dancept1の備忘録

答弁権のエソロジー

第74回総会第三委員会:平和的集会、難民保護、包囲下の権利擁護者の福利厚生、専門家、高等弁務官が「信用危機」を警告すると第三委員会に語る


文書番号:GA/SHC/4267

ノート:

  • この日もアメリカが人権高等弁務官事務所報告、平和的集会および結社の自由、人権擁護者で中国に言及、中国が反論(人権高等弁務官事務所報告でのアメリカ(およびドイツ)のウイグルへの言及は採録されていないので未抽出)。

  • 北朝鮮、日本が人権高等弁務官事務所報告で発言。

  • (外務省声明)

    声明掲載なし。

  • ( UN Web TV の映像より)

掲載URL:https://www.un.org/press/en/2019/gashc4267.doc.htm


United Nations

GA/SHC/4267

GENERAL ASSEMBLY > THIRD COMMITTEE >
SEVENTY-FOURTH SESSION,
19TH & 20TH MEETINGS (AM & PM)

15 OCTOBER 2019


Peaceful Assembly, Refugee Protections, Well-Being of Rights Defenders Under Siege, Experts Tell Third Committee, as High Commissioner Warns of ‘Credibility Crisis’

国連

GA/SHC/4267

総会 > 第三委員会 >
七十四回セッション、
19回および20回会合(午前および午後)

2019年10月15日


平和的集会、難民保護、包囲下の権利擁護者の福祉、専門家、高等弁務官が「信用危機」を警告すると第三委員会に語る

Freedom of peaceful assembly, global refugee protections, women’s civil liberties and the well-being of human-rights defenders are values under siege, United Nations experts told the Third Committee (Social, Humanitarian and Cultural) today, as delegates continued their debate on the promotion and protection of human rights.
代表者が人権の促進と保護に関する討論を継続するなか、平和的集会の自由、グローバルな難民保護、女性の市民の自由および人権擁護者の福祉は包囲された価値である、と国連専門家は本日、第三委員会(社会、人道および文化)に語った。

“We are witnessing an increase in xenophobia, hate speech, push-backs on women’s equality and the rights of minorities,” warned Michelle Bachelet, United Nations High Commissioner for Human Rights,[…]
「外国人嫌悪、ヘイトスピーチ、女性の平等とマイノリティの権利における抵抗の増加を目の当たりにしている」、ミシェル・バチェレ国連人権高等弁務官は警告し、[…]

[…]

In the ensuing dialogue, many delegates took the opportunity to spotlight countries where such abuses take place and to raise the possibility of improved mechanisms to investigate them. The representative of the United States
その後の対話において、多くの代表者が、そうした虐待が行なわれている国にスポットライトを当て、それらを調査するメカニズムの改善の可能性を高めることにこの機会を利用した。米国代表は[…]

[…]

The Committee will reconvene at 10 a.m. on 16 October to continue its consideration of the promotion and protection of human rights.
委員会は、人権の促進と保護の検討を継続するために、10月16日午前10時に再会する。

Background
バックグラウンド

The Third Committee (Social, Humanitarian and Cultural) continued its debate on the promotion and protection of human rights today (for background, see Press Release GA/SHC/4266).
第三委員会(社会、人道および文化)は本日、人権の促進と保護に関する議論を継続した(バックグラウンドについては、プレスリリースGA/SHC/4266参照)。

Interactive Dialogues on Human Rights
人権に関する双方向対話

[…] 

MICHELLE BACHELET, United Nations High Commissioner for Human Rights,[…] 
ミシェル・バチェレ国連人権高等弁務官は、[…] 

[…] 

The representative of Cuba expressed concern about the irresponsible actions of the United States, which withdrew from the Human Rights Council and climate commitments, adding that “xenophobic hate speech from the highest part of that Government undermines the safety of migrant communities”. China’s representative said States’ rights to development must be respected and expressed concern about the “serious geographic imbalance” in staffing of the High Commissioner’s Office. On actions in Xinjiang, which he characterized as measures to target terrorism, he welcomed visits by “impartial people” and said that the United States and Germany’s representatives were “distorting facts”.
キューバ代表は、「その政府の最も高い地位からの外国人嫌悪のスピーチは移住者コミュニティの安全を損なう」と付け加えて、人権理事会と気候変動コミットメントから脱退した米国の無責任な行動について懸念を表明した。中国の代表は、開発に対する国家の権利が尊重されなければならないと述べ、高等弁務官事務所の人員配置における「深刻な地理的不均衡」について懸念を表明した。彼がテロリズムを標的とする手段として特徴付けた新疆における行動について、「公平な人々」による訪問を歓迎し、米国とドイツの代表は「事実を歪曲した」と述べた。

[…]

The representative of the Democratic People’s Republic of Korea called for more impartiality and asked that human rights not be used as a tool to violate the sovereignty of States. Mali’s representative, clarifying the situation in his country addressed in the High Commissioner’s report, said that armed groups and traffickers were responsible for cases of violations. The Government is committed to accountability and eliminating impunity, he stressed, adding that it has arrested human-rights violators. However, more support is needed in evidence gathering and investigation, he said, welcoming the Human Rights Council’s decision in March to bolster capacity.
北朝鮮代表は、より公平性を求め、人権を国家主権を侵害するツールとして使用しないよう依頼した。マリの代表は、高等弁務官の報告書において取り上げられている彼の国における状況を明確にして、武装グループと人身売買業者が違反事件に責任があると述べた。人権侵害者を逮捕したと付け加えて、同政府は説明責任と非処罰排除に取り組んでいると強調した。しかしながら、能力強化のための三月における人権理事会の決定を歓迎して、証拠収集と調査においてさらなる支援が必要であると述べた。

Also speaking in the interactive dialogue were representatives of Belarus, Luxembourg, Canada, United Arab Emirates, Argentina, Japan, Qatar, Armenia, Portugal, Malaysia, Tunisia, Djibouti, Eritrea, Algeria and Costa Rica.
さらなる双方向対話における発言は、ベラルーシルクセンブルク、カナダ、アラブ首長国連邦、アルゼンチン、日本カタールアルメニアポルトガル、マレーシア、チュニジアジブチエリトリアアルジェリアおよびコスタリカ代表だった。

[…]

CLÉMENT NYALETSOSSI VOULÉ, Special Rapporteur on the rights to freedom of peaceful assembly and of association,[…]
クレマン・ニアレッツーシ・ブール平和的集会および結社の自由の権利に関する特別報告者は、[…]

[…]

 

The United States’ delegate pointed to several countries that violate the right to peaceful assembly, among them Iran, Uzbekistan, Nicaragua, Togo, Kazakhstan and China, asking the Special Rapporteur for recommendations to address areas of concern and for examples of good practices.
米国の代表は、懸念分野に対処するための勧告およびグッドプラクティスの例について特別報告者に尋ねて、平和的集会の権利を侵害するいくつかの国のなかから、イラン、ウズベキスタンニカラグアトーゴカザフスタンおよび中国を指摘した。

[…]

China’s delegate categorically rejected comments made by her counterpart from the United States, calling the allegations groundless. She restated China’s position: there is no human-rights issue. The position taken by China is to counter terrorism, not target a specific group or religion. The United States’ tactic of “naming and shaming” is nothing more than bullying against China, she said, pointing to a double standard on human-rights questions and asking the United States to take measures to resolve its own issues of drugs, crime and immigration and to stop interfering in other countries’ internal affairs.
中国の代表者は、その主張を根拠のないものと呼んで、米国からのカウンターパートによってなされたコメントを断固として拒否した。彼女は中国の立場を再表明した:人権問題はない。中国によってとられる立場は、特定のグループや宗教を標的にするのではなく、テロリズムに対抗することである。人権問題に関する二重基準を指摘し、自身の薬物、犯罪、 移住者の問題を解決することの措置をとり、他国の内政への干渉を止めるよう米国に依頼して、米国の「名指しと辱め」戦術は中国に対するいじめ以外の何ものでもない、と述べた。

[…]

MICHEL FORST, Special Rapporteur on the situation of human-rights defenders,
ミシェル・フォルスト人権擁護者の状況に関する特別報告者は、[…]

[…]

The representative of the United States expressed concern that human-rights defenders face harassment and attacks for doing work that is integral to democracy, including in places like Venezuela, Zimbabwe, China, Iran, Syria, the Russian Federation and Myanmar. Australia’s delegate asked about best practices for holding perpetrators to account for digital attacks on human-rights defenders. Along similar lines, Germany’s representative, associating himself with the European Union, highlighted online and offline threats faced by female human-rights defenders, including the threat of publication of private information, and asked the Special Rapporteur to elaborate on the ways in which Member States can ensure that human-rights defenders are protected online.
米国代表は、人権擁護者が、ベネズエラジンバブエ中国、イラン、シリア、ロシア連邦およびミャンマーのような場所などで、民主主義に不可欠な仕事をすることへの嫌がらせや攻撃に直面していることに懸念を表明した。オーストラリアの代表は、人権擁護者に対するデジタル攻撃について加害者の責任を問うためのベストプラクティスについて尋ねた。同様の路線で、欧州連合と連携してドイツの代表は、個人情報公開の脅威を含む女性人権擁護者が直面するオンラインおよびオフラインの脅威を強調し、加盟国が人権擁護者がオンラインで保護されることを確保する方法に関して詳しく説明するよう特別報告者に依頼した。

[…]

Meanwhile, several States, including the Russian Federation’s representative, criticized the “invalid” and “artificial division” of human-rights defenders into a separate group irrespective of their role in society. China’s representative went on to assert that the definition of “human-rights defender” is not “universally accepted,” and that it is often abused. In this regard, she expressed concern about the person mentioned in the Special Rapporteur’s report, who she said is not a rights defender, but a person “engaging in acts that violate the law.”
一方、ロシア連邦の代表を含むいくつかの締約国は、社会での役割とは無関係な別のグループへの人権擁護者の「不当」かつ「人為的区分け」を批判した。中国の代表は、「人権擁護者」の定義は「普遍的に受け入れられる」ものではなく、しばしば濫用されると主張し続けた。この点において、権利擁護者ではなく「法律に違反する行為に従事している」と彼女は述べ、特別報告者の報告書において言及されている人物について懸念を表明した。

[…]


2019年10月19日