dancept1の備忘録

答弁権のエソロジー

第37回人権理事会:宗教または信仰の自由に関する双方向対話/テロ対策の一方での人権保護ならびに文化権に関する集約化双方向対話を終結


文書番号:HRC18/018E

ノート:

  • 中国がチベットでの宗教政策に言及。ヘルシンキ人権財団が前日の討議(下記関連エントリ 2018-03-01 参照)に続きチベットに言及するのを受けての発言とおもわれる。続く昼の会合で答弁権を行使しての反論も行なう(同 2018-03-02 )。

  • 関連エントリ

掲載URL:https://www.unog.ch/unog/website/news_media.nsf/(httpNewsByYear_en)/0E98D71AC8D687BEC1258244004CDFDB?OpenDocument


HUMAN RIGHTS COUNCIL HOLDS INTERACTIVE DIALOGUE ON FREEDOM OF RELIGION OR BELIEF
人権理事会、宗教または信教の自由に関する双方向対話を開催

Concludes Clustered Interactive Dialogue on the Protection of Human Rights while Countering Terrorism and on Cultural Rights
テロ対策の一方での人権保護ならびに文化権に関する集約化双方向対話を終結

2 March 2018
2018年3月2日

The Human Rights Council this morning held an interactive dialogue with Ahmed Shaheed, the Special Rapporteur on freedom of religion or belief.
今朝の人権理事会は、宗教または信仰の自由に関する特別報告者アフメッド・シャヒードとの双方向対話を開催した。

[…]

At the beginning of the meeting, the Council concluded its clustered interactive dialogue with Fionnuala Ni Aolain, the Special Rapporteur on the promotion and protection of human rights and fundamental freedoms while countering terrorism, and Karima Bennoune, the Special Rapporteur in the field of cultural rights. The interactive dialogue with them started on Thursday, 1 March and a summary can be found here.
会議の始めに、理事会は、テロ対策の一方での人権と基本的自由の促進と保護に関する特別報告者フィオヌアラ・ニ・アオレインならびに文化的権利の分野に関する特別報告者カリマ・ベヌーンとの集約化双方向対話を終結した。彼女らとの双方向対話は3月1日(木)から始まり、要約はこちらで確認できる。

[…]

Interactive Dialogue with the Special Rapporteur on Freedom of Religion or Belief
宗教または信仰の自由に関する特別報告者との双方向対話

[…]

China said respecting freedom of religion or belief was a long-term Government priority. The Government was providing significant funds to maintain religious sites, including in Tibet. 
中国は、宗教または信仰の自由を尊重することは長期的な政府の優先事項であると述べた。同政府は、チベットを含む宗教施設を維持するためにかなりの資金を提供していた。

[…]

Interactive Dialogue with the Special Rapporteur on Freedom of Religion or Belief
宗教または信仰の自由に関する特別報告者との双方向対話

[…]

Helsinki Foundation for Human Rights highlighted policies and laws adopted by China which constituted a serious threat to religious freedom or belief, namely those with respect to Tibetan Buddhism. The Foundation asked all members of the Council to urge China to respect internationally accepted standards of freedom of religion or belief.
ヘルシンキ人権財団は、中国により導入された宗教的自由や信仰、すなわちチベット仏教に関わる者に深刻な脅威を与える政策と法律を強調した。同財団は、中国が国際的に受け入れられている宗教または信仰の尊重の基準を尊重するよう強く促すことを、理事会の全メンバーに求めた。

[…]


2018年3月10日