dancept1の備忘録

答弁権のエソロジー

第37回人権理事会:児童と武力紛争および児童に対する暴力、ならびに障害者およびアルビノ患者の権利に関する双方向対話を終結


文書番号:HRC18/029E

ノート:

  • 韓国が、六日の会合で障害者の権利に関する特別報告者より報告があった、北朝鮮に言及。ヒューマン・ライツ・ナウがロヒンギャの子どもたちの状況について発言。

  • ヒューマン・ライツ・ナウ

  • 関連エントリ

掲載URL:https://www.unog.ch/unog/website/news_media.nsf/(httpNewsByYear_en)/C3269C3AA1CAF47DC1258249005E896E?OpenDocument


HUMAN RIGHTS COUNCIL CONCLUDES INTERACTIVE DIALOGUES ON CHILDREN AND ARMED CONFLICT AND VIOLENCE AGAINST CHILDREN, AND ON THE RIGHTS OF PERSONS WITH DISABILITIES AND PERSONS WITH ALBINISM
人権理事会、児童と武力紛争および児童に対する暴力、ならびに障害者およびアルビノ患者の権利に関する双方向対話を終結

7 March 2018
2018年3月7日

The Human Rights Council during its midday meeting concluded its clustered interactive dialogue with the Special Representative of the Secretary-General for children and armed conflict, Virginia Gamba, and the Special Representative of the Secretary-General on violence against children, Marta Santos Pais. It also concluded its clustered interactive dialogue with the Special Rapporteur on the rights of persons with disabilities, Catalina Devandas Aguilar, and the Independent Expert on the enjoyment of human rights by persons with albinism, Ikponwosa Ero.
人権理事会は、正午の会合で、児童と武力紛争担当事務総長特別代表、ヴァージニア・ガンバ、および児童に対する暴力に関する事務総長特別代表、マルタ・サントス・パイスとの集約化双方向対話を終結した。また、障害者の権利に関する特別報告者、カタリーナ・デヴァンダス・アギラール、およびアルビノ患者による人権の享受に関する独立専門家、イクポンウォサ・エロとの集約化双方向対話を終結した。

The interactive dialogue on children and armed conflict and on violence against children started on Tuesday, 6 March, and a summary of the discussion can be read here.
児童と武力紛争および児童に対する暴力に関する双方向対話は3月6日火曜日から始まり、議論の要約はこちらで読むことができる。

[…]

The Council also concluded its clustered interactive dialogue with the Special Rapporteur on the rights of persons with disabilities, Catalina Devandas Aguilar, and the Independent Expert on the enjoyment of human rights by persons with albinism, Ikponwosa Ero. That dialogue started on Tuesday, 6 March, and a summary can be read here.
理事会はまた、障害者の権利に関する特別報告者、カタリーナ・デヴァンダス・アギラール、およびアルビノ患者による人権の享受に関する独立専門家、イクポンウォサ・エロとの集約化双方向対話を終結した。その会話は3月6日火曜日に始まり、要約はこちらで読むことができる。

[…]

Interactive Dialogue with the Special Representatives of the Secretary-General on Violence against Children and on Children in Armed Conflict
児童に対する暴力および武力紛争における児童担当事務総長特別代表との対話

[…]

Human Rights Now expressed grave concern over the situation of Rohingya children in Myanmar and Bangladesh, many of whom were left fatherless and homeless by the violence. Rohingya children in Bangladesh were facing a humanitarian crisis caused by diseases, serous trauma and anxiety, and lack of education and trauma support.
ヒューマン・ライツ・ナウは、その多くは暴力によって父と家を失った、ミャンマーバングラデシュにおけるロヒンギャの児童の状況に対して重大な懸念を表明した。バングラデシュにおけるロヒンギヤの児童は、病気、深刻な心的外傷と不安、教育と心的外傷支援の欠如によって引き起こされた人道危機に直面していた。

[…]

Interactive Dialogue with the Special Rapporteur on the Rights of Persons with Disabilities and the Independent Expert on the Enjoyment of Human Rights by Persons with Albinism
障害者の権利に関する特別報告者とアルビノ患者による人権の享受に関する独立専門家との双方向対話

[…]

Republic of Korea stated that there was a lack of credible and comprehensive data on persons with disabilities in the Democratic People’s Republic of Korea. The Special Rapporteur as well as other Special Procedures and treaty bodies were encouraged to continue to engage with the Democratic People’s Republic of Korea to promote the rights of persons with disabilities.
韓国は、北朝鮮における障害者に関する信頼できる包括的データが不足していると表明した。特別報告者に加えその他の特別手続および条約機関は、障害者の権利を促進するために北朝鮮に引き続き関与するよう奨励された。

[…]


2018年3月18日