dancept1の備忘録

答弁権のエソロジー

北朝鮮における人権のための重大な岐路 – 国連専門家


文書番号:(なし)

ノート:

  • 国連人権高等弁務官事務所ホームページ「プレスリリース」(英語)より。

  • ソウルのプレスセンターで発表。声明全文でも拉致問題への言及はない模様。日本については下記のような言及があった(以上本文リンク先の声明全文参照)。

    最後に、私は、国際社会、とくに韓国、米国、ならびに重要な役割を担う中国、ロシアおよび日本などのその他を含む北朝鮮との非核化交渉に関わる国々に呼びかけたい。[…]国際社会は、北朝鮮における人権状況の改善を怠らず、促進し続ける歴史的責任がある。

  • (メディア報道より)

    共同通信(2019年1月11日)

    聯合ニュース(2019年1月11日)

    ハンギョレ(2019年1月11日)

    朝鮮日報(2019年1月12日)

    AP(2019年1月11日)

    「国連専門家:北朝鮮の核協議は人権を含めるべき」

    ロイター(2019年1月11日)

    「「国全体が監獄」:北朝鮮においてより良い権利の兆候なし - 国連」

  • 掲載URL:
    https://www.ohchr.org/EN/NewsEvents/Pages/DisplayNews.aspx?NewsID=24064&LangID=E


Critical juncture for human rights in North Korea – UN expert
北朝鮮における人権のための重大な岐路 – 国連専門家

・Special Rapporteur urges DPRK to allow him to visit
・Human rights situation remains ‘extremely serious’
・System of political prison camps a serious concern
・特別報告者は彼が訪問することを許可するよう北朝鮮に要請
・人権状況は依然として「極めて深刻」
政治犯収容所制度は深刻な懸念

GENEVA (11 January 2019) – Reflecting on breakthroughs that brought an easing of tensions on the Korean peninsula in the past year, the UN’s human rights expert on North Korea said that 2019 represented “a critical test, not only for peace and denuclearisation but for human rights”.
ジュネーブ(2019年1月11日)– 昨年における朝鮮半島に対する緊張緩和をもたらした突破口を反映して、北朝鮮に関する国連の人権専門家は、2019年は「平和と非核化のみならず、 人権のための臨界テスト」を表すと述べた。

Tomas Ojea Quintana, the Special Rapporteur on the situation of human rights in the Democratic People’s Republic of Korea, urged the DPRK Government to engage with his mandate and allow him to visit the country “to hear the voice of the people and the authorities”. Up to now, the North has refused to cooperate with the mandate.
トマス・オヘア・キンタナ、北朝鮮における人権状況に関する特別報告者は、彼のマンデートに関与し「人々と当局の声を聞くために」同国を訪問することを許可するよう北朝鮮に強く促した。今までのところ、北はマンデートに協力することを拒否した。

At the end of a five-day visit to the South Korean capital Seoul, Ojea Quintana said that despite the positive developments of the past year, it was “regrettable” that the human rights situation on the ground remains “unchanged” and continues to be “extremely serious”.
韓国の首都ソウルへの五日間の訪問の終わりに、オヘア・キンタナは、昨年の肯定的な進展にもかかわらず、現場での人権状況が「変わらない」ままで「非常に深刻」であり続けていることは「遺憾」だったと述べた。

Referring to the lives of ordinary citizens, he stated that much of the population in North Korea were “being left behind”.
一般市民の生活に言及して、彼は北朝鮮の住民の多くが「取り残されている」と述べた。

Ojea Quintana noted that in his New Year address, the North’s Leader had stated that “improving people’s standard of living radically is of importance for the Party and the State”, and authorities “should lend an ear to their sincere opinions”.
オヘア・キンタナは、新年の演説において、の首脳が「国民の根本的な生活水準の向上は党と国家にとって重要である」と表明しており、当局は「彼らの偽りのない意見に耳を傾けるべきである」と指摘した。

“In my view, this is a recognition of the economic and social hardships for ordinary people, and represents an important first step towards taking action to address the challenges,” the UN expert said in a statement.
「私の見解では、これは一般の人々の経済的、社会的困難を認識し、課題に対処するための行動をとることに向けた重要な第一歩を表す」、国連専門家は声明において述べた。

He called on the international community to continue to support the vital humanitarian assistance that was being provided by various actors to the people of the DPRK. “In particular, it is important that humanitarian cooperation is extended without politicization and in full respect of the principles of neutrality and independence,” he said.
彼は国際社会に対し、DPRKの人々に対しさまざまな当事者によって提供されていた重要な人道的支援を引き続き支援するよう求めた。「とくに、人道的協力が政治化なしに、そして中立と独立の原則を尊重して拡大されることが重要である」、彼は述べた。

Ojea Quintana repeated a call he made to the UN Security Council to supervise the implementation of its sanctions with a view to ensuring that they do not have a detrimental impact on the people of the DPRK.
オヘア・キンタナは、彼らがDPRKの人々に対して有害な影響を与えないようにすることを目的として制裁の実施を監視するために国連安全保障理事会に行なった呼びかけを繰り返した。

POLITICAL PRISON CAMPS
政治犯収容所

The Special Rapporteur expressed serious concerns about the system of political prison camps which continue to exist in the North. “Fear about being sent to these political prison camps are very real and deeply embedded in the consciousness of the ordinary North Korean people – as real is the control that is exercised over the people,” he said.
特別報告者は、北部に存在し続ける政治犯収容所制度について深刻な懸念を表明した。「これらの政治犯収容所に送られることへの恐怖は非常に現実的であり、北朝鮮の一般の人々の意識に深く組み込まれている——現実は国民に対して行使される統制であるため」、彼は述べた。

“Surveillance and close monitoring of ordinary citizens as well as other severe restrictions on their basic freedoms, including the prohibition to leave the country, are an integral part of the North Korean system of control. One person concluded: ‘the whole country is a prison’.”
「一般市民の監視と緊密なモニタリング、加えて国を離れることの禁止を含む、基本的自由に対するその他の厳しい制限は、北朝鮮の統制システムの不可欠な部分である。ある人は結論付けた:「国全体が監獄」。

Ojea Quintana urged the Government of the DPRK to start a process of dialogue and confidence building in human rights. “We are now at a critical juncture – this coming year will see what we hope will be a rapid progress on the peace and denuclearization agenda, among parties who used to considered themselves as enemies and hostile players,” he said.
オヘア・キンタナは、人権における対話と信頼醸成のプロセスを開始するようDPRK政府に強く促した。「我々は今重大な岐路にある——今年は自身を敵と敵対的プレイヤーと見なしてきた当事者間で、我々が期待する平和と非核化のアジェンダに関する急速な進展を目にするだろう」と彼は述べた。

“It is my sincere hope that 2019 will usher in a new era for human rights for the people of the DPR Korea.”
「2019年が北朝鮮の人々のための人権への新しい時代を迎えることを心から願う」。

END
終わり


2019年1月14日