dancept1の備忘録

答弁権のエソロジー

第74回総会第三委員会:人権の促進に関する討論開く、専門家は政府に条約義務を尊重するよう強く促し、代表者は客観性求める


文書番号:GA/SHC/4266

ノート:

  • この日から「人権の促進と保護に関する討論」を開始。

  • 北朝鮮が事務総長国別報告書( A/74/268 、本文リンク先参照)に反論。

  • 拷問禁止で中国が委員会の一般コメントを牽制。同じく前日の先住民の権利に関する会合(関連エントリ参照)に続き、アメリカがウイグル問題について中国を非難。中国は報告書およびアメリカに反論。なお同じくアメリカに非難されたシリアはイラク戦争におけるアブグレイブ刑務所虐待事件を持ち出している(報告書が言及しているのかもしれない)。

  • 拷問禁止「条約を批准した25か国が報告書を委員会に一度も提出したことがない」「委員会に報告する締約国のみが審査の予定」。下記で人権高等弁務官が締約国の条約機関への報告提出状況に言及している。

  • なお、本ドキュメントは当初、冒頭に下記注釈付きでリリースされた(並行して開催されている第一、第二、第六委員会も同様)。

    Note: Owing to the liquidity crisis impacting our Organization, only a partial summary of statements made in today’s meetings of the Third Committee (Social, Humanitarian and Cultural) is available at this time. The complete summary will be issued later as Press Release GA/SHC/4266.
    注:運営に影響を与える流動性危機のため、現時点では第三委員会(社会、人道および文化)の本日の会合で行なわれた声明の部分的要約のみが利用可能である。完全な要約は、プレスリリースGA/SHC/4266として後日発行される。

    細かく見てないが上の暫定版(?)は通常冒頭に置かれる(要約の)要約が省略されていた。人権理事会では発行されなくなったのだが、

    こちらは二日ほど置いて予告通り「完全な要約」に更新されたようである。

    事務総長は国連総会の行財政委員会(第5委員会)で、一月から支出削減に努めていなければ先月の年次総会を「支えるだけの資金は捻出できなかった」と指摘。

    ロイター(2019年10月9日)

    下記によれば「エスカレーターは停止し、暖房は低めの温度に設定」。じつに<サステナブル>ではないか(笑)。

    AFP(2019年10月14日)

  • 関連エントリ(工事中) 

掲載URL:https://www.un.org/press/en/2019/gashc4266.doc.htm


United Nations

GA/SHC/4266

GENERAL ASSEMBLY > THIRD COMMITTEE >
SEVENTY-FOURTH SESSION,
17TH & 18TH MEETINGS (AM & PM)

14 OCTOBER 2019


Third Committee Opens Debate on Promotion of Human Rights, with Experts Urging Governments to Honour Treaty Obligations, Delegates Calling for Objectivity

国連

GA/SHC/4266

総会 > 第三委員会 >
七十四回セッション、
17回および18回会合(午前および午後)

2019年10月14日


第三委員会、人権の促進に関する討論開く、専門家は政府に条約義務を尊重するよう強く促し、代表者は客観性求める

The Third Committee (Social, Humanitarian and Cultural) opened its debate on human rights today, holding a series of dialogues with United Nations experts — on topics ranging from the rights of migrants and safety of journalists, to the prevention of torture — and assessing the work of treaty bodies tasked with monitoring State behaviour.
第三委員会(社会、人道および文化)は本日、国連専門家——移住者の権利やジャーナリストの安全から拷問の防止に至るまでのトピックに関する——との一連の対話を開催し、 国家の行動の監視を任務とする条約機関の作業および国家の行動の監視を任務とする条約機関作業を評価する、人権に関する討論を開いた。

Jens Modvig, Chair of the Committee against Torture, said torture is still practiced in many countries. “The international community needs to substantially step up efforts to fight this horrendous crime,” he stressed. Only those States parties that report to the Committee are scheduled for review. “This means that a State party who does not submit a report escapes the review and thereby the regular scrutiny foreseen by the Convention,” he said, describing that as a “serious problem”.
イェンス・モドヴィグ拷問禁止委員会議長は、拷問は依然として多くの国において行なわれていると述べた。「国際社会はこの恐ろしい犯罪と戦うための取り組みを大幅に強化する必要がある」、と彼は強調した。委員会に報告する締約国のみが審査の予定である。「深刻な問題」として表現して、「これは、報告書を提出しない締約国が審査を逃れ、それにより条約によって予見される定期的監視が回避されることを意味する」、と彼は述べた。

He said 25 States that ratified the Convention have never submitted a report to the Committee. To alleviate the reporting burden, the Committee is pioneering a simplified procedure enabling countries to submit more focused reports.
彼は、条約を批准した25か国が報告書を委員会に一度も提出したことがないと述べた。 報告の負担を軽減するため、委員会は、各国がより焦点を絞った報告書を提出できるようにする簡素化された手順を開拓している。

When the floor was opened for interactive dialogue, Liechtenstein’s representative requested further analysis on the separation of migrant children from their parents. The Russian Federation’s representative objected to double standards, pointing to the example of Guantanamo and raising an alarm about the United Kingdom’s handling of the Julian Assange case. He expressed dissatisfaction with the Committee’s work. China’s delegate meanwhile said the Convention does not mandate treaty bodies to make general comments of an interpretive character. Their comments should be faithful to the original meaning of the Convention.
双方向対話のために議場が開かれると、リヒテンシュタインの代表者は、移住者の子どもと両親の分離に関するさらなる分析を要請した。ロシア連邦の代表は、グアンタナモの例を指摘し、ジュリアン・アサンジ事件の英国の取り扱いについて警告を発して、二重基準に反対した。彼は委員会の作業に不満を表明した。一方、中国の代表者は、条約は解釈的性質の一般コメントを行なうことを条約機関に委任していないと述べた。彼らのコメントは、条約の本来の意味に忠実でなければならない。

[…]

Andrew Gilmour, Assistant Secretary-General for Human Rights and Head of the Office of the United Nations High Commissioner for Human Rights (OHCHR), fielded numerous questions, following his briefing, about the Secretary-General’s country-specific reports. To the Russian Federation’s delegate, who said the report on Crimea is politicized and based on falsified information, he noted that his Office has been unable to access Crimea despite the requests made. He rejected that the report on the Democratic People’s Republic of Korea is likewise based on fabrication and lies, noting that it is based on comprehensive information from abroad. “If you believe our reports are inaccurate, then let us in,” he said.
アンドリュー・ギルモア人権担当事務次長補兼国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)所長は、彼のブリーフィングに続いて、事務総長の国別報告について多くの質問に対応した。クリミアに関する報告は政治化され、偽造された情報に基づいていると述べた、ロシア連邦の代表者に、彼の事務所は要請にもかかわらずクリミアにアクセスすることができないと指摘した。彼は、海外からの包括的な情報に基づいていることを指摘して、北朝鮮に関する報告書も同様に偽造と嘘に基づいているということを拒否し、「報告書が不正確だと思われる場合は、ご連絡ください」と彼は述べた。

[…] 

The Committee will reconvene at 10 a.m. on Tuesday, 15 October, to continue its debate on the promotion and protection of human rights.
委員会は、人権の促進と保護に関する議論を継続するために、10月15日火曜午前10時に再会する。

Background
バックグラウンド

The Third Committee (Social, Humanitarian and Cultural) began its debate on the promotion and protection of human rights today. Delegates had before them numerous reports: of the Human Rights Committee (document A/74/40); the Committee against Torture (document A/74/44); the Committee on the Protection of the Rights of All Migrant Workers and Members of Their Families (document A/74/48); the Committee on the Rights of Persons with Disabilities (document A/74/55); and the Committee on Enforced Disappearances (document A/74/56).
第三委員会(社会、人道および文化)は本日、人権の促進と保護に関する討論を開始した。代表団は多数の報告書を前にした:自由権規約委員会(ドキュメントA/74/40)、拷問禁止委員会(ドキュメントA/74/44)、すべての移住労働者およびその家族の権利の保護に関する委員会(ドキュメントA/74/48)、障害者の権利に関する委員会(ドキュメントA/74/55)、強制失踪に関する委員会(ドキュメントA/74/56)。

Also before the Committee were the Secretary-General’s reports on Accessibility and the status of the Convention on the Rights of Persons with Disabilities and the Optional Protocol thereto (document A/74/146); on the United Nations voluntary trust fund on contemporary forms of slavery (document A/74/228); and on the United Nations Voluntary Fund for Victims of Torture (document A/74/233); as well as the report by the Special Rapporteur on torture and other cruel, inhuman or degrading treatment or punishment (document A/74/148); and of the Chairs of the human rights treaty bodies on their thirty-first annual meeting (document A/74/256).
さらに委員会が前にしたのは、障害者の権利に関する条約のアクセシビリティおよび状況ならびにその選択議定書(ドキュメントA/74/146)、奴隷制度の現代的形態に関する国連自主信託基金(ドキュメントA/74/228)、国連拷問被害者自主基金(ドキュメントA/74/233)に関する事務総長報告書、同様に、拷問およびその他の残酷な、非人道的なまたは品位を傷つける取り扱いまたは処罰(ドキュメントA/74/148)、ならびに第三十一回年次総会での人権条約機関議長(ドキュメントA/74/256)報告書だった。

Regarding alternative approaches for improving the effective enjoyment of human rights and fundamental freedoms, the Committee had before it reports on: the promotion of truth, justice, reparation and guarantees of non-recurrence (document A/74/147); the situation of human-rights defenders (document A/74/159); minority issues (document A/74/160); human-rights obligations relating to the enjoyment of a safe, clean, healthy and sustainable environment (document A/74/161); the right to development (documents A/74/163 and A/74/167); the right to food (document A/74/164); the negative impact of unilateral coercive measures on the enjoyment of human rights (document A/74/165); the right of everyone to the enjoyment of the highest attainable standard of physical and mental health (document A/74/174); and the independence of judges and lawyers (document A/74/176).
人権と基本的自由の効果的享受を改善するための代替アプローチに関して、委員会は報告書を前にした:真実、正義、賠償および再発防止の保証の促進(ドキュメントA/74/147)、人権擁護者の状況(ドキュメントA/74/159)、マイノリティ問題(ドキュメントA/74/160)、安全、清潔、健康で、持続可能な環境の享受に対する人権義務(ドキュメントA/74/161)、開発権(ドキュメントA/74/163およびA/74/167)、食料への権利(ドキュメントA/74/164)、人権の享受に対する一方的強制措置のマイナス影響(ドキュメントA/74/165)、達成可能な最高水準の心身の健康を享受に対するすべての者の権利(ドキュメントA/74/174)、裁判官と弁護士の独立(ドキュメントA/74/176)。

Other reports focused on: contemporary forms of slavery, including its causes and consequences (document A/74/179); the protection against violence and discrimination based on sexual orientation and gender identity (document A/74/181); adequate housing as a component of the right to an adequate standard of living, and the right to non-discrimination in this context (document A/74/183); human rights and international solidarity (document A/74/185); the rights of persons with disabilities (document A/74/186); albinism worldwide (document A/74/190); human rights of migrants: good practices and initiatives on gender-responsive migration legislation and policies (document A/74/191); human rights to safe drinking water and sanitation (document A/74/197); human rights and transnational corporations and other business enterprises (document A/74/198); human rights and cultural diversity (document A/74/212); the International Convention for the Protection of All Persons from Enforced Disappearance (document A/74/213); the effective promotion of the Declaration on the Rights of Persons Belonging to National or Ethnic, Religious and Linguistic Minorities (document A/74/215); and national institutions for the promotion and protection of human rights (document A/74/226).
他の報告書は焦点を当てた:その原因および結果を含む奴隷制度の現代的形態(ドキュメントA/74/179)。性的指向と性同一性に基づく暴力と差別に対する保護(ドキュメントA/74/181)、適切な生活水準に対する権利の構成要素としての適切な住宅、およびこの文脈における非差別に対する権利(ドキュメントA/74/183)、人権と国際連帯(ドキュメントA/74/185)、障害者の権利(ドキュメントA/74/186)、世界中のアルビノ患者(ドキュメントA/74/190)、移住者の人権:性別に応じた移住に関する法律と政策に関するグッドプラクティスとイニシアチブ(ドキュメントA/74/191)、安全な飲料水と衛生に対する人権(ドキュメントA/74/197)、人権および多国籍企業およびその他の企業(ドキュメントA/74/198)、人権と文化的多様性(ドキュメントA/74/212)、強制失踪からのすべての者の保護に関する国際条約(ドキュメントA/74/213)、民族的または種族的、宗教的、言語的マイノリティに属する者の権利に関する宣言の効果的推進(ドキュメントA/74/215)、人権の促進と保護のための国家機関(ドキュメントA/74/226)。

Further reports covered the promotion of equitable geographical distribution in the membership of the human rights treaty bodies (document A/74/227); combating intolerance, negative stereotyping, stigmatization, discrimination, incitement to violence and violence against persons, based on religion or belief (document A/74/229); the right to education (document A/74/243); the promotion of a democratic and equitable international order (document A/74/245); cultural rights (document A/74/255); the rights of internally displaced persons (document A/74/261); the United Nations Human Rights Training and Documentation Centre for South-West Asia and the Arab Region (document A/74/262); the effects of foreign debt and other related international financial obligations of States on the full enjoyment of all human rights, particularly economic, social and cultural rights (document A/74/178); trafficking in persons, especially women and children (document A/74/189); protecting human rights and fundamental freedoms while countering terrorism (document A/74/270); the human rights of migrants (document A/74/271); the right to privacy (document A/74/277); strengthening the role of the United Nations in enhancing the effectiveness of the principle of periodic and genuine elections and the promotion of democratization (document A/74/285); the safety of journalists and the issue of impunity (document A/74/314); extrajudicial, summary or arbitrary executions (document A/74/318); the promotion and protection of human rights and fundamental freedoms while countering terrorism (document A/74/335); the rights to freedom of peaceful assembly and of association (document A/74/349); and the Subregional Centre for Human Rights and Democracy in Central Africa (document A/74/460).
さらなる報告書は、人権条約機関のメンバーシップにおける公平な地理的分布の促進(ドキュメントA/74/227)。宗教や信念に基づく、不寛容、否定的ステレオタイプ化、非難、差別、人に対する暴力と暴力への扇動と戦う(ドキュメントA/74/229)、教育への権利(ドキュメントA/74/243)、民主的で公平な国際秩序の促進(ドキュメントA/74/245)、文化的権利(ドキュメントA/74/255)、国内避難民の権利(ドキュメントA/74/261)、南西アジアおよびアラブ地域のための国連人権研修・文書化センター(ドキュメントA/74/262)、すべての人権、とくに経済的、社会的および文化的権利の完全な享受に対する対外債務およびその他の関連する締約国の国際的金融債務の影響(ドキュメントA/74/178)、人身売買、とくに女性と児童(ドキュメントA/74/189)、テロリズム対策の一方での人権および基本的自由の保護(ドキュメントA/74/270)、移住者の人権(ドキュメントA/74/271)、プライバシーの権利(ドキュメントA/74/277)、定期的で真正な選挙の原則の有効性向上と民主化促進における国連の役割強化(ドキュメントA/74/285)、ジャーナリストの安全と不処罰の問題(ドキュメントA/74/314)、超法規的、簡易的、または恣意的処刑(ドキュメントA/74/318)、テロリズム対策の一方での人権および基本的自由の促進と保護(ドキュメントA/74/335)、平和的集会および結社の自由に対する権利(ドキュメントA/74/349)、中央アフリカにおける人権および民主主義のための小地域センター(ドキュメントA/74/460)。

Delegates also had before them country-specific reports on the human-rights situations in Somalia (document A/74/166); the Islamic Republic of Iran (documents A/74/188 and A/74/273); Belarus (document A/74/196); the Democratic People’s Republic of Korea (documents A/74/268 and A/74/275); the Autonomous Republic of Crimea and the city of Sevastopol, Ukraine (document A/74/276); Myanmar (documents A/74/278, A/74/311, A/74/342); and Burundi (document A/74/303). Regarding the Comprehensive implementation of and follow-up to the Vienna Declaration and Programme of Action, the Committee had before it the report of the United Nations High Commissioner for Human Rights (document A/74/36).
代表者たちはさらに彼らの前に、ソマリアにおける人権状況(ドキュメントA/74/166)、イラン・イスラム共和国(ドキュメントA/74/188およびA/74/273)、ベラルーシ(ドキュメントA/74/196)、北朝鮮(ドキュメントA/74/268およびA/74/275)、ウクライナ、クリミア自治共和国およびセバストポリ市(ドキュメントA/74/276)、ミャンマー(ドキュメントA/74/278A/74/311A/74/342)、ならびにブルンジ(ドキュメントA/74/303)に関する国別報告書があった。ウィーン宣言および行動計画の包括的実施とフォローアップに関して、委員会はその前に国連人権高等弁務官報告書(ドキュメントA/74/36)があった。

Interactive Dialogues on Human Rights
人権に関する双方向対話

[…] 

ANDREW GILMOUR, Assistant Secretary-General for Human Rights and Head of the Office of the United Nations High Commissioner for Human Rights (OHCHR),[…]
アンドリュー・ギルモア人権担当事務次長補兼国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)所長は、[…]

He went on to say that the Secretary-General’s report on human rights and cultural diversity (document A/74/212) provides an overview of efforts taken at the national, regional and international levels regarding the preservation of cultural diversity. The Secretary-General’s report on the Effective Promotion of the Declaration on the Rights of Persons Belonging to National or Ethnic, Religious and Linguistic Minorities (document A/74/160) meanwhile urges Member States and other stakeholders to consider ways to reinforce the impact of the United Nations Forum on Minority Issues. He also referred to the Secretary-General’s report on steps taken by States to combat intolerance and stereotyping based on religion or belief (document A/74/229), which calls for a greater emphasis on actions that must be taken by Member States and others. The report on the promotion and protection of human rights and fundamental freedoms while countering terrorism (document A/74/335) notes that more must be done to ensure victims’ access to justice, while the report on the safety of journalists (document A/74/314) provides an overview of the situation. Turning to the Secretary-General’s report on the Subregional Centre for Human Rights and Democracy in Central Africa, he said it describes the situations in Burundi, Cameroon and the Congo. He also updated the Committee on human rights situations in the Democratic People’s Republic of Korea; Crimea and the city of Sevastopol, Ukraine; and Iran (documents A/74/268, A/74/276 and A/74/273).
彼は続けて、人権と文化的多様性に関する事務総長報告(文書A/74/212)は、文化的多様性の保全に関して国内、地域、および国際レベルで取られた取り組みの概要を提供すると述べた。一方、民族的または種族的、宗教的、言語的マイノリティに属する者の権利に関する宣言の効果的推進に関する事務総長報告(文書A/74/160)は、マイノリティ問題に関する国連フォーラムの影響を強化する方法を検討するよう加盟国およびその他の利害関係者に強く促す。彼はまた、加盟国やその他によって取られなければならない行動により強く重点を置くことを要請する、宗教や信念に基づく、不寛容やステレオタイプ化と戦うために各国がとった措置に関する事務総長報告(文書A/74/229)に言及した。テロリズム対策の一方での人権および基本的自由の促進と保護(文書A/74/335)は、被害者の正義へのアクセスを確保するためにさらに行なわなければならないことを指摘する一方、ジャーナリストの安全に関する報告書(文書A/74/314)は、その状況の概要を提供する。中央アフリカにおける人権および民主主義のための小地域センターに関する事務総長報告に目を向け、彼はブルンジカメルーンおよびコンゴにおける状況を説明していると述べた。彼はまた、北朝鮮、クリミアおよびウクライナセバストポリ市、ならびにイランにおける人権状況に関する委員会の最新情報を報じた(ドキュメントA/74/268、A/74/276およびA/74/273)。

The representative of the Russian Federation said the report on Crimea is politicized and based on falsified information and the related mandate is not accepted by his country. The representative of the Democratic People’s Republic of Korea said the report related to his country likewise is based on fabrications and lies with the aim of toppling his country’s social system. The representative of Syria said his country’s people and economy have been destroyed, while hospitals and bridges and other services required for development have also been destroyed, notably due to the support given to terrorism.
ロシア連邦代表は、クリミアに関する報告は政治化され、偽造された情報に基づいており、関連するマンデートは彼の国によって受け入れられないと述べた。北朝鮮代表は、彼の国に関連する報告書も同様に、彼の国の社会システムを崩壊させることを目的とする捏造と嘘に基づいていると述べた。シリア代表は、自国の人々と経済が破壊され、開発に必要な病院や橋などのサービスも破壊されたと述べた。とくにテロリズムへ与えられた支援が原因である。

Mr. GILMOUR[…]
ギルモア氏は[…]

To Iran’s representative, he described the report as balanced, pointing out that some issues relate to the sanctions placed on Iran. Regarding comments made by Morocco’s representative, he said he and his colleagues are focusing on how human rights can be integrated into the Agenda. He rejected that the report on the Democratic People’s Republic of Korea is based on fabrication and lies, noting that it is based on comprehensive information from abroad. “If you believe our reports are inaccurate, then let us in,” he said. He expressed his surprise that Syria’s representative discussed the destruction of hospitals, based on what is known about who has actually done most of the destroying.
イランの代表に対し、彼は、報告書をバランスのとれたものとして説明し、一部の問題はイランに対する制裁に関連していると指摘した。モロッコの代表によってなされたコメントに関して、彼と彼の同僚は人権をアジェンダにどう統合するかに焦点を当てていると述べた。海外からの包括的な情報に基づいていることを指摘して、北朝鮮に関する報告が捏造と嘘に基づいていることを拒否した。「報告書が不正確だと思われる場合は、ご連絡ください」と彼は述べた。破壊のほとんどを実際に行なったのは誰であるかについて知られていることに基づき、シリアの代表が病院の破壊について議論したことに驚きを示した。

[…]

Also speaking were representatives of China, Costa Rica, Algeria, Portugal and the Maldives.
さらなる発言は中国コスタリカアルジェリアポルトガルおよびモルディブだった。

[…]

JENS MODVIG, Chair of the Committee against Torture, […]
イェンス・モドヴィグ拷問禁止委員会議長は、[…]

[…]

The representative of France, associating with the European Union, called on parties to respect the Convention against Torture. China’s delegate meanwhile said the Convention does not mandate the treaty bodies to make general comments of an interpretive character; their comments should be faithful to the original meaning of the Convention and not change its scope.
欧州連合に同調してフランス代表は、拷問禁止条約を尊重するよう締約国に要請したた。一方、中国の代表者は、条約は解釈的性質の一般コメントを行なうことを条約機関に委任しておらず、 彼らのコメントは、条約の本来の意味に忠実であるべきであり、その範囲を変更してはならない、と述べた。

[…]

MALCOLM EVANS, Chair of the Subcommittee on Prevention of Torture and Other Cruel, Inhuman or Degrading Treatment or Punishment, […]
マルコム・エヴァンス拷問およびその他の残虐な、非人道的なまたは品位を傷つける取り扱いまたは刑罰の防止に関する小委員会議長は、[…]

[…]

The United States’ representative expressed concern over reports of torture in Cameroon, Nicaragua, Iran and Chechnya, as well as reports of extrajudicial killings in Venezuela and atrocities perpetrated by the “Assad regime” — which “crematoriums will not hide” — and reports in China’s Xinjiang of arbitrary detention of people due to their ethnic identities. China’s representative characterized such reports as “groundless accusations” and “smears” aimed at creating a pretext to interfere in its domestic affairs and called on all States to condemn the United States’ “bullying and double standards”. The delegate of Syria condemned the United States for its collective punishment against migrants and in Abu Ghraib, adding that it cannot speak about human-rights violations taking place elsewhere, given that “their administration commits them day in, day out”.
米国の代表は、カメルーンニカラグア、イランおよびチェチェンにおける拷問の報告、同様にベネズエラにおける超法規的殺害および「アサド政権」によって実行された残虐行為——「火葬場は隠れない」——の報告および彼らの民族的アイデンティティによる人々の恣意的拘留の中国の新疆の報告に対して懸念を表明した。中国の代表者は、そのような報告を国内問題に干渉する口実をつくることを目的とした「根拠のない告発」と「中傷」として特徴付け、すべての締約国に米国の「いじめと二重基準」を非難するよう要請した。シリア代表者は、「彼らの政権が日々彼らに犯している」ことを考えると、他の場所で起こっている人権侵害について発言することはできないと付け加えて、移住者およびアブグレイブにおける集団的懲罰について米国を非難した。

[…]


2019年10月19日