dancept1の備忘録

答弁権のエソロジー

第39回人権理事会:中央アフリカ共和国に関する双方向対話を開催し、ジョージアに関する報告を聞き、技術支援とキャパシティ・ビルディングに関する一般討論を開催


文書番号:HRC/18/155E

ノート:

  • 中国が中央アフリカ、技術支援で発言。技術支援で日本、北朝鮮が発言。

  • 技術支援でヒューマンライツ・ナウが前日に続きカンボジアについて発言。こちらでも日本の支援のもんだいについて指摘。

  • (外務省声明)第39回人権理事会 議題10一般討論 岡庭健大使ステートメント(平成30年9月27日)(英語

  • ( UN Web TV の映像より)

    チャプター18:日本/岡庭健在ジュネーブ政府代表部大使
    チャプター19:中国/シャオ・ウー(Shao Wu)政府代表
    チャプター41:北朝鮮/崔明男(チェ・ミョンナム/Choe Myong Nam)在ジュネーブ政府代表部次席大使
    ※ ムン・ジョンチョル氏(Mr. Jong Chol Mun)とあるがチェ氏かと。

掲載URL:
https://www.unog.ch/unog/website/news_media.nsf/(httpNewsByYear_en)/8213F48CB9808AE9C1258315004F0AF8?OpenDocument


HUMAN RIGHTS COUNCIL HOLDS INTERACTIVE DIALOGUE ON THE CENTRAL AFRICAN REPUBLIC, HEARS PRESENTATION OF REPORT ON GEORGIA, AND HOLDS GENERAL DEBATE ON TECHNICAL ASSISTANCE AND CAPACITY BUILDING
人権理事会、中央アフリカ共和国に関する双方向対話を開催し、ジョージアに関する報告を聞き、技術支援とキャパシティ・ビルディングに関する一般討論を開催

27 September 2018
2018年9月27日

The Human Rights Council this morning held an interactive dialogue with the Independent Expert on the situation of human rights in the Central African Republic, heard the presentation of the report of the High Commissioner for Human Rights on Georgia, and held a general debate on technical assistance and capacity building.
今朝の人権理事会は、中央アフリカ共和国における人権状況に関する独立専門家との双方向対話を開催し、ジョージアに関する人権高等弁務官事務所の報告のプレゼンテーションを聞き、技術支援とキャパシティ・ビルディングに関する一般討論を開催した。

[…]

Interactive Dialogue with the Independent Expert on the Situation of Human Rights in the Central African Republic
中央アフリカ共和国における人権状況に関する独立専門家との双方向対話

[…]

Interactive Dialogue
双方向対話

[…]

China supported the efforts of the Central African Republic for peace and reconstruction, and condemned attacks against peacekeeping forces. China expressed concern about the humanitarian crisis in the Central African Republic and pledged its support in that respect.
中国は、平和と復興のための中央アフリカ共和国の取り組みを支持し、平和維持軍に対する攻撃を非難した。中国は、中央アフリカ共和国の人道危機について懸念を表明し、それに関する支援を約束した。

[…]

General Debate on Technical Assistance and Capacity Building
技術支援とキャパシティ・ビルディングに関する一般討論

[…]

Japan noted there had been no progress in granting access to the Office of the High Commissioner and international human rights mechanisms to Abkhazia and South Ossetia and this was deeply concerning. The adoption of the National Human Rights Action Plan 2018-2020 in Georgia demonstrated that the Government was committed to democracy and the rule of law. Japan hoped that technical assistance to Georgia would continue.
日本は、高等弁務官事務所と国際人権メカニズムのアブハジア南オセチアへのアクセス承諾において進展がなく、これが深く懸念されたと指摘した。ジョージアにおける国家人権行動計画2018 - 2020の採択は、同政府が民主主義と法の支配に取り組んでいることを示した。日本ジョージアへの技術支援が続くことを望んだ。

China emphasized that technical assistance and capacity building were a very important part of supporting human rights internationally. However, China noted that this assistance needed to be done with the consent of the country concerned in order to promote human rights, and called on the Council to attach priority to this. China believed that assistance needed to occur while observing the national sovereignty of the country concerned. The Council must not interfere in domestic affairs using the pretext of capacity building and it must not politicize human rights.
中国は、技術支援とキャパシティビルディングは、国際的な人権支援の非常に重要な部分だと強調した。しかしながら、中国は、この支援は、人権を促進するために関係国の同意を得て行なわれる必要があることを指摘し、理事会に対しこれを優先させるよう要請した。中国は、支援は関係国の国家主権を守りながら起こす必要があると考えた。理事会は、キャパシティ・ビルディングの口実を用いて内政に干渉してはならず、人権を政治化してはならない。

[…]

Democratic People’s Republic of Korea strongly opposed politicization, selectivity, and double standards in the field of human rights, and rejected any attempt to interfere in the internal affairs of a State. Item 10 had to focus on strengthening the national capacity of countries for the promotion of human rights. The recent attempts against Venezuela in the Council were purported to interfere in its internal affairs and disturb its democratic stability with falsified information.
北朝鮮は、人権分野における政治化、選択性および二重基準に強く反対し、国家の内政に干渉しようとするいかなる試みも拒否した。第10項は、人権促進のための国の能力を強化することに焦点を当てなければならなかった。理事会における最近のベネズエラに対する試みは、内政を妨害し、情報を改ざんして民主的安定を阻害することを意味した。

[…]

Human Rights Now expressed concern about the effectiveness of technical assistance to address negative human rights impacts, noting that despite the technical assistance provided by Japan, land grabbing continued in Cambodia by the Government, military, and powerful companies. There should be a strategic review of technical assistance and capacity building provided to States, to ensure that they effectively prevented and addressed human rights violations, including land grabbing.
ヒューマンライツ・ナウは、日本によって提供された技術支援にもかかわらず、カンボジアにおいて政府、軍隊、および強力な企業による土地奪取が続いていることを指摘し、負の人権の影響に対処するための技術支援の有効性について懸念を表明した。土地奪取を含む人権侵害を効果的に防止し対処することを確保するために、締約国に提供される技術支援とキャパシティ・ビルディングの戦略的見直しがなされるべきである。

[…]


2018年10月5日