dancept1の備忘録

答弁権のエソロジー

第73回総会第三委員会:難民受け入れ拡大が当然のこととされてはならない、第三委員会が責任ある分担のオプションを探るなか、ホスト国が警告


文書番号:GA/SHC/4248

アジェンダ

ノート:

  • 前日(関連エントリ参照)続き。日本が発言。中国が難民に関するグローバル・コンパクトの重要性について発言。

  • ( UN Web TV の映像より)

  • 関連エントリ

掲載URL:https://www.un.org/press/en/2018/gashc4248.doc.htm


United Nations

GA/SHC/4248

GENERAL ASSEMBLY > THIRD COMMITTEE >
SEVENTY-THIRD SESSION,
42TH MEETINGS (AM)

1 NOVEMBER 2018


Hospitality Extended to Refugees Must Not Be Taken for Granted, Host Countries Caution as Third Committee Explores Responsibility-Sharing Options

国連

GA/SHC/4248

総会 > 第三委員会 >
七十三回セッション、
42回会合(午前)

2018年11月1日


難民受け入れ拡大が当然のこととされてはならない、第三委員会が責任ある分担のオプションを探るなか、ホスト国が警告

Warning that the hospitality extended to refugees by developing countries should not be taken for granted, delegates in the Third Committee (Social, Humanitarian and Cultural) called today for a “whole-of-globe” approach to ensure that all countries do their fair share, as they continued their debate on the promotion and protection of human rights.
開発途上国による難民受け入れは当然とされてはならない、第三委員会(社会、人道および文化)における代表者は本日、人権の促進と保護に関する討論を続けたなか、すべての国が公正な分担を行なうための「地球全体」アプローチを求めた。

Turkey’s representative said States bearing the brunt of mass refugee influxes rightly expect the international community to share the burden and responsibility. As the world’s largest host of refugee, Turkey[…]
トルコの代表は、大量の難民流入の問題に直面している締約国は、国際社会が負担と責任を分担することを正しく期待していると述べた。世界最大の難民受け入れ国として、トルコは[…]

[…]

Also speaking were the representatives of Afghanistan, Syria, Spain, Egypt, Mali, Sudan, Japan, Germany, Ukraine, China, Azerbaijan, Algeria and Morocco, as well as the International Committee of the Red Cross (ICRC).
更なる本日の発言は、アフガニスタン、シリア、スペイン、エジプト、マリ、スーダン日本、ドイツ、ウクライナ中国アゼルバイジャンアルジェリアおよびモロッコ、加えて国際赤十字委員会(ICRC)代表だった。

The Third Committee will reconvene at 3 p.m. on Friday, 2 November to consider the report of the Human Rights Council.
第三委員会は、 11月2日金曜日の午後3時に再招集し、人権理事会報告を検討する。

Background
バックグラウンド

The Third Committee (Social, Humanitarian and Cultural) met this morning to continue its debate on the promotion and protection of human rights. For more information, please see Press Release GA/SHC/4247.
第三委員会(社会、人道および文化)は本日、人権の促進と保護に関する討論を継続するために会合を行なった。詳細についてはプレスリリースGA/SHC/4247を参照されたい。

[…]

Statements
声明

[…]

ANNA SUZUKI (Japan) expressed concern that the civil war in Syria is entering its eighth year, stressing that displaced people must safely return, especially as 5 million refugees are being accommodated by neighbouring countries. In addition, he commended Bangladesh for its continued generous acceptance of and assistance to displaced persons from Myanmar’s Rakhine State, and voiced respect for Bangladesh’s efforts to reach a solution. In addition, sub-Saharan Africa hosts the highest number of people targeted for UNHCR support. The number of refugees is on the rise, and situations are becoming protracted. It is crucial for the international community to act in humanitarian and peace initiatives.
鈴木誉里子[*1](日本)は、とくに5百万の難民が近隣諸国により収容されているとして、避難民が安全に帰還しなければならないことを強調し、シリア内戦が八年目に入っていることに懸念を表明した。さらに、ミャンマーラカイン州からの避難民への継続的な寛大な受け入れと支援についてバングラデシュを賞賛し、バングラデシュの解決に到達するための取り組みについて敬意を表明した。さらに、サハラ以南のアフリカは、最も多いUNHCRの支援対象の人数を受け入れている。難民の数は増えており、状況は長期化している。国際社会が人道的・平和的イニシアチブで行動することは極めて重要である。

[…]

CHU GUANG (China) said the situation of refugees is more dire than ever, as some host countries are under social and financial pressure, the question of refugees has become more politicized. Noting that the global refugee crisis must be addressed under a multilateral framework, he said the Global Compact for Refugees is an important multilateral step to resolve this issue, notably as it advances cooperation. The principle of common and differentiated responsibilities should be respected when addressing the causes, he said, as must the principles of objectivity and neutrality, which should not be used as tools for interference.
チュウ・グァン(中国)は、一部のホスト国が社会的、財政的圧力のもとにあるため、難民の状況はこれまでより厳しく、難民問題はより政治化していると述べた。 グローバルな難民危機は多国間の枠組みのもとで対応されなければならないと指摘し、難民のためのグローバル・コンパクトは、とりわけ協力を推進するなか、この問題を解決するための重要な多国間の措置であると彼は述べた。干渉の道具として使用すべきではない、共通で分化した責任の原則は、客観性と中立性の原則がなくてはならないように、原因に対処する際に尊重されるべきである、と述べた。

[…]


2018年11月03日

*1:“ANNA SUZUKI” とあるが鈴木公使とおもわれ。