dancept1の備忘録

答弁権のエソロジー

第37回人権理事会:人権理事会、グアテマラ、スイスおよび韓国の普遍的定期的審査の結果を採択/人権団体とメカニズムに関する一般討論を終結


文書番号:HRC18/048E

ノート:

  • 韓国 UPR 審査結果

    • 218件の勧告から121件を「支持」し、97件を「留意」とした *1 。グァテマラ(勧告 132.107 )、アメリカ(同 132.108 )による刑事名誉毀損法、北朝鮮(同 132.25、132.90)、アメリカ、ドイツ、イラクおよびポルトガル(同 132.108 - 132.111)による国家保安法についての勧告はいずれも「留意」。下記掲載の国連人権高等弁務官事務所ホームページ「作業部会の結果報告補遺」リンク先 A/HRC/37/11/Add.1 や関連エントリ 2017-11-13 参照も参照 *2

    • 国連ウォッチは(韓国の UPR で)北朝鮮の亡命兵士との会合での同国の人権状況について発言。北朝鮮人権状況特別報告者との双方向対話でも政治犯収容所に言及している(関連エントリ 2018-03-12 参照)。
  • 人権機関とメカニズムに関する一般討論

    • 国際人権活動日本委員会より前田朗東京造形大学教授が、日本における韓国・朝鮮人マイノリティに対する「深刻な人権侵害」を報告。ここでは要約されているが、「ニュース女子問題」や総連本部建物への発砲事件などに言及。下記なども含め、前日のマイノリティ問題の会合の発言の場が持ち越されているようである。

    • 良心の自由のための団体と個人のヨーロッパ・コーディネーション(フランス、ナント)が、中国の全能神教会への弾圧に言及。中国が答弁権を行使して反論。下記は BBC の記事より。記事が言及しているマクドナルドでの「悪霊に憑りつかれた」女性に対する殺人事件(2014年)についてはさすがに政府の捏造という訳ではないのだろう。

      「中国、「女性キリスト・カルト」信者を拘留」(2017年7月27日)

      上記事件の九か月後には犯人のうち二名が処刑される。2012年には100人近くの信者が懲役刑となっていた模様なのだが、下記記事によればウェブサイトで同会は「2011年から2014年のあいだに約40万人」(!)「が逮捕されたと主張」。

      「中国、マクドナルド殺人のカルト信者二人を処刑」(2015年2月2日)

  • 国連人権高等弁務官事務所ホームページ)

    「OHCHR | UPR - 韓国」(英語

    • 作業部会の結果報告補遺 - A/HRC/37/11/Add.1「普遍的定期的審査に関する作業部会の報告 韓国 補遺」先行未編集版(2018年2月28日)(英語(Word))
    • 作業部会の結果報告 - A/HRC/37/11「普遍的定期的審査に関する作業部会の報告 韓国」(2017年11月27日)(英語(PDF))
  • ( UPR 情報ホームページ)
    「 UPR 韓国 - 第28回セッション/2017年11月 | UPR 情報」

  • ( UN Web TV の映像より)
    チャプター01:韓国/崔皙泳(チェ・キョンリム/Choi Kyong–Lim)在ジュネーブ政府代表部特命全権大使
    チャプター02:国内人権機関世界連合/カタリーナ・ローズ(Katharina Rose)氏(韓国国家人権委員会を代表して)
    チャプター15:国際友和会/デレク・ブレット(Derek Brett)氏
    チャプター16:世界不殺生センター/クリストフ・バーベイ(Christophe Barbay)氏
    チャプター17:国際レズビアン・ゲイ協会/ダィアナ・カロリーナ・プラド・モスケラ(Diana Carolina Prado Mosquera)氏 ※(この団体とはいえ)別人だろう。
    チャプター18:人権と開発のためのアジアフォーラム/ロザンナ・オカンポ(Rosanna Ocampo)氏
    チャプター19:サレジオ会扶助者聖マリア国際研究所/ジョセフ・ヴェドヴァ(Joseph Vedova)氏
    チャプター20:アムネスティ・インターナショナル/マリアンヌ・リリビエリ(Marianne Lilliebjerg)氏
    チャプター21:ヒューマン・ライツ・ウォッチ/エリック・ハーシュ(Eric Harsch)氏
    チャプター22:CIVICUS:市民参加のための世界同盟/チェ・ジェヒョン(Jaehyung Choi)氏
    チャプター23:国連ウォッチ/エリオラ・カッツ(Eliora Katz)氏
    チャプター24:韓国/崔皙泳在ジュネーブ政府代表部特命全権大使

    チャプター03:国際人権活動日本委員会/前田朗氏(東京造形大学教授)
    チャプター33:良心の自由のための団体と個人のヨーロッパ・コーディネーション/ティエリー・ヴァレ(Thierry Vallet)氏

  • 関連エントリ

掲載URL:
https://www.unog.ch/unog/website/news_media.nsf/(httpNewsByYear_en)/DFB05B863AA45E08C1258251006FEAF5?OpenDocument


HUMAN RIGHTS COUNCIL ADOPTS UNIVERSAL PERIODIC REVIEW OUTCOMES OF GABON, GHANA AND PERU
人権理事会、グアテマラ、スイスおよび韓国の普遍的定期的審査の結果を採択

Concludes General Debate on Human Rights Bodies and Mechanisms
人権機関とメカニズムに関する一般討論を終結

15 March 2018
2018年3月15日

The Human Rights Council this afternoon adopted the Universal Periodic Review outcomes of Guatemala, Switzerland and the Republic of Korea. It also concluded its general debate on human bodies and mechanisms.
人権理事会は、この午後、グアテマラ、スイスおよび韓国の普遍的定期的審査の結果を採択した。また、人権機関とメカニズムに関する一般討論を終結した。

[…]

The President of the Human Rights Council informed that out of 205 recommendations received, Guatemala accepted 150 and noted 55. The Council then adopted the Universal Periodic Review outcome of Guatemala.
人権理事会議長は、受けた205の勧告のうち、グアテマラが150を受け入れ、55を留意したことを報じた。理事会は、その後、グアテマラの普遍的定期的審査の結果を採択した。

[…]

The President of the Human Rights Council informed that out of 251 recommendations received, Switzerland accepted 160 and noted 91. The Council then adopted the Universal Periodic Review outcome of Switzerland.
人権理事会議長は、受けた251の勧告のうち、スイスが160を受け入れ、91を留意したことを報じた。理事会は、その後、スイスの普遍的定期的審査の結果を採択した。

[…]

The President said that out of 218 recommendations received, 121 enjoyed the Republic of Korea’s support, while 97 were noted. The Council then adopted the Universal Periodic Review outcome of the Republic of Korea.
議長は、受けた218の勧告のうち、121が韓国の支持を享受するとともに、97が留意されたと述べた。

At the end of the meeting, the Council concluded its general debate on human bodies and mechanisms. Parts of the general debate have already been held on Wednesday, 14 March and on Thursday, 15 March in the morning, and summaries can be found here and here.
会議の終わりに、理事会は人権団体とメカニズムに関する一般討論を終結した。3月14日(水)、3月15日(木)に一般討論の一部がすでに開催されており、要約はこちらこちらで確認できる。

[…]

Consideration of the Outcome of the Universal Periodic Review of the Republic of Korea
韓国の普遍的定期的審査の結果の検討

CHOI KYONGLIM, Permanent Representative of the Republic of Korea to the United Nations Office at Geneva, extended his sincere appreciation for all those who had worked so hard in the Universal Periodic Review process. Special gratitude was extended to the members of the Troika, Mongolia, Hungary and Congo for their invaluable cooperation. Following the Working Group review in November when 95 Member States had made 218 recommendations, the Government had supported 85 recommendations and noted 3 upon the adoption of the Working Group report. Over the past months the Government had had a public hearing and had invited civil society to exchange opinions over recommendations. After deliberations with relevant ministries on the remaining 130 recommendations, the Government had decided to support 36 recommendations and to note 94 recommendations.
崔皙泳(チェ・キョンリム)ジュネーブ国連事務所韓国常駐代表は、普遍的定期的審査プロセスにおいて熱心に作業を行なったすべての方々に心からの感謝を表明した。トロイカのメンバー、モンゴル、ハンガリーおよびコンゴに、貴重な協力について特別な感謝を表明した。95のメンバー国が218の勧告を行なった際の11月における作業部会審査の後、政府は作業部会報告の採択について85の勧告を支持し、3を留意していた。過去数か月にわたって、政府は公聴会を持ち、勧告について市民社会に意見交換を依頼した。政府は残りの130の勧告に関する関係省庁との審議を経て、36の勧告を支持し、94の勧告を留意することを決定した。

Many recommendations related to areas of equality and non-discrimination and cooperation with international human rights norms and mechanisms, and those areas enjoyed the Government’s support. The Government planned to access the Convention on the Protection of All Persons from Enforced Disappearance and it continued to prohibit discrimination and protect the rights of non-citizens. With regard to contentious objections and alternative service, the unique security circumstances of the Korean peninsula and the importance of ensuring military service obligation had to be considered so the Government would conform to the decision of the Constitutional Court ruling. Abolition of the death penalty needed a careful approach. Last year the Republic of Korea went one more step forward through the so-called “candlelight revolution” ushering a new area for democracy and was willing to share that experience with other countries.
平等と無差別、国際人権規範とメカニズムとの協力分野に関連する多くの勧告、およびこれらの分野は政府の支持を享受した。政府は強制失踪からのすべての者の保護に関する国際条約にアクセスする計画であり、差別禁止および非市民の権利保護を継続した。良心的兵役拒否や代替役務に関しては、朝鮮半島独自の安全保障状況と兵役義務の確保の重要性が考慮されなければならないため、政府は憲法裁判所判決の決定に従う。死刑廃止は慎重なアプローチが必要だった。昨年、韓国は民主主義の新しい領域を開拓する、いわゆる「ろうそく革命」の一歩を踏み出し、その経験を他の国々と共有しようとしていた。

National Human Rights Commission of the Republic of Korea said the recent Universal Periodic Review process provided a good opportunity to enhance the Republic of Korea’s domestic human rights situation. The Commission welcomed the number of recommendations accepted. The Government must actively pursue and review recommendations on the ratification of conventions and optional protocols not yet ratified. The effectiveness of the Universal Periodic Review must be founded on a clear understanding of the human rights mechanisms of the reviewed country.
韓国国家人権委員会は、最近の普遍的定期的審査プロセスが、韓国の国内人権状況を強化する良い機会を提供したと述べた。同委員会は、受け入れられた勧告の数を歓迎した。同政府は、まだ批准されていない条約と選択議定書の批准に関する勧告を積極的に追求し見直さなければならない。普遍的定期的審査の有効性は、被審査国の人権メカニズムの明確な理解に基づいていなければならない。

Egypt said it had proposed five recommendations to Korea, including on the implementation of a law to combat incitement to xenophobic speech, protect foreigners against discrimination, and to set up a national plan for the implementation of the United Nations guidelines on commercial enterprises. It hoped the Republic of Korea would implement these in due time.
エジプトは、外国人嫌悪スピーチ扇動の対策、差別に対して外国人を保護するための法律の施行、および営利企業に関する国連ガイドラインの履行に関する国家計画の立案など、韓国へ五つの勧告を提案したと述べた。韓国が、これらを適時実施することを望んだ。

Honduras was grateful for the support of the Republic of Korea for its recommendations, and in particular on the ratification of the International Convention on the Protection of the Rights of All Migrant Workers and Members of their Families. It hoped the Republic of Korea would reconsider its position on the abolition of the death penalty, and on the general legislation to combat discrimination to prohibit discrimination on any ground, in particular race, sexual orientation and gender identity.
ホンジュラスは、その勧告、とくにすべての移住労働者およびその家族の権利の保護に関する国際条約の批准について、韓国の支持に感謝した。韓国死刑廃止について、ならびに、あらゆる地上における差別禁止、とくに人種、性的指向および性同一性における差別対策のための全般的立法についての立場を再考することを望んだ。

Iran welcomed the Republic of Korea’s report. It remained concerned about a number of human rights issues in the country, including the situation of persons with disabilities. It called on the Government to ensure cooperative engagement with organizations for persons with disabilities, and in particular psychological disabilities. The Government had accepted two of three recommendations submitted by Iran.
イランは、韓国の報告を歓迎した。障害者の状況を含む、同国における数多くの人権問題について引き続き懸念した。同政府に対し、障害者、および、とくに心理的障害者のための組織との協力的な関与を確実にするよう要請した。同政府はイランにより提出された三つの勧告のうち二つを受け入れた。

Iraq had submitted three recommendations to the Republic of Korea. It appreciated the Republic of Korea’s acceptance of these recommendations and wished it the best success for their implementation. It hoped the Council would adopt the outcome on the report for the Republic of Korea.
イラクは、三つの勧告を韓国に提出した。韓国がこれらの勧告の受託に感謝し、実施への最高の成功を願った。理事会が、韓国のための報告についての結果を採択することを希望した。

Lao People’s Democratic Republic commended the Republic of Korea’s active participation in the work of the Council and the Universal Periodic Review. Progress on promoting the rights of vulnerable groups, including women and children, and strengthening the right to health and education had been welcomed.
ラオス人民民主共和国は、理事会と普遍的定期的審査の作業における韓国の積極的参加を賞賛した。女性や児童を含む脆弱な集団の権利促進、健康と教育への権利強化に関する進展が歓迎された。

Philippines acknowledged the constructive engagement of the Republic of Korea and appreciated the commitment of the Government to consider the concerns of the Member States about its human rights situation. The Council was advised to adopt the report.
フィリピンは、韓国の建設的関与を認め、人権状況についてのメンバー国の懸念を考慮する同政府のコミットメントを評価した。理事会は、報告を採択するよう勧められた。

Republic of Moldova appreciated the Republic of Korea’s efforts in promoting human rights and welcomed the acceptance of two recommendations which the Republic of Moldova had made concerning strengthening of the national human rights institution in line with the Paris Principles.
モルドバ共和国は、人権促進における韓国の取り組みを評価し、モルドバ共和国が行なったパリ原則に沿った国家人権機関の強化に関する二つの勧告の受諾を歓迎した。

Russia noted that most of the recommendations of Russia had been accepted. The Republic of Korea was advised to invest efforts into addressing the issue of publication on the Internet of material that incited to racial and religious intolerance. Russia hoped that an effective mechanism to detect human trafficking would be set up soon.
ロシアは、ロシアの勧告のほとんどが受け入れられたと指摘した。韓国は人種や宗教への不寛容を煽るマテリアルのインターネットでの公開の問題に対処する取り組みに注力するよう勧められた。ロシアは、人身売買を検出するための効果的メカニズムがまもなく策定されることを望んだ。

Sierra Leone commended the Republic of Korea’s ongoing efforts to increase official development assistance, and the establishment of a new immigration policy aimed at protecting the rights and social integration of foreigners. Sierra Leone encouraged the Republic of Korea to consider ratifying the International Convention for the Protection of All Persons from Enforced Disappearances.
シエラレオネは、公式の開発援助を増やすための韓国の進行中の取り組みと、外国人の権利と社会統合を保護することを目的とした新たな移民政策の策定を賞賛した。シエラレオネは、強制失踪からのすべての者の保護に関する国際条約批准を認めることを韓国に奨励した。

Sri Lanka noted the acceptance by the Republic of Korea to continue the implementation of the Comprehensive Plan to Prevent Domestic Violence, including through awareness raising. It particularly commended the efforts taken to support mine victims by providing medical subsidies and compensation by the enactment of the Special Act on the Support for Mine Victims in 2014.
スリランカは、意識向上を含む、家庭内暴力防止のための包括的計画の実施を継続することを韓国が受託したことを指摘した。とくに、2014年における鉱山被害者支援特別法の制定による​​医療補助金と補償の提供による鉱山被害者を支援するために取られた取り組みを称賛した。

Sudan commended the fact that the Republic of Korea had acceded to many international human rights instruments, and that it had accepted the right to individual complaints under four human rights treaties, including the extension of a standing invitation to all thematic Special Procedures in 2008.
スーダンは、韓国が多くの国際人権文書に同意し、2008年におけるすべてのテーマ別特別手続への継続招待の延長を含む、四つの人権条約のもとでの個人苦情申し立ての権利が受け入れられたことを称賛した。

Albania appreciated the intention of the Government of the Republic of Korea to strengthen the national mechanism for the follow-up to the recommendations of international human rights bodies, including of the Universal Periodic Review. Albania also welcomed the measures taken by the Government to strengthen the role of the Consultative Group on human rights policies, which comprised members of civil society.
アルバニアは、普遍的定期的審査のを含む、国際人権機関の勧告へのフォローアップのための国家メカニズム強化への韓国政府の意向を評価した。アルバニアはまた、市民社会のメンバーから成る人権政策に関する諮問グループの役割を強化するために政府が取った措置を歓迎した。

International Fellowship of Reconciliation welcomed the more positive approach to conscientious objectors by the Republic of Korea, and in particular the undertaking of the Constitution Court on this matter. There were good reasons to believe that the atmosphere was finally improving and that conscientious objectors could start performing civilian duties. It thanked the unprecedented number of States which had made a recommendation on this issue.
国際友和会は、韓国による良心的兵役拒否者へのより積極的なアプローチ、とくにこの問題に関する憲法裁判所の取り組みを歓迎した。雰囲気は最終的に改善しており、良心的兵役拒否者が民間任務を行ない始める可能性があると信じるに良い理由があった。この問題に関する勧告を行なった前例のない締約国の数に感謝した。

Centre for Global Nonkilling recalled that its founder was a Korean veteran, and that he had searched for the value of each life. Conscientious objectors were defenders of peace. The Centre regretted that the Republic of Korea had noted the recommendations to this effect. It recalled that the right to life and equality before the law required due identity and that this started with inclusive birth registration – a right that could only be guaranteed by the country in which the birth took place.
世界不殺生センターは、創立者韓国人退役軍人であり、それぞれの人生の価値を探し求めていたことを想起した。良心的兵役拒否者は平和の擁護者だった。センターは、韓国がこの趣旨の勧告を留意したことが遺憾だった。法の前の生存と平等の権利は正当な身元を必要とし、包括的出生登録、出生した国によってのみ保証されることが可能な権利により始まった。

International Lesbian and Gay Association commended the Republic of Korea for its effort to engage with civil society organizations on the issue of gender-based discrimination. It deeply regretted that none of the 22 recommendations to this effect had been accepted. This regrettably came with the current political landscape, which gave reason to question the newly elected Government’s will on these issues. Persons of lesbian, gay, bisexual, transsexual and intersex orientation faced daily marginalization.
国際レズビアン・ゲイ協会は、ジェンダーに基づく差別問題に関する市民団体との関与への取り組みについて韓国を賞賛した。この趣旨での22の勧告のどれも受け入れられなかったことは深く遺憾だった。これは遺憾ながら、現在の政治情勢に伴い、新たに選出された政府の意思に疑問となる理由を与えることになった。レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスセクシャルおよびインターセックス指向の人々は、日々疎外に直面していた。

Asian Forum for Human Rights and Development Forum-Asia appreciated the Republic of Korea’s efforts, but regretted that some deep concerns had been ignored, including the abolition of the death penalty, adoption of a comprehensive anti-discrimination law, and allowing civilian service as an alternative to military service. The Forum welcomed the commitment to protect human rights defenders, and to investigate the excessive use of force against trade unionists.
人権と開発のためのアジアフォーラム:フォーラムアジアは、韓国の取り組みを評価したが、死刑廃止、包括的差別禁止法採択、および兵役への代替としての民間役務などが無視されたのは深く遺憾だった。同フォーラムは、人権擁護者の保護、労働組合員に対する過剰な武力行使を調査するという約束を歓迎した。

Istituto Internazionale Maria Ausiliatrice delle Salesiane di Don Bosco, in a joint statement with International Volunteerism Organization for Women, Education and Development – VIDES, regretted that the Republic of Korea had not accepted recommendations concerning the universal registration of birth. Children of migrants had been deprived of registration, so the Government was urged to address this matter. Corporal punishment was still present and the authorities were invited to prohibit corporal punishment.
サレジオ会扶助者聖マリア国際研究所は、女性、教育および開発のための国際ボランティア活動組織:VIDESとの共同声明において、韓国が普遍的出生登録に関する勧告を受け入れなかったことが遺憾だった。移民の児童は登録を奪われていたので、同政府はこの問題に対処するよう強く促された。体罰はまだ存在しており、当局は体罰を禁止するよう要請された。

Amnesty International encouraged the Korean National Police Agency to implement reforms, including adopting a clearly regulated framework for policing assemblies and for the use of force in line with international law. Regret was expressed that recommendations to give conscientious objectors the option to perform an alternative civil service, or to ratify the Second Optional Protocol to the International Covenant on Civil and Political Rights aiming to abolish death penalty, had not been accepted
アムネスティ・インターナショナルは、韓国国家警察庁に、明確に規制された集会警備のための枠組みの採用や、国際法に沿った武力行使などの改革を実施するよう奨励した。良心的兵役拒否者に代替の民間役務を行なう選択肢を与える、または死刑廃止を目指す市民的および政治的権利に関する国際規約第二選択議定書を批准する勧告が受け入れられていなかったことに遺憾が表明された。

Human Rights Watch noted that the Government of the Republic of Korea had adopted 131 recommendations and urged it to fully implement them. However, the Government chose to only note rather than accept 97 recommendations because they had been considered incompatible with national law. These concerned the abolition of the death penalty, decriminalization of defamation, decriminalization of abortion and the National Security Law.
ヒューマン・ライツ・ウォッチは、韓国政府が131の勧告を採択しており、それらを完全に実施するよう強く促したと指摘した。しかしながら、同政府は、国内法と両立できないと見なされていたので、97の勧告を受け入れではなく留意することだけを選択した。これらは、死刑廃止名誉毀損の非犯罪化、中絶の非犯罪化および国家安全保障法に関してだった。

CIVICUS- World Alliance for Citizen Participation regretted the Government’s decision not to accept a number of recommendations to promote the rights essential to civic space. Specifically, it regretted the Republic of Korea’s refusal to amend the National Security Law to ensure it was not used arbitrarily to restrict the freedom of expression. The Government was urged to consult with civil society during implementation of the recommendations.
CIVICUS:市民参加のための世界同盟は、市民空間に不可欠な権利を促進するための数多くの勧告を受け入れない同政府の決定が遺憾だった。具体的には、国家安全保障法を表現の自由を制限するために恣意的に使用しないことを確実にする是正への韓国の拒否が遺憾だった。同政府は、勧告の実施のあいだ市民社会と協議することを強く促された。

United Nations Watch had hosted a conference with military defectors of the Democratic People’s Republic of Korea who had witnessed detention camp horrors. It was this Council's own Commission of Inquiry that had stated that people in this country had witnessed public executions, enslavement, torture, imprisonment, complete denial of freedom of thought, and other horrors. The situation of women was particularly dire. Women prisoners faced physical violence, rape and abortion.
国連ウォッチは、収容所の恐怖を目撃した北朝鮮の亡命兵士との会議を開催した。この国の人々が公開処刑、奴隷化、拷問、投獄、思想の自由の完全な否定、およびその他の恐怖を目撃していたことは、この理事会自身の調査委員会が表明していた。女性の状況は特に悲惨だった。女性の囚人は身体的暴力、強姦および中絶に直面した。

The President said that out of 218 recommendations received, 121 enjoyed the Republic of Korea’s support, while 97 were noted.
議長は、受けた218の勧告のうち、121が韓国の支持を享受するとともに、97が留意されたと述べた。

CHOI KYONGLIM, Permanent Representative of the Republic of Korea to the United Nations Office at Geneva, said recommendations from the Universal Periodic Review would serve as valuable sources for the Government to further strengthen its willingness to achieve higher standards in the relevant areas of human rights. The country had gone through a broad consultation process with relevant stakeholders from the preparation of the national report to the consideration of the recommendations.
崔皙泳ジュネーブ国連事務所韓国常駐代表は、普遍的定期的審査からの勧告は、人権の関連領域におけるより高い基準を達成しようとする政府の意欲をさらに強化する貴重な情報源となると述べた。同国は、国別報告の作成から勧告の検討まで、関係するステークホルダーとの幅広い協議プロセスを経ていた。

The Council then adopted the Universal Periodic Review outcome of the Republic of Korea.
理事会は、その後、韓国の普遍的定期的審査の結果を採択した。

General Debate on Human Rights Bodies and Mechanisms
人権団体とメカニズムに関する一般討論

[…]

Japanese Worker’s Committee for Human Rights informed the Council about serious breaches of human rights of the Korean minority and activists which had been occurring in Japan. Japan had been asked by the Council to regulate hate speech, but the Government had not undertaken any action.
国際人権活動日本委員会は、日本において起きていた韓国・朝鮮マイノリティと活動家の深刻な人権侵害について理事会に報じた。日本は、ヘイト・スピーチを規制するよう理事会により依頼されていたが、同政府はいかなる措置も講じていなかった。

[…]

European Coordination for Association and Individues for the Freddom of Conscience highlighted the case of the Church of Almighty God in China. The Church had been persecuted in China since 1995 and some members had died in custody under suspicious circumstances. It should be clear that Church members faced repression and the Human Rights Council was urged to act on the matter.
良心の自由のための団体と個人のヨーロッパ・コーディネーション[European Coordination of Associations and Individuals for Freedom of Conscience(仏:Coordination des Associations and Particuliers pour la Liberté de Conscience)]は、中国における全能神教会の事件を強調した。教会は1995年以来、中国において迫害され、一部メンバーは不審な状況下で拘留中に死亡していた。教会員が抑圧に直面したことを明らかにしなければならず、人権理事会は、この問題に対して行動するよう強く促された。

Right of Reply
答弁権

China, speaking in a right of reply, said that some non-governmental organizations had attacked China on groundless reasons. Everyone was equal before the law and the non-governmental organizations were asked to stop making unfounded accusations.
中国は、一部の非政府組織が根拠のない理由で中国を攻撃したと答えた。 誰もが法の前に平等であり、非政府組織は根拠のない告発をやめさせるよう求められた。

[…]


2018年4月1日

*1:日本のように「留意」の中身の分類は公表していない(関連エントリ 2018-03-19 参照)。審査結果報告補遺 A/HRC/37/11/Add.1 パラグラフ6以下には下記の記載がある。

6.  しかしながら、UPRメカニズムは、審査中の締約国に勧告を「拒否」するのではなく「留意」するよう指導することにより国際社会の共有された意思を具現化し、これにより、すべてのメンバー国が勧告に注意を払い、国際人権規範に準拠して人権を保護し、促進する責任を果たすよう義務づけている。

7.  したがって、現時点で提言の一部が受け入れられていない、あるいは国内の法的制度や社会情勢に適合しないために留意されている場合でも、韓国政府は、メンバー国の人権状況についての懸念や期待を考慮した取り組みへの関与をつねに続け、それにより、国内人権状況の改善のみならず、グローバルな人権促進のための取り組みにも貢献し、国際社会の責任ある一員となる。

*2:韓国の報告書は突合しにくい。日本などが採っている勧告番号毎に書き出す書式のほうが(ページ数は多くなるのだろうが)便利なので、これは見直しを「勧告」したい。UPR 事務局に指導を「強く促す」べきか(笑)。