dancept1の備忘録

答弁権のエソロジー

第73回総会第三委員会:8決議草案承認、第三委員会、1月4日を世界点字デーに命名し、寛容、非識字、宗教的自由への脅威取り組み


文書番号:GA/SHC/4250

アジェンダ

  • アイテム72:レイシズム、人種差別、外国人嫌悪および関連する不寛容の撤廃

    • アイテム72(a):レイシズム、人種差別、外国人嫌悪および関連する不寛容の撤廃

  • アイテム28:社会開発

    • アイテム28(c):生活のためのリテラシー:将来の課題を形成する

  • アイテム74:人権の促進および保護

    • アイテム74(b):人権と基本的自由の効果的享受の改善のための代替アプローチを含む、人権問題

  • アイテム109:犯罪防止と刑事司法

ノート:

  • すべてコンセンサスで採択。ブラジル提出の決議草案 L.13「2030年持続可能な開発アジェンダのためのボランティア活動」*1 、モンゴル提出の L.14「生活のためのリテラシー:将来の課題を形成する」*2 、アーストリア提出の L.45「宗教および信念の自由」*3 で日本がスポンサーとなり、L.13 で発言した(リンク先は国連総会ホームページ)。京都で開催される国連犯罪防止刑事司法会議については下記も参照。

  • (国連総会ホームページ(英語))

    「73回セッション - アジェンダ項目ごとの草案提案 - 社会、人道および文化問題(第三委員会)- 国連総会」

  • ( UN Web TV の映像より)

  • 関連エントリ

関連エントリ

掲載URL:https://www.un.org/press/en/2018/gashc4250.doc.htm


United Nations

GA/SHC/4250

GENERAL ASSEMBLY > THIRD COMMITTEE >
SEVENTY-THIRD SESSION,
44TH MEETINGS (PM)

6 NOVEMBER 2018


Approving 8 Draft Resolutions, Third Committee Names 4 January World Braille Day, Also Tackling Intolerance, Illiteracy, Threats to Religious Freedom

国連

GA/SHC/4250

総会 > 第三委員会 >
七十三回セッション、
44回会合(午後)

2018年11月6日



8決議草案承認、第三委員会、1月4日を世界点字デーに命名し、寛容、非識字、宗教的自由への脅威取り組み

The Third Committee (Social, Humanitarian and Cultural) sent eight draft resolutions to the General Assembly today, covering a range of topics, from literacy and volunteering, to the annual designation of 4 January as World Braille Day beginning in 2019.
第三委員会(社会、人道および文化)は本日、識字やボランティアから、2019年開始の世界点字デーとしての1月4日の年次指定まで、八つの草案を総会に送付した。

Three of today’s drafts fell under the broad theme of crime prevention and criminal justice, recommended for approval by the Economic and Social Council.
本日の草案の三つは、経済社会理事会による承認を勧告された、犯罪防止と刑事司法の広いテーマに分類された。

Under a draft on the follow‑up to the Thirteenth United Nations Congress on Crime Prevention and Criminal Justice (document A/C.3/73/L.3), the Assembly would decide to hold the Fourteenth Congress in Kyoto, Japan, from 20 to 27 April 2020, with advance consultations on 19 April 2020. A single declaration would be adopted and submitted to the Commission on Crime Prevention and Criminal Justice.
第13回国連犯罪防止刑事司法会議へのフォローアップに関する草案(ドキュメントA/C.3/73/L.3)に基づき、総会は、2020年4月19日に事前協議とともに、2020年4月20日から27日、第14回会議を日本の京都において開催することを決定した。ひとつの宣言が採択され、犯罪防止刑事司法委員会に提出される。

[…]

In terms of social development, the Committee approved two drafts, one on volunteering (document A/C.3/73/L.13) — which would have the Assembly encourage Governments to integrate volunteerism into national development strategies — and another on literacy (document A/C.3/73/L.14), by which the Assembly would express deep concern that 750 million adults lack basic literacy skills and call on Governments to scale up such programmes.
社会開発では、委員会は、総会がボランティア活動を国家開発戦略に統合するよう政府に促すボランティアに関するひとつ(ドキュメントA/C.3/73/L.13)と、総会が7億5,000万の成人が基本的識字能力を欠いていることに深刻な懸念を表明し、政府に対しそのようなプログラムを拡大するよう要請する、識字率に関するもうひとつ(ドキュメントA/C.3/73/L.14)の二つの草案を承認した。

[…]

The Third Committee (Social, Humanitarian, Cultural) will reconvene at 10 a.m. on Thursday, 8 November, to take further action on draft resolutions.
第三委員会は、 11月8日木曜日の午前10時に再招集し、草案に関するさらなる決議を行なう。

Action
決議

[…]

The Committee then turned to a draft resolution titled “Volunteering for the 2030 Agenda for Sustainable Development” (document A/C.3/73/L.13).
委員会は次に「2030年持続可能な開発アジェンダのためのボランティア活動」と題する決議草案(ドキュメントA/C.3/73/L.13)に着手した。

The representative of Brazil introduced the draft saying it seeks to commend volunteers’ efforts and contributions. Its adoption will increase the awareness of volunteerism and encourage more people to volunteer, he added.
ブラジル代表は、ボランティアの努力と貢献を表明しようとしているという草案を提出した。その採択は、ボランティアの意識を高め、より多くの人々にボランティアを促す、と彼は付け加えた。

The representative of Japan, speaking in explanation of vote, said the resolution seeks to renew the international community’s commitment to work closely with volunteers in achieving the Sustainable Development Goals.
日本代表は、投票説明において発言し、決議が持続可能な開発目標達成におけるボランティアとの密接な協力のための国際社会のコミットメントを新たにすることに努めると述べた。

The Committee then approved the text without a vote.
委員会は、投票なしでテキストを承認した。

While acknowledging the 2030 Agenda for Sustainable Development can serve as a global framework and as such contribute to global peace, the representative of the United States underscored that the Agenda is non‑binding and does not create any new financial commitments. Each country must work towards implementation in accordance with its own priorities, she stressed, adding that the 2030 Agenda does not create a commitment to provide new market access for goods, for instance.
2030年持続可能な開発アジェンダはグローバルな枠組みとなり、それ自体が世界平和に貢献すると同時に、同アジェンダは拘束力がなく、いかなる新しい財政的コミットメントを生み出さない、と米国代表は強調した。2030年アジェンダは、例えば商品の新しい市場アクセスを提供するというコミットメントを生み出すものではないと付け加え、各国は自身の優先事項に従って実施に向け作業しなければならない、と彼女は強調した。

Next, the representative of Mongolia introduced a draft resolution on “Literacy for Life: Shaping Future Agendas” (document A/C.3/73/L.14), underscoring that education is a crucial element in human development.
次に、モンゴル代表は、教育は人間開発における重要な要素であると強調し、「生活のためのリテラシー:将来の課題を形成する」に関する決議草案(ドキュメントA/C.3/73/L.14)を提出した。

[…]

The Committee then approved the resolution without a vote, as orally revised.
委員会はその後、口頭にて改訂された、決議を投票なしで承認した。

The Committee then turned to a draft resolution titled “World Braille Day” (document A/C.3/73/L.5/Rev.1).
委員会はその後、「世界点字デー」と題する決議草案(ドキュメントA/C.3/73/L.5/ Rev.1)に着手した。

[…]

The Committee then approved the text without a vote.
委員会は、投票なしでテキストを承認した。

Turning to the draft resolution titled “Combating intolerance, negative stereotyping, stigmatization, discrimination, incitement to violence and violence against persons, based on religion or belief” (document A/C.3/73/L.28), the Chair said the draft contains no programme budget implications.
「宗教や信念に基づく、不寛容、否定的ステレオタイプ化、非難、差別、人に対する暴力と暴力への扇動と戦う」と題された決議草案(ドキュメントA/C.3/73/L.28)に着手し、議長は草案にはプログラムの予算への影響が含まれていないと述べた。

The representative of Egypt, speaking on behalf of the Organization of Islamic Cooperation, introduced draft “L.28”, saying that, in a spirit of consensus, she wished to add new language that would send a positive message to promote tolerance. She called on all States to co‑sponsor and support the draft, adopting it by consensus.
エジプト代表は、イスラム協力機構を代表して発言し、合意の精神において、寛容を促進するための積極的なメッセージを送る新しい言葉を加えることを望んだと言い、「L.28」草案を提出した。彼女はすべての締約国に対し、コンセンサスにより採択し、草案を共同スポンサーし支持するよう要請した。

[…]

The Committee then approved the resolution without a vote.
委員会は、投票なしで決議を承認した。

The Committee then turned to a draft resolution titled “Freedom of religion or belief” (document A/C.3/73/L.45).
委員会はその後、「宗教または信念の自由」と題する決議草案(ドキュメントA/C.3/73/L.45)に着手した。

[…]

The Committee then approved the text without a vote.
委員会は、投票なしでテキストを承認した。

 

The Committee then turned to a draft resolution titled “Enhancing the role of the Commission on Crime Prevention and Criminal Justice in contributing to the implementation of the 2030 Agenda for Sustainable Development” (document A/C.3/73/L.2).
委員会は、「持続可能な開発のための2030年アジェンダの実施への貢献における犯罪防止と刑事司法に関する委員会の役割強化」と題する決議草案(ドキュメントA/C.3/73/L.2)に着手した。

The Committee then approved the resolution without a vote.
委員会は、投票なしで決議を承認した。

The Committee then turned to a draft resolution titled “Follow‑up to the Thirteenth United Nations Congress on Crime Prevention and Criminal Justice and preparations for the Fourteenth United Nations Congress on Crime Prevention and Criminal Justice” (document A/C.3/73/L.3).
委員会はその後、「第十三回国連犯罪防止刑事司法会議へのフォローアップと第十四回国連犯罪防止刑事司法会議の準備」と題する決議草案(ドキュメントA/C.3/73/L.3)に着手した。

[…]

The Committee then approved the text without a vote.
委員会は、投票なしでテキストを承認した。

Turning to a draft resolution titled “The rule of law, crime prevention and criminal justice in the context of the sustainable Development Goals” (document A/C.3/73/L.4), a Secretariat official said that activities related to operative paragraph 19 would be carried out, provided that extrabudgetary resources of $382,700 are made available. The text’s approval would not entail any additional appropriation under the programme budget for the biennium 2018‑2019.
「持続可能な開発目標の文脈における法律、犯罪防止および刑事司法の役割」と題する決議草案(ドキュメントA/C.3/73/L.4)に着手し、事務局職員は、本文パラグラフ19に関連する活動は、$382,700の追加予算の資源が利用可能であることを条件に実施されると述べた。このテキストの承認は、2018年 - 2019年の二年間のためのプログラム予算のもと、いかなる追加予算も必要としない。

The Committee then approved the resolution without a vote.
委員会は、投票なしで決議を承認した。


2018年12月1日

*1:スポンサー国(草案ドキュメントによる。以下同):ブラジル、チリ、日本、ロシア。

*2:同上:チリ、コスタリカキプロスエクアドルハンガリー、日本、モンゴル、ポーランド

*3:同上:アルバニアアルメニア、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブルガリア、チリ、クロアチアキプロスチェコデンマークエストニアフィンランド、フランス、グルジア、ドイツ、ギリシャハンガリーアイルランド、イタリア、日本、ラトビアレバノンリヒテンシュタインリトアニアルクセンブルグ、マルタ、モンテネグロ、オランダ、ノルウェーポーランドポルトガルルーマニアスロバキアスロベニア、スペイン、スウェーデン、英国、米国。