dancept1の備忘録

答弁権のエソロジー

第39回人権理事会:ブルンジに関する調査委員会との双方向対話/英国外務および英連邦省閣外大臣の演説を聞き、すべての人権の促進と保護に関する一般討論を終結


文書番号:HRC18/133E

ノート:

  • 前回セッションに続き、国際キャリア支援協会から藤木俊一氏が、日本における親による子どもの拉致(連れ去り)について提起。

    A/HRC/39/NGO/86:「日本における子どもの拉致の現状」(2018年8月31日)

  • まいどブルンジで発言の中国がいつもの発言。下記関連エントリ 2018-09-11 参照。

  • 関連エントリ(すべての人権の促進と保護)

    ブルンジ

掲載URL:
https://www.unog.ch/unog/website/news_media.nsf/(httpNewsByYear_en)/248BED4B3E27975CC125830B003FD791?OpenDocument


HUMAN RIGHTS COUNCIL HOLDS INTERACTIVE DIALOGUE WITH THE COMMISSION OF INQUIRY ON BURUNDI
人権理事会、ブルンジに関する調査委員会との双方向対話を開催

Hears Address by the Minister of State, Foreign and Commonwealth Office of the United Kingdom, and Concludes General Debate on the Promotion and Protection of All Human Rights
英国外務および英連邦省閣外大臣の演説を聞き、すべての人権の促進と保護に関する一般討論を終結

17 September 2018
2018年9月17日

The Human Rights Council this morning held an interactive dialogue with the Commission of Inquiry on Burundi. The Council also heard an address by Lord Ahmad of Wimbledon, Minister of State, Foreign and Commonwealth Office of the United Kingdom, and concluded its general debate on the promotion and protection of all human rights, civil, political, economic, social and cultural rights, including the right to development.
今朝の人権理事会は、ブルンジに関する調査委員会と双方向対話を開催した。理事会はまた、ウインブルドン卿アーマッド外務および英連邦省閣外大臣による演説を聞き、開発権を含む、すべての人権、市民的、政治的、経済的、社会的、および文化的権利の促進と保護に関する一般討論を終結させた。

[…]

At the beginning of the meeting, the Council concluded its general debate on the promotion and protection of all human rights, civil, political, economic, social and cultural rights, including the right to development. The previous parts of the general debate, held on Friday, 14 September, can be read here and here.
会合のはじめに、理事会は、開発権を含む、すべての人権、市民的、政治的、経済的、社会的および文化的権利の促進と保護に関する一般討論を終結した。9月14日金曜日に行なわれた一般討論の前の部分は、こちら こちらで読むことができる。

[…]

General Debate on All Human Rights, Civil, Political, Economic, Social and Cultural Rights, including the Right to Development
すべての人権、市民的、政治的、経済的、社会的、および文化的権利の促進と保護に関する一般討論

[…]

International Career Support Association said that international child abduction to Japan still occurred and in 2018, the United States and Japan were not complaint with The Hague Convention, as the adoption process under this Convention took two years instead of six weeks. This induced child abduction and infringed on the principle of the best interest of the child.
国際キャリア支援協会は、日本への国際的な子どもの拉致は依然として発生しており、2018年には、ハーグ条約に基づく養子縁組のプロセスは六週間ではなく二年を要したため、米国と日本ハーグ条約に苦情を申し立てられなかったと述べた。これは子どもの誘拐を誘発し、子どもの最善の利益の原則を侵害した。

[…]

Interactive Dialogue with the Commission of Inquiry on Burundi.
ブルンジに関する調査委員会と双方向対話

[…]

China noted that the situation in Burundi was stable and that the Government had made positive steps towards achieving economic and social development. China also said that the international community should respect Burundi’s sovereignty, promote their political processes, and avoid the politicisation of human rights issues.
中国は、ブルンジの状況は安定しており、政府は経済的および社会的発展を達成するための積極的な措置を講じていたと指摘した。中国はまた、国際社会はブルンジの主権を尊重し、政治プロセスを促進し、人権問題の政治化を避けなければならないと述べた。

[…]


2018年9月24日