dancept1の備忘録

答弁権のエソロジー

第42回人権理事会:(31 - 33回会合)アフリカ系の人々に関する作業部会との双方向対話/レイシズム、人種差別、外国人嫌悪および関連する不寛容に関する一般討論/ウクライナにおける人権状況に関する双方向対話


文書番号:——

ノート:

  • アフリカ系の人々に関する作業部会との双方向対話、アジェンダ項目9:レイシズム、人種差別、外国人嫌悪および関連する不寛容の形態、ダーバン宣言と行動計画のフォローアップと実施に基づく一般討論で中国が発言。

  • アジェンダ項目9一般討論続き(32回会合)で中国が答弁権を行使して NGO に反論、アンジニア・デュ・モンドより、中国における良心の囚人からの強制臓器摘出に関する独立法廷:中国法廷[Independent Tribunal into Forced Organ Harvesting from Prisoners of Conscience in China: China Tribunal](ロンドン)の弁護士、ハミド・サビ[Hamid Sabi]氏 *1 が同法廷の報告を発表していた:「今世紀最悪の大規模な虐殺に数えられる」。

    新唐人NTDTV(2019年9月27日)

    AFP(2019年6月18日)

    日本のメディアも特別報告者の書簡や声明などへの報道の仕方を叩かれたりしているが、下記両メディアも煽り気味の見出し(理事会での NGO 声明をまるっと「国連」)。

    インディペンデント(2019年9月25日)

    「中国が宗教的・民族的マイノリティを殺害し臓器摘出している、国連人権理事会語る」

    ロイター(2019年9月25日)

    「国連、中国における臓器摘出を調査するよう促す」

  • ウクライナにおける人権状況に関する高等弁務官報告の口頭報告に関する双方向対話で日本が発言。
  • (外務省声明)

    声明掲載なし。

  • UN Web TV

    項目6一般討論 - 42回人権理事会定例セッション、31回会合

    項目9一般討論 - 42回人権理事会定例セッション、31回会合

    項目9一般討論(続き)- 42回人権理事会定例セッション、32回会合

    ID:ウクライナに関する高等弁務官報告 - 42回人権理事会定例セッション、33回会合

    チャプター30:日本/中込正志在ジュネーブ政府代表部公使

掲載URL:——


2019年10月1日

*1:中国法廷ホームページ(英語)