報を使用し、そして政府との建設的対話に取り組むべきであると考えた。

Japan believed it was critical that human rights bodies met the high expectations of the international community. Unfortunately, there were certain instances when these were not met. To address this, some changes were needed, such as setting longer deadlines for responding to Special Procedures. The duplication of work should be avoided and steps should be taken to avoid overlap. Mandates should be amended as appropriate. Such changes could be addressed during planned reviews.
日本は、人権機関が国際社会の高い期待に応えることが重要であると考えた。残念なことに、これらが満たされなかった特定の事例があった。これに対処するために、特別手続に対応するためのより長い期限の設定など、いくつかの変更が必要だった。作業の重複を避け、重複を避けるための対策を講じなければならない。マンデートは適切に修正されるべきである。そのような変更は計画的見直しのあいだに対処される可能性がある。

[…]

Lawyers’ Rights Watch Canada deplored the widespread, systematic and grave human rights violations against lawyers and human rights defenders in Saudi Arabia and China, which were members of the Human Rights Council. It reminded the Council that under some circumstances, systematic arbitrary detentions could constitute crimes against humanity. The organization thus called for the suspension of Council membership for significant non-compliance by its Member States.
カナダ法律家権利ウォッチは、人権理事会メンバーであるサウジアラビア中国における弁護士と人権擁護者に対する広範で体系的かつ重大な人権侵害が遺憾だった。状況によっては、体系的な恣意的拘留が人道に対する罪を構成する可能性があることを理事会に想起させた。同組織は、したがって、メンバー国による重大な非遵守について理事会メンバーの停止を要請した。

China Society for Human Rights Studies (CSHRS) called on all Governments and non-governmental organizations to abandon their political bias, and to adopt an objective, non-selective and non-political approach, with a view to considering and solving various human rights issues through cooperation and dialogue. International human rights bodies and mechanisms should adhere to the subsidiarity principles in evaluating human rights situations, in line with the specific conditions and circumstances in each country.
中国人権研究会(CSHRS)は、すべての政府および非政府組織に対し、政治的バイアスを放棄し、協力と対話を通じ、さまざまな人権問題を検討し解決する目的により、客観的、非選択的および非政治的アプローチを採用するよう要請した。国際的人権機関およびメカニズムは、各国の特定の条件および状況に沿って、人権状況評価において従属性の原則を遵守しなければならない。

[…]

Japanese Workers’ Committee for Human Rights complained that the Tokyo Metropolitan Television Broadcasting Corporation had breached broadcasting ethics in 2018 in a report on human rights activists in Ryukyu, labelling them as terrorists. Journalist and human rights activist Sugok Shin had been the victim of online harassment as a result. In its Universal Periodic Review, Japan had been urged to adopt the Hate Crime Act.
国際人権活動日本委員会は、東京メトロポリタンテレビジョン株式会社が、2018年に琉球における人権活動家に関する報告において彼らをテロリストと分類し、放送倫理に違反していた。その結果、ジャーナリストで人権活動家の辛淑玉がオンラインハラスメントの犠牲になっていた。普遍的定期的審査において、日本はヘイト犯罪法の採択を強く促されていた。

[…]

Rencontre Africaine pour la défense des droits de l'homme welcomed the fact that statelessness had been the focus of the report of the Special Rapporteur on minority issues. The organization called attention to the plight of the Uighurs in China, and Rohingya in Myanmar, as well as to the expulsion and expropriation of lands of several indigenous groups in Equatorial Guinea, Cameroon and Gabon without compensation by multinational corporations.
アフリカ人権擁護会議は、無国籍がマイノリティ問題に関する特別報告者の報告の焦点だったという事実を歓迎した。同組織は、中国におけるウイグル人ミャンマーにおけるロヒンギャの窮状、加えて赤道ギニアカメルーンおよびガボンにおける先住民族グループの土地の没収および多国籍企業による補償なしの土地収用にに注意を促した。

[…]

Ingénieurs du Monde suggested that the Council should convene more regular special sessions for urgent crisis requiring the Council’s attention in order to be more effective. Convening with support of a minimum of 16 Member States would make that possible. Special sessions should have been convened in response to Iran’s actions against protesters, China’s treatment of the Uyghur, and Venezuela’s actions against the opposition.
アンジニア・デュ・モンドは、より効果的であるために、理事会の注意を要する緊急危機のためのより定期的な特別セッションを召集すべきであると提案した。最低16のメンバー国の支持による開催がそれを可能にする。イランの抗議者に対する行動、中国ウイグル人の扱い、およびベネズエラの反対派に対する行動に対応して特別セッションが開催されるべきである。

[…]

International Career Support Association criticized the statement of the Democratic People’s Republic of Korea regarding forced labourers and sex slaves during the Second World War. Those were not forced labourers, and the mentioned women worked as prostitutes. The organization rejected the victim-centred approach and instead called for a fact-based approach to investigate those allegations. It called on the Democratic People’s Republic of Korea to return all abductees it had taken from Japan.
国際キャリア支援協会は、第二次世界大戦中の強制労働者と性奴隷に関する北朝鮮の声明を批判した。それらは強制労働者ではなく、言及された女性は売春婦として働いた。同組織は、被害者中心のアプローチを拒否し、代わりにこれらの主張を調査するための事実に基づくアプローチを要請した。北朝鮮に対し、日本から連れ去られていたすべての拉致被害者を返国させるよう要請した。

[…]


2019年3月20日

*1:なお、前掲の朝の会合にリンクを掲載した報告書「日本における不正な司法当局による子どものいる離婚事件における事実認定の不平等」(A/HRC/40/NGO/182)は「アジェンダ項目5:人権機関およびメカニズム」とあり、本会合のアジェンダ項目である。この報告の声明を行なう予定を北朝鮮向けに切り替えたようである。

*2:国連経済社会局「 iCSO(統合市民社会組織)」システム

*3:*1 も参照。

第40回人権理事会:マイノリティ問題に関する特別報告者との双方向対話


文書番号:HRC/19/37E

ノート:

  • 特別報告者の年次報告書、プレゼンとも日本への言及は無い。ウイグルチベットにも言及していないようだ。
  • 中国:「マイノリティの権利を保護し、それらの調和のとれた発展を確保するために効果的な政策がとられていた」。スウェーデンチベットに言及し、答弁権により中国が反論(「扇動的発言」を行なったスウェーデン以外の「他の締約国」は本要約では確認できなかった)。

  • 午前の会合での発言ではキューバNGO に任せ控えていた中国人権研究会(CSHRS)が中国を称賛。反差別国際運動(IMADR)が移民による無国籍者について発言。

  • ロシアがウクライナにおける「マイノリティの排除」に加え、ラトビアエストニアにおけるロシア語話者の「無国籍」を提起し、ラトビアが答弁権で反論している(未抽出)。なお、無国籍の問題については、このあとに次の会合でマイノリティ問題に関するフォーラムが報告を行なう(未抽出)。

掲載URL:
https://www.unog.ch/unog/website/news_media.nsf/(httpNewsByYear_en)/E8895B75FCCEFB14C12583BC00509EB2?OpenDocument


HUMAN RIGHTS COUNCIL HOLDS AN INTERACTIVE DIALOGUE WITH THE SPECIAL RAPPORTEUR ON MINORITY ISSUES
人権理事会、マイノリティ問題に関する特別報告者との双方向対話を開催

13 March 2019
2019年3月13日

The Human Rights Council in a midday meeting held an interactive dialogue with the Special Rapporteur on minority issues, Fernand de Varennes.
人権理事会は、昼の会合において、マイノリティ問題に関する特別報告者、フェルナンド・ド・ヴァレンヌとの双方向対話を開催した。

[…]

The Council will next hear the presentation of reports of the Forum on Minority Issues, the Forum on Human Rights, Democracy and the Rule of Law, and the Social Forum. It will then hold a general debate on human rights bodies and mechanisms.
理事会は次に、マイノリティ問題に関するフォーラム、人権、民主主義および法の支配に関するフォーラム、および社会フォーラムの報告のプレゼンテーションを聞く。その後、人権機関およびメカニズムに関する一般討論を開催する。

Documentation
ドキュメンテーション

The Council has before it the Report of the Special Rapporteur on minority issues (A/HRC/40/64).
理事会にはその前に、マイノリティ問題に関する特別報告者の報告(A/HRC/40/64)がある。

[…]

Interactive Dialogue
双方向対話

China had 56 ethnic groups and effective policies were in place to protect the rights of minorities and ensure their harmonious development. Resources were increased to support the promotion of the rights of minorities and they were targeting poverty reduction as well.
中国には56の民族集団があり、マイノリティの権利を保護し、それらの調和のとれた発展を確保するために効果的な政策がとられていた。マイノリティの権利の推進を支援するために資源が増やされ、それらは貧困削減も目標としていた。

[…]

Interactive Dialogue
双方向対話

[…]

Sweden called on China to allow meaningful access to Xinjiang for independent observers and to respect rights in Tibet. The situation concerning minorities in Russia was concerning, including the detention of Jehovah’s witnesses, and it was reiterated that it was the international obligation of all Governments to respect the rights of minorities.
スウェーデン中国に対し、独立オブザーバーのための新疆への有意義なアクセスを許可し、チベットにおける権利を尊重するよう要請した。エホバの証人の拘留を含むロシアにおけるマイノリティに関する状況が懸念され、マイノリティの権利を尊重することはすべての政府の国際的義務であることを再確認した。

[…]

China Society for Human Rights Studies (CSHRS) noted that China had continuously improved its protection of minority rights, including in bilingual education and poverty reduction. The Government had invested large funds to protect minorities’ historical heritage.
中国人権研究会(CSHRS)は、中国は、バイリンガル教育や貧困削減を含む、マイノリティの権利保護を継続的に改善してきたと指摘した。同政府はマイノリティの歴史的遺産を保護するために多額の資金を投資した。

[…]

International Movement against all Forms of Discrimination and Racism (IMADR) echoed concerns on the risk of further increase of stateless persons due to recent migratory flows. The intention of the Rapporteur to develop guidelines to address this issue were welcomed, and they should include actions outlined in the Global Compact for Migration.
反差別国際運動(IMADR)は、最近の移住の流れによる無国籍者のさらなる増加のリスクに対する懸念に同意した。この問題に対処するためのガイドラインを作成するという報告者の意向は歓迎されており、それらには移住のためのグローバルコンパクトにおいて概説されている行動を含めるべきである。

[…]

Right of Reply
答弁権

China, speaking in a right of reply, countered a series of incendiary remarks made by Sweden and other States in contravention to the Council regulations. The situation in Xinjiang remained harmonious and the lawful establishment of vocational training stations were implemented to de-radicalize those with extremist ideology. It extended an invitation to visit Xinjiang province and reiterated the importance of protecting the freedom and culture of the Tibetan people. No pressure should be exerted on China in relation to Tibet and Xinjiang.
中国は、答弁権により発言し、理事会の規則に違反してスウェーデンおよび他の締約国によってなされた一連の扇動的発言に反論した。新疆の状況は依然として調和的であり、職業訓練所の合法的設立は過激主義的イデオロギーを持つ人々を脱過激化するために実施された。新疆地区訪問のための招待を広げ、チベット人の自由と文化を守ることの重要性を再確認した。チベットや新疆に関連して中国に対して圧力をかけるべきではない。


2019年3月20日

第40回人権理事会:理事会の注意を要する人権状況に関する一般討論を終結


文書番号:HRC/19/36E

ノート:

  • 前日会合続き。良心の自由のための団体と個人のヨーロッパ・コーディネーション(本部フランス、ナント)が、270人の中国人全能神教会信者による日本への亡命申請不許可を提起した。詳細不明。同会は、ドイツの普遍的定期的審査でも全能神教会信者の本国送還について提起していた(下記)。

  • 前回セッション(下記)に続き、国際キャリア支援協会が日本における親による子どもの拉致(連れ去り)について提起。

    国連公式文書システム(英語):
    A/HRC/40/NGO/171「日本における児童拉致ビジネス」(2019年2月20日

    A/HRC/40/NGO/182「日本における不正な司法当局による子どものいる離婚事件における事実認定の不平等」(2019年2月21日)8日の会合(下記)に続き、国際人権活動日本委員会から前田朗教授が発言:「チェルノブイリ事故と同じと言われた、[…]福島の災害の八周年」「日本政府は国内避難民に支援を提供するための要請を拒否し続けた」。

    歴史の真実を求める世界連合会の目良浩一代表が慰安婦問題について発言:「日本政府による謝罪の表明は問題を複雑にしたに過ぎなかった」「慰安婦が性奴隷か職業売春婦だったのか、別の再調査が行なわれる必要があった」。

    国連公式文書システム:
    A/HRC/40/NGO/49「数々の国連起源によって提起された「慰安婦」問題」(2019年2月14日)

  • ヘルシンキ人権財団、アムネスティ・インターナショナル、被抑圧民族協会、あらゆる形態の人種差別撤廃国際機構がウイグルチベットに言及。ヘルシンキ人権財団:「中国が不処罰により違反を続け、歴史的行為に対する説明責任に直面しないことを[…]許した」。中国はこの日も答弁権を行使して反論した。中国政府の御用 NGO 、中国人権研究会(CSHRS)は中国に言及せず、キューバ法律家全国組合とキューバ経済学者全国協会が称賛。

  • コリアン再統一を成功させる人々(PSCORE)が北朝鮮による拉致に言及。なお、本要約は発言者と拉致被害者(発言者の父親)が混線しているように見える。

    産経ニュース(2018年4月27日)

  • ( UN Web TV の映像から)

    チャプター01:ヘルシンキ人権財団/カイ・ミュラー(Kai Muller)氏
    チャプター08:良心の自由のための団体と個人のヨーロッパ・コーディネーション/クリスティーヌ・ミッレ(Christine Mirre)氏
    チャプター17:キューバ法律家全国組合/ユーリ・ペレス・マルティネス(Yuri Perez Martinez)氏
    チャプター19:アムネスティ・インターナショナル/ケヴィン・ウィーラン(Kevin Whelan)氏
    チャプター21:キューバ経済学者全国協会/グラディス・セシリア・ヘルナンデス・ペドラサ(Gladys Cecilia Hernandez Pedraza)氏
    チャプター22:国際人権活動日本委員会/前田朗氏(東京造形大学教授)
    チャプター36:国際キャリア支援協会/Tetsuya Koide 氏
    チャプター38:コリアン再統一を成功させる人々[PSCORE]/ファン・インチョル(Hwang In-Cheol)氏
    チャプター50:被抑圧民族協会/カルデン・ツォモ(Kalden Tsomo)氏
    チャプター56:あらゆる形態の人種差別撤廃国際機構/クリストファー・ガヴロンスキ(Christopher Gawronski)氏
    チャプター77:中国人権研究会(CSHRS)/ヂャオ・シュクン(Shukun Zhao)氏
    チャプター89:歴史の真実を求める世界連合会/目良浩一氏(代表)
    チャプター94:中国(答弁権)/[政府代表]

  • 関連エントリ

掲載URL:
https://www.unog.ch/unog/website/news_media.nsf/(httpNewsByYear_en)/BE993A7D5AC17B0CC12583BC00476507?OpenDocument


HUMAN RIGHTS COUNCIL CONCLUDES ITS GENERAL DEBATE ON HUMAN RIGHTS SITUATIONS THAT REQUIRE THE COUNCIL’S ATTENTION
人権理事会、理事会の注意を要する人権状況に関する一般討論を終結

13 March 2019
2019年3月13日

The Human Rights Council this morning concluded its general debate on human rights situations that require the Council’s attention.
人権理事会は、今朝、理事会の注意を要する人権状況に関する一般討論を終結した。

The first part of the debate was held on Tuesday, 12 March, and can be read here.
討論の最初の部分は3月12日火曜日に開催され、こちらで読むことができる。

In the discussion, speakers expressed concern about the persecution of religious and ethnic minorities in many countries. Anti-conversion and anti-blasphemy legislation had to be repealed. There was flagrant violation of freedom of expression and an alarming situation concerning freedom of the press, as well as a dangerous campaign waged against civil society and human rights defenders in some countries. The situation in that respect was alarming because there were no practical measures to protect human rights defenders, which was why speakers proposed that a resolution on the recognition of the rights of human rights defenders be drafted. Some speakers also highlighted the negative impact of unilateral coercive measures, which were depriving the general population and children of food and medicine. They drew attention to the recruitment of children as soldiers and terrorists, and called upon States to find solutions. Another issue that was raised was the exploitation of natural resources belonging to indigenous peoples without their consent.
議論において、発言者は、多くの国々における宗教的マイノリティの迫害について懸念を表明した。改宗禁止および反冒とく法は廃止されなければならなかった。表現の自由に対する不当な侵害と報道の自由に関する憂慮すべき状況があり、加えて一部の国々においては市民社会と人権擁護者に対して危険な運動が行なわれた。人権擁護者を保護するための実際的な対策がなかったため、この点において憂慮すべきであり、人権擁護者の権利の承認に関する決議を起草することを発言者が提案したのはそのためだった。一部の発言者はまた、一般の住民と児童から食料と医療を奪っていた一方的強制措置の悪影響を強調した。彼らは兵士やテロリストとしての児童の募集に注意を促し、解決策を見出すよう締約国に要請した。提起されたもう一つの問題は、彼らの同意なしによる先住民に属する天然資源の搾取だった。

[…]

The Council will next hold an interactive dialogue with the Special Rapporteur on minority issues. It will then hear the presentation of reports of the Forum on Minority Issues, the Forum on Democracy and the Rule of Law, and the Social Forum, before starting its general debate on human rights bodies and mechanisms.
理事会は次に、マイノリティ問題に関する特別報告者との双方向対話を開催する。その後、人権機関とメカニズムに関する一般討論を開始する前に、マイノリティ問題に関するフォーラム、民主主義と法の支配に関するフォーラム、および社会フォーラムの報告のプレゼンテーションを聞く。

General Debate on Human Rights Situations Requiring the Council’s Attention
理事会の注意を要する人権状況に関する一般討論

Helsinki Foundation for Human Rights said that as they commemorated the Tibet uprising 60 years ago, they noted that hundreds of thousands of Tibetans had been killed and tortured since then. The Chinese Government controlled access to the territory and Tibet remained closed to tourists and outside observers in sensitive times. This isolation allowed China to continue violations with impunity and not face accountability for its historical acts.
ヘルシンキ人権財団は、60年前のチベット蜂起を記念し、それ以来何十万人ものチベット人が殺害され拷問されていたことを指摘した。中国政府は領土へのアクセスを規制し、チベットが微妙な時期において旅行者や外部オブザーバーに対し閉じられたままだった。中国が不処罰により違反を続け、歴史的行為に対する説明責任に直面しないことをこの隔離が許した。

[…]

European Coordination of Associations and Individuals for Freedom of Conscience said that 270 members of the Church of Almighty God, a new Chinese Christian religious movement, had escaped China and applied for asylum in Japan. None of those requests had been granted. The fact that those people were cruelly prosecuted in China was an established fact. Japan was urged to lend its help to refugees of the Church of Almighty God.
良心の自由のための団体と個人のヨーロッパ・コーディネーションは、新しい中国キリスト教宗教運動、全能神教会の270のメンバーが中国を脱出し、日本において亡命申請したと述べた。これらの要請はどれも許可されていなかった。それらの人々が中国で残酷に起訴されたという事実は確立された事実だった。日本は全能神教会の難民に援助を貸すよう強く促された。

[…]

National Union of Jurists of Cuba said that countries like China had promoted the right to development, which was good, but very few countries had been able to make such large-scale improvements. Countries should not pour scorn on such developments. They congratulated China for its work. The punitive findings against Syria, Venezuela and Nicaragua should be rejected because they undermined development in those countries, especially affecting the children and women.
キューバ法律家全国組合は、中国のような国々は開発権を促進し、それは良いことだったが、そのような大規模な改善を行なうことができていた国はほとんどなかったと述べた。各国はそのような改善を嘲ってはならない。その仕事について中国を祝福した。シリア、ベネズエラおよびニカラグアに対する懲罰的な調査結果は、とくに児童や女性に影響を与え、これらの国々における開発を阻害したため、拒否されるべきである。

[…]

Amnesty International was concerned about the human rights violations in Xinjiang province of China, which had seen up to one million Uyghurs imprisoned. In Syria, women had been excluded at national, regional and international levels from positions in decision making and negotiations, and Amnesty urged for women to be given a meaningful voice. Amnesty urged the Council to address the widespread disappearance of political dissidents in Iran in 1988, and regretted that many of those involved in this crime remained in positions of power in Iran.
アムネスティ・インターナショナルは、最大100万のウイグル人が投獄されているのを見ていた、中国の新疆地区における人権侵害についてが懸念された。シリアにおいては、女性は国内、地域、そして国際レベルで意思決定や交渉の場から除外されており、アムネスティは女性に意味のある発言権を与えるよう強く促した。アムネスティは、1988年のイランにおける政治的反体制派の広範な失踪に対処するよう理事会に強く促し、この犯罪に関与した者の多くがイランにおいて権力の地位に残っていたことが遺憾だった。

[…]

National Association of Cuban Economists applauded the efforts made by China, Syria and Venezuela in implementing measures to improve the human rights situation in their countries. It rejected any attempt by the Council to interfere in the internal affairs of sovereign nations. It called on the Council to recognize the efforts made, rather than impose further obstacles.
キューバ経済学者全国協会は、中国、シリアおよびベネズエラが、それらの国々における人権状況を改善するための措置の実施において行なった取り組みを称賛した。主権国家の内政に干渉する理事会によるいかなる試みも拒否した。理事会に対し、さらなる障害を課すよりも、なされた取り組みを認めるよう要請した。

[…]

Japanese Workers’ Committee for Human Rights said it was the eighth anniversary of the earthquake and ensuing Fukushima disaster, which was said to have been equal to the Chernobyl disaster. The forced evacuees were still unable to return home due to radioactive material, however, the Government of Japan continued to reject calls to provide assistance to internally displaced people.
国際人権活動日本委員会は、地震と、チェルノブイリ事故と同じと言われた、それに続く福島の災害の八周年だったと述べた。強制避難者は依然として放射性物質のため帰宅することができなかったが、日本政府は国内避難民に支援を提供するための要請を拒否し続けた。

[…]

International Career Support Association stated that the Japanese authorities had misinterpreted the concepts of parental custody and child authority under the United Nations Convention on the Rights of the Child. They also called on the Council to recommend that joint custody plans be made mandatory when a divorce was filed, and where domestic violence was alleged, mandatory investigations must be carried out by the police.
国際キャリア支援協会は、日本当局は、国連児童の権利に関する条約に基づく親の養育権と児童権の概念を誤って解釈していたと表明した。また、離婚が申請された際、共同養育計画が義務付けられ、ドメスティック・バイオレンスが疑われた場合に警察による強制捜査が行なわれなければならないことを勧告するよう理事会に要請した。

[…]

People for Successful Corean Reunification stated that Hwang In-cheol, the speaker’s father, had been abducted by the Democratic People’s Republic of Korea in 1969 during a business trip. The authorities of that country had refused to provide any information on him, and it was not known if he was still alive. In 1983, the Democratic People’s Republic of Korea had ratified the Convention for the Suppression of Unlawful Seizure of Aircraft, under which they should repatriate Mr. Hwang. He asked the authorities to do so.
コリアン再統一を成功させる人々は、発言者の父、ファン・インチョルは、出張中1969年において北朝鮮に拉致されていたと表明した。その国の当局は、彼に関するいかなる情報の提供も拒否し、彼がまだ生きているのかは知られていなかった。1983年において、北朝鮮は航空機の不法な奪取の防止に関する条約を批准し、そのもとでファン氏を帰国させるべきである。彼は当局にそうするよう依頼した。

[…]

Society for Threatened Peoples celebrated the sixtieth anniversary of the Tibetan national uprising, and said that attention to the Tibetan plight was more urgent than ever, as there had been 53 self-emulations. The discrimination was ultimately suffered most by children who were unable to attend Tibetan language classes. It called on the Council to press China to uphold its commitments in Tibet.
被抑圧民族協会は、チベット国民蜂起の六十周年を迎え、53の焼身自殺[self-immolations]があったので、チベット人の窮状に対する注意はこれまで以上に緊急だったと述べた。差別は、チベット語の授業に出席できなかった児童が最終的に最も苦しめられた。理事会に対し、チベットでの約束を守るよう中国に圧力をかけるよう要請した。

[…]

International Organization for the Elimination of All Forms of Racial Discrimination stated that ethnic and religious minorities faced attacks and discrimination from the Chinese authorities. In Xinjiang, the Uighur people were being targeted, and China refused to allow international observers in. In Myanmar, the authorities had committed crimes against minority groups and refused to allow the international community in to assess alleged abuses.
あらゆる形態の人種差別撤廃国際機構は、民族的、宗教団体マイノリティが中国当局からの攻撃、差別に直面したと表明した。新疆においては、ウイグル人が標的にされており、中国は国際的オブザーバーを入れるのを許可することを拒否した。ミャンマーにおいては、当局はマイノリティ集団に対する犯罪を犯し、虐待の疑いを評価するために国際社会を入れることを拒否した。

[…]

China Society for Human Rights Studies (CSHRS) said that since the end of the Second World War and despite the efforts of the Council, wars were still persistent across the globe. Their effects particularly impacted the rights of women and children. It called on the Council to reduce violence and encourage the resolution of differences by peaceful means, while promoting the protection of the rights of women, children and the elderly in war zones.
中国人権研究会(CSHRS)は、第二次世界大戦終結以来、理事会の取り組みにもかかわらず、戦争は依然として世界中で持続していたと述べた。それらの影響は、とくに女性と児童の権利に影響を与えた。理事会に対して、戦争地帯における女性、児童および高齢者の権利の保護を促進しながら、暴力を減らし、平和的手段による不和の解決を奨励するよう要請した。

[…]

GAHT-US Corporation said the comfort women issue was a contested issue in this Council. The expression of apologies by the Government of Japan only complicated matters. They asked for all to stop accusing each other and instead to work together. Another re-examination should be made into whether the comfort women were sex slaves or professional prostitutes.
歴史の真実を求める世界連合会は、慰安婦問題はこの理事会における争点だったと述べた。日本政府による謝罪の表明は問題を複雑にしたに過ぎなかった。全員に、互いを非難するのをやめ、代わりに共に働くよう依頼した。慰安婦が性奴隷か職業売春婦だったのか、別の再調査が行なわれる必要があった。

[…]

Right of Reply
答弁権

China, speaking in a right of reply, said that the allegations against it were unwarranted. The Government attached great importance to the social and economic conditions in Xinjiang and Tibet, and rights there were fully protected by the law. The Government had set up centres to help those indoctrinated by extreme ideas. The policy had been supported by all ethnic groups. China rejected attempts to interfere in its internal affairs by members of the Council. China deeply regretted the self-immolation practices in Tibet in recent years, and attached great importance to the freedom of the use of the Tibetan language. They welcomed anyone free from prejudice to visit Xinjiang or Tibet, but categorically rejected attempts to undermine the social stability of these regions.
中国は、答弁権において発言し、同国に対する主張は正当化されないと述べた。政府は新疆とチベットにおける社会経済状況を非常に重要視し、そこでの権利は法律によって完全に保護されていた。政府は極端な考えに囚われた人々を助けるためにセンターを設置した。この政策はすべての民族集団によって支持されていた。中国は、理事会メンバーによる内政に干渉する試みを拒否した。中国は、近年におけるチベットの自殺行為が非常に遺憾であり、チベット語の使用の自由を非常に重視した。新疆やチベットを訪問する偏見のない人を歓迎したが、これらの地域の社会的安定を損なう試みを断固として拒否した。

[…]


2019年3月19日