dancept1の備忘録

答弁権のエソロジー

中国/香港SAR:安全保障法は人権義務を満たさなければならない、バチェレ言う


文書番号:(なし)

ノート:

掲載URL:
https://www.ohchr.org/EN/NewsEvents/Pages/DisplayNews.aspx?NewsID=25978&LangID=E


China/Hong Kong SAR: Security law must meet human rights obligations, says Bachelet
中国/香港SAR:安全保障法は人権義務を満たさなければならない、バチェレ言う

中文
中国語

GENEVA (19 June 2020) - The UN Human Rights chief Michelle Bachelet said today her Office was closely following consideration in China's National People's Congress of a draft national security law for the Hong Kong Special Administrative Region (HKSAR).
ジュネーブ(2020年6月19日)- 国連人権問題責任者ミチェル・バチェレは本日、彼女の事務所が香港特別行政区(HKSAR)のための国家安全保障法草案の中国全国人民代表大会における検討を綿密に追っていたと述べた。

While the law is not available for review yet, Bachelet stressed that any legislation for HKSAR and its implementation must fully comply with China's human rights obligations and respect the provisions of the International Covenant on Civil and Political Rights and the International Covenant on Economic, Social and Cultural Rights as applied to Hong Kong. Article 39 of the Basic Law of the Hong Kong SAR also provides that any restrictions on rights and freedoms shall not contravene these provisions.
同法律はまだ審査できないが、バチェレは、HKSARのためのいかなる法制およびその施行も、中国の人権義務を完全に遵守し、香港に適用される市民的および政治的権利に関する国際規約および経済的、社会的および文化的権利に関する国際規約の規定を尊重する必要があると強調した。香港SAR基本法第39条も、権利と自由に対するいかなる制限もこれらの規定に違反しないことを規定している。

The UN Human Rights Office, along with independent UN human rights experts, including the Committee against Torture, has previously expressed concerns that the national security law adopted in 2015 for mainland China does not comply with international human rights standards.
国連人権事務所は以前、拷問禁止委員会を含む、独立国連人権専門家とともに、2015年に中国本土について採択された国家安全保障法が国際人権基準に準拠していないことに懸念を表明している。

Any law on national security should be clear in scope and definition, and only permit restrictions to human rights that are strictly necessary and proportionate. There should be meaningful legislative and judicial oversight of the implementation of such legislation. "Such laws can never be used to criminalize conduct and expression that is protected under international human rights law," Bachelet said.
いかなる国家安全保障に関する法律も範囲と定義が明確である必要があり、厳密に必要かつ相応の人権に対する制限のみを許可する必要がある。そのような法制の施行の意味ある法制上・司法上の監視がなければならない。「そのような法律は、国際人権法に基づき保護されている行為や表現を犯罪化するために決して使用することはできない」、バチェレ氏は述べた。 

Public debates and participation in the decision-making process relating to national security measures are also crucial, considering the potential such measures have to restrict people's human rights.
そのような措置が人々の人権を制限する可能性があることを考慮して、国家安全保障措置に関連する意思決定プロセスにおける公開討論や参加も重要である。

The UN Human Rights Office has engaged with the Chinese authorities on this matter and will continue to monitor the situation closely. The Human Rights Committee will also begin its latest periodic review of compliance by Hong Kong SAR with the International Covenant on Civil and Political Rights later this year.
国連人権事務所はこの問題に関して中国当局と関与しており、今後も状況を注意深く監視する。自由権規約委員会はまた、今年後半に、香港SARによる市民的および政治的権利に関する国際規約の遵守の最新の定期的審査を開始する。

ENDS
終わり


2020年5月21日

第43回人権理事会:アフリカ人およびアフリカ系の人々に対する法執行官による力の過剰な使用を含む14決議を採択/意見と表現の自由、移住者、マイノリティ問題、対外債務の影響、および適切な住居に関するマンデート延長


文書番号:HRC20.047E

ノート:

  • 決議審議を開始(今年度中国は非理事国、韓国が理事国に復帰)。

    個別声明要約は省略されたままだが以前のように、投票に持ち込まれ観測対象国が支持に回らなかった決議などを多めに抽出。

  • 投票なしのコンセンサスで採択された、L.50 法執行当局による過度の力の行使およびその他の人権侵害に対するアフリカ人およびアフリカ系の人々の人権および基本的自由の促進および保護に関する決議(後述)*1 、L.2 意見と表現の自由、 L.3 出生登録、L.4 移住者人権、L.6 労働権、L.9 マイノリティ、L.10 文化的多様性、L.12 食料、L.18 信教または信仰の自由、L.19 メンタルヘルス、L.20 適切な住居の11本含む14決議すべてを採択。上掲 L.2 で日本、同 L.10 および L.12 で中国が共同スポンサー。

  • 法執行当局による過度の力の行使およびその他の人権侵害に対するアフリカ人およびアフリカ系の人々の人権および基本的自由の促進および保護に関する決議(L.50)

    6月17、18日緊急討論が開催され(関連エントリ 2020-06-17 、2020-06-18 参照)、理事会議長が決議草案を提出、ブルキナファソ(アフリカ・グループ・メンバー国である国連加盟国代表)、イラン * 、パレスチナ自治政府 * がスポンサーとなった *2アメリカへの直接の言及および調査委員会の設置は避けた模様だが(とうぜんであろうがアメリ*3 の働きかけがあったとの由——下記掲載メディア報道日経6月20日参照)、全人代で制定手続きが進められている香港国家安全法 *4 では緊急討論の招集すらかけられないのとはまことに対照的 *5 。「デモ参加者」に関しても、バチェレ氏が理事会での報告で香港——高等弁務官報告には含まれている——のデモ参加者に対して「平和的抗議」をさかんに呼び掛けていた *6 のとも対照的ではある 。

    投票後投票説明で、昨年11月就任した山﨑和之在ジュネーブ日本政府代表部特命全権大使が発言。岡庭大使(在ジュネーブ領事事務所所長)に劣らず不愛想。

  • 投票に持ち込まれたのは以下の三決議。

    ブラジル、カナダ、チリ、コロンビア、コスタリカエクアドルパラグアイ、ペルー提出、44か国がスポンサーとなった L.35 ニカラグア人権は日本、韓国ともに支持。

    パキスタンイスラム協力機構代表)提出、チリ、キューバ * 、ナミビアパキスタンイスラム協力機構メンバー国である国連加盟国代表)、ベネズエラパレスチナ自治政府 * がスポンサーとなった L.36 REV.1 パレスチナ被占領地は日本、韓国ともに棄権。

    キューバ提出、ベラルーシ * 、キューバ * 、エジプト * 、マレーシア * 、ニカラグア * 、フィリピン、シリア * 、チュニジア * 、ベネズエラ、イエメン * がスポンサーとなった L.11 対外債務に関する独立専門家のマンデートは日本、韓国ともに反対。日本が反対声明。

  • (メディア各社報道より)

  • (外務省声明)

    声明掲載なし。

  • 国連人権高等弁務官事務所ホームページ(英語))

    「 OHCHR | セッション43 第43回人権理事会(2020年2月24日 - 2020年3月20日 * )」(英語

  • (UN Web TV)

    チャプター07:日本/山﨑和之ジュネーブ政府代表部特命全権大使 ※ 岡庭大使(Mr. Okaniwa Ken)と記載

    チャプター02:日本/岡庭健ジュネーブ政府代表部大使

  • 関連エントリ(工事中)

掲載URL:
https://www.ungeneva.org/en/news-media/taxonomy/term/175/2020/06/human-rights-council-adopts-14-resolutions-including-excessive


HUMAN RIGHTS COUNCIL ADOPTS 14 RESOLUTIONS, INCLUDING ON EXCESSIVE USE OF FORCE BY LAW ENFORCEMENT OFFICERS AGAINST AFRICANS AND PEOPLE OF AFRICAN DESCENT
人権理事会、アフリカ人およびアフリカ系の人々に対する法執行官による力の過剰な使用を含む14決議を採択

19 June 2020 [MEETING SUMMARIES]
2020年6月19日 [会合要約]

Extends Mandates on Freedom of Opinion and Expression, Migrants, Minority Issues, Effects of Foreign Debt, and Adequate Housing
意見と表現の自由、移住者、マイノリティ問題、対外債務の影響、および適切な住居に関するマンデート延長

The Human Rights Council this afternoon adopted 14 resolutions in which it, among other actions, requested the High Commissioner for Human Rights, with the assistance of relevant Special Mandate Holders, to prepare a report on systemic racism and violations of international human rights law against Africans and people of African descent by law enforcement agencies, especially those incidents that resulted in the death of George Floyd and other Africans and people of African descent.
この午後の人権理事会は、14決議を採択し、その中で、関連する特別マンデート保持者の支援により、法執行官によるアフリカ人およびアフリカ系の人々に対する体系的レイシズムおよび国際人権法違反、とくにジョージ・フロイドと他のアフリカ人とアフリカ系の人々の死をもたらした事件に関する報告書を作成するよう人種高等弁務官に要請した。

The Council also extended the mandates on freedom of opinion and expression, migrants, minority issues, foreign debt and adequate housing.
理事会はまた、意見と表現の自由、移住者、マイノリティ問題、対外債務、および適切な住居に関するマンデートを延長した。

[…]

The Council will next meet on Monday, 22 June at 10 a.m. to take action on 26 remaining resolutions.
理事会は次に、6月22日月曜午前10時に残り26決議に関する審議を行なうために会合を行なう。

Action on Resolution on the Promotion and Protection of the Human Rights and Fundamental Freedoms of Africans and of People of African Descent against Excessive Use of Force and Other Human Rights Violations by Law Enforcement Officials
法執行当局による過度の力の行使およびその他の人権侵害に対するアフリカ人およびアフリカ系の人々の人権および基本的自由の促進および保護に関する決議に関する審議

In a resolution (A/HRC/43/L.50) on the promotion and protection of the human rights and fundamental freedoms of Africans and of people of African descent against excessive use of force and other human rights violations by law enforcement officers, adopted by consensus as orally revised, the Council strongly condemns the continuing racially discriminatory and violent practices perpetrated by law enforcement agencies against Africans and people of African descent, in particular which led to the death of George Floyd on 25 May 2020 in Minnesota, as referred to in PP9 and the deaths of other people of African descent, and further condemns the structural racism in the criminal justice system. The Council requests the High Commissioner for Human Rights, with the assistance of relevant Special Mandate Holders, to prepare a report on systemic racism, violations of international human rights law against Africans and people of African descent by law enforcement agencies, especially those incidents that resulted in the death of George Floyd and other Africans and of people of African descent, to contribute to accountability and redress for victims. The Council further requests the High Commissioner to examine government responses to antiracism peaceful process peaceful protests, including the alleged use of excessive force against protesters, bystanders and journalists.
口頭により改訂されコンセンサスにより採択された、法執行官による過度の力の行使およびその他の人権侵害に対するアフリカ人およびアフリカ系の人々の人権および基本的自由の促進および保護に関する決議(A/HRC/43/L.50)において、理事会は、法執行機関が、アフリカ人とアフリカ系の人々に対して犯した人種差別的で暴力的な行為の継続、とくに、PP9において言及されているように、2020年5月25日にミネソタ州において起きたジョージ・フロイドの死および他のアフリカ系の人々の死につながった事件を強く非難し、さらに刑事司法制度における構造的レイシズムを非難する。理事会は、関連する特別マンデート保持者の支援により、説明責任と犠牲者の救済に貢献するために、法執行官によるアフリカ人およびアフリカ系の人々に対する体系的レイシズムおよび国際人権法違反、とくにジョージ・フロイドと他のアフリカ人とアフリカ系の人々の死をもたらした事件に関する報告書を作成するよう人種高等弁務官に要請する。理事会はさらに、抗議者、傍観者およびジャーナリストに対する過度の力の行使を含む、反レイシズムの平和的プロセス平和的抗議に対する政府の対応を調査するよう高等弁務官に要請する。

By this vote, the Council also requests the High Commissioner to provide an oral update on the preparation of her report to the Human Rights Council at its forty-fifth and forty-sixth sessions, and to present a comprehensive report to the Council at its forty-seventh session, followed by an interactive dialogue, and include updates on police brutality against Africans and people of African descent in all her oral updates to the Council.
この投票により、理事会はまた、第四十五回および四十六回セッションで人権理事会への彼女の報告作成に関する口頭最新情報を提供し、四十七回セッションで、双方向対話が続くアフリカ人とアフリカ系の人々に対する警察の残虐行為に関する最新情報を含む、彼女のすべての理事会への口頭最新情報において、理事会に包括的な報告書を提出するよう高等弁務官に要請する。

Action on Resolutions under the Agenda Item on the Annual Report of the United Nations High Commissioner for Human Rights and Reports of the Office of the High Commissioner and the Secretary-General
国連人権高等弁務官年次報告書および高等弁務官事務所ならびに事務総長報告書に関するアジェンダ項目に基づく決議に関する審議

Action on Resolution on the Promotion and Protection of Human Rights in Nicaragua
ニカラグアにおける人権の促進と保護に関する決議に関する審議

In a resolution (A/HRC/43/L.35) on the promotion and protection of human rights in Nicaragua, adopted by a vote of 24 in favour, 4 against and 19 abstentions, the Council […]
支持24、反対4および棄権19の投票により採択された、ニカラグアにおける人権の促進と保護に関する決議(A/HRC/43/L.35)において、理事会は[…]

The results of the vote were as follows:
投票結果は以下のとおり:

In favour (24): Afghanistan, Australia, Austria, Bahamas, Brazil, Bulgaria, Chile, Czech Republic, Denmark, Fiji, Germany, Italy, Japan, Marshall Islands, Mexico, Netherlands, Peru, Poland, Republic of Korea, Slovakia, Spain, Ukraine, Uruguay.
支持(24):アフガニスタン、オーストラリア、オーストリアバハマ、ブラジル、ブルガリア、チリ、チェコ共和国デンマーク、フィジー、ドイツ、イタリア、日本マーシャル諸島、メキシコ、オランダ、ペルー、ポーランド韓国スロバキア、スペイン、ウクライナウルグアイ

Against (4): Eritrea, Philippines, Somalia, Venezuela.
反対(4):エリトリア、フィリピン、ソマリアベネズエラ

Abstentions (19): Angola, Armenia, Bahrain, Bangladesh, Burkina Faso, Cameroon, Democratic Republic of the Congo, India, Indonesia, Libya, Mauritania, Namibia, Nepal, Nigeria, Pakistan, Qatar, Senegal, Sudan, Togo,
棄権(19):アンゴラアルメニアバーレーンバングラデシュブルキナファソカメルーンコンゴ民主共和国、インド、インドネシアリビアモーリタニアナミビア、ネパール、ナイジェリア、パキスタンカタールセネガルスーダントーゴ

Acton on Resolution on Ensuring Accountability and Justice for all Violations of International Law in the Occupied Palestinian Territory, including East Jerusalem
エルサレムを含む、パレスチナ被占領地におけるすべての国際法違反に対する説明責任と正義の確保に関する決議に関する審議

In a resolution ( A/HRC/43/L.36 REV.1) on ensuring accountability and justice for all violations of international law in the Occupied Palestinian Territory, including East Jerusalem , adopted by a vote of 22 in favour, 8 against and 17 abstentions, the Council denounces all acts of intimidation, threats and delegitimization directed at human rights organizations, civil society actors and human rights defenders involved in documenting and countering violations of international law and impunity in the Occupied Palestinian Territory, including East Jerusalem, and calls upon all States to ensure their protection; condemns the use of unlawful lethal and other excessive force against civilians, including against civilians with special protected status under international law, who pose no imminent threat to life; and calls upon all parties to ensure that future demonstrations remain peaceful and to abstain from actions that could endanger the lives of civilians. The Council requests the United Nations High Commissioner for Human Rights to report on how all parties can fulfil their obligations in implementing the recommendations reviewed by the High Commissioner in 2017, including measures of accountability and legal measures to be taken by states to ensure respect by Israel, and all other relevant parties, of their obligations under international law in the Occupied Palestinian Territory including East Jerusalem, and to present a report to the Council at its forty-sixth session, to be followed by an interactive dialogue.
支持22、反対8および棄権17の投票により採択された、東エルサレムを含む、パレスチナ被占領地における国際法違反の説明責任と正義の確保に関する決議(A/HRC/43/L.36 REV.1)において、理事会は、東エルサレムを含む、国際法違反および不処罰の文書化と反対に関与する人権団体、市民社会活動家および人権擁護者に向けられた恫喝、脅迫および非合法化のすべての行為を非難し、すべての締約国に対し、彼らの保護を確実にするよう要請し、生命に差し迫った脅威をもたらさない、国際法のもとで特別に保護された地位を有する民間人に対するものを含む、民間人に対する不法な致命的およびその他の過度の力の使用を非難し、すべての当事者に対し、将来のデモが平和的であり続けることを確実にし、民間人の生命を危険にさらす可能性のある行動を控えるよう要請する。理事会は、東エルサレムを含む、パレスチナ被占領地における国際法に基づく義務のイスラエルおよびその他すべての関係者による尊重を確保するために国家がとるべき説明責任の措置や法的措置を含む、すべての当事者が2017年に高等弁務官により審査された勧告を実施する際の義務をどのように果たすことができるかについて報告し、双方向対話が続く、四十六回セッションで理事会に報告書を提出するよう国連人権高等弁務官に要請する。

The results of the vote were as follows:
投票結果は以下のとおり:

In favour (22): Afghanistan, Angola, Argentina, Armenia, Bahrain, Bangladesh, Burkina Faso, Chile, Eritrea, Indonesia, Libya, Mauritania, Mexico, Namibia, Nigeria, Pakistan, Peru, Qatar, Senegal, Somalia, Sudan, Venezuela.
支持(22):アフガニスタンアンゴラ、アルゼンチン、アルメニアバーレーンバングラデシュブルキナファソ、チリ、エリトリアインドネシアリビアモーリタニア、メキシコ、ナミビア、ナイジェリア、パキスタン、ペルー、カタールセネガルソマリアスーダンベネズエラ

Against (8): Austia, Australia, Brazil, Bulgaria, Czech Republic, Fiji, Togo, Ukraine
反対(8):オーストラリア、オーストラリア、ブラジル、ブルガリアチェコ共和国、フィジートーゴウクライナ

Abstentions (17): Bahamas, Cameroon, Democratic Republic of the Congo, Denmark, Germany, India, Italy, Japan, Marshall Islands, Nepal, Netherlands, Philippines, Poland, Republic of Korea, Slovakia, Spain, Uruguay.
棄権(17):バハマカメルーンコンゴ民主共和国デンマーク、ドイツ、インド、イタリア、日本マーシャル諸島、ネパール、オランダ、フィリピン、ポーランド韓国スロバキア、スペイン、ウルグアイ

Action on Resolutions under the Agenda Item on the Promotion and Protection of All Human Rights, Civil, Political, Economic, Social and Cultural Rights, Including the Right to Development
開発権を含む、すべての人権、市民的、政治的、経済的、社会的および文化的権利の促進と保護に関するアジェンダ項目に基づく決議に関する審議

Action on Resolution on Freedom of Opinion and Expression
意見と表現の自由に関する決議に関する審議

In a resolution (A/HRC/43/L.2) on freedom of opinion and expression: mandate of the Special Rapporteur on the promotion and protection of the right to freedom of opinion and expression , adopted without a vote, the Council[…]
投票なしで採択された、意見と表現の自由に関する決議(A/HRC/43/L.2)において、理事会は、[…]

Action on Resolution on Birth Registration
出生登録に関する決議に関する審査

In a resolution (A/HRC/43/L.3) on birth registration and the right of everyone to recognition everywhere as a person before the law ,  adopted without a vote, the Council[…]
投票なしで採択された、出生登録および法の前に誰もがどこでも人として認められる権利に関する決議(A/HRC/43/L.3)において、理事会は[…]

Action on Resolution on the Human Rights of Migrants
移住者の人権に関する決議に関する審査

In a resolution (A/HRC/43/L.4) on the human rights of migrants: mandate of the Special Rapporteur on the human rights of migrants , adopted without a vote, the Council[…]
投票なしで採択された、移住者の人権に関する決議:移住者の人権に関する特別報告者のマンデート(A/HRC/43/L.4)において、理事会は、[…]

Action on Resolution on the Right to Work
労働権に関する決議に関する審議

In a resolution (A/HRC/43/L.6) on the right to work, adopted without a vote, the Council[…]
投票なしで採択された、労働権に関する決議(A/HRC/43/L.6)において、理事会は、[…]

Action on Resolution on Minorities
マイノリティに関する決議に関する審議

In a resolution (A/HRC/43/L.9) on the rights of persons belonging to national or ethnic, religious and linguistic minorities: mandate of the Special Rapporteur on minority issues , adopted without a vote, the Council[…]
投票なしで採択された、国家または民族的、宗教的および言語的マイノリティに属する人々の権利に関する決議:マイノリティ問題に関する特別報告者のマンデート(A/HRC/43/L.9)において、理事会は[…]

Action on Resolution on Cultural Diversity
文化的多様性に関する決議に関する審議

In a resolution ( A/HRC/43/L.10) on the promotion of the enjoyment of the cultural rights of everyone and respect for cultural diversity , adopted without a vote, the Council[…]
投票なしで採択された、すべての者の文化的権利の享受と文化的多様性の尊重の促進に関する決議(A/HRC/43/L.10)において、理事会は[…]

Action on Resolution on Foreign Debt
対外債務に関する決議に関する審議

In a resolution ( A/HRC/43/L.11) on the mandate of the Independent Expert on the effects of foreign debt and other related international financial obligations of States on the full enjoyment of all human rights, particularly economic, social and cultural rights , adopted by a vote of 26 in favour, 15 against and 6 abstentions (as orally revised), the Council decides to extend the mandate of the Independent Exper for a period of three years… and encourages the Independent Expert to cooperate, in accordance with the mandate, with the Committee on Economic, Social and Cultural Rights, special rapporteurs, independent experts and members of the expert working groups of the Human Rights Council and its Advisory Committee on issues relating to economic, social and cultural rights and the right to development. The Council requests the Secretary-General to provide the Independent Expert with all necessary assistance, in particular all the staff and resources required to carry out his or her functions; and urges Governments, international organizations, international financial institutions, non-governmental organizations and the private sector to cooperate fully with the Independent Expert in the discharge of the mandate.
(口頭により改訂され)支持26、反対15および棄権6の投票により採択された、すべての人権、とくに経済的、社会的および文化的権利の完全な享受に対する国の対外債務およびその他の関連する国際金融義務の影響に関する独立専門家のマンデートに関する決議(A/HRC/43/L.11)において、理事会は、独立専門家のマンデートを三年間延長…することを決定し、マンデートに従い、経済的、社会的および文化的権利委員会、特別報告者、独立専門家および人権理事会の専門家作業部会のメンバー、ならびに経済的、社会的および文化的権利ならびに開発権に関連する問題に関する諮問委員会とともに、独立専門家に協力することを奨励する。理事会は、独立専門家に必要なすべての支援、とくに彼または彼女の職務を遂行するために必要なすべてのスタッフとリソースを提供するよう事務総長に要請し、マンデートの遂行において独立専門家と完全に協力するよう政府、国際機関、国際金融機関、非政府組織および民間セクターに強く促す。

The results of the vote were as follows:
投票結果は以下のとおり:

In favour (26): Angola, Argentina, Bahrain, Bangladesh, Burkina Faso, Cameroon, Chile, Democratic Republic of the Congo, Eritrea, Fiji, India, Indonesia, Libya, Mauritania, Namibia, Nepal, Nigeria, Pakistan, Philippines, Qatar, Senegal, Somalia, Sudan , Togo, Uruguay, Venezuela.
支持(26):アンゴラ、アルゼンチン、バーレーンバングラデシュブルキナファソカメルーン、チリ、コンゴ民主共和国エリトリア、フィジー、インド、インドネシアリビアモーリタニアナミビア、ネパール、ナイジェリア、パキスタン、フィリピン、カタールセネガルソマリアスーダントーゴウルグアイベネズエラ

Against (15): Australia, Austria, Brazil, Bulgaria, Czech Republic, Denmark, Italy, Japan, Netherlands, Poland, Republic of Korea, Slovakia, Spain, Ukraine
反対(15):オーストラリア、オーストリア、ブラジル、ブルガリアチェコ共和国デンマーク、イタリア、日本、オランダ、ポーランド韓国スロバキア、スペイン、ウクライナ

Abstentions (6): Afghanistan, Armenia, Bahamas, Marshall Islands, Mexico, Peru.
棄権(6):アフガニスタンアルメニアバハママーシャル諸島、メキシコ、ペルー。

Action on Resolution on the Right to Food
食料への権利に関する決議に関する審議

In a resolution (A/HRC/43/L.12) on the right to food, adopted without a vote, the Council[…]
投票なしで採択された、食料への権利に関する決議(A/HRC/43/L.12)において、理事会は、[…]

Action on Resolution on Freedom of Religion or Belief
信教または信仰の自由に関する決議に関する審議

In a resolution (A/HRC/43/L.18) on freedom of religion or belief, adopted without a vote, the Council[…]
投票なしで採択された、信教または信仰の自由に関する決議(A/HRC/43/L.18)において、理事会は[…]

Action on a Resolution on Mental Health and Human Rights
メンタルヘルスと人権に関する決議に関する審議

In a resolution (A/HRC/43/L.19) on mental health and human rights, adopted without a vote, the Council[…]
投票なしで採択された、メンタルヘルスと人権に関する決議(A/HRC/43/L.19)において、理事会は[…]

Action on Resolution on Adequate Housing
適切な住居に関する決議に関する審議

In a resolution ( A/HRC/43/L.20) on adequate housing as a component of the right to an adequate standard of living, and the right to non-discrimination in this context , adopted without a vote, the Council[…]
投票なしで採択された、適切な生活水準への権利、およびこの文脈における非差別に対する権利の構成要素としての適切な住居に関する決議(A/HRC/43/L.20)において、理事会は[…]


2020年6月29日

*1:草案リンク先は人権高等弁務官ホームページ/人権理事会/第43回セッションウェブページ「ドキュメンテーション」(後述のリンク先参照)。本文に(唯一)草案へのリンクが無かった。

*2:提出は UN Web TV(後述リンク先参照)説明欄記載、スポンサーは草案による。提出国/スポンサー国における * は非理事国。以上以下同。

*3:人権理事会脱退中。

*4:ブルームバーグ(2020年6月22日)

*5:先日バチェレ人権高等弁務官は声明を発出している。

*6:


第43回人権理事会:中央アフリカ共和国における人権状況に関するハイレベル双方向対話を終結/アフガニスタンにおける人権状況、技術支援とキャパシティビルディング、および人権分野における技術協力に関する報告発表を聞き、技術支援とキャパシティビルディングに関する一般討論を開催


文書番号:HRC20.046E

ノート:

  • 中央アフリカ共和国における人権状況に関するハイレベル双方向対話、技術支援とキャパシティビルディングに関する一般討論で中国が発言。

  • 中国が答弁権を行使。
  • (UN Web TV)

  • 関連エントリ

掲載URL:
https://www.ungeneva.org/en/news-media/taxonomy/term/175/2020/06/human-rights-council-concludes-high-level-interactive-dialogue


HUMAN RIGHTS COUNCIL CONCLUDES HIGH-LEVEL INTERACTIVE DIALOGUE ON THE HUMAN RIGHTS SITUATION IN THE CENTRAL AFRICAN REPUBLIC
人権理事会、中央アフリカ共和国における人権状況に関するハイレベル双方向対話を終結

19 June 2020 [MEETING SUMMARIES]
2020年6月19日 [会合要約]

Hears the Presentation of Reports on the Situation of Human Rights in Afghanistan, Technical Assistance and Capacity Building, and Technical Cooperation in the Field of Human Rights, Holds General Debate on Technical Assistance and Capacity Building
アフガニスタンにおける人権状況、技術支援とキャパシティビルディング、および人権分野における技術協力に関する報告発表を聞き、技術支援と能力開発に関する一般討論を開催

The Human Rights Council this morning concluded a high-level dialogue on the human rights situation in the Central African Republic. It then heard the presentation of reports on the situation of human rights in Afghanistan, on the overview of successes, best practices and challenges in technical assistance and capacity building efforts, and on the United Nations Voluntary Fund for Technical Cooperation in the Field of Human Rights. This was followed by a general debate on technical assistance and capacity building.
今朝の人権理事会は、中央アフリカ共和国における人権状況に関するハイレベル対話を終結した。次に、アフガニスタンにおける人権状況、成功の概要、技術支援とキャパシティビルディングの取り組みにおけるベストプラクティスと課題、および国連人権分野における技術協力ボランティア基金に関する報告の発表を聞いた 。これは、技術支援とキャパシティビルディングに関する一般討論が続いた。

Lizbeth Cullity, Deputy Special Representative of the Secretary-General for the Central African Republic and Deputy Head of the Multidimensional Integrated Stabilization Mission in the Central African Republic, speaking via video message,[…]
リズベス・カリティ中央アフリカ共和国担当事務総長特別副代表、中央アフリカ共和国多次元統合安定化ミッション副代表は、ビデオメッセージを通じて、[…]

[…]

In the ensuing discussion, the COVID-19 pandemic’s impact on the security situation in the Central African Republic was noted by several speakers, with some underlining that this made it even more important for all armed groups to urgently implement the disarmament, demobilization and reintegration programme. All parties should cease all acts of violence and hostility. Central Africans only had one choice: peace.
その後の議論において、中央アフリカ共和国における治安状況に対するCOVID-19パンデミックの影響がいくつかの発言者によって指摘され、これにより、すべての武装グループが軍縮、動員解除および再統合プログラムを緊急に実施することがさらに重要になることが強調された。すべての当事者は、すべての暴力と敵対行為を中止する必要がありる。中央アフリカ人にはひとつの選択肢しかない:平和。

The high-level interactive dialogue started in the previous meeting and a summary can be found here .
前回会合において開始されたハイレベル双方向対話と要約は、こちらで確認できる。

Speaking were the European Union, Iceland on behalf of a group of countries, Libya, Togo, Australia, France, Portugal, Sudan, Morocco, Ireland, Egypt, Russian Federation, Ghana, Spain, Senegal, China, Belgium, United Kingdom, and Eritrea.

Also taking the floor were the following civil society organizations: Institute for NGO Research (video message) and World Evangelical Alliance.

[…]

The Council then held a general debate on technical assistance and capacity building.
理事会はその後、技術支援とキャパシティビルディングに関する一般討論を開催した。

During the general debate, speakers warned against using technical assistance to meddle in the internal affairs of countries. Capacity constraints too often held developing countries back from implementing recommendations from human rights mechanisms, including the Universal Periodic Review. Speakers also noted that the Council should respond to mitigate the effects of the COVID-19 pandemic by ensuring universal access to related medicine and vaccines.
一般討論のあいだ、発言者は、国の内政に干渉するために技術支援を使用することに対して警告した。キャパシティの制約により、開発途上国は、普遍的定期的審査を含む、人権メカニズムからの勧告の実施をあまりにも頻繁に後回しにした。発言者はまた、理事会は、関連する医薬品やワクチンへの普遍的なアクセスを確保することにより、COVID-19パンデミックの影響を緩和するために対応すべきであると指摘した。

Speaking were Pakistan on behalf of Organization of Islamic Cooperation, Burkina Faso on behalf of the African Group, Croatia on behalf of the European Union, Azerbaijan on behalf of Non-Aligned Movement, State of Palestine on behalf of the Arab Group, Norway on behalf of a group of countries, Canada on behalf of a group of countries (video message), Brazil on behalf of the Community of Portuguese Speaking Countries, Brazil on behalf of a group of countries, Pakistan on behalf of a group of countries, Germany, Pakistan, Libya, India (video message), Sudan, Uruguay, Venezuela, Bulgaria, Indonesia, Cameroon, Ukraine, Philippines (video message), Iraq, Finland, Estonia, Belarus, France, Cuba, Costa Rica, Tunisia, Morocco, Lithuania (video message), Egypt, Latvia, Greece, Russian Federation, Iran, Thailand (video message), Sweden (video message), Algeria, China, Georgia, United Kingdom, Paraguay, Ethiopia, Vanuatu and Cambodia.

Also taking the floor were the following civil society organizations: East and Horn of Africa Human Rights Defenders Project, Association d’Entraide Médicale Guineé, Zero Poor in Africa, International Lesbian and Gay Association, African Green Foundation International, Iraqi Development Organisation, American Association of Jurists, Human Rights Information and Training Centre and Health and Environment Program.

Speaking in right of reply were Cambodia and China.
答弁権における発言はカンボジア中国だった。

When the Council next resumes at 3 p.m, it will start taking action on draft resolution and decisions.
理事会は、次に午後3時に再開する際、決議および決定草案に関する審議を開始する。

[…]


2020年6月29日

第43回人権理事会:リビアにおける人権状況に関する双方向対話を開催/ウクライナにおける人権状況に関する双方向討議を終結し、中央アフリカ共和国における人権状況に関するハイレベル双方向対話を開始


文書番号:HRC20.045E

ノート:

  • リビアにおける人権状況に関する双方向対話で中国が発言。

  • (UN Web TV)

  • 関連エントリ

掲載URL:
https://www.ungeneva.org/en/news-media/press/taxonomy/term/175/60233/human-rights-council-holds-interactive-dialogue-situation


HUMAN RIGHTS COUNCIL HOLDS INTERACTIVE DIALOGUE ON THE SITUATION OF HUMAN RIGHTS IN LIBYA
人権理事会、リビアにおける人権状況に関する双方向対話を開催

18 June 2020 [MEETING SUMMARIES]
2020年6月18日 [会合要約]

Concludes Interactive Discussion on the Human Rights Situation in Ukraine and Begins High-level Interactive Dialogue on the Human Rights Situation in the Central African Republic
ウクライナにおける人権状況に関する双方向討議を終結し、中央アフリカ共和国における人権状況に関するハイレベル双方向対話を開始

The Human Rights Council this afternoon held an interactive dialogue on the situation of human rights in Libya, after concluding its interactive discussion on the situation of human rights in Ukraine. The Council then began a high-level interactive dialogue on the situation of human rights in the Central African Republic.
この午後の人権理事会は、ウクライナにおける人権状況に関する双方向討議を終結した後、リビアにおける人権状況に関する双方向対話を開催した。理事会はその後、中央アフリカ共和国における人権状況に関するハイレベル双方向対話を開始した。

[…]

In the discussion on Libya, speakers called on all parties to the conflict to respect the Secretary-General’s call for a global ceasefire in the face of the COVID-19 pandemic, expressing shock at the discovery of eight mass graves in Tarhuna. Women and children were disproportionately affected by the conflict, and speakers condemned attacks on human rights defenders, journalists, schools and healthcare facilities. Recent developments including reported mass graves further demonstrated the urgent need for the Council to establish an independent international investigation on Libya. Several speakers encouraged the Council to adopt a resolution to that end.
リビアに関する議論において、発言者は、タルフナにおける八つの集団墓地発見にショックを表明して、紛争のすべての当事者に対しCOVID-19パンデミックに直面しての事務総長のグローバルな停戦への要請を尊重するよう要請した。女性と児童は紛争の影響を過度に受け、発言者は人権擁護活動者、ジャーナリスト、学校および医療施設への攻撃を非難した。報告された大量の墓を含む最近の進展は、理事会がリビアに関する独立国際調査を設置することの緊急な必要性をさらに示した。何人かの発言者は、理事会がそのための決議を採択するよう促した。。数人の発言者は、理事会にそのための決議を採択するよう奨励した。

Speaking on Libya were the European Union, Iceland on behalf of a group of countries, Burkina Faso on behalf of the African Group, Germany, UN Women, United Nations Children’s Fund, Qatar, Estonia, Australia, Switzerland, Iraq, Bahrain, France, Italy, Jordan, Netherlands, Tunisia, Sudan, Morocco, Croatia, Egypt, Greece, Russian Federation, Spain (video message), Turkey, Indonesia, Malta, Yemen, China, Belgium, United Kingdom, Mauritania, Austria, Algeria, South Sudan, Iran and Cyprus.

Also taking the floor were the following civil society organizations: Human Rights Watch, Institut International pour les Droits et le Développement, Organisation internationale pour les pays les moins avancés, Amnesty International (video message), Cairo Institute for Human Rights Studies, International Commission of Jurists, Human Rights Information and Training Centre, Institute for NGO Research (video message), Global Institute for Water, Environment and Health, Maat for Peace, and Development and Human Rights Association (video message).

[…]

The meetings of the forty-third regular session of the Human Rights Council can be followed on the webcast of UN Web TV.
人権理事会の第四十三回定例セッションの会合は、UNウェブTVのウェブキャストでフォローできる。

The Council will meet again on Friday, 19 June at 10 a.m. to conclude the high-level
理事会は、6月19日金曜午前10時にハイレベルを終結するために再び会合を行なう

[…]


2020年6月29日

第43回人権理事会:人種差別に端を発した昨今の人権侵害、組織的レイシズム、警察の残虐行為および平和的抗議に対する暴力に関する緊急討論を終結/マリにおける人権状況に関する双方向対話を終了し、ウクライナにおける人権状況に関する議論を開始


文書番号:HRC20.044E

ノート:

  • 人種差別に端を発した昨今の人権侵害、組織的レイシズム、警察の残虐行為および平和的抗議に対する暴力に関する緊急討論(続き)で反差別国際運動(IMADR)が発言。

    本日の同決議草案の採択は延期された模様。

  • 中国が答弁権を行使。

  • ウクライナにおける人権状況に関する人権高等弁務官事務所の口頭報告に関する双方向対話で日本が発言。
  • (外務省声明)

    声明掲載なし。

  • (UN Web TV)

    チャプター10:日本/政府代表

  • 関連エントリ

掲載URL:
https://www.ungeneva.org/en/news-media/press/taxonomy/term/175/60226/human-rights-council-concludes-urgent-debate-current


HUMAN RIGHTS COUNCIL CONCLUDES URGENT DEBATE ON CURRENT RACIALLY INSPIRED HUMAN RIGHTS VIOLATIONS, SYSTEMIC RACISM, POLICE BRUTALITY AND VIOLENCE AGAINST PEACEFUL PROTESTS
人権理事会、人種差別に端を発した昨今の人権侵害、組織的レイシズム、警察の残虐行為および平和的抗議に対する暴力に関する緊急討論を終結

18 June 2020 [MEETING SUMMARIES]
2020年6月18日 [会合要約]

Ends Interactive Dialogue on the Human Rights Situation in Mali and Begins Discussion on the Human Rights Situation in Ukraine
マリにおける人権状況に関する双方向対話を終了し、ウクライナにおける人権状況に関する議論を開始

The Human Right Council this morning concluded an urgent debate on current racially inspired human rights violations, systemic racism, police brutality and violence against peaceful protests. Voting on a draft resolution on the debate was postponed. The Council then concluded an interactive dialogue with the Independent Expert on the human rights situation in Mali and began an interactive discussion on the High Commissioner’s oral report on the situation of human rights in Ukraine.
今朝の人権理事会は、人種差別に端を発した昨今の人権侵害、組織的レイシズム、警察の残虐行為および平和的抗議に対する暴力に関する緊急討論を終結した。同討論に関する決議草案に関する投票は延期された。理事会はその後、マリにおける人権状況に関する独立専門家との双方向対話を終結し、ウクライナにおける人権状況に関する高等弁務官の口頭報告に関する双方向議論を開始した。

During the urgent debate, speakers expressed solidarity with and deepest condolences to the family of George Floyd. History had proven that when allowed to take root, racism damaged societies for generations. Colonial institutions, as historically employed by Europe in Africa to perpetuate marginalization, social exclusion and economic inequalities, were cited as root causes by speakers. Since systemic racism was a result of colonialism and slavery, fighting it must mean also coming to terms with these root causes.
緊急討論のあいだ、発言者はジョージ・フロイドの家族に深い哀悼とともに連帯を表明した。歴史は、レイシズムが根付くことを許すと、何世代にもわたって社会にダメージを与えることを証明していた。植民地制度は、アフリカにおいてヨーロッパによって周縁化、社会的排除および経済的不平等を永続させるために歴史的に採用されたとして、発言者により根本的な原因として言及された。体系的レイシズム植民地主義奴隷制度の結果であったため、それと戦うことはこれら根本的原因と折り合いをつけることも意味しなければならない。

Speakers urged the Council to retain the focus of the proposed commission of inquiry specifically on the killing of George Floyd, police brutality and institutional racial discrimination within United States police. The creation of a second thematic international commission of inquiry to investigate systemic racism and police brutality globally was also encouraged.
発言者は、とくにジョージ・フロイドの殺害、警察の残虐行為および米国の警察内の制度的人種差別に関して特化して提案された調査委員会の焦点を維持するよう理事会に強く促した。体系的レイシズムと警察の残虐行為をグローバルに調査するための第二のテーマ別国際調査委員会設置も奨励された。

The urgent debate started on Wednesday, 17 June, and a summary can be found here .
緊急討論は6月17日水曜に開始し、要約はこちらで確認できる。

Speaking in the urgent debate were Portugal, Zimbabwe, Saudi Arabia (video message), Finland, Mozambique, New Zealand (video message), Costa Rica, Lebanon, Haiti, Iraq, Vanuatu, Barbados, Maldives, Organization of American States, Montenegro, United Kingdom, Guyana, Nicaragua, Luxembourg, Iceland, Norway, Ethiopia, Holy See (video message), Slovenia, Ivory Coast, Ireland, Bolivia, Ecuador, Turkey, Tunisia, Malta and Israel.

Also taking the floor were the following civil society organizations: American Civil Liberties Union, Conectas Direitos Humanos, Maat for Peace, Development and Human Rights Association, Centre for Global Nonkilling, Sociedade Maranhense de Direitos Humanos, International Youth and Student Movement for the United Nations, Global Action on Aging, Cairo Institute for Human Rights Studies, World Jewish Congress, Human Rights Watch, Iraqi Development Organization, Alsalam Foundation, Americans for Democracy and Human, Rights in Bahrain Inc, Action Canada for Population and Development, Centre for Reproductive Rights, Inc., International Lesbian and Gay Association, International Movement Against All Forms of Discrimination and Racism, Partners For Transparency, International Organization for the Elimination of All Forms of Racial Discrimination, Rencontre Africaine pour la defense des droits de l'homme, Minority Rights Group, United Nations Watch, Al-Haq, Law in the Service of Man, Ingenieurs du Monde, International Commission of Jurists, CIVICUS - World Alliance for Citizen Participation, and Amnesty International.

Speaking in right of reply were Brazil and China.
答弁権における発言はブラジルと中国だった。

The Council then concluded the interactive dialogue with the Independent Expert on the human rights situation in Mali. This interactive dialogue started on Wednesday, 17 June and a summary can be found here .
理事会は次に、マリにおける人権状況に関する独立専門家との双方向対話を終結した。この双方向対話は6月17日水曜に開始し、概要はこちらで確認できる。

[…]

At the end of the meeting, the Council began an interactive dialogue on the Office of the High Commissioner for Human Rights’ oral report on the situation of human rights in Ukraine. Presenting the update, Nada Al-Nashif, Deputy High Commissioner for Human Rights, said that 52 site visits and 129 in-depth interviews of victims, relatives and witnesses of human rights violations were made during the reporting period, calling on the government and the self-proclaimed republics to facilitate humanitarian crossings of the contact line.
会議の終わりに、理事会は、ウクライナにおける人権状況に関する人権高等弁務官事務所の口頭報告に関する双方向対話を開始した。[…]

[…]

During the interactive debate on Ukraine, speakers expressed deep concern about the ongoing human rights abuses and violations of international humanitarian law committed by the Russian Federation against persons living in areas of eastern Ukraine not controlled by the government of Ukraine, and in the illegally annexed Autonomous Republic of Crimea and the city of Sevastopol. Some reiterated that they did not recognize the illegal annexation and remained committed to fully implementing non-recognition policies, including through restrictive measures.
ウクライナに関する双方向討論のあいだ、発言者は、進行中の人権侵害、およびウクライナ政府によって管理されていない東ウクライナ地域において居住する人々に対するロシア連邦による国際人道法違反、および不法に併合されたクリミア自治共和国およびセヴァストポリの街について深い懸念を表明した。一部は、違法な併合を認めず、制限措置を含む、非承認政策を完全に実施することにコミットし続けたと繰り返した。

Speaking during the interactive discussion were the European Union, the Czech Republic, Canada, Estonia, Australia, Switzerland, Japan, France, Hungary (video message), Netherlands, Denmark, Lithuania (video message), Ireland, Croatia, Montenegro, Latvia, Russian Federation (video statement) and Turkey.

The meetings of the forty-third regular session of the Human Rights Council can be followed on the webcast of UN Web TV.
人権理事会の第四十三回定例セッションの会合は、UNウェブTVのウェブキャストでフォローできる。

The Council will meet again on Thursday, 18 June at 3 p.m. to conclude the interactive discussion on the Office of the High Commissioner for Human Rights’ oral report on the situation of human rights in Ukraine. It will then hold interactive discussions on the human rights situations in Libya and in the Central African Republic.
理事会は、6月18日木曜午後3時にウクライナにおける人権状況に関する人権高等弁務官事務所の口頭報告に関する双方向対話を終結するために再び会合を行なう。その後、リビアおよび中央アフリカ共和国における人権状況に関する双方向対話を開催する。

[…]


2020年6月29日

第43回人権理事会:人種差別に端を発した昨今の人権侵害、組織的レイシズム、警察の残虐行為および平和的抗議に対する暴力に関する緊急討論を開催


文書番号:HRC20.043E

ノート:

  • 韓国、日本、北朝鮮、中国が発言。

  • (メディア各社報道から)

    • 共同通信(2020年6月18日)[Infoseekニュース]

    • 時事通信(2020年6月18日)

    • 読売新聞(2020年6月18日)

    • AFP(2020年6月18日)

    • NHKニュース(2020年6月18日)

    • TBS NEWS(2020年6月18日)

  • (外務省声明)

    声明掲載なし。

  • (UN Web TV)

    チャプター15:韓国/チェ・ウォンソク(Won-Seok Choi)政府代表
    チャプター26:日本/岡庭健在ジュネーブ政府代表部大使
    チャプター43:北朝鮮/パン・グァンヒョク(Pang Kwang Hyok)政府代表
    チャプター66:中国/陳旭(チェン・シュイ/Chen Xu)在ジュネーブ政府代表部特命全権大使

  • 関連エントリ

掲載URL:https://www.ungeneva.org/en/node/60215


HUMAN RIGHTS COUNCIL HOLDS AN URGENT DEBATE ON CURRENT RACIALLY INSPIRED HUMAN RIGHTS VIOLATIONS, SYSTEMIC RACISM, POLICE BRUTALITY AND VIOLENCE AGAINST PEACEFUL PROTESTS
人権理事会、人種差別に端を発した昨今の人権侵害、組織的レイシズム、警察の残虐行為および平和的抗議に対する暴力に関する緊急討論を開催

17 June 2020 [MEETING SUMMARIES]
2020年6月17日 [会合要約]

Speakers Urge the Council to Establish an International Commission of Inquiry to Investigate Systemic Racism in Law Enforcement in the United States
発言者、米国における法執行機関におけるレイシズムを調査するために国際調査委員会を設立するよう理事会に強く促す

The Human Right Council this afternoon began an urgent debate on current racially inspired human rights violations, systemic racism, police brutality and violence against peaceful protests. It heard calls from speakers for the Council to establish an international commission of inquiry to investigate systemic racism in law enforcement in the United States.
この午後の人権理事会は、人種差別に端を発した昨今の人権侵害、組織的レイシズム、警察の残虐行為および平和的抗議に対する暴力に関する緊急討論を開催した。米国における法執行における体系的レイシズムを調査するための国際調査委員会設立のための発言者からの理事会への要請を聞いた。

In her opening remarks, Elisabeth Tichy-Fisslberger, President of the Human Rights Council, said this urgent debate was being held at the request of Burkina Faso on behalf of the African Group. She bowed to all the victims and kindly requested those present to observe a moment of silence.
冒頭発言において、エリザベト・ティヒー=フィッシルバーガー人権理事会議長は、アフリカ・グループを代表しブルキナファソの要請によりこの緊急討論が開催されていたと述べた。彼女はすべての犠牲者に頭を下げ、出席者に黙祷を捧げるようにお願いした。

Amina Mohammed, United Nations Deputy Secretary-General, via video teleconference, said this was an urgent and necessary debate, given that Afro-descendants still faced poverty and structural racism, causing them to be, for instance, amongst the hardest hit communities by COVID-19.
アミナ・モハメド国連副事務総長は、これは、アフロ系が依然として貧困と構造的レイシズムに直面していることを考えると、緊急かつ必要な議論であり、例えば、COVID-19により最も大きな打撃を受けたコミュニティのひとつにした。

Michelle Bachelet, United Nations High Commissioner for Human Rights, emphasized that the wave of protests since the killing of George Floyd had been truly global. She encouraged the Council to heighten its focus on racism and racial discrimination, going beyond existing recommendations, and reiterated that “Black lives matter”.
ミチェル・バチェレ国連人権高等弁務官は、ジョージ・フロイドの殺害以来の抗議の波は本当に世界的であったと強調した。 彼女は、既存の勧告を超えて、レイシズムと人種差別への焦点を高めることを理事会に奨励し、「ブラック・ライヴズ・マター[黒人の命は大切]」と繰り返した。

Kwesi Quartey, Deputy Chairperson of the African Union Commission, said the African Union rejected the continued racial discrimination against black citizens of the United States, urging the international community to ensure the total elimination of all forms of discrimination based on race, ethnicity or religion.
クウェシ・クアルテー・アフリカ連合委員会副議長は、人種、民族または宗教に基づくあらゆる形態の差別を完全に撤廃するよう国際社会に強く促して、アフリカ連合は米国の黒人市民に対する継続的な人種差別を拒否したと述べた。

E. Tendayi Achiume, Special Rapporteur on racism, via video message, on behalf of other mandate holders, urged the Council to create an international commission of inquiry with the necessary authority to investigate systemic racism in law enforcement in the United States.
E・テンダイ・エイキウメ・レイシズムに関する特別報告者は、ビデオメッセージを介して、他のマンデート保持者を代表し、米国における法執行における制度的レイシズムを調査するために必要な権限を持つ国際調査委員会を設置するよう理事会に強く促した。

Philonise Floyd, brother of George Floyd, via video message, reiterated that none of the police officers were fired for his brother’s murder until mass protests took place worldwide, and requested the establishment of an independent commission of inquiry to investigate police killings of black people in America and the violence used against peaceful protesters.
ジョージ・フロイドの弟、フィロニーズ・フロイドは、ビデオメッセージを介して、世界中で大規模な抗議が行なわれるまで、彼の兄の殺害に対して警察官が解雇されたことはなかったと繰り返し、アメリカにおける黒人の警察による殺害や、平和的抗議者に対する暴力使用を調査するための独立調査委員会設立を要請した。

In the discussion that followed, speakers thanked the African Group for putting this important topic on the agenda. For some of them, racist acts were not errors of the system in the United States, but rather functions of it, and racism was widespread in the administration of President Donald Trump. Other speakers stressed that racism was present everywhere and, consequently, no country should be singled out. Some endorsed the idea of creating an independent commission of inquiry, urging the Council to take action and not become a passive observer. Others expressed support for the United States’ recent steps to address racism, police brutality and violent responses to peaceful demonstrations, noting, for example, the charging of officers over George Floyd’s death, the removal of others responsible for excessive force, as well as moves towards police reform.
その後の議論において、発言者は、この重要なトピックをアジェンダに設定したことについてアフリカ・グループに感謝した。彼らの一部にとって、レイシスト行為は米国の制度の誤りではなく、むしろその機能であり、レイシズムドナルド・トランプ大統領政権において広まった。他の発言者は、レイシズムがいたるところに存在し、その結果、どの国も特別視されるべきではないことを強調した。一部は、独立調査委員会創設の考えを支持し、理事会に行動を起こして、受動的オブザーバーにならないよう強く促した。他は、たとえば、ジョージ・フロイドの死をめぐる警官の告発、過度の力の原因となる他の者の排除、同様に警察改革に向けての動きに言及して、レイシズム、警察の残虐行為および平和的デモへの暴力的対応に対処するための米国の最近の措置への支持を表明した。

Speakers noted that the responsibility to protect human rights primarily rested with States. National policies should be revisited to better implement the Durban Declaration and Programme of Action, and governments should strengthen their dialogues with communities of people of African descent. Acknowledging their countries own histories of racism, some speakers chastised privileges based on race and said it was not enough for leaders to merely express their opposition to racism. “Black lives matter”, several speakers emphasized.
発言者は、人権を保護する責任はおもに締約国にあると指摘した。ダーバン宣言および行動計画をより適切に実施するために国家政策を再検討すべきであり、政府はアフリカ系の人々のコミュニティとの対話を強化すべきである。自身の国のレイシズムの歴史を認め、一部の発言者は、人種に基づく特権を非難し、指導者が単にレイシズムに対する反対を表明するのでは十分でないと述べた。「ブラック・ライヴズ・マター」、と何人かの発言者は強調した。

Speaking in the urgent debate were Central African Republic on behalf of the African Group, Indonesia on behalf of a group of countries, Azerbaijan on behalf of the Non-Aligned Movement, Croatia on behalf of the European Union, Mexico on behalf of a group of countries, Marshall Islands, India, Venezuela, Brazil, Pakistan, Republic of Korea, Uruguay, Netherlands, Armenia, Indonesia, Australia, Namibia, Nepal, Cameroon, Bahrain, Japan, Senegal, Nigeria, Fiji (video message), Bangladesh (video message), Spain, Togo, Ukraine, Germany, Austria, Denmark, Qatar, Somalia, Sudan, UN Women, Jordan, Sweden, Democratic People’s Republic of Korea, Cuba, Seychelles, Botswana, Sierra Leone, France, Belgium, Liechtenstein, South Africa, Philippines (video message), United Nations Population Fund (video message), Syria, Jamaica, Morocco, United Nations Children’s Fund, Iran, Egypt, Canada, Colombia, State of Palestine, Sri Lanka, Lesotho, Russian Federation, China and Switzerland.

The meetings of the forty-third regular session of the Human Rights Council can be followed on the webcast of UN Web TV.
人権理事会の第四十三回定例セッションの会合は、UNウェブTVのウェブキャストでフォローできる。

The Council will next meet on Thursday, 18 June at 10 a.m. to conclude the urgent debate on current racially inspired human rights violations, systemic racism, police brutality and violence against peaceful protests. It will then continue the interactive dialogue with the Independent Expert on the human rights situation in Mali.
理事会は次に、6月18日木曜午前10時に、人種差別に端を発した昨今の人権侵害、組織的レイシズム、警察の残虐行為および平和的抗議に対する暴力に関する緊急討論を終結するために会合を開く。その後、マリにおける人権状況に関する独立専門家との双方向対話を継続する。

[…]


2020年6月29日

第43回人権理事会:コンゴ民主共和国における人権状況に関する拡張双方向対話を開催/マリにおける人権状況に関する双方向を開始


文書番号:HRC20.042E

ノート:

掲載URL:

https://www.ungeneva.org/en/news-media/press/taxonomy/term/175/60208/human-rights-council-holds-enhanced-interactive-dialogue


HUMAN RIGHTS COUNCIL HOLDS ENHANCED INTERACTIVE DIALOGUE ON THE SITUATION OF HUMAN RIGHTS IN THE DEMOCRATIC REPUBLIC OF THE CONGO
人権理事会、コンゴ民主共和国における人権状況に関する拡張双方向対話を開催

17 June 2020 [MEETING SUMMARIES]
2020年6月17日 [会合要約]

Begins Interactive Dialogue on the Human Rights Situation in Mali
マリにおける人権状況に関する双方向対話を開始

The Human Rights Council this morning held an enhanced interactive dialogue on the situation of human rights in the Democratic Republic of the Congo after hearing an oral update from Michelle Bachelet, United Nations High Commissioner for Human Rights. It also started an interactive dialogue on the human rights situation in Mali after hearing the Independent Expert on the human rights situation in Mali, Alioune Tine, present his report.
今朝の人権理事会は、国連人権高等弁務官ミチェル・バチェレからの口頭最新情報を聞いた後、コンゴ民主共和国における人権状況に関する拡張双方向対話を開催した。また、マリにおける人権状況に関する独立専門家アリウヌ・ティン氏が彼の報告を発表した後、マリにおける人権状況に関する双方向対話を開始した。

Ms. Bachelet said that there had been progress in opening up political space at the national level in the Democratic Republic of the Congo,[…]
バチェレ氏は、コンゴ民主共和国における国家レベルでの政治空間の開放に進展があったと述べ、[…]

[…]

In the discussion, speakers, while welcoming social progress made in past months, said the human rights situation was a great concern, notably in conflict areas, where violations at the hand of armed groups were rife. They recognized the potential for positive change in last year’s change of power but expressed concern about the violent response to protest and asked what Government initiatives were underway to ensure the enjoyment of civil liberties.
議論において、発言者は、過去数か月になされた社会の進歩を歓迎するいっぽう、人権状況は、とくに武装グループの手による違反が蔓延している紛争地域において大きな懸念であると述べた。彼らは、昨年の権力交代における前向きな変化の可能性を認識したが、抗議への暴力的対応について懸念を表明し、市民の自由の享受を確実にするためにどのような政府の取り組みが進行中であるのか尋ねた。

Speaking in the enhanced interactive dialogue were Burkina Faso on behalf of African States, Sweden on behalf of Nordic States, European Union, Togo, Australia, Switzerland, France, Egypt, Russian Federation, Mozambique, Venezuela, Senegal, China, Belgium, United Kingdom and Sudan.

Also taking the floor were the following civil society organizations: Dominicans for Justice and Peace and International Service for Human Rights.

The Council then held an interactive dialogue with Alioune Tine, Independent Expert on the human rights situation in Mali. Presenting his report, Mr. Tine said that during his missions, he had focused on the efforts deployed by the Malian authorities and their partners at the international level to improve the protection of civilians, particularly in the centre and the north of Mali where intercommunal violence had reached alarming levels. Concerning the protection of civilians, in particular in the centre and north of the country, overall the absence of the administrative authorities and local security forces in the majority of regions meant that the civilian populations were increasingly vulnerable.
理事会はその後、マリにおける人権状況に関する独立専門家アリウヌ・ティン氏との双方向対話を開催した。[…]

Mali, speaking as the concerned country,[…]
マリは、関係国として発言し、[…]

In the ensuing dialogue on Mali, speakers expressed deep concern regarding the increased insecurity in the centre and north of Mali, especially in regard of its effects on the already fragile human rights situation. Many speakers welcomed positive developments in the transitional justice process, and the inclusive national dialogue launched in September 2019 by the Prime Minister of Mali, calling for the further inclusion of women in the process and a prioritization of gender parity in the upcoming elections.
続くマリに関する対話において、発言者はマリの中心部と北部において不安定さが増していること、とくにすでに脆弱な人権状況に対するその影響について深い懸念を表明した。多くの発言者は、来たる選挙におけるプロセスにおける女性のさらなる受け入れ、ジェンダー平等の優先順位付けを要請して、移行期正義プロセスにおける前向きな進展、および2019年9月にマリ首相によって開始された包括的国民対話を歓迎した。

Speaking in the interactive dialogue on Mali were Burkina Faso on behalf of a Group of African countries, European Union, UN Women on behalf of a group, Czech Republic, Togo, Estonia, Australia, Switzerland, France, Luxembourg, Netherlands, Portugal, Sudan, Morocco, Denmark, Ireland, Egypt, Russian Federation, Spain (video message), Senegal, China, Belgium, United Kingdom and Mauritania. The interactive dialogue on Mali will resume on Thursday, 18 June.

The meetings of the forty-third regular session of the Human Rights Council can be followed on the webcast of UN Web TV.
人権理事会の第四十三回定例セッションの会合は、UNウェブTVのウェブキャストでフォローできる。

The Council will meet next this afternoon at 3 p.m. to hold an urgent debate on current racially inspired human rights violations, systemic racism, police brutality and the violence against peaceful protests.
理事会は次に、この午後3時に目下の人種的に引き起こされた人権侵害、組織的レイシズム、警察の残虐行為および平和的抗議に対する暴力に関する緊急討論を開催するために会合を行なう。

[…]


2020年6月29日

第43回人権理事会:レイシズム、人種差別、外国人嫌悪および関連する不寛容に関する一般討論を終結


文書番号:HRC20.041E

ノート:

  • 北朝鮮朝鮮学校に対する支援金除外について提起:「在日朝鮮人コミュニティ内の国民性をあらゆる手段によって抹殺する人道に対する耐え難い犯罪であり、いかなる手段をもってしても正当化することはできない」云々。日本政府は答弁権行使せず。中国が発言。

  • セッション中断前の下記に続き、国際キャリア支援協会から藤木俊一氏。

    慰安婦問題について正義連と尹美香(ユン・ミヒャン)前理事長の不正疑惑などに言及。

    [追記]なでしこアクション(2020年06月23日)

    文春オンライン(2020年06月19日)

    反差別国際運動(IMADR)が発言、新型コロナ流行下における人種差別の広がりについて。

  • 中国が答弁権を行使。

  • (UN Web TV)

    チャプター39:北朝鮮/ハン・テソン(Han Tae Song)在ジュネーブ政府代表部特命全権大使
    チャプター42:中国/タイ・ターマオ(Dai Demao)政府代表 ※ 別人とおもわれ
    チャプター86:国際キャリア支援協会(共同声明)/藤木俊一氏
    チャプター88:IMADR/小松泰介氏(事務局次長、ジュネーブ事務所)
    チャプター93:中国(答弁権)/政府代表

  • 関連エントリ

掲載URL:

https://www.ungeneva.org/en/news-media/press/taxonomy/term/175/60196/human-rights-council-concludes-general-debate-racism


HUMAN RIGHTS COUNCIL CONCLUDES GENERAL DEBATE ON RACISM, RACIAL DISCRIMINATION, XENOPHOBIA AND RELATED INTOLERANCE
人権理事会、レイシズム、人種差別、外国人嫌悪および関連する不寛容に関する一般討論を終結

16 June 2020 [MEETING SUMMARIES]
2020年6月16日 [会合要約]

The Human Rights Council this afternoon concluded its general debate on racism, racial discrimination, xenophobia and related intolerance, follow-up to and implementation of the Durban Declaration and Programme of Action.
この午後の人権理事会は、レイシズム、人種差別、外国人嫌悪および関連する不寛容の形態、ダーバン宣言および行動計画のフォローアップと実施に関する一般討論を終結した。

Speakers said the racist events that had taken place, including those targeting peaceful protesters, were concerning. The world over, people, and the youth in particular, were making their voices heard, calling for an end to racial discrimination, notably against people of African descent. International solidarity and cooperation were needed to combat racism and xenophobia, and the Durban Declaration and Programme of Action follow-up mechanisms were fundamental in that regard. The rise of racial discrimination, Islamophobia, xenophobia, ethnic hatred and intolerance ran in congruence with the rise of “infodemics,” hate speech and malignant disinformation, speakers said.
発言者は、平和的抗議者を対象とするものを含む、起こっていた人種差別的イベントが懸念されていたと述べた。世界中、人々、そしてとくに若者は、とりわけアフリカ系の人々に対する人種差別の終焉を求めて、彼らの声を聞いていた。レイシズムや外国人嫌悪と戦うには国際的な連帯と協力が必要であり、ダーバン宣言および行動計画のフォローアップ・メカニズムがその点において基本だった。人種差別、イスラム恐怖症、外国人嫌悪、民族的ヘイトおよび不寛容の台頭は、「情報通信」、ヘイトスピーチおよび悪意ある偽情報との台頭と一致している、と発言者は述べた。

The general debate on racism and racial discrimination started this morning and a summary can be found here.
レイシズムと人種差別に関する一般討論は今朝始まり、概要はこちらで確認できる。

Speaking in the general debate this afternoon were the State of Palestine on behalf of the Arab Group, Egypt on behalf of a group of countries, Brazil on behalf of a group of countries, Pakistan, Libya, Brazil, India (video message), Bahrain, Namibia, Venezuela, Nigeria, Indonesia, Nepal, Sudan, Mauritania, Qatar, Angola, Bangladesh, Ukraine, Austria, Afghanistan, France, Israel, Botswana, Ecuador, South Africa, Iraq, Cuba, Sierra Leone, Jordan, Tunisia, Morocco, Egypt, Myanmar, Azerbaijan, Greece, Russian Federation, Iran, Syria, Democratic People’s Republic of Korea, Turkey, Algeria, China, Lebanon, Belarus, United Kingdom and Lesotho.

Also speaking were the following non-governmental organization representatives : Cairo Institute for Human Rights Studies, International Youth and Student Movement for the United Nations, International Association of Jewish Lawyers and Jurists, Global Action on Aging, African Commission of Health and Human Rights Promoters, African Green Foundation International, World Jewish Congress, Sikh Human Rights Group, ADALAH - Legal Center for Arab Minority Rights in Israel, Global Institute for Water, Environment and Health, International Institute for Rights and Development Geneva, Sociedade Maranhense de Direitos Humanos, Global Welfare Association, Iraqi Development Organization, Mother of Hope Cameroon Common Initiative Group, Community Human Rights and Advocacy Centre, World Barua Organization, Association pour l'Intégration et le Développement Durable au Burundi, Center for Organisation Research and Education, Centre for Gender Justice and Women Empowerment, International Human Rights Association of American Minorities, Ingenieurs du Monde, United Nations Watch, International Organization for the Elimination of All Forms of Racial Discrimination, Alsalam Foundation, Action of Human Movement, Association pour les Victimes Du Monde, European Centre for Law and Justice, The European Centre for Law and Justice, Conseil de jeunesse pluriculturelle, ABC Tamil Oli, Tamil Uzhagam, Tourner La Page, Action pour la protection des droits de l'homme en Mauritanie, Liberation, Association for the Protection of Women and Children’s Rights, Organization for Defending Victims of Violence, Association pour le Développement Humain en Mauritanie, Association pour l'Éducation et la Santé de la Femme et de l'Enfant, Guinee Humanitaire, International Career Support Association, Association Mauritanienne pour la promotion du droit, International Movement Against All Forms of Discrimination and Racism, World Evangelical Alliance, Association Solidarité Internationale pour l'Afrique, and Minority Rights Group.

Speaking in right of reply were India, China, Brazil, Myanmar, Mauritania, Bangladesh and Pakistan.
答弁権における発言は、インド、中国、ブラジル、ミャンマーモーリタニアバングラデシュおよびパキスタンだった。

The meetings of the forty-third regular session of the Human Rights Council can be followed on the webcast of UN Web TV.
人権理事会の第四十三回定例セッションの会合は、UNウェブTVのウェブキャストでフォローできる。

The Council will meet again on Wednesday, 17 June at 10 a.m. to hold an enhanced interactive dialogue on the Democratic Republic of the Congo under its agenda item on technical assistance and capacity building.
理事会は次に、6月17日水曜午前10時に技術支援とキャパシティビルディングに関するアジェンダ項目に基づくコンゴ民主共和国に関する拡張双方向対話を開催するために再び会合を行なう。

[…]


2020年6月20日