dancept1の備忘録

答弁権のエソロジー

第73回総会第三委員会:第三委員会、児童の権利、生殖に関する健康、国際刑事裁判所が議論を支配する8草案を通し、激しいセッションを閉会


文書番号:GA/SHC/4256

アジェンダ

  • アイテム74(b):人権と基本的自由の効果的享受の改善のための代替アプローチを含む、人権問題

  • アイテム70(a):児童の権利の促進および保護
  • アイテム109:犯罪防止と刑事司法

  • アイテム123:総会の活動の活性化

ノート:

  • 日本、韓国がアメリカ提出の L.41/Rev.1 基本的自由の促進と保護 *1  のスポンサーとなっている(草案ドキュメントによる。ドキュメントのリンク先は L.61 除き下記掲載の国連総会ホームページ「73回セッション - アジェンダ項目ごとの草案提案」*2 。以下同様)。

  • コンセンサスで採択された L.49/Rev.1 デジタル時代のプライバシー権 *3 で中国が、市民的および政治的権利に関する国際規約17条に関する人権理事会一般コメント16などに言及した前文パラグラフ11、およびプライバシーに対する権利に対するいかなる干渉も合法性、必要性および比例の原則と一致するようにしなければならないと想起する本文パラグラフ4に関する留保を表明。コンセンサスで採択されたコロンビア提出の L.16/Rev.1 腐敗防止総会特別セッション *4 で日本が発言。

  • 下記の決議2本および修正案が投票に持ち込まれた(各国投票先は国連総会ホームページ「第三委員会投票記録」リンク先参照)。

    前日修正案三本が否決された L.39/Rev.1 恣意的処刑は中国、北朝鮮反対、日本、韓国支持 *5 。前日否決されたエジプト(イスラム協力機構)提出の修正案 L.65 のスポンサーシップを巡る議論に続き、L.39/Rev.1 への投票を求めたエジプトが「コンセンサスによる支持」を唱えたと採録されている。

    基本的自由の促進と保護(前出):中国、北朝鮮棄権、日本、韓国支持 *6 。中国が発言:「公的秩序の保護および他者の権利の確保のために[…]国内法を遵守すべきである」。

    コンセンサスで採択されたメキシコ提出の L.43/Rev.1 テロリズム *7 で、アメリカが、グローバル・テロ対策フォーラムの KFR(Kidnapping For Ransom:営利誘拐)利益の防止と否定に関するグッドプラクティスに関するアルジェ覚書などに言及した本文パラグラフ14の削除、ロシアが、口頭修正により削除されていた本文パラグラフ20の「扇動」の語の復活を求め口頭修正を提出したが、いずれも否決された。前者:中国棄権、北朝鮮、日本反対、韓国棄権。後者:中国、北朝鮮支持、日本、韓国反対。

    コンセンサスで採択された、ウルグアイが口頭改定提出の L.26/Rev.1 児童の権利 *8 は表題のとおり揉め、メキシコが本文パラグラフ21での「生殖と性に関する健康」への言及の復活を口頭で、スーダンがここでも国際刑事裁判所への言及削除を求めて L.61 を提出 *9(関連エントリ 2018-11-16 、2018-11-19 参照)したがいずれも否決された。前者:中国反対、北朝鮮記録なし、日本、韓国棄権、後者:中国、北朝鮮支持、日本、韓国反対。アメリカが「性と生殖に関する健康」への懸念(関連エントリ 2018-11-15 、2018-11-19 参照)など一部条項のコンセンサスから離脱し、ほかロシアがパリ原則(軍隊または武装集団に加えられた子どもに関するパリ原則およびガイドライン)への言及からなど数か国も一部条項から離脱した。

  • 閉会にあたりセッションについての「詩の朗読」をイギリス(など)が行なうのが慣行のようである。

  • (国連総会ホームページ(英語))

    「73回セッション - アジェンダ項目ごとの草案提案 - 社会、人道および文化問題(第三委員会)- 国連総会」

    「国連総会 - 第三委員会 - 社会、人道および文化)- 事務局」
     第三委員会投票記録

  • ( UN Web TV の映像より)

  • 関連エントリ

掲載URL:https://www.un.org/press/en/2018/gashc4256.doc.htm


United Nations

GA/SHC/4256

GENERAL ASSEMBLY > THIRD COMMITTEE >
SEVENTY-THIRD SESSION,
54TH & 55TH MEETINGS (AM & PM)

20 NOVEMBER 2018


Third Committee Concludes Intense Session, Passing 8 Drafts as Children’s Rights, Reproductive Health, International Criminal Court Dominate Discussion

国連

GA/SHC/4256

総会 > 第三委員会 >
七十三回セッション、
54回および55回会合(午前および午後)

2018年11月20日


第三委員会、児童の権利、生殖に関する健康、国際刑事裁判所が議論を支配する8草案を通し、激しいセッションを閉会

The Third Committee (Social, Humanitarian and Cultural) concluded its work today, approving eight draft resolutions on a range of topics from protecting children’s rights to ending judicial killings to respecting privacy in the digital age.
第三委員会(社会、人道および文化)は、児童の権利保護から司法による殺人の終結、デジタル時代におけるプライバシーの尊重まで、八つのテーマに関する決議草案を承認し、本日その作業を終結した。

[…]

Having approved its tentative work programme for the seventy-fourth session, the Committee concluded its work on a lighter note as representatives of the United Kingdom, Egypt and Myanmar took the floor to recite poems about the body’s work over the past weeks.
第七十四回セッションについての暫定作業計画を承認し、委員会は軽い話題に移り、英国、エジプトおよびミャンマー代表者が過去数週間にわたる機関の作業についての詩を朗読するために発言したことにより、その作業を終結した。

Action
決議

The Committee first turned to the draft resolution titled “Extrajudicial, summary or arbitrary executions” (document A/C.3/73/L.39/Rev.1) and a related draft amendment (document A/C.3/73/L.65).
委員会は最初に、「超法規的、簡易的または恣意的処刑」と題する決議草案(ドキュメントA/C.3/73/L.39/ Rev.1)と関連する修正案(ドキュメントA/C.3/73/L.65)に着手した。

The representative of Egypt, taking the floor in a point of order as coordinator of the Organization of Islamic Cooperation working group on humanitarian and human rights issues, expressed support for the Secretariat’s approach a day earlier, that it was possible to co‑sponsor amendment “L.65” on behalf of a group, even if some countries had disassociated. “This is the established practice of the Committee,” he said, noting that no member of the organization had broken consensus on the text. He called for adjusting the name on the amendment to reflect its submission on behalf of the Organization of Islamic Cooperation, minus those countries that had disassociated.
エジプト代表は、人道的および人権問題に関するイスラム協力機構作業部会コーディネーターとして議事進行において発言して、たとえ一部の国が離脱していたとしても、グループを代表して「L.65」を共同スポンサーできたという、前日の事務局のアプローチについて支持を表明した。同機構メンバーは誰もテキストに関するコンセンサスを壊していなかったことを指摘して、「これは委員会の確立された慣行である」、彼は述べた。彼は修正案の名称に関して、イスラム協力機構を代表してのその提出を、これらの離脱していた国々を差し引いて反映するよう調整を要請した。

A Secretariat official clarified that this is not a matter of disassociation. Four delegations had formally withdrawn their co‑sponsorship of the amendment, and as such, the amendment was no longer deemed as being on behalf of the Organization of Islamic Cooperation.
事務局職員は、これは離脱の問題ではないことを明らかにした。四つの代表団は正式に修正案の共同スポンサーシップを撤回し、そのため、修正案はもはやイスラム協力機構を代表しているとはみなされない。

The representative of Tunisia asked whether Egypt’s delegate had spoken in his national capacity or as coordinator of the working group.
チュニジア代表は、エジプト代表が国家の資格において、あるいは作業部会コーディネーターとして発言していたのかを尋ねた。

The Chair replied that Egypt’s delegate had spoken as coordinator.
議長は、エジプト代表がコーディネーターとして話していたと答えた。

The representative of Tunisia stressed that everyone shall speak in a national capacity, and in a point of order, said the explanations by the Secretariat and the Chair were clear, which is why Tunisia had withdrawn its co‑sponsorship.
チュニジア代表は、誰もが国家の資格で発言すべきであることを強調し、議事進行において、事務局と議長による説明は明確であり、それがチュニジアが共同スポンサーシップを撤回した理由である、と述べた。

[…]

The representative of Comoros, in a general statement on amendment “L.65”, expressed deep concern over attempts by some groups to undermine the Committee’s work. It is not up to the Secretariat to decide what is a group proposal. She expressed hope that the events from a day earlier would not compromise the Committee’s future work.
コモロ代表は、修正案「L.65」に関する一般声明において、委員会の作業を損なうための一部グループの試みに対する深い懸念を表明した。グループ提案が何であるかを決定するのは事務局の責任ではない。彼女は、前日からの出来事が委員会の将来の仕事を傷つけないことを望んだ。

The Chair replied to a question from Finland’s delegate that Egypt’s representative had called for a vote.
議長は、エジプト代表が投票を要請していたとフィンランド代表からの質問に答えた。

The representative of Finland expressed deep regret that a vote had been called. He highlighted the draft resolution’s core: the right to life, which in itself is a precondition to the enjoyment of other fundamental rights. He stressed the importance of bringing those who are responsible for extrajudicial, summary or arbitrary killings to justice. On behalf of Nordic countries and co‑sponsors, he urged support for the draft resolution.
フィンランド代表は、投票が要請されていたことに深い懸念を表明した。彼は決議草案の核心を強調した:生存権、それ自体が他の基本的権利の享受のための前提条件である。超法規的、簡易的、または恣意的殺人について責任ある者に裁きを受けさせることの重要性を強調した。北欧諸国と共同スポンサーを代表し、彼は決議草案への支持を強く促した。

The representative of Egypt, on behalf of the Organization of Islamic Cooperation, said that “while we 50 member States believe extrajudicial, summary or arbitrary killings must not take place on any discriminatory reason, we sternly reject any attempts to undermine the human rights system.” He advocated support by consensus.
エジプト代表は、イスラム協力機構を代表し、「我々50の加盟国が超法規的、簡易的、または恣意的殺人がいかなる差別的理由でも行なわれてはならないと考えているが、人権システムを弱体化するいかなる試みも拒否する」と述べた。彼はコンセンサスによる支持を唱えた。

The representative of the United States condemned extrajudicial, summary or arbitrary killings, stressing that all States have an obligation to protect fundamental freedoms. Underscoring the importance of punishing perpetrators, she expressed strong support for the text’s language and explained she would vote “yes”. The United States supports a balanced approach to the use of less‑than‑lethal devices during conflict situations; some are fact specific. She does not endorse the report mentioned in operative paragraph 5 and does not recognize the principle of legal proportionality.
米国代表は、すべての国が基本的自由を守る義務を負うことを強調し、超法規的、簡易的、または恣意的殺人を非難した。加害者を処罰することの重要性を強調して、彼女はテキストの言葉を強く支持し、「是」に投票すると説明した。米国は、紛争状況中の致死に到らない機器の使用に対するバランスの取れたアプローチを支持し、一部は個別事例である。彼女は本文パラグラフ5において言及された報告を支持しておらず、法的比例関係の原則を認めない。

The Committee then adopted draft resolution “L.39/Rev.1” by a recorded vote of 110 in favour to none against, with 67 abstentions.
委員会はその後、支持110、反対なし、棄権67での記録投票により決議草案「L.39/Rev.1」を採択した。

Under its terms, the Assembly would call on all States to ensure that the practice of extrajudicial, summary or arbitrary executions is ended. It would call on Governments, and invite non‑governmental organizations, to pay greater attention to the work of national commissions of inquiry into such crimes, so they contribute to accountability. The Assembly would also urge States to ensure protection of the right to life of all persons; to conduct, when required by international law, prompt, exhaustive and impartial investigations into all killings; to bring those responsible to justice before a competent, independent and impartial judiciary at the national or international level; and to ensure that such killings are neither condoned nor sanctioned by State officials or personnel.
その条項により、総会は、すべての締約国に対して、超法規的、簡易的または恣意的処刑の実施が終了するようにすることを要請する。説明責任に寄与するので、そのような犯罪の調査のための国家委員会の活動により大きな注意を払うよう政府に対し要請し、非政府組織に依頼する。総会はまた、すべての人の生存権の保護を確保し、国際法によって要求される場合、すべての殺人について迅速かつ包括的かつ公平な調査を行ない、国内または国際レベルで有能で独立した公平な司法の前で、責任ある者に裁きを受けさせ、そのような殺人が締約国当局者や職員によって容認されたり認可されたりしないよう締約国に強く促す。

The representative of Sudan, in a general statement, noted his disassociation from references to the International Criminal Court and called on delegates to distance themselves from its jurisdiction, as it operates on the premise of “feasibility and possibility”, charting a deplorable path of discrimination. He also disassociated from the reference to ending capital punishment.
スーダン代表は、一般声明において、国際刑事裁判所への言及からの離脱を指摘し、差別の嘆かわしい道筋を描く、「実現可能性と可能性」を前提として活動するとして、代表者に対しその管轄権から距離を置くよう要請した 。彼はまた、死刑を終わらせることへの言及からも離脱した。

The Committee took up the draft resolution titled “The promotion and protection of human rights and fundamental freedoms, including the rights to peaceful assembly and freedom of association” (document A/C.3/73/L.41/Rev.1).
委員会は、「平和的集会と結社の自由に対する権利を含む、人権と基本的自由の促進と保護」と題する決議草案(ドキュメントA/C.3/73/L.41/Rev.1)をとり上げた。

The representative of the United States, introducing the draft, said the resolution draws attention to Governments violating fundamental freedoms. Pointing out that these violations also take place online, she added that the resolution seeks to highlight the victims, including student protesters and human rights defenders.
米国代表は、草案を提出し、決議は基本的自由を侵害している政府に注意を喚起すると述べた。これらの違反行為がオンラインで行なわれていることを指摘し、彼女は、学生の抗議者や人権擁護者を含む、被害者を強調することを求めていると付け加えた。

[…]

The representative of the United States, voicing regret that a vote was requested, said the text was rooted in fundamental human rights documents. She deplored cynical efforts to undermine the rights that all people should enjoy.
米国代表は、投票が要請されたことが遺憾であると表明し、テキストは基本的人権文書に根ざしていると述べた。彼女は、すべての人々が享受すべき権利を損なうための冷笑的な取り組みを嘆いた。

The representative of the Russian Federation said participants in peaceful assemblies must be able to fully exercise their rights. Simple participation in peaceful protest should not be grounds for prosecution. However, the right to peaceful protest is not absolute, as the State must also ensure public order. Moreover, enjoyment of the right to peaceful assembly and freedom of association should not allow actions that flout the rights of others. Stressing that all parties have rights and duties, he said that, due to these concerns which were expressed by a number of delegations, the Russian Federation will abstain.
ロシア連邦代表は、平和的集会の参加者は、権利を十分発揮できなければならないと述べた。平和的抗議における単なる参加は起訴の根拠とすべきではない。しかしながら、締約国は公序良俗を保証しなければならないため、平和的抗議に対する権利は絶対的ではない。さらに、平和的集会と結社の自由に対する権利の享受が、他の権利を奪う行為を許すべきではない。すべての当事者に権利と義務があることを強調し、彼は、多数の代表団によって表明されたこれらの懸念により、ロシア連邦は棄権する、と述べた。

The representative of the United States asked which delegations requested a recorded vote.
米国代表は、どの代表団が記録投票を要請したかを尋ねた。

The Chair replied to a question by the United States delegate that China, the Russian Federation, Venezuela, Iran, Syria, Bolivia, Belarus and Nicaragua had requested a vote.
議長は、中国ロシア連邦ベネズエラ、イラン、シリア、ボリビアベラルーシおよびニカラグアが投票を要請したと米国代表による質問に答えた。

The representative of China, expressing support for the right to peaceful assembly and freedom of association, said the primary responsibility to promote and respect such rights lies with Governments. When exercising these rights, individuals should comply with national laws, including those that are necessary for the protection of public order and for ensuring the rights of others, as the Charter of the United Nations and the International Covenant on Civil and Political Rights provide. Due to the many loopholes in the draft resolution, China will abstain.
中国代表は、平和的集会と結社の自由に対する権利の支持を表明し、そのような権利を促進し、尊重するための主な責任は政府にあると語った。これらの権利を行使する際には、個人は、国連憲章ならびに市民的および政治的権利に関する国際規約が規定するように、公的秩序の保護および他者の権利の確保のために必要なものを含む、国内法を遵守すべきである。決議草案においては多くの抜け穴があるため、中国は棄権する。

[…]

The Committee then approved the draft resolution by a vote of 140 in favour, to none against, with 38 abstentions.
委員会はその後、支持140、反対なし、棄権38での記録投票により決議草案を承認した。

By its terms, the Assembly would call on States to prevent and end the arbitrary arrest and detention of peaceful protesters and human rights defenders. It would urge the release of persons detained or imprisoned, in violation of State obligations under international human rights law, for exercising their human rights and freedoms of expression, peaceful assembly and association, including in relation to cooperation with the United Nations. The Assembly would call on all States to protect these rights online and offline, notably by not shutting down the Internet or restricting its content.
その条項により、総会は、締約国に対し、平和的な抗議者と人権擁護者の恣意的な逮捕と拘留を防止し終結させるよう要請する。それは、国際人権法のもとでの締約国義務の違反において、国連との協力との関連を含む、彼らの人権と表現の自由、平和的集会と結社の自由の行使のために、拘留または投獄された人々の釈放を強く促す。総会は、すべての締約国に対し、とりわけインターネットを閉鎖したり、その内容を制限したりしないことによって、オンラインおよびオフラインでこれらの権利を保護することを要請する。

[…]

The representative of New Zealand, making a general statement, said the text reflected an accurate and balanced approach to the issue. It is critical that views can be expressed without fear of reprisal, threats or violence. New Zealand supports the draft resolution and regrets that a vote was requested.
ニュージーランド代表は、一般声明において、テキストはこの問題に対する正確でバランスの取れたアプローチを反映していると述べた。報復、脅迫または暴力の恐怖なしに意見を表明できることが重要である。ニュージーランドは、決議草案を支持し、投票が要請されたことが遺憾だった。

[…]

Next, the Committee took up the draft resolution titled “Terrorism and human rights” (document A/C.3/73/L.43/Rev.1).
次に、委員会は「テロリズムと人権」と題する決議草案(ドキュメントA/C.3/73/L.43/Rev.1)をとり上げた。

The representative of Mexico, also on behalf of Egypt, introduced the draft, making oral revisions to preambular paragraph 7, and operative paragraphs 4 and 20. The draft resolution uses previously agreed language. It addresses terrorism from a human rights perspective, outlining that fundamental freedoms should not be restricted while combating such violence. Expressing hope that the Committee could agree on “a common voice”, he said that while the text does not address all concerns expressed by delegations, with political will and compromise, some of the differences of perspective on terrorism and human rights can be bridged. He urged delegates to support the draft resolution.
メキシコ代表は、エジプトも代表し、前文パラグラフ7、および本文パラグラフ4と20に対する口頭修正を行ない草案を提出した。決議草案は以前合意された言葉を使用する。そのような暴力と戦うと同時に基本的自由が制限されるべきではないと概説して、それは人権の観点からテロリズムに対処する。委員会が「共通の声」に関して合意することができるという希望を表明して、テキストは代表団によって表明されたすべての懸念に対処していないが、政治的意志と妥協により、テロリズムと人権に関する観点の違いの一部を橋渡しすることができると述べた。彼は決議草案を支持するよう代表者に強く促した。

The representative of the Russian Federation asked about the specific changes made in the oral amendment to operative paragraph 20.
ロシア連邦代表は、本文パラグラフ20に対して口頭修正において行なわれた具体的変更について尋ねた。

The representative of Mexico then clarified the wording of operative paragraph 20.
メキシコの代表はその後、本文パラグラフ20の文言を明確にした。

The representative of the United States proposed that operative paragraph 14 be deleted.
米国代表は、本文パラグラフ14を削除することを提案した。

The representative of Mexico said that while his country and Egypt rarely see eye to eye on most issues, they had made great efforts to come to an understanding on this topic by merging two resolutions to create a balanced text. He expressed regret over the United States proposal to delete operative paragraph 14. This is agreed language, he said, adding that the paragraph does not create any obligations and outlines plenty of caveats, which should be acceptable. He called on delegates to vote against the United States amendment.
メキシコ代表は、彼の国とエジプトはほとんどの問題に関して意見が一致することはまれだが、バランスのとれたテキストを作成するために二つの決議を統合することによってこのトピックに関する合意に至るために多大な努力を払ったと述べた。本文パラグラフ14を削除する米国提案に対して遺憾を表明した。パラグラフはいかなる義務も生じさせず、受け入れられるべき十分な注意事項を概説すると付け加え、彼は、これは合意された言葉である、と述べた。彼は代表者に対し、米国修正案に反対を投じるよう強く促した。

The representative of the United States said she had tabled the amendment because she had concerns over the language in operative paragraph 14, which is contradictory to United States law. Expressing support for the vital role of human rights actors, she clarified that if the Committee does not approve the amendment, the United States will still support the draft resolution as a whole.
米国代表は、米国法に対して矛盾する、本文パラグラフ14における言葉に対して懸念があったので、修正案を提示したと述べた。人権活動者の重要な役割への支持を表明して、委員会が修正案を承認しなくても、米国は全体として決議草案を依然として支持することを明らかにした。

The Committee then rejected the oral amendment proposed by the United States to “L.43/Rev.1” by a recorded vote of 116 against to 3 in favour (Israel, Senegal, United States), with 28 abstentions.
委員会はその後、反対116、支持3(イスラエルセネガル、米国)、棄権28での記録投票により米国によって提案された「L.43/Rev.1」に対する口頭修正を棄却した。

The representative of the Russian Federation, in a point of order, made an oral amendment. He questioned the last‑minute decision of the co‑sponsors to remove the word “incitement” from operative paragraph 20. He proposed reintroducing this word.
ロシア連邦代表は、議事進行において、口頭修正を行なった。彼は本文パラグラフ20から「扇動」という語を削除するための協同スポンサーの土壇場での決定に疑問を呈した。彼はこの語を再導入することを提案した。

The representative of Egypt replied to the Russian Federation’s question, noting that the word “incitement” was not agreed language, which is why Egypt and Mexico had reverted to language agreed upon in the Human Rights Council. Inclusion of the word “incitement” had failed to garner wide support, he said, asking for withdrawal of that amendment.
エジプト代表は、「扇動」という言葉は合意された言葉ではなく、それがエジプトとメキシコが人権理事会において合意された言葉に戻した理由であると指摘し、ロシア連邦の質問に答えた。その修正案の撤回を依頼して、「扇動」という語を含めることは幅広い支持を得ることができなかった、と彼は述べた。

The representative of the Russian Federation said he was not convinced by Egypt’s explanation that there was not wide support for the Russian proposal. According to his information, a large number of States supported inclusion of the word “incitement” and he objected to this “corridor agreement”. He requested that the issue be voted upon, urging support for the proposal to reintroduce the word “incitement” to operative paragraph 20 and calling it strange to vote against “condemnation of incitement of terrorism”.
ロシア連邦代表は、ロシア提案への広い支持がなかったというエジプトの説明に納得しなかったと述べた。彼の情報によると、多数の締約国が「扇動」という語を含めることを支持し、彼はこの「回廊合意」に反対した。「扇動」という語を本文パラグラフ20に再導入する提案への支持を強く促し、「テロリズムの誘因の非難」に反対を投じるのは奇妙だとみなして、彼はこの問題を採決することを要請した。

The representative of Mexico urged delegates to vote “no” on the Russian Federation’s proposed amendment.
メキシコ代表は、ロシア連邦の提案された修正案に対して「否」を投票するよう代表者に強く促した。

The Chair, replying to a question by Pakistan’s delegate, said the Committee will vote on whether to re‑insert the word “incitement” into operative paragraph 20.
議長は、パキスタン代表による質問に答えて、委員会は「扇動」という語を本文パラグラフ20に再挿入するかどうかに関して投票すると述べた。

The representative of the Russian Federation proposed a vote on operative paragraph 20 as it currently stands in draft resolution “L.43/Rev.1”, recalling that Mexico had removed the word “incitement”.
ロシア連邦代表は、メキシコが「扇動」という語を削除したことを想起して、現在、決議草案「L.43/Rev.1」に代わる本文パラグラフ20に関して投票を提案した。

The Committee then rejected the Russian Federation’s proposal to include the word “incitement” in operative paragraph 20 by a recorded vote of 80 against to 23 in favour, with 35 abstentions.
委員会はその後、反対80、支持23、棄権35での記録投票により本文パラグラフ20において「扇動」という語を含めるというロシア連邦の提案を否決した。

The representative of Algeria clarified that, had her voting button functioned properly, she would have abstained.
アルジェリア代表は、彼女の投票ボタンが適切に機能していれば、彼女は棄権したと明らかにした。

The representative of Sudan, recalling the difficulty of the main sponsor to drop the word “incitement”, said he voted for the amendment.
スーダン代表は、「扇動」という語を落とすことのメインスポンサーの困難を想起して、修正案のために投票したと述べた。

The representative of Austria, in a general statement on behalf of the European Union, expressed full support for a single text on this topic. He stressed the importance of the international legal framework in times of pressure on human rights. Human rights are “no zero‑sum game” in the fight on terrorism, he asserted, underscoring the need to protect the rights of everyone during that fight. Calling the resolution a compromise, he would have wanted it to contain more human rights measures.
オーストリア代表は、欧州連合を代表し一般声明において、このトピックに関する単一のテキストへの全面的な支持を表明した。彼は人権に対する圧力の時代における国際的な法的枠組みの重要性を強調した。その戦いのあいだに全員の権利を保護する必要を強調して、テロリズムに対する戦いにおいて人権は「ゼロサムゲームではない」、と彼は主張した。決議を妥協と呼んで、彼はそれがより多くの人権処置を含むことを望んだ。

The representative of Canada, on behalf of Iceland, Liechtenstein, New Zealand and Switzerland, expressed support for efforts to streamline the Committee’s work to avoid duplication. However, today’s exercise occurred in a year that the Committee was not meant to consider the topic. She voiced deep concern over the merging of two resolutions adopted last year. Today’s draft resolution is not a successor to resolution A/RES/72/180, and such reasoning cannot be used as an excuse to eliminate language. She called for revisiting resolution A/RES/72/180 during the seventy‑fourth session when it is due to come before the Assembly. For such reasons, Canada reluctantly joins consensus.
カナダ代表は、アイスランドリヒテンシュタインニュージーランドおよびスイスを代表し、重複を回避するための委員会の作業を合理化する取り組みへの支持を表明した。しかしながら、本日の行使は、委員会がそのトピックを検討することを意図していなかった一年に起こった。彼女は昨年採択された二つの決議の統合に対して深い懸念を表明した。本日の決議草案は決議A/RES/72/180を継承しないので、そのような論法は言葉を除去する言い訳として使用することはできない。彼女は、総会の前に行なわれる予定の第七十四回セッション中に、決議A/RES/72/180を見直すよう要請した。そのような理由から、カナダは合意に心ならずも加わる。

The representative of Senegal asked that her vote be corrected. She had wanted to vote against the United States amendment and for the draft resolution as a whole.
セネガル代表は彼女の投票が訂正されるよう依頼した。彼女は米国修正案と決議案全体に反対を投じることを求めていた。

The Chair clarified that the Committee had just rejected the Russian Federation’s amendment.
議長は、委員会がロシア連邦の修正案を否決したばかりであったことを明確にした。

The representative of the Russian Federation, in a general statement on the draft resolution, said counterterrorism security guarantees and the protection of human rights are matters of a similar nature. “We cannot oppose them,” he said, expressing surprise that the concept of preventing violent extremism was placed at the same level as the fight against terrorism. Recalling that the Committee is not a specialist on terrorism, he expressed hope that the bodies responsible for that issue would continue their work. The Committee must protect the right to life by all means, while preventing the misuse of that right to the detriment of others.
ロシア連邦代表は、決議草案に関する一般声明において、対テロリズム安全保障と人権保護は同様の性質の問題であると述べた。暴力的過激主義防止の概念がテロリズムに対する戦いと同レベルに置かれたことに驚きを表明して、「我々はそれらに反対できない」、彼は述べた。委員会はテロリズムに関する専門家でないことを想起して、彼はこの問題について責任を負う機関が彼らの活動を継続することの希望を表明した。委員会は、他に損害を及ぼすことへのその権利の濫用を防止しつつ、あらゆる方法で生存権を保護しなければならない。

The Committee approved draft resolution “L.43/Rev.1” as orally revised without a vote.
委員会は、投票なしで口頭により改訂された決議草案「L.43/Rev.1」を承認した。

By its terms, the Assembly would reaffirm that States must ensure that any measure taken to combat terrorism complies with their international law obligations. It would call on States to adopt rehabilitation and reintegration strategies for returning foreign terrorist fighters through a comprehensive approach that includes the development of national centres for counsel and the prevention of radicalization to violence. The Assembly would invite all relevant United Nations bodies to focus on the negative impact of terrorism on the enjoyment of all human rights, as well as on alleged violations related to efforts to counter terrorism and violent extremism, and to report regularly to the Human Rights Council.
その条項により、総会は、テロリズムと戦うためにとられるいかなる措置も国際法義務を遵守することを締約国が保証しなければならないことを再確認する。それは締約国に対し、助言と暴力への過激化の防止のための国家センターの開発を含む包括的アプローチを通じ外国のテロリスト戦闘員を返すためのリハビリテーションと再統合戦略を採用するよう要請する。総会は、すべての人権の享受に対するテロリズムの悪影響に対して、加えてテロリズムおよび暴力的過激主義対策への取り組みに関連する違反の疑いに対して焦点を当て、定期的に人権理事会に報告するようすべての関連する国連機関に要請する。

The representative of the United States said she joined consensus on the text and expressed support for the broad principles underlying it, notably the desire to create a balanced document. She echoed concerns expressed by Canada’s delegate about dropping human rights provisions that would have better protected human rights. She disassociated from operative paragraph 14, stressing that States must respect freedom of opinion and expression when countering terrorism. She also disassociated from operative paragraph 30, as its language does not align with the United States Constitution or the International Covenant on Civil and Political Rights. “This is a Committee that does have expertise on human rights,” she said, stressing that its resolutions must reflect that fact. “With questions of balance, the balance should be for human rights,” she said.
米国代表は、テキストに関するコンセンサスに参加し、その根底にある幅広い原則、とりわけバランスのとれたテキストを作成したいという要望への支持を表明した。彼女は、より良く保護された人権を持つ人権規定を後退させることについてのカナダの代表者によって表明された懸念を繰り返した。テロリズムに対抗する際に締約国が意見と表現の自由を尊重しなければならないと強調し、本文パラグラフ14から離脱した。また、その言葉は合衆国憲法または市民的および政治的権利に関する国際規約と整合しないため、本文パラグラフ30からも離脱した。その決議はその事実を反映しなければならないと強調して、「これは人権に関する専門知識を有する委員会である」、彼女は述べた。「バランスの問題で、バランスは人権のためであるべきである」、彼女は述べた。

The Committee took up the draft resolution titled “The right to privacy in the digital age” (document A/C.3/73/L.49/Rev.1).
委員会は、「デジタル時代におけるプライバシーの権利」と題された決議草案(ドキュメントA/C.3/73/L.49/Rev.1)をとり上げた。

The representative of Brazil, also introducing the draft on behalf of Germany, said it builds on previous resolutions by including further analysis on the issue of artificial intelligence. It also recommends gender‑responsive policies by acknowledging that the protection of the right to privacy and the fight against gender‑based violence are linked.
ブラジル代表は、ドイツも代表し草案を提出して、それは人工知能の問題に関してのさらなる分析を含むことにより、以前の決議に基づいていると述べた。また、プライバシーに対する権利の保護とジェンダーに基づく暴力に対する戦いが結びついていることを認めることにより、ジェンダーに配慮した政策を勧告する。

The Committee then approved the draft resolution without a vote.
委員会はその後、投票なしで決議草案を承認した。

By its terms, the Assembly would call on all States to end violations of the right to privacy and to prevent them, including by ensuring that relevant national legislation complies with international human rights law. It would also call on businesses to inform users in “an intelligible and easily accessible way” about the collection, use, sharing and retention of their data that may affect their right to privacy, and to establish transparency policies, as appropriate.
その条項により、総会は、すべての締約国に対し、関連する国内法制が国際人権法を遵守するようにすることを含む、プライバシーの保護に対する権利の侵害を終結させ、それらを防止するよう要請する。また、企業に対し、プライバシーに対する権利に影響を与える可能性があるデータの収集、使用、共有および保持について「明瞭でアクセスしやすい方法」においてユーザーに通知し、必要に応じて透明性ポリシーを規定するよう要請する。

The representative of China said privacy‑related elements of the draft resolution should be interpreted in conjunction with relevant provisions of the International Covenant on Civil and Political Rights. Warning against oversimplified and overly subjective wording, he expressed reservations about preambular paragraph 11 and operative paragraph 4.
中国代表は、決議草案のプライバシー関連の要素は、市民的および政治的権利に関する国際規約の関連規定と併せて解釈されるべきであると述べた。過度に単純化され、過度に主観的な表現に対して警告して、彼は、前文パラグラフ11と本文パラグラフ4に関する留保を表明した。

The representative of the United States said data flows and data analytics can create great benefits for economies, and in many commercial contexts, the use of opt‑out agreements can be reasonable. The United States understood “consent” as representing a context where explicit consent is important, she said, reaffirming that State obligations under the International Covenant on Civil and Political Rights apply only on its territory and subject to its jurisdiction. The United States understands preambular paragraphs 22 and 28 as consistent with its long‑standing views on the International Covenant. While the draft resolution references a view on “principles of legality, necessity and proportionality,” she said States are not required to take those aspects into account under International Covenant article 17. For this reason, the United States disassociates from the draft’s operative paragraph 4. The United States understands that the draft’s language on human rights instruments does not imply that States must join instruments to which they are not parties or are bound by them. She expressed hope that future work can touch on privacy rights beyond the digital environment.
米国代表は、データフローとデータ分析は経済にとって大きな利益を生み出す可能性があり、多くの商業的状況において、適用免除の合意の使用は合理的であり得ると述べた。市民的および政治的権利に関する国際規約に基づく締約国義務はその領域にのみ適用され、その管轄の対象となると再確認して、米国は「同意」は明示的な同意が重要である文脈を表すとして理解したと述べた。米国は国際規約に関する長年の見解と一致するように、前文パラグラフ22および28を理解する。決議草案は、「合法性、必要性および比例性の原則」に関する見解に言及しているが、国際規約17条のもとでこれらの側面を考慮する必要はないと彼女は述べた。この理由から、米国は草案の本文パラグラフ4から離脱する。米国は、人権文書に関する草案の言葉が、加盟者ではない、またはそれらによって拘束される文書に締約国が加わらなければならないことを意味しないと理解する。彼女は、将来の作業がデジタル環境を超えてプライバシー権に言及することができる希望を表明した。

The Committee then took note of several reports.
委員会はその後、いくつかの報告に留意した。

The Committee then turned to the draft resolution titled “Rights of the child” (document A/C.3/73/L.26/Rev.1).
委員会はその後、「児童の権利」と題された決議草案(ドキュメントA/C.3/73/L.26/Rev.1)をとり上げた。

The representative of Uruguay, introducing a draft amendment, said the draft resolution refers to the rights to education, health and food, and issues such as child labour, violence against children (including migrant children), ending the sale of children, armed conflict and pornography. This encompasses a large body of issues. The oral revision ensures that children can be heard, and their voices amplified. He expressed hope it would be approved by consensus.
ウルグアイ代表は、修正草案を提出して、決議草案は教育、健康および食料への権利、および児童労働、(移住者の子ども含む)子どもに対する暴力、児童売買の終了、武力紛争およびポルノグラフィなどの問題に言及すると述べた。これは数多くの問題を網羅する。口頭改訂は、子どもの声が聞かれることができ、彼らの声が高まるようにする。彼はそれがコンセンサスにより承認される希望を表明した。

The representative of Austria, on behalf of the European Union, said the resolution “sums up” resolutions of the past four years and has an omnibus feature. Children, especially girls, are often left without a voice. He expressed hope that the rights of the child will be at the forefront. The Convention on the Rights of the Child has 196 States parties, making it the most universally recognized instrument. It is crucial to stand behind it.
オーストリア代表は、欧州連合を代表して、決議は過去四年の決議を「まとめ」ており、総括的な特徴があると述べた。子ども、とくに女児は、しばしば声のないままにされている。彼は児童の権利が最前線にあることへの希望を表明した。児童の権利条約には196の締約国があり、最も普遍的に認められている文書にしている。その支援が重要である。

The representative of Mexico withdrew his country’s co‑sponsorship of the amendment after many years of being a co‑sponsor. This was not an easy decision nor one taken lightly. These are complex times in which various principles, values and beliefs, which had not been a topic of controversy for years, are once again. The Committee had reopened discussions and taken steps backwards in many areas which have a profound social impact. “We understand the realities of every country,” he said, adding, “but there are limits to our beliefs and responsibility, particularly when speaking about children.”
メキシコ代表は、長年にわたり共同スポンサーであったにもかかわらず、彼の国の修正案の共同スポンサーシップを撤回した。これは簡単な決定でも軽くとられたものでもなかった。これらは何年も論争のトピックとなっていなかった、さまざまな原則、価値観および信念が再び繰り返される、複雑な時代である。委員会は議論を再開し、深刻な社会的影響のある多くの分野において後退していた。「我々はすべての国々の現実を理解している」、「しかし、とくに子どもについて話すとき、我々の信念と責任に限界がある」と付け加えて、彼は述べた。

Upon hearing oral amendments by the representative of Uruguay, Mexico’s delegate questioned whether children’s rights were being respected. His impression was that they are not. At best, there are profound contradictions. Excluding children’s access to sexual and reproductive health is unacceptable and below the threshold for respecting their rights. Needing to explain why such access is critical is tragic. Consensus is an aspiration and should be maintained. He then proposed an oral amendment to include sexual and reproductive health before the words “is respected”. Expressing regret that the majority of delegates would abstain or vote against it, he explained that Mexico’s approach is not procedural. Nor is it about winning or losing, but rather defending the rights of children without limits.
ウルグアイ代表による口頭修正を聞いた上でメキシコの代表は、子どもの権利が尊重されているかどうか質問した。彼の印象は、そうではないということだった。ひいき目に見ても深刻な矛盾がある。性と生殖に関する健康への子どものアクセスを排除することは受け入れられず、彼らの権利を尊重するための閾値を下回っている。そのようなアクセスがなぜ重要かを説明する必要があるのは悲劇的である。コンセンサスは大望であり、維持されるべきである。彼はその後「尊重される」という語の前に性と生殖に関する健康を含める口頭修正を提案した。大多数の代表者が棄権または反対することに遺憾を表明して、彼はメキシコのアプローチは手続き的ではないと説明した。勝ち負けではなく、むしろ制限なく子どもの権利を守ることである。

The representative of Sudan, introducing a draft amendment to operative paragraph 53 (document A/C.3/73/L.61), said the International Criminal Court is at best a threat to peace and stability to her country. Recalling that the Court is not an organ of the United Nations, she deplored its targeting of African leaders.
スーダン代表は、本文パラグラフ53に対する修正案(文書A/C.3/73/L.61)を提出し、国際刑事裁判所は、ひいき目に見ても彼女の国への平和と安定に対する脅威であると述べた。裁判所は国連機関でないことを想起し、彼女はアフリカの指導者たちをその標的にするのが遺憾だった。

The representative of Uruguay, speaking on behalf of the main co‑sponsors of the draft resolution, said operative paragraph 53 has been agreed language for more than 10 years. Pointing out that the draft urges States to protect children affected by armed conflict and ensure they receive timely and effective humanitarian assistance, he said the Court is a key instrument to guarantee that those accused of heinous crimes are brought to justice. Given that a clear reference to the Court is timely and relevant, Uruguay will vote against the amendment.
ウルグアイ代表は、決議草案の主要共同スポンサーを代表して発言し、本文パラグラフ53は10年以上合意された言葉であると述べた。草案は、武力紛争の被害を受けた子どもを保護し、タイムリーかつ効果的な人道支援を確実に受けるよう締約国に強く促すことを指摘して、裁判所はこれらの凶悪犯罪の容疑者を裁判にかけるための重要な手段であると述べた。裁判所への明確な言及がタイムリーで関連性があることを考慮して、ウルグアイは修正案に反対を投ずる。

[…]

The Committee then rejected the amendment by a vote of 105 against to 20 in favour, with 37 abstentions, which would have deleted the words “and calls upon the international community to hold those responsible for violations accountable, inter alia, through the International Criminal Court”.
委員会はその後、反対105、支持20、棄権37での投票により、「そして、国際社会に対し、とりわけ、国際刑事裁判所を通じて違反行為への責任者に責任を負わすよう要請する」という語を削除する修正案を否決した。

The representative of Syria, expressing support for the amendment, said the Court has become a political tool used by certain countries against others.
シリア代表は、修正案への支持を表明して、裁判所は特定の国々によって他に対して使用される政治的道具となったと述べた。

The representative of Uruguay expressed regret that an oral amendment had been made over substance and form. The Committee had included references to sexual and reproductive health in the original draft. “We have defended this to the end,” he said, urging States to make fully effective the right to the highest level of physical and mental health, including sexual and reproductive health. He requested a vote on Mexico’s amendment and discouraged approval of it.
ウルグアイ代表は、内容と形式に対し口頭修正がなされていたことに遺憾に表明した。委員会は、原草案において性と生殖に関する健康への言及を含めていた。性と生殖に関する健康を含む、肉体的および精神的健康の最高レベルへの権利を完全に有効にすることを各国に強く促して、「我々は最後までこれを擁護した」、彼は述べた。彼はメキシコの修正案に対して投票を要請し、それの承認を思いとどまらせようとした。

The representative of Comoros, in explanation of vote on behalf of the African Group, said the bloc had deliberated to have an agreement as it is orally revised. It decided to omit the phrase “reproductive and sexual health” as it contradicted the Convention of the Rights of the Child. She rejected Mexico’s last-minute oral amendment.
コモロ代表は、アフリカ・グループを代表して投票説明において、同ブロックは口頭により改訂されているように合意することを慎重に検討していたと述べた。それは児童の権利条約に矛盾するので、「生殖と性に関する健康」という語句を除くことを決定した。彼女はメキシコの土壇場での口頭修正案を拒否した。

The representative of Austria, on behalf of the European Union, said the bloc was a staunch supporter of reproductive health, but it will abstain on procedural grounds.
オーストリア代表は、欧州連合を代表して、同ブロックは、手続き上の理由で棄権するが、生殖に関する健康の強力な支持者であると述べた。

The representative of Australia said she will vote yes to Mexico’s amendment. Procedurally, she expressed disappointment that the text was amended after negotiations. The amendment to operative paragraph 21 refers to a text tabled last week, which had Australia’s support. It is important to uphold children’s right to access high-quality sexual and reproductive health services. Access to such information and services fosters healthy decisions and she urged support for Mexico’s amendment.
オーストラリア代表は、メキシコの修正に是を投ずると表明した。手続き的に、テキストが交渉の後に修正されたことに失望を表明した。本文パラグラフ21に対する修正は、オーストラリアの支持を得ていた先週のテキストを参照している。質の高い性と生殖に関する医療サービスにアクセスするための子どもの権利を守ることは重要である。そのような情報やサービスへのアクセスは健全な決定を促進し、彼女はメキシコの修正への支持を強く促した。

Mexico’s oral amendment was rejected by a recorded vote of 74 against to 11 in favour, with 81 abstentions.
メキシコの口頭修正は反対74、支持11、棄権81での記録投票により否決された。

[…]

The Committee then approved draft resolution “L.26/Rev.1” without a vote.
委員会はその後、投票なしで決議草案「L.26/Rev.1」を承認した。

The representative of the Russian Federation did not agree with imposing onto United Nations documents those that had been elaborated outside of its purview. Thus, she disassociated from the Paris Principles cited in paragraph 55.
ロシア連邦代表は、その管轄外で詳述されたものを国連文書に強いることに同意しなかった。したがって、彼女はパラグラフ55において引用されたパリ原則から離脱した。

The representative of the United States said she had joined consensus, but disassociated from operative paragraphs 18, 22 and 49, over concerns that sexual and reproductive health references had accumulated connotations that appear to promote abortion, which the current administration finds unacceptable. She disassociated from preambular paragraph 8 and operative paragraph 36, as the United States does not support a compact on safe and orderly migration and objects to such references. While children should have the ability to be heard, there is no general right for such. Further, as the United States will withdraw from the Paris Agreement, she understands the draft’s language on climate change as without prejudice to the United States position. References to consular notifications under the Vienna Convention are understood to refer to arranging for legal assistance, not providing it directly. Corporal punishment is that which rises to level of child abuse. Not all forms of bullying rise to the level of violence, she clarified, adding that there are no international humanitarian law obligations that place primary responsibility on parties to armed conflict to protect children.
米国代表は、コンセンサスに加わったが、性と生殖に関する健康の参照が、現政権が受け入れがたいと判断する、中絶を促進するように思われる含意を蓄えていたという懸念について本文パラグラフ18、22および49から離脱したと述べた。米国は、安全で秩序ある移住に関するコンパクトを支持しておらず、そのような言及に反対するので、前文パラグラフ8および本文パラグラフ36から離脱した。子どもは聞かれる能力を持つべきだが、そのような一般的権利はない。さらに、米国はパリ協定から撤退するので、米国の立場を害することはないとして、草案の気候変動に関する言葉を理解している。ウィーン条約のもとでの領事館通知への言及は、法的援助を手配をすることを指し、直接的に提供することではないと理解された。体罰児童虐待のレベルへと上がるものである。子どもを保護するために武力紛争への当事者に主な責任を課す国際人道法上の義務はないと付け加えて、いじめのすべての形態が暴力のレベルへと上がるわけではない、と彼女は説明した。

[…]

The Committee then took note of the report of the Committee of the Rights of the Child (document A/73/41).
委員会はその後、児童の権利委員会の報告に留意した(ドキュメントA/73/41)。

Turning next to the topic of crime prevention and criminal justice, the Committee took up a draft resolution titled “Strengthening the United Nations crime prevention and criminal justice programme, in particular its technical cooperation capacity” (document A/C.3/73/L.8/Rev.1).
委員会は次に犯罪防止と刑事司法のトピックに向かい、「国連犯罪防止と刑事司法プログラム、とくにその技術協力能力の強化」と題する決議草案(ドキュメントA/C.3/73/L.8/Rev.1)をとり上げた。

The representative of Italy, introducing the draft, noted the importance of effective criminal prevention and criminal justice, especially of the rights of persons, and said all policies upholding human rights must encompass criminal justice. The draft advances the commitment of States to implement the Palermo Convention and urges States parties to the United Nations Convention against Corruption to strongly support its review mechanism. Further, the text invites the Assembly President to organize a high-level debate on the role of regional organizations in strengthening and implementing crime prevention initiatives and criminal justice responses as there are many benefits from sharing best practices. She encouraged all delegations to co-sponsor the text.
イタリア代表は、草案を提出して、効果的な犯罪防止と刑事司法、とくに人権の重要性を指摘し、人権を支えるすべての政策は刑事司法を包含しなければならないと述べた。草案は、パレルモ条約を履行するための締約国のコミットメントを推進し、審査メカニズムを強力に支持するよう国連腐敗防止条約への締約国に強く促す。さらに、ベストプラクティスの共有は多くの利点があるため、犯罪防止イニシアチブと刑事司法の対応の強化と実施において地域組織が果たす役割に関するハイレベルな議論を組織するよう総会議長に要請する。彼女は、テキストの共同スポンサーになるようすべての代表団に奨励した。

The Committee approved draft resolution “L.8/Rev.1” without a vote.
委員会は投票なしで決議草案「L.8/Rev.1」を承認した。

[…]

Moving on, the Committee took up the draft resolution titled “Special Session of the General Assembly against Corruption” (document A/C.3/73/L.16/Rev.1). By the text, the General Assembly would decide to convene in the first half of 2021 a special session of the Assembly on challenges and measures to prevent and combat corruption and strengthen international cooperation, and to adopt an action-oriented political declaration.
先に進み、委員会は「腐敗防止総会特別セッション」と題する決議草案(ドキュメントA/C.3/73/L.16/Rev.1)をとり上げた。テキストにより、総会は、2021年前半において汚職の防止および戦い、および国際協力を強化する、ならびに行動志向の政治宣言を採択するための課題と対策に関する総会特別セッションを開催することを決定する。

The representative of Colombia, introducing the draft, said corruption represents a threat to the stability and security of societies, and jeopardizes sustainable development and the rule of law. The draft resolution aims at achieving international cooperation on this issue, he said, emphasizing that the General Assembly is the most suitable forum to establish guidelines to eradicate the scourge of corruption.
コロンビア代表は、草案を提出して、汚職は社会の安定と安全に対する脅威であり、持続可能な開発と法の支配を脅かすと述べた。総会は汚職の惨劇を根絶するためのガイドラインを確立するのに最も適したフォーラムであると強調して、決議草案は、この問題に関する国際協力を達成することを目的とする、と彼は述べた。

[…]

The Committee then approved draft resolution “L.16/Rev.1” without a vote.
委員会はその後、投票なしで決議草案「L.16/Rev.1」を承認した。

[…]

The representative of the Japan urged continued efforts to fight against corruption and emphasized the importance of avoiding the duplication of processes. It is important to prepare the special session in close cooperation with the Conference of State Parties to the Convention.
日本代表は、汚職と戦うための継続的取り組みを強く促し、プロセスの重複を避けることの重要性を強調した。条約締約国会議との密接な協力において特別セッションを準備することが重要である。

The Committee then took note of the Secretary-General’s note on crime prevention and criminal justice and his reports on the follow-up to the thirteenth United Nations congress on Crime Prevention and Criminal Justice and on technical assistance in implementing the international conventions and protocols related to terrorism.
委員会はその後、事務総長による犯罪防止および刑事司法に関するノートならびに第十三回国連犯罪防止刑事司法会議のフォローアップならびに国際条約およびテロリズムに関連する議定書の履行における技術支援に関する報告に留意した。

Turning to the revitalization of the work of the General Assembly, the Committee then took up the draft resolution titled “Tentative programme of work of the Third Committee for the seventy-fourth session of the General Assembly, submitted by the Chair of the Committee” (document A/C.3/73/L.67).
総会の活動の活性化に移り、委員会はその後、「総会第七十四回セッションのための委員会委員長により提出された、第三委員会暫定作業プログラム」と題する決議草案(ドキュメントA/C.3/73/L.67)をとり上げた。

The Committee then approved draft resolution “L.67”, as orally revised, without a vote.
委員会はその後、口頭により改定された決議草案「L.67」を投票なしで承認した。


2018年12月26日

*1:スポンサー国:アフガニスタンアルバニア、オーストラリア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、カナダ、中央アフリカ共和国コスタリカクロアチアチェコデンマークエストニアフィンランド、フランス、ジョージア、ドイツ、ハンガリーギリシャアイスランドイスラエル、イタリア、日本、ラトビアレバノンリベリアリトアニアルクセンブルク、マリ、マルタ、マーシャル諸島ミクロネシア(連邦)、モンテネグロ、オランダ、ニュージーランドパラグアイポーランドポルトガルカタール、韓国、ルーマニアサンマリノシエラレオネスロバキアスロベニア、スペイン、スウェーデンマケドニア旧ユーゴスラビア共和国ウクライナ、イギリスおよびアメリカ。

*2:なお、一部ドキュメントは採択された改訂版が掲載されていなかったがそのまま旧版にリンクした。

*3:同上:オーストリア、ベルギー、ブラジル、キプロスフィンランド、ドイツ、ホンジュラスハンガリーリヒテンシュタインルクセンブルク、メキシコ、オランダ、パラグアイスロベニア、スペインおよびスイス。

*4:同上:コロンビアおよびペルー。

*5:「第三委員会投票記録」にリンクが見当たらないため、総会アジェンダ項目74(c)第三委員会報告書 A/73/589/Add.2 を参照した( p. 18 - 19 )(国連公式文書システム(英語))。

*6:同上( p. 20 )。

*7:スポンサー国:エジプトおよびメキシコ。

*8:同上:アルバニアアンドラ、アルゼンチン、オーストリア、ベルギー、ベリーズボリビアボスニア・ヘルツェゴビナ、ブラジル、ブルガリア、チリ、コロンビア、コスタリカクロアチアキプロスチェコデンマークドミニカ共和国エクアドルエルサルバドルエストニアフィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャグアテマラホンジュラスハンガリーアイルランド、イタリア、ラトビアレバノンレソトリトアニアルクセンブルク、マルタ、メキシコ、モナコ、モンゴル、モンテネグロ、オランダ、パナマ、ペルー、ポーランドポルトガルモルドバ共和国ルーマニアセルビアセイシェルスロバキアスロベニア、スペイン、スウェーデントーゴウクライナ、イギリス、ウルグアイおよびベネズエラボリバル共和国)。

*9:ドキュメントへのリンク先は「73回セッション - アジェンダ項目ごとの草案提案」に見当たらないため国連公式文書システム。