dancept1の備忘録

答弁権のエソロジー

第40回人権理事会:障害者の権利に関する年次双方向対話/障害者とアルビノ患者に関する集約化双方向対話を終結


文書番号:HRC/19/22E

ノート:

  • 中国人権研究会(CSHRS)が下記会合に続いて登場、例によって同国政府のような発言。メキシコが韓国含む五か国を代表して発言。

  • 関連エントリ

掲載URL:
https://www.unog.ch/unog/website/news_media.nsf/(httpNewsByYear_en)/42ACB20A1EE14A9AC12583B50068E230?OpenDocument


HUMAN RIGHTS COUNCIL HOLDS ANNUAL INTERACTIVE DEBATE ON THE RIGHTS OF PERSONS WITH DISABILITIES
人権理事会、障害者の権利に関する年次双方向対話を開催

Concludes Clustered Interactive Dialogue on Persons with Disabilities and Persons with Albinism
理事会、障害者とアルビノ患者に関する集約化双方向対話を終結

6 March 2019
2019年3月6日

The Human Rights Council this afternoon held its annual interactive debate on the rights of people with disabilities, with a focus on article 26 of the Convention on the Rights of Persons with Disabilities on habilitation and rehabilitation. It also concluded its clustered interactive dialogue with Catalina Devandas Aguilar, Special Rapporteur on the rights of persons with disabilities, and Ikponwosa Ero, Independent Expert on the enjoyment of human rights by persons with albinism.
人権理事会は、午後、障害者の権利に関する条約第26条に基づき、障害者の権利に関する年次双方向討議を開催した。また、障害者の権利に関する特別報告者、カタリーナ・デヴァンダス・アギラール、およびアルビノ患者による人権の享受に関する独立専門家、イクポンウォサ・エロとの集約化双方向対話を終結した。

[…]

The Council will next meet on Thursday, 7 March, at 10 a.m., to hold an interactive dialogue with Amina Mohammed, Deputy Secretary-General of the United Nations. It will then hold an interactive dialogue with the High Commissioner for Human Rights on her annual report and oral update.
理事会は、次に3月7日木曜日午前10時に会合を行ない、国連副事務総長、アミーナ・モハメッドとの双方向対話を開催する。その後、彼女の年次報告および口頭報告に関する人権高等弁務官との双方向対話を開催する。

[…]

Interactive Dialogue with the Special Rapporteur on the Rights of Persons with Disabilities and the Independent Expert on Albinism
障害者の権利に関する特別報告者およびアルビニズムに関する独立専門家との双方向対話

[…]

China Society for Human Rights Studies (CSHRS) reminded that derogatory terms had been used to refer to persons with disabilities in the past, but that the situation had changed. China was increasing its standards of accessibility for persons with disabilities, as well as their access to education.
中国人権研究会(CSHRS)は、過去において障害者を指すために軽蔑的な用語が使われていたが、その状況は変わっていたことを想起した。中国は、障害者にとってのアクセシビリティの基準、加えて教育へのアクセスを向上させていた。

[…]

Annual Debate on the Rights of Persons with Disabilities
障害者の権利に関する年次討論

[…]

Discussion
議論

[…]

Mexico, speaking also on behalf of Indonesia, Republic of Korea, Turkey and Australia, recognized that rehabilitation involved a wide range of functional interventions, both medical and non-medical, interrelated with the enabling or restrictive conditions of the environment. Legislation on rehabilitation should promote quality services that entrenched a human-rights based approach.
メキシコは、インドネシア韓国、トルコおよびオーストラリアも代表して発言し、リハビリテーションは、環境の有効化または制限的な条件と関連して、医学的および非医学的の両方の幅広い機能的介入を含むことを認識した。リハビリテーションに関する法律は、人権に基づくアプローチを定着させる質の高いサービスを促進しなければならない。

[…]


2019年3月23日