dancept1の備忘録

答弁権のエソロジー

第74回総会第三委員会:シリアにおける人権についてのテキストに関する長びいた手続投票のなか、拷問、犯罪防止に関する7つの草案を承認


文書番号:GA/SHC/4280

ノート:

  • 決議案審議初日。下記手続問題を除き、いずれもコンセンサスで採択。

  • シリア決議のアメリカ、サウジによる草案が提出期限に(シリアの発言によれば)3時間33分52秒遅れて揉める。北朝鮮が発言。シリアがこの件の扱いに関して法的意見を求めるよう会議の中断動議を提起し、投票となったが否決された。続いてシリアが同決議検討可否の投票に進むという議長裁定に申し立てを行ない投票となったがこちらも否決。いずれも中国、北朝鮮が支持、日本、韓国は反対。決議検討可否の投票に進み、中国、北朝鮮が反対、日本、韓国が支持で可決した。手続規則および投票記録については下記掲載国連総会ホームページへのリンク先参照。

  • (国連総会ホームページ(英語))

    「74回セッション - アジェンダ項目ごとの草案提案 - 社会、人道および文化問題(第三委員会)- 国連総会」

    「国連総会 - 第三委員会 - 社会、人道および文化)- 事務局」
     第三委員会投票記録

    「国連総会 - 手続規則 - 委員会」

  • 関連エントリ(工事中)

掲載URL:https://www.un.org/press/en/2019/gashc4280.doc.htm


United Nations

GA/SHC/4280

GENERAL ASSEMBLY > THIRD COMMITTEE >
SEVENTY-FOURTH SESSION,
43TH MEETINGS (PM)

4 NOVEMBER 2019


Third Committee Approves 7 Drafts on Torture, Crime Prevention amid Protracted Procedural Votes on Text Concerning Human Rights in Syria

国連

GA/SHC/4280

総会 > 第三委員会 >
七十四回セッション、
43回会合(午後)

2019年11月4日


第三委員会、シリアにおける人権についてのテキストに関する長びいた手続投票のなか、拷問、犯罪防止に関する7つの草案を承認

The Third Committee (Social, Humanitarian and Cultural) sent seven draft resolutions to the General Assembly today, covering a range of topics, from torture and crime prevention to the provision of technical assistance on counter-terrorism by the United Nations Office on Drugs and Crime (UNODC).
第三委員会(社会、人道および文化)は本日、拷問や犯罪防止から国連薬物犯罪事務所 (UNODC)によるテロリズム対策に関する技術支援の提供まで、幅広いトピックをカバーする七つの決議草案を総会に送った。

[…] 

The Third Committee (Social, Humanitarian and Cultural) will reconvene at 3 p.m. on Thursday, 7 November, to take action on draft resolutions.
第三委員会は、決議草案に関する審議を行なうために、11月5日木曜3時に再会する。

Action
審議

Turning first to torture, the representative of Denmark introduced a draft resolution on “Torture and other cruel, inhuman or degrading treatment or punishment” (document A/C.3/74/L.24), which carries no programme budget implications. The draft reflects improvements made since the last text on the topic was approved in 2017. It now recognizes and underlines the potential negative impact of corruption on torture and emphasizes that prevention of torture is a measure to achieve Sustainable Development Goal 16 (peace, justice, strong institutions). It also recognizes the gender-specific needs in the criminal-justice system and encourages all States to take the United Nations Rules for the Treatment of Women Prisoners and Non-custodial Measures for Women Offenders into consideration. He made one oral revision to the text, which entails the deletion of preambular Paragraph 11.
最初に拷問に目を向けると、デンマーク代表は、プログラム予算に影響のない、「拷問およびその他の残虐な、非人道的または品位を傷つける取り扱いまたは刑罰」に関する決議草案(ドキュメント文書A/C.3/74/L.24)を提出した。草案は、同トピックに関する最後のテキストが2017年に承認されてから行なわれた改善を反映している。現在、拷問に対する汚職潜在的な悪影響を認識し、強調し、拷問防止は持続可能な開発目標16(平和、正義、強力な制度)を達成するための手段であることを強調する。また、刑事司法制度におけるジェンダー固有のニーズを認識し、女性囚人の扱いに関する国際連合規則および女性犯罪者に対する非拘禁措置を考慮することをすべての締約国に奨励する。彼は、テキストに対して一つの口頭修正を行ない、前文11項の削除が伴う。

[…] 

The resolution was then approved without a vote.
決議はその後、投票なしで承認された。

[…] 

The Committee then turned to the subject of crime prevention and criminal justice and the draft resolution titled “Integrating sport into youth crime prevention and criminal justice strategies” (document A/C.3/74/L.2). The Secretary noted that approval of the draft resolution would not entail any additional budgetary implications relating to the regular programme budget.
委員会はその後、犯罪防止と刑事司法のテーマと、「スポーツの若者の犯罪防止と刑事司法戦略への統合」と題された決議草案(ドキュメントA/C.3/74/L.2)に目を向けた。事務局は、決議草案の承認は通常のプログラム予算に関連するいかなる追加予算上の影響を伴わないことを指摘した。

The Committee then approved resolution “L.2” without a vote.
委員会はその後、投票なしで決議「L.2」を承認した。

Next, the Committee turned to the draft resolution titled “Follow-up to the Thirteenth United Nations Congress on Crime Prevention and Criminal Justice and preparations for the Fourteenth United Nations Congress on Crime Prevention and Criminal Justice” (document A/C.3/74/L.3).
委員会は次に、「犯罪防止および刑事司法に関する第十三回国連会議へのフォローアップ、および犯罪防止および刑事司法に関する第十四回国連会議についての準備」と題する決議草案(ドキュメントA/C.3/74 /L.3)に目を向けた。

The Chair noted that there were no programme budget implications.
議長はプログラム予算への影響はないと指摘した。

The Committee then approved resolution “L.3” without a vote.
委員会はその後、投票なしで決議「L.3」を承認した。

The Committee then turned to the draft resolution titled “Education for Justice and the rule of law in the context of sustainable development” (document A/C.3/74/L.4).
委員会はその後、「持続可能な開発の文脈における正義のための教育と法の支配」と題する決議草案(ドキュメントA/C.3/74/L.4)に目を向けた。

The Chair noted that there were no programme budget implications.
議長はプログラム予算への影響はないと指摘した。

The Committee then approved resolution “L.4” without a vote.
委員会はその後、投票なしで決議「L.4」を承認した。

The Committee then turned to the draft resolution titled “Promoting technical assistance and capacity-building to strengthen national measures and international cooperation to combat cybercrime, including information-sharing” (document A/C.3/74/L.5).
委員会はその後、「情報共有を含む、サイバー犯罪と戦うための国家的措置と国際協力を強化するための技術支援とキャパシティビルディングの促進」と題された決議草案に目を向けた(ドキュメントA/C.3/74/L.5)。

The Chair noted that there were no programme budget implications.
議長はプログラム予算への影響はないと指摘した。

The Committee then approved resolution “L.5” without a vote.
委員会はその後、投票なしで決議「L.5」を承認した。

Next, the Committee turned to the draft resolution titled “Countering child sexual exploitation and sexual abuse online” (document A/C.3/74/L.6).
次に、委員会は「オンラインでの児童の性的搾取および性的虐待対策」と題された決議草案に目を向けた(ドキュメントA/C.3/74/L.6)。

The Secretary noted that approval of the draft resolution would not entail any additional budgetary implications relating to the regular programme budget.
事務局は、決議草案の承認は通常のプログラム予算に関連するいかなる追加予算上の影響も伴わないことを指摘した。

The Committee then approved resolution “L.6” without a vote.
委員会はその後、投票なしで決議「L.6」を承認した。

The Committee then turned to the draft resolution titled “Technical assistance provided by the United Nations Office on Drugs and Crime related to counter-terrorism” (document A/C.3/74/L.7). The Secretary noted that approval of the draft resolution would not entail any additional budgetary implications relating to the regular programme budget.
委員会はその後、「テロリズム対策に関連する国連薬物犯罪事務所による技術支援」と題する決議案(ドキュメントA/C.3/74/L.7)に目を向けた。事務局は、決議草案の承認は通常のプログラム予算に関連するいかなる追加予算上の影響も伴わないことを指摘した。

The Committee then approved resolution “L.7” without a vote.
委員会はその後、投票なしで決議「L.7」を承認した。

The Chair then noted that the draft resolution titled “Situation of human rights in the Syrian Arab Republic” was submitted on Wednesday, 30 October, shortly after the deadline for the submission of draft proposals.
議長はその後、「シリア・アラブ共和国における人権状況」と題された決議草案が、草案提案期限への直後10月30日水曜に提出されたことを指摘した。

The representative of Syria highlighted the legal and procedural position that his Mission expressed in letter 339, circulated to Member States on 31 October 2019. The United States and Saudi Arabia have breached the procedural rules governing the work of the General Assembly and the main Six Committees. The deadline for submission of draft proposals under the agenda item was 1 p.m. on 30 October 2019. Syria’s Mission has proven that the two delegations submitted this draft resolution at 4:33:52 p.m. on 30 October 2019. He expects the Bureau to ensure the smooth functioning of the Committee’s work based on the rules of procedure. The Committee thus should not consider the resolution or take any related action. Its work should be guided by the rules of procedure, the Charter of the United Nations and its own working documents.
シリア代表は、彼の派遣団が書簡339で表明し、2019年10月31日に加盟国に回覧した法的および手続き上の立場を強調した。米国およびサウジアラビアは、総会および主要六委員会の作業を管理する手続き規則に違反している。アジェンダ項目に基づく草案提案提出への期限は2019年10月30日午後1時だった。シリアの派遣団は、二つの代表団が午後4時33分52秒にこの決議草案を提出したことを証明した。彼は、事務局が手続きルールに基づいて委員会の作業を円滑に機能させることを期待する。委員会はしたがって、決議を検討したり、いかなる関連する行動も取ってはならない。その作業は手続き規則、国連憲章および独自の作業ドキュメントによって導かれるべきである。

The representative of the United States said she appreciated the Bureau’s decision to bring this matter forward today. She urged all countries to vote “yes” on the proposal before them to ensure that the matter is considered further. As the situation has global impact, “this text is important to many delegations across all regions,” she said, stressing that the international community is focused closely on this human-rights crisis. A good-faith misunderstanding led to the tabling of the resolution three and a half hours after the deadline. Not addressing people’s suffering due to a three-hour delay is unconscionable, she said. The decision is not about the merits or substance of the resolution but about fulfilling the Committee’s moral obligation to consider human-rights violations wherever they occur. “We should not permit procedural obfuscation to prevent our consideration of the resolution,” she said, urging all delegations to support consideration of the text.
米国代表は、この問題を本日提起するという事務局の決定に感謝したと述べた。彼女は、同問題がさらに考慮されるようにするために、彼らが前にしている提案に「イエス」を投票するようすべての国々に強く促した。状況はグローバルに影響を与えるため、国際社会はこの人権危機に密接に焦点を合わせていると強調して、「このテキストはすべての地域に渡る多くの代表団に重要である」と述べた。誠実な誤解が締め切り三時間半後の決議提出を導いた。三時間遅れが原因で人々の苦しみに対処しないのは非良心的である、と述べた。この決定は、決議のメリットや内容に関するものではなく、人権侵害がどこで発生しても考慮するという委員会の道徳的義務を果たすことについてである。テキスト検討を支持するようすべての代表団に強く促して、「決議検討を妨げるために手続きをわかりにくくすることを許すべきではない」と述べた。

[…] 

The representative of the Democratic People’s Republic of Korea said the rules of procedure within the framework of all Committees should be fully respected and implemented by all Member States.
北朝鮮代表は、すべての委員会の枠組み内での手続規則は、すべての加盟国によって完全に尊重され履行されるべきであると述べた。

The representative of the United Kingdom said the conflict in Syria has been one of the most destructive of the twenty-first century.
英国代表はシリアにおける紛争は二十一世紀の最も破壊的なひとつであると述べた。

The representative of Syria, speaking on a point of order, objected to attempts to address the substance of the draft proposal, stressing that the matter is purely procedural in nature.
シリア代表は、議事進行で発言し、この問題は本質的に純粋に手続き的なものであることを強調して、草案の提案内容に取り組む試みに反対した。

The representative of the United Kingdom, resuming, said the Committee has rightly considered a resolution on the situation in Syria every year since the conflict began. He acknowledged there was a good-faith misunderstanding on the process, but the question is whether human rights in Syria merits this Committee’s consideration, and the answer is yes. “We need to put principle before procedure,” he insisted.
英国代表は、再開して、委員会は紛争が始まって以来毎年シリアにおける状況に関する決議を正しく検討していると述べた。このプロセスに関して誠実な誤解があったことを彼は認めたが、問題はシリアにおける人権がこの委員会の検討に値するかどうかであり、答えはイエスである。「手続きの前に原則を置く必要がある」、と主張した。

The representative of the Russian Federation expressed surprise that the matter has been brought before the Committee, particularly since discussion of a procedural issue is being used by some States to make politicized accusations about the situation in Syria. He expressed hope that a double-standards procedure will not be witnessed. One cannot introduce a resolution after the deadline.
ロシア連邦代表は、とくに、一部締約国によりシリアにおける状況について政治的な告発を行うために手続的な問題の議論が使われているため、この問題が委員会に提出されたことに驚きを表明した。彼は、二重基準の手続きが目撃されないことへの希望を表明した。締め切り後に決議を提出することはできない。

The representative of Syria said he was not using pretexts, but rather relying on the United Nations Charter, the General Assembly rules of procedure and the Committee’s work programme “as a shield”. There is no legal basis in the Charter, the rules or the work programme that would allow for a vote on this procedural matter. “These moments are critical, decisive moments in the history of the United Nations,” he asserted.
シリア代表は、口実を使わず、むしろ国連憲章、総会手続規則および委員会の作業プログラムに「盾として」頼っていると述べた。憲章、規則または作業プログラムにおいて、この手続事項に関する投票を許可する法的根拠はない。「これらの瞬間は、国連の歴史において重大で決定的な瞬間である」、と彼は断言した。

The Chair said a recorded vote has been requested.
議長は、記録投票が要請されたと述べた。

The representative of Finland, speaking for the European Union, said that since the beginning of the conflict in Syria, the Committee has consistently considered a resolution on this subject. “This Committee cannot turn a blind eye to what has become the worst humanitarian crisis since World War II,” he said. The representative of Argentina said he supported inclusion of a resolution on the situation in Syria, as has previously been the case.
フィンランド代表は、欧州連合のために発言し、シリア紛争の始まり以来、委員会は一貫してこの主題に関する決議を検討していると述べた。「この委員会は、第二次世界大戦以来最悪の人道的危機になったものに目をつぶることはできない」、と彼は述べた。アルゼンチン代表は、以前の事例ように、シリアにおける状況に関する決議を含めることを支持したと述べた。

[…] 

The representative of Syria expressed his full opposition to calling a vote, which he said would be illegal. He requested that the meeting be suspended and a legal opinion on the procedural matter be sought. The Chair asked if he was moving under rule 118, to which the representative of Syria responded that he was moving was under rules 118 and 119. The Chair said that the motion shall be immediately put to a vote.
シリア代表は、投票要請へのに全面的反対を表明し、それは違法だと述べた。彼は会議を中断し手続き問題に関する法的意見を求めるよう要請した。議長は、彼が規則118に基づいて行動しているかを尋ね、シリア代表は、行動は規則118と119に基づいていると答えた。議長は、動議は直ちに投票にかけられなければならないと述べた。

Following an exchange between the representative of the United States, who said that rule 128 applies since the Chair announced the Committee was moving to a vote on the procedural matter, and the representative of Syria, who disputed that assertion, the Chair reiterated that the voting had not commenced and that rule 119 states that the vote on the suspension has precedence.
議長が手続問題に関する投票に移行すると告知したので規則128が適用されると述べた米国代表と、その主張に異議を唱えたシリア代表とのあいだのやりとりの後、議長は、投票を開始されておらず、その規則119は中断に関する投票が優先すると述べていると繰り返した。

The Committee then rejected the motion to suspend the meeting by a recorded vote of 88 against to 18 in favour, with 37 abstentions.
委員会は、その後、反対88、支持18、棄権37による記録投票により会議を一時中断する動議を否決した。

In another lengthy exchange, in which the representative of Colombia said procedures cannot be used as an excuse during such a serious matter as human rights in Syria, and the representative of Syria argued that rule 123 applies and urged the Chair to seek a legal opinion regarding the reopening of the Committee’s work programme — a point on which the representative of Iran agreed there was no consensus — the Chair ultimately decided that rule 123 does not apply in this situation.
別の長いやりとりにおいて、コロンビア代表はシリアにおける人権のような深刻な問題のなかで弁解として手順を使用することはできないと述べ、シリア代表は、規則123が適用されると主張し、委員会の作業プログラムの再開——イランの代表が合意がないことに同意した点——に関する法的意見を求めるよう議長に強く促し、議長は最終的に、この状況においては規則123を適用しないと決定した。

Following further requests by the representative of Syria to seek a legal opinion by the Secretary-General’s legal counsel, and by the representatives of the Russian Federation and China to clarify both what the Committee would vote on and which rules of procedure are currently governing the situation, the Chair replied that the Committee is voting on whether to consider the draft resolution on the human-rights situation in Syria during the Assembly’s seventy-fourth session.
シリア代表による事務総長の法律顧問による法的意見の求め、およびロシア連邦と中国代表による委員会が何に投票するのか、どの手続き規則が現在状況を支配しているのか両方を明確にする要請に続いて、議長は、委員会が理事会の七十四回セッション中にシリアにおける人権状況に関する決議草案を検討するかどうかに関する投票中であると答えた。

The representative of Syria characterized the Chair’s ruling as “unrealistic and illegal”, stressing instead that the Committee is voting on reopening its work programme, and, following a plea by the representative of Saudi Arabia to end the “never-ending procrastination”, said the Chair appears to think this is a legally legitimate process. The representative of Algeria asked whether that work programme can be reopened or not.
シリア代表は、代わりに委員会が作業プログラムの再開に投票していることを強調して、議長の裁定を「非現実的かつ違法」と特徴づけ、サウジアラビア代表による「終わりのない先延ばし」を終わらせる嘆願に続いて、議長はこれが法的に正当なプロセスであると考えているようだ、と述べた。アルジェリア代表は、その作業プログラムを再開できるかどうかを尋ねた。

Responding to these comments, the Chair said there was precedent for this on situation. As far as opening the work programme, he read out what was gaveled at start, with the Committee approving its programme “with further adjustments to be made as necessary” as the programme progresses. He requested that the Committee proceed to the vote.
これらのコメントに応答して、議長は、状況に関してこれには先例があると述べた。作業プログラム開始に限っては、彼は、プログラムが進行するにつれて「必要に応じてさらなる調整が行なわれるとともに」委員会がそのプログラムを承認することにより、開始での小槌を叩くことを読み上げた。彼は委員会が投票に進むよう要請した。

The representative of Syria disputed this characterization and said the Committee is now discussing whether it agrees on the breach in the work programme. The United States and Saudi Arabia submitted a draft resolution after the deadline, which is why “[rule] 123 is the rule that applies here.” Amendments should be made at the right time, not after the deadline. The Chair responded that the work programme is not being changed, and that the Committee can consider the acceptance of the draft resolution, to which the representatives of Iran and the Russian Federation asserted that rule 123 does in fact apply and requested the Chair to explain why it does not.
シリア代表はこの特徴づけに異議を唱え、委員会は現在、作業プログラムにおける違反に関して同意するかどうかを議論していると述べた。米国とサウジアラビアは、締切後に決議草案を提出し、それが「[規則] 123がここで適用される規則である」理由である。修正は締切後ではなく、適切なタイミングで行なう必要がある。議長は、作業プログラムは変更されておらず、委員会は決議草案の承認を検討できると応答し、イランとロシア連邦代表は、規則123が実際に適用されることを主張し、そうでない理由を説明するよう議長に要請した。

The Chair said that rule 123 does not apply and the Committee shall proceed to the vote. The representative of Syria then challenged the Chair’s ruling and requested a legal opinion by the Secretary-General’s legal counsel. The Chair said that, in accordance with rule 113, the appeal against the Chair’s ruling will be immediately put to a vote.
議長は、規則123は適用されず、委員会は投票に進むと述べた。シリア代表はその後、議長の裁定に異議を申し立て、事務総長の法律顧問による法的意見を要請した。議長は、規則113に従って、議長の裁定に対する申し立ては直ちに投票されると述べた。

The Committee rejected the appeal against the Chair’s ruling by a recorded vote of 89 against to 13 in favour, with 36 abstentions.
委員会は、反対89、支持13、棄権36による記録投票により、議長の裁定に対する申し立てを否決した。

The Committee then approved the consideration of the draft resolution during the seventy-fourth session by a recorded vote of 91 in favour to 19 against, with 40 abstentions.
委員会はその後、支持91、反対19、棄権40による記録投票により第74回セッション中の決議草案検討を承認した。

The representative of Iran asked the Chair to explain why rule 123 does not apply to this situation.
イラン代表は、なぜ規則123がこの状況に適用されないのか説明するよう議長に要請した。

The representative of Syria expressed regret over how matters unfolded in the Committee. The situation clearly required no vote and no explanation whatsoever. He had relied on a “courageous and wise” stand from the Chair and the Bureau, which ought to have rejected consideration of this draft resolution.
シリア代表は、委員会において問題がどのように展開されたかに対し遺憾を表明した。この状況は明らかに投票も説明も一切必要なかった。彼は、この決議草案の検討を拒否すべきであった議長と事務局からの「勇敢で賢明な」立場に関して信頼していた。

The representative of Algeria, speaking in explanation of vote after the vote, said his delegation voted against consideration of the draft resolution because it was against the rules of procedure, as the draft was submitted late. “We should avoid setting unfortunate precedents,” he stressed.
アルジェリア代表は、投票後の投票説明において発言して、彼の代表団は、草案が遅れて提出されたため手続規則に反していたために決議草案検討に反対を投じた。「我々は残念な前例を設けることを避けるべきである」、と彼は強調した。


2019年11月12日