dancept1の備忘録

答弁権のエソロジー

第40回人権理事会:イランにおける人権状況に関する双方向対話


文書番号:HRC/19/30E

ノート:

  • 例によって中国、北朝鮮がイランを擁護。北朝鮮、イラン、シリアはお互いの会合で相互に擁護。

  • 関連エントリ

掲載URL:
https://www.unog.ch/unog/website/news_media.nsf/(httpNewsByYear_en)/4A2FCF348E1C0762C12583BA00619E5E?OpenDocument


HUMAN RIGHTS COUNCIL HOLDS INTERACTIVE DIALOGUE ON THE SITUATION OF HUMAN RIGHTS IN IRAN
人権理事会、イランにおける人権状況に関する双方向対話を開催

11 March 2019
2019年3月11日

The Human Rights Council today held an interactive dialogue with Javaid Rehman, Special Rapporteur on the situation of human rights in Iran.
人権理事会は、本日、イランにおける人権状況に関する特別報告者、ジャベイド・レーマンとの双方向対話を開催した。

[…]

The Council has a full day of meetings scheduled today. It will next hold an enhanced interactive dialogue on the situation of human rights in Eritrea.
理事会は、本日、全日会合を予定している。次にエリトリアにおける人権状況に関する拡張方向対話を開催する。

[…]

Interactive Dialogue
双方向対話

[…]

China opposed the imposition of external mechanisms on countries without their agreement because it would not contribute to the protection of human rights. It expressed hope that the international community would objectively and impartially view the situation of human rights in Iran.
中国は、人権保護に貢献しないため、国々に対する外交メカニズムを合意なしに課すことに反対した。国際社会がイランにおける人権状況を客観的かつ公平に見なすことへの希望を表明した。

[…]

Democratic People’s Republic of Korea rejected all attempts to use human rights as a pretext to interfere in the affairs of sovereign States. The Special Rapporteur’s report on Iran was far from objective and ignored the reality on the ground.
北朝鮮は、人権のある締約国における事柄を妨害するための口実として人権を使用しようとする試みをすべて拒否した。イランに関する特別報告者の報告は客観性から遠く、現場での現実を無視した。

[…]


2019年3月23日