dancept1の備忘録

答弁権のエソロジー

第36回人権理事会:ミャンマーならびに国連協力者に対する報復に関するテキストを採択


文書番号:HRC/17/161E 

ノート:

  • 抽出方法については関連エントリ 2017-09-28 参照。
  • 中国がミャンマー調査団に関する L.31/Rev.1 と、L.26/Rev.1 、韓国が L.26/Rev.1 、L.56 、日本が L.53 、L.56 で発言。L.26/Rev.1 以下については下記参照。
  • 国連協力者に対する報復に関する決議 L.26/Rev.1
    ベネズエラが、「さらに一層耐え難い」「自らの計略を推進するために崇高な理念を利用する試み(attempt、あるいは企て)」だと反発したが、採決は棄権。賛成28、反対なし、棄権19で採択された。非理事国のロシア、HRC47 における「真逆ユニット」から中国と、そのベネズエラ、「殆ど真逆ユニット」のエジプトとインドにより修正案(連番中の L.44 も L.26/Rev.1 の修正案だがこの会議要約では言及されていないので除く)計18本が提出されていた。修正提案国が L.26/Rev.1 に反対しなかったのは、一部の修正案が採択されたためかとおもわれる。「真逆」「殆ど真逆」については下記参照。L.43 をロシア、L.49L.51L.52L.58L.59 および L.61 を中国、インド、ロシアおよびベネズエラL.45L.46L.47L.48L.50L.53L.54L.55L.56L.57 および L.60 を中国、エジプト、インド、ロシアおよびベネズエラが提出(太字の三つは採択された。リンク先は国連公式文書システム)。L.46 はドイツの主張に理があるようにおもわれるが採択された。日韓が反対声明を行なったものの一票差で採択された L.56 も一般論としては正しく、ある種の「協力者」の「情報」には何とかしてもらいたいというもの。しかし修正を要求した国などにおいて「保護」を緩めれば何が起こるのか考えれば、内容を弱体化させるためのものと見做されて仕方ない。この決議において強調するのも場違い。L.60 も「確証ある」を入れ込むのが意図なのが透けて見える(そのこと自体はもっともなのも同様)。
    なお言及のない、上記五カ国による修正案 L.44も、L.26/Rev.1 に反映しているようである(序文最初のパラグラフの後ろに「2006年3月15日の総会決議60/251および理事会の機関設立に関する2007年6月18日の人権理事会決議5/1を想起し」を挿入)。
  • ( UN Web TV の映像より)
    チャプター07:韓国/ユン・サンウク(Sang Uk Yoon)在ジュネーブ政府代表部参事官
    チャプター34:日本/志野光子ジュネーブ政府代表部大使
    チャプター41:日本/志野光子ジュネーブ政府代表部大使
    チャプター42:韓国/ユン・サンウク在ジュネーブ政府代表部参事官
    チャプター63:中国/ジャン・インフェン(Jiang Yingfeng)在ジュネーブ政府代表部参事官
  • 関連エントリ

掲載URL:https://unog.ch/unog/website/news_media.nsf/(httpNewsByYear_en)/D091699D0BCDEE57C12581AA0054F15A?OpenDocument


HUMAN RIGHTS COUNCIL ADOPTS TEXTS ON MYANMAR AND ON REPRISALS AGAINST PERSONS COOPERATING WITH THE UNITED NATIONS
人権理事会、ミャンマーならびに国連協力者に対する報復に関するテキストを採択

Extends Mandate of the Independent International Fact-Finding Mission on Myanmar
ミャンマー独立国際事実調査団のマンデートを延長

29 September 2017
2017年9月29日

The Human Rights Council in its midday meeting adopted a resolution in which it extended the mandate of the independent international fact-finding mission on Myanmar. It also adopted a text on cooperation with the United Nations, its representatives and mechanisms in the field of human rights.
人権理事会は、昼の会合で、ミャンマー独立国際事実調査団のマンデートを延長する決議を採択した。また、人権分野における国連との協力、その代表者とメカニズムに関するテキストも採択した。

Action on Resolution under the Agenda Item on Human Rights Situations that Require the Council’s Attention
理事会の注意を要する人権状況に関するアジェンダ項目にもとづく決議に関する審議

Action on Resolution on the Extension of the Mandate of the Independent International Fact-Finding Mission on Myanmar
ミャンマー独立国際事実調査団のマンデート延長に関する決議についての審議

In a resolution (A/HRC/36/L.31/Rev.1) on the extension of the mandate of the independent international fact-finding mission on Myanmar, adopted without a vote the Council[…]
投票なしで採択された、ミャンマー独立国際事実調査団のマンデート延長に関する決議(A/HRC/36/L.31/Rev.1)において、理事会は[…]

Estonia, introducing on behalf of the European Union draft resolution L.31/Rev. 1, said it requested the extension of the mandate of the independent international fact-finding mission on Myanmar. The European Union was deeply concerned about the violence and human rights violations in Rakhine state, leading to the fleeing of hundreds of thousands of civilians, mostly to Bangladesh. The draft text called for the prompt, safe and voluntary return of all refugees and displaced persons, and for full and unhindered humanitarian access. The European Union thanked co-sponsors of the draft resolution.
エストニアは、欧州連合を代表して決議草案L.31/Rev.1を提出し、ミャンマーに独立国際事実調査団のマンデート延長を要請したと述べた。欧州連合は、ラクハイン州における暴力と人権侵害を深く懸念し、数十万人の一般市民、主にバングラデシュへの逃亡につながった。テキストは、すべての難民と被災者の迅速で安全で自主的な復帰と、完全かつ妨げられていない人道的なアクセスが求められた。欧州連合は、決議草案の共同スポンサー[主導国]に感謝した。

[…]

Myanmar, speaking as the concerned country, stated that the establishment of a fact-finding mission had not been helpful and Myanmar would therefore dissociate itself from the draft resolution on the extension of its mandate. The Government was of the view that finding a sustainable solution for all communities in Rakhine state was the best way to approach the situation and it had thus established an advisory committee headed by Kofi Annan. The Government had decided on some measures to improve the situation, including the return of some internally displaced persons. Extending the mandate would be counterproductive for the Government’s efforts to re-establish peace and stability in Rakhine state.
ミャンマーは、関係国として発言し、事実調査団の設立は役に立たず、したがってミャンマーは、そのマンデート延長に関する決議草案から離脱すると表明した。同政府は、ラカイン州におけるすべてのコミュニティに持続可能な解決策を見いだすことが状況に最も良い方法であり、それによりコフィ・アナン率いる諮問委員会を設置したと見ていた。同政府は、国内避難民の帰還を含む、状況を改善するためのいくつかの措置を決定した。このマンデート延長は、ラカイン州における平和と安定を再確立するための政府の努力にとって非生産的である。

China, speaking in an explanation of the vote before the vote, advocated in favour of a constructive dialogue among States and opposed the politicization of human rights issues. The situation in Myanmar was complex and would take time to address. The international community should view it in an impartial manner. Relevant discussions in the Council should encourage concerned countries to step up dialogue to find an appropriate solution to the conflict. China dissociated itself from the consensus on this draft resolution.
中国は、投票前の投票説明において発言し、国家間の建設的な対話を支持し、人権問題の政治化に反対した。ミャンマーの状況は複雑で、対応に時間を要する。国際社会は公平な方法でそれを見なければならない。理事会の関連する議論は、関係国が紛争に対する適切な解決策を見つけるために対話を強化するよう促すべきである。中国はこの決議草案のコンセンサスから離脱した。

Explanations of the Vote after the Vote after Concluding Taking Action on Texts under the Agenda Item on Human Rights Situations Requiring the Council’s Attention
理事会の注意を要する人権状況に関するアジェンダ項目にもとづくテキストに関する審議終結後の投票後の投票説明

Egypt, speaking in an explanation of the vote after the vote, regretted the attempts made by some delegations to politicize the Council and use it for their interests. Egypt had hoped that the European Union would respond to the calls for cooperation made by the African Group to reach a consensual text enjoying the acceptance of the concerned country. It was well known that strategies under this agenda item were used to pressure countries. The resolution on Burundi before the Council had established a disastrous rule and imposed a certain mechanism on the country in an unprecedented manner. Egypt opposed the resolution.
エジプトは、投票後の投票説明において発言し、一部の代表団が理事会を政治化し、彼らの利益のために使用する試みが遺憾だった。エジプトは、アフリカ連合が行なった関係国の承認を得てコンセンサス・テキストに達するための協力の要請に欧州連合が対応することを期待していた。このアジェンダ項目のもとでの戦略は、国々に圧力をかけるために使用されたことは良く知られていた。前の理事会のブルンジに関する決議は、悲惨なルールを確立し、これまでにない方法で同国にいくつかのメカニズムを課した。エジプトはこの決議に反対した。

Venezuela, speaking in an explanation of the vote after the vote, said that some States continued to insist on the use of mechanisms that, without the consent of the concerned country, were not efficient, and went against the principles of sovereignty and non-interference in the internal affairs of States. Venezuela reiterated that it did not support such initiatives. Venezuela encouraged Myanmar to continue to cooperate with the Human Rights Council and implement the measures it had adopted to ensure justice and prosecute perpetrators.
ベネズエラは、投票後の投票説明において発言し、一部の国は、関係国の同意なしに、効率的でなく、締約国の内政における主権と非干渉の原則に逆行するメカニズムの使用を主張し続けたと述べた。ベネズエラは、このようなイニシアチブを支持しないとあらためて表明した。ベネズエラは、ミャンマーが引き続き人権理事会と協力し、裁判と加害者の起訴を確保するために採択した措置を実施するよう奨励した。

Action on Resolution under the Agenda Item on Human Rights Bodies and Mechanisms
人権機関およびメカニズムに関するアジェンダ項目にもとづく決議に関する審議

Action on Resolution on Cooperation with the United Nations, its Representatives and Mechanisms in the Field of Human Rights
人権分野における国連との協力、その代表者およびメカニズムに関する決議についての審議

In a resolution (A/HRC/36/L.26/Rev.1) as amended on the cooperation with the United Nations, its representatives and mechanisms in the field of human rights, adopted by a vote of 28 in favour, none against and 19 abstained (as orally revised), the Council condemns all acts of intimidation or reprisal by States and non-State actors against individuals and groups who seek to cooperate, cooperate or have cooperated with the United Nations, its representatives and mechanisms in the field of human rights; and decides that the presentation of the report of the Secretary-General on cooperation with the United Nations, its representatives and mechanisms in the field of human rights will be followed by an interactive dialogue with a view to ensuring adequate attention to the report and to share good practices, challenges and lessons learned, based on the principles of cooperation and genuine dialogue, and aimed at strengthening the capacity of Member States to comply with their human rights obligations for the benefit of all people.
(口頭により修正され)支持28、反対なし、および棄権19の投票により採択された、人権分野における国連との協力、その代表者およびメカニズムに関する修正決議(A/HRC/36/L.26/Rev.1)において、理事会は、人権分野における国連、その代表とメカニズムとの協力を図る、協力する、あるいは協力を行なった個人および団体に対する国家および非国家当事者による脅迫または報復のすべての行為を非難し、人権分野における代表者およびそのメカニズムに関する事務総長の報告の発表を受けて、報告へ十分な注意を払い、グッドプラクティスや課題、学んだ教訓を、協力と真の対話の原則にもとづいて共有し、すべての人々の利益のために人権義務を遵守するメンバー国の能力を強化することを目的とした双方向対話を決定した。

The result of the vote was as follows:
投票の結果は以下のとおり:

In favour (28): Albania, Belgium, Botswana, Brazil, Congo, Côte d’Ivoire, Croatia, Ecuador, El Salvador, Georgia, Germany, Ghana, Hungary, Iraq, Japan, Latvia, Mongolia, Netherlands, Panama, Paraguay, Portugal, Republic of Korea, Rwanda, Slovenia, Switzerland, Tunisia, United Kingdom and United States.
支持(28):アルバニア、ベルギー、ボツワナ、ブラジル、コンゴコートジボワールクロアチアエクアドルエルサルバドルジョージア、ドイツ、ガーナ、ハンガリーイラク日本ラトビア、モンゴル、オランダ、パナマパラグアイポルトガル韓国ルワンダスロベニア、スイス、チュニジア、英国および米国。

Abstentions (19): Bangladesh, Bolivia, Burundi, China, Cuba, Egypt, Ethiopia, India, Indonesia, Kenya, Kyrgyzstan, Nigeria, Philippines, Qatar, Saudi Arabia, South Africa, Togo, United Arab Emirates and Venezuela.
棄権(19):バングラデシュボリビアブルンジ中国キューバ、エジプト、エチオピア、インド、インドネシアケニアキルギスタン、ナイジェリア、フィリピン、カタールサウジアラビア南アフリカトーゴアラブ首長国連邦およびベネズエラ

Hungary, introducing the draft resolution L.26/Rev.1, said that acts of intimidation or reprisals against persons engaging with the United Nations, or their families, had grave impacts on their lives and violated human rights, and also seriously impeded the ability of the Human Rights Council to discharge its mandate efficiently and effectively. The text firmly rejected acts of intimidation and reprisal against courageous people who helped the work of the Council and the United Nations as a whole, and noted that the Presidents of the Human Rights Council had an important role in addressing allegations of intimidation or reprisal experienced by those engaging with the Council. The annual presentation of the Secretary-General on cooperation with the United Nations in the field of human rights would be followed by an interactive dialogue, which would provide an excellent opportunity to exchange views on this highly important issue, share best practices, challenges and lessons learned.
ハンガリーは、決議草案L.26/Rev.1を提出し、国連協力者やその家族に対する脅迫や報復行為が人命に深刻な影響を及ぼし、人権侵害をもたらし、また、人権理事会のマンデートを効率的かつ効果的に遂行する能力を著しく阻害したと述べた。テキストは、理事会や国連の活動全般を支援した勇敢な人々に対する脅迫行為や報復行為を断固拒否し、人権理事会議長が、理事会に関与する人々が経験する脅迫または報復の申し立てに対処する上で重要な役割を果たしたと指摘した。人権分野における国連との協力に関する事務総長の年次プレゼンテーションを受けて、この非常に重要な問題についての意見交換、ベストプラクティス、課題と学んだ教訓の共有をもたらす素晴らしい機会を提供する双方向対話がある。

Russian Federation, introducing amendments to L.26 rev.1, condemned all acts of persecution and intimidation against individuals cooperating with the United Nations and its mechanisms. The Russian Federation believed that the function of the Council was to consolidate international dialogue in the field of human rights. It was not a court or a prosecutor but a forum for discussion on human rights issues. This approach was not echoed in the resolution proposed by the co-sponsors. Forms of access could differ when civil society wished to contact the United Nations. The refusal of visas for Russian civil society organizations had become frequent. The Russian Federation regretted this problem and the arbitrary politically motivated provision of access to visas in general. The amendments were designed to bridge that gap. During the negotiating process on L26. Rev.1, proposals welcomed the fact that certain functions had been attributed without consensus. The Russian Federation praised the work of the treaty bodies. However, their working methods should not create other obligations on States. Finally, the Russian Federation underlined that the Council did not have the necessary powers to introduce changes to decisions taken by the General Assembly. The adding of other conditions for candidates to the Council was a violation of the fundamental principle of non-retroactivity. The Russian Federation called on all States to adopt the amendments.
ロシア連邦は、L.26 rev.1への修正案を提出し、国連およびそのメカニズムと協力する個人に対する迫害および脅迫行為をすべて非難した。ロシア連邦は、理事会の機能は、人権分野における国際対話を統合することであると考えた。それは裁判所や検察ではなく、人権問題に関する議論の場だった。このアプローチは、共同スポンサーが提案した決議には反映されなかった。市民社会が国連に連絡を取りたい場合、アクセスの形態が異なる可能性がある。ロシア市民社会組織に対するビザの拒否は頻繁になっていた。ロシア連邦は、この問題と、恣意的な政治的に動機づけられた一般的なビザへのアクセスの規定が遺憾だった。修正は、そのギャップを埋めるために設計された。L26.Rev.1についての交渉過程において、提案は、一定機能はコンセンサスのないことに起因したという事実を歓迎した。ロシア連邦は条約機関の作業を高く評価した。しかしながら、それらの作業方法は、締約国についてほかの義務を作成すべきではない。最後にロシア連邦は、理事会が総会の決定に変更を導入するために必要な権限を有していないことを強調した。理事会への候補者について他の条件を加えることは、非遡及性の基本原則に違反していた。ロシア連邦はすべての締約国に対し、修正案を採択するよう要請した。

India, introducing five draft amendments to L.26/Rev.1, said that access to and communication with the United Nations and its bodies was important for the effective functioning of the United Nations and that reprisals and intimidation for cooperation with the United Nations were unacceptable and must be effectively addressed. India raised serious concerns about the approach adopted by the co-sponsors of the resolution, and noting that there were many existing human rights mechanisms to deal with the issue of alleged reprisals, stressed that Member States should first determine through appropriate means if those mechanisms could no longer serve the purpose. India also said that the role of the President and the Bureau was very clear and confined to organizational and procedural aspects of the Council. Contrary to this, the draft resolution aimed to assign a political role to the President and the Bureau. It also proposed to have an additional dialogue on the Secretary-General’s report every year despite the fact that the report was already covered under the general debate under item five on human rights bodies and mechanisms. India outlined draft amendments L.56, L.58, L.59, L.60 and L.61.
インドは、L.26/Rev.1に五つの修正草案を提出し、国連の効果的な機能のためには、国連とその機関へのアクセスとコミュニケーションが重要であり、国連との協力への報復と脅迫は容認できず、効果的に対処されなければならないと述べた。インドは、決議の共同スポンサーが採択したアプローチについて深刻な懸念を表明し、報復疑惑の問題に対処するための既存の人権メカニズムが多く存在することを指摘し、メンバー国はまず、適切な手段を通じ、それらのメカニズムがもはやその目的に役立たないかどうかを判断すべきである。インドはまた、議長と事務局の役割は非常に明確であり、理事会の組織的および手続的側面に限定されたと述べた。これとは対照的に、この決議案は、議長と事務局に政治的役割を割り当てることを目的とした。それはまた、報告が人権機関およびメカニズムに関する項目5の一般討論のもとですでにカバーされていたという事実にもかかわらず、事務総長の年次報告に関する追加の対話を行うことを提案した。インドは、修正草案L.56、L.58、L.59、L.60、およびL.61を概説した。

Venezuela, introducing amendments to L.26 rev.1, recalled that the work of national human rights institutions should be carried in a cooperative spirit. National human rights institutions should continue to be truly independent. It was crucial to maintain the intergovernmental nature of the United Nations. Venezuela urged all Council members to support the amendments.
ベネズエラは、L.26 rev.1への修正案を提出し、国家人権機関の作業は協調的な精神で行われるべきであると想起した。国家人権機関は引き続き真に独立したものでなければならない。国連の政府間の性質を維持することは極めて重要だった。ベネズエラは、すべての理事会メンバーに修正案を支持するよう強く促した。

Egypt, introducing amendments L.50, L.53 and L.54, said it was opposed to any reference to regional mechanisms in the draft resolution. Egypt reiterated its firm rejection of any forms of reprisals against individuals and groups for cooperating with the United Nations. If such acts happened, they should be addressed. Nevertheless, some individuals abused the attention paid by the United Nations by fabricating allegations of restrictions that were made up. The purpose was to gain impunity while naming and shaming some countries. The amendments provided a recognition that some allegations of reprisals were invented. Egypt was also concerned that the United Nations secretariat had never provided explanations on its methodology to verify allegations. The amendments could respond to the shortcomings of this system.
エジプトは、修正草案L.50、L.53およびL.54を提出し、決議草案における地域メカニズムへの言及に反対した。エジプトは、国連との協力による個人や団体に対する報復のいかなる形式も断固拒否したことをあらためて表明した。そのような行為が起こった場合、それらに対処すべきである。それにもかかわらず一部の個人は、でっちあげの制限の申し立てを捏造することにより、国連が払った注意を濫用した。その目的は、一部の国を名指しや辱めをしながら刑罰を免れることだった。修正案は、一部の報復疑惑がでっちあげられたという認識を提供した。エジプトはまた、国連事務局が、その主張を検証するための方法論に関する説明を一度も行っていないことを懸念した。修正案は、この制度の欠点に対応することができる。

[…]

Republic of Korea, speaking in a general comment, said that it was deeply concerned by the growing number of acts of intimidation and reprisal against members of civil society and said that all such acts should be prevented. Civil society made the Human Rights Council remain in touch with reality. True democracy and the rule of law was possible only when all civil society organizations could freely express their voices. The draft resolution would contribute to provide more protection for civil society and thus the Republic of Korea fully supported the text. The Human Rights Council must have a unified and coherent stance on the issue of reprisals and intimidation.
韓国は、一般コメントにおいて発言し、市民社会のメンバーに対する脅迫行為や報復行為の数の増大により深く懸念されたと述べ、そのような行為はすべて防止されるべきだと述べた。市民社会は、人権理事会を現実に触れることにとどまらせた。真の民主主義と法の支配は、すべての市民団体が自由に声を表明できるときのみ可能だった。決議草案は、市民社会の更なる保護に貢献し、韓国はそのテキストを完全に支持した。人権理事会は、報復と脅迫の問題に対して統一され一貫した姿勢を持たなければならない。

[…]

Actions on Amendment L.43.
修正案L.43に関する審議

United States, speaking in an explanation of the vote before the vote, opposed amendment L.43 that was proposed by the Russian Federation. The issue of host nation responsibility was outside the scope of this resolution and was a topic that was appropriately addressed in other United Nations bodies. The proposed amendment did not accurately capture the nature of reprisals against members of civil society for their participation in the United Nations. The real concern was the cases in which the country did not allow members of its own civil society to travel abroad.
米国は、投票前の投票説明において発言し、ロシア連邦が提案した修正案L.43に反対した。ホスト国の責任に関する問題は、この決議の範囲外であり、他の国連機関において適切に対処されたトピックだった。提案された修正案は、国連への参加による市民社会のメンバーに対する報復の性質を正確に把握しなかった。本当の懸念は、国が自国市民社会のメンバーが海外に旅行することを許可しなかった事例だった。

Switzerland, speaking in an explanation of the vote before the vote, said that as a host country of the United Nations, it was strictly opposed to the content of the amendment. It did not provide legal basis of host country obligations. Host country obligations were defined by headquarters agreements. The Russian amendment referred to the participation in meetings without any kind of difference. Some individuals did not benefit from immunity such as journalists and non-governmental organizations’ representatives. The ECOSOC status did not suffice to guarantee participation to United Nations meetings. Moreover, as Switzerland was part of the Schengen zone, the procedure to obtain a visa had to meet the Schengen rules. Switzerland rejected amendment L.43.
スイスは、投票前の投票説明において発言し、国連のホスト国として、修正内容が厳しく反対されたと述べた。それはホスト国の義務の法的根拠を提供しなかった。ホスト国の義務は、本部協定によって定められた。ロシアの修正案は、いかなる差異もなく会議への参加に言及した。一部の個人、ジャーナリストやNGOの代表者などは、免除から利益を得られなかった。 ECOSOCの地位は、国連の会合への参加を保証するのに十分ではなかった。さらに、スイスはシェンゲン領域の一部であったため、ビザ取得の手続きはシェンゲンのルールを満たさなければならなかった。スイスは修正案L.43を拒否した。

The Council rejected amendment L.43 by a vote of 10 in favour, 22 against and 14 abstentions.
理事会は、修正案L.43を支持10、反対22および棄権14の投票により否決した。

Action on Amendment L.45
修正案L.45に関する審議

Germany, speaking in an explanation of the vote before the vote, supported the text as drafted. It was the collective responsibility of the international community to protect those cooperating and reaching out to the United Nations. Attacks on civil society were unacceptable and yet, intimidation of persons cooperating with the United Nations persisted. The reports on intimidation and reprisals had been mandated by the Human Rights Council in 2009. Even though Germany had had some remarks on the draft resolution, it was of the view that the resolution had tried to accommodate all views. Germany would vote against the amendment and asked others to do the same.
ドイツは、投票前の投票説明において発言し、起草されたテキストを支持した。国連に協力し連絡しようとする人々を保護することは、国際社会の集団的責任だった。市民社会への攻撃は容認できず、しかも国連との協力者の脅迫は続いた。2009年に脅迫と報復に関する報告が人権理事会により義務づけられた。ドイツは、決議草案についていくつかの意見を述べていたが、決議がすべての見解に対応しようとしていたという見解だった。ドイツは、改正案に反対し、ほかにも同じことを行なうよう求めた。

Georgia, speaking in an explanation of the vote before the vote, welcomed the draft resolution presented. The paragraph had been duly discussed during the informal meetings, and the text was already a compromise text. Georgia opposed the amendment and urged all others to do the same.
ジョージアは、投票前の投票説明において発言し、提示された決議草案を歓迎した。パラグラフは、非公式会合のあいだ正式に議論され、テキストはすでに妥協によるテキストだった。ジョージアは、この修正案に反対し、他のすべてにも同じことを行なうよう強く促した。

The Council then rejected amendment L.45 by a vote of 14 votes in favour, 22 votes against and 10 abstentions.
理事会は、その後、修正案L.45を支持14、反対22および棄権10の投票により否決した。

Action on Amendment L.46
修正案L.46に関する審議

Germany, speaking in an explanation of the vote before the vote, said that Germany could not support this amendment as the language on the importance of the cooperation had already been incorporated in the text of the resolution. Germany was also confused as to how the delivery of technical assistance and capacity building in any way could be linked to the issue of reprisals. Germany stressed that the primary responsibility for the protection of human rights was with States; the amendment sought to diminish the responsibility of States in delivering on their human rights obligations, which was unacceptable.
ドイツは、投票前の投票説明において発言し、協議の重要性に関する文言がすでに決議のテキストに組み込まれていたため、ドイツはこの修正案を支持できないと述べた。ドイツは、いかなる方法での技術援助とキャパシティ・ビルディング[能力構築]の提供が、どのように報復問題に結びつくかについても混乱させられた。ドイツは、人権保護の第一の責任は締約国にあり、この修正案は人権義務を履行する際の国の責任を縮小しようとしており容認できないと強調した。

The Council then adopted draft amendment L.46 by a vote of 24 in favour, 18 against and five abstentions. In the amendment, the Council reiterates that the promotion and protection of human rights should be based on the principles of cooperation and genuine dialogue, and be aimed at strengthening the capacity of Member States to comply with their human rights obligations for the benefit of all human beings.
理事会は、その後、修正草案L.46を、支持24、反対18および棄権五の投票により採択した。この修正において理事会は、人権の促進と保護は、協力と真の対話の原則にもとづいて行われなければならず、すべての人間の利益のために人権義務を遵守するためのメンバー国の能力強化を目指すべきであることを改めて表明した。

Action on Amendment L.47
修正案L.47に関する審議

Panama, speaking in an explanation of the vote before vote, rejected the amendment. The goal of the draft resolution was to warmly welcome the fact that the Secretary-General put the Assistant Secretary-General for human rights in charge of the issue of reprisals. This contributed to strengthen the United Nations’ capacities and would contribute to put an end to the attacks against those who collaborated with the United Nations. It was a crucial component of the resolution. Panama urged all countries to vote against amendment L.47.
パナマは、投票前の投票説明において発言し、修正案を拒否した。決議草案の目標は、事務総長が報復問題を担当する人権のための副事務総長を置いたという事実を暖かく歓迎することだった。これは国連の能力を強化するのに貢献し、国連との共同者に対する攻撃を終わらせることに貢献する。これは決議の極めて重要な要素だった。パナマはすべての国に改正案L.47に反対票を投じるよう強く促した。

The Council rejected the amendment by a vote of 13 in favour, 23 against and 11 abstentions.
理事会は、修正案を賛成13、反対23および棄権11の投票により否決した。

Action on Amendment L.48
修正案L.48に関する審議

Albania, speaking in an explanation of the vote before the vote, said the amendment sought to delete important elements of paragraph 9 of the draft resolution L.26 in reference to the work of the President and the Bureau of the Human Rights Council. The paragraph as drafted was not about creating new roles or tasks, but rather recognizing the important role of the President and the Bureau in addressing reprisals. Albania therefore would vote no on the amendment and invited all others to do the same.
アルバニアは、投票前の投票説明において発言し、修正案は、人権理事会の議長と事務局の作業に関連する決議草案L.26のパラグラフ9の重要な要素を削除しようとしたと述べた。起草されたパラグラフは、新しい役割や任務を作成することなく、むしろ報復への対処における議長と事務局の重要な役割の認識だった。アルバニアは、したがって修正案に反対を投じ、他のすべてに同じことを行なうことを依頼した。

Latvia, speaking in an explanation of the vote before the vote, said that the international community aspired in common to strongly reject any intimidation of any person or entity that cooperated with the Human Rights Council. The draft resolution did not give any new tasks to the President of the Human Rights Council. It therefore would vote against the amendment and asked all others to vote against it.
ラトビアは、投票前の投票説明において発言し、国際社会は、人権理事会と協力した、いかなる人や存在のいかなる脅迫も強く拒否することを共通に目指したと述べた。決議草案は、人権理事会議長にいかなる新しい任務も与えなかった。したがって修正案に反対を投じ、他のすべてに反対を投じるよう求めた。

The Council then rejected amendment L.48 with 17 votes in favour, 20 votes against and 10 abstentions.
理事会は、その後、修正案L.48を賛成17票、反対20票および棄権10で否決した。

Action on Amendment L.49
修正案L.49に関する審議

Netherlands, speaking in an explanation of the vote before the vote, said that the activities mentioned in the draft resolution had indeed taken place and the text was aimed to prevent violations and address allegations accordingly. The Council should support such steps. Just taking note of the work done would not stress the seriousness of the concerns, and it would significantly weaken the draft text. The Netherlands would thus vote against the amendment.
オランダは、投票前の投票説明において発言し、決議草案において言及された活動が実際に行われたと述べ、そのテキストは違反を防止し、申し立てに応じ対応を行うことを目指したと述べた。理事会はそのような措置を支持すべきである。行われた作業に注意を払うだけでは懸念の深刻さが強調されることはなく、テキスト草案を著しく弱める。オランダは、したがって修正案に反対を投ずる。

Latvia, speaking in an explanation of the vote before the vote, said that it could not support the proposed amendment. Addressing the acts of reprisals against those who wanted to cooperate with the Special Procedures was a priority. Latvia thus called on all to vote against the amendment.
ラトビアは、投票前の投票説明において発言し、提案された修正案を支持できないと述べた。特別手続に協力を望む者に対する報復行為に対処することが優先事項だった。ラトビアはしたがって、すべてに修正案に反対を投じることを要請した。

The Council then rejected amendment L.49 by a vote of 19 in favour, 22 against, and six abstentions.
理事会は、その後、改正案L.49を支持19、反対22および棄権六の投票により否決した。

Action on Amendment L.50
修正案L.50に関する審議

Ghana, speaking in an explanation of the vote before the vote, said it opposed the proposed amendment. Ghana regretted that the co-sponsors of the amendment were seeking to change the meaning of the resolution aimed to address acts of intimidation against individuals collaborating with United Nations mechanisms. The Council should be encouraging all efforts made to address reprisals, including through the contribution of regional mechanisms.
ガーナは、投票前の投票説明において発言し、提案された修正案に反対すると述べた。ガーナは、修正案の共同スポンサーが、国連メカニズムと協力する個人に対する脅迫行為に対応することを目的とした決議の意味を変えようとしていることが遺憾だった。理事会は、地域メカニズムの寄与を通じることを含む、報復に対処するために行なわれたすべての努力を奨励すべきである。

Belgium, speaking in an explanation of the vote before the vote, strongly opposed the amendment. Belgium did not understand why the reference to the fact that the African Commission had appointed a focal point to address reprisals should be deleted. Belgium would vote no and called on all members to do the same.
ベルギーは、投票前の投票説明において発言し、修正案に強く反対した。ベルギーは、アフリカ委員会が報復に取り組むために焦点を設定したという事実への言及が、なぜ削除されるべきなのか理解しなかった。 ベルギーは反対を投じ、全メンバーに同じことをするよう要請した。

The Council rejected amendment L.50 by a vote of 16 in favour, 23 against and 7 abstentions.
理事会は、修正案L.50を支持16、反対23および棄権7の投票により否決した。

Action on Amendment L.51
修正案L.51に関する審議

Netherlands, speaking in an explanation of the vote before the vote, reiterated the particular requirements for Member States of the Human Rights Council. If the Council allowed intimidations to happen to those who cooperated with it, it would not be fully upholding its responsibilities. The paragraph supported these responsibilities. It was for this reason that the Netherlands would vote against the amendment and called upon others to do the same.
オランダは、投票前の投票説明において発言し、人権理事会のメンバー国のための特定の要件を改めて表明した。理事会が協力者に脅迫が起こることを認めれば、その責任を完全に守っていない。パラグラフはこれらの責任を支持した。この理由によりオランダは修正案に反対し、ほかにも同じことをするよう要請した。

United Kingdom, speaking in an explanation of the vote before the vote, said it would vote against the amendment and called on others to do the same. The amendment sought to change important wording in the preamnular paragraph on cooperation of Member States of the Human Rights Council. It also failed to address the failure to prevent and investigate acts of reprisals, which was clearly set out in Human Rights Council resolution 16/21.
英国は、投票前の投票説明において発言し、修正案に反対を投じ、同じことをするようほかに要請した。この修正案は、人権理事会のメンバー国の協力に関する前文パラグラフにおける重要な文言を変更しようとした。また、人権理事会決議16/21において明確に示されている報復行為の防止と調査の失敗に対処することもできなかった。

The Council the rejected amendment L.51 with 19 votes in favour, 21 votes against, and seven abstentions.
理事会は、修正案L.51を支持19、反対21および棄権七の投票により否決した。

Action on Amendment L.52
修正案L.52に関する審議

Slovenia, speaking in an explanation of the vote before the vote, said it could not support the amendment. Slovenia underlined the important role of national mechanisms in addressing human rights. National human rights institutions had a significant potential securing and helping collaboration with the United Nations in the field of human rights. The text of the resolution was not prescriptive nor restrictive. It recognized the broad mandate of national human rights institutions to protect human rights at the national level. The Council had already recognized their roles in addressing reprisals. The resolution did not contain any controversial language and did not introduce new ideas or concepts. Slovenia would vote no and called on all members to do the same.
スロベニアは、投票前の投票説明において発言し、修正案を支持できないと述べた。スロベニアは、人権問題取り組みにおける国家メカニズムの重要な役割を強調した。国家人権機関は、人権分野における国連との協力を確保し助ける重要な可能性を秘めていた。決議のテキストは規範的でも制限的でもなかった。国家レベルで人権を守るための国家人権機関の幅広いマンデートを認識した。理事会はすでに報復への取り組みにおける、それらの役割を認識していた。この決議には、いかなる議論の余地ある文言は含まれておらず、新しいアイデアや概念は導入されていなかった。スロベニアは反対を投じ、全員に同じことをするよう要請した。

Netherlands, speaking in an explanation of the vote before the vote, said that the aim of the resolution was to secure cooperation with United Nations mechanisms in the field of human rights. There was nothing controversial in the original text which recognized the important role played by national human rights institutions. Reprisals were illegal in any circumstances and national human rights institutions could contribute to call out cases of reprisals and provide accountability for such acts at the national level. It was logical to mention their important role.
オランダは、投票前の投票説明において発言し、決議の目的は、人権分野における国連メカニズムとの協力を確保することだと述べた。元のテキストには、国の人権機関により果たされた重要な役割の認識において議論の余地はなかった。報復はどのような状況においても違法であり、国家人権機関は報復事件を提起し、そのような行為へ国家レベルで責任を負うことに貢献することができる。それらの重要な役割に言及するのは論理的だった。

The Council rejected amendment L.52 by a vote of 16 in favour, 26 against and 5 abstentions.
理事会は、修正案L.52を支持16、反対26および棄権5の投票により否決した。

Action on Amendment L.53
修正案L.53に関する審議

Japan, speaking in an explanation of the vote before the vote, said the proposed preambular paragraph was highly selective in that it suggested that some actions against reprisals and intimidations were pre-empted and politically motivated. For this reason, Japan voted against the proposed amendment and encouraged others to do the same.
日本は、投票前の投票説明において発言し、提案された序文パラグラフは、報復や脅迫に対する一部の措置が先制的、政治的動機だったことを示唆している点で非常に選択的だった。この理由により、日本は提案された修正案に反対を投じ、ほかにも同じことをするよう奨励した。

United Kingdom, speaking in an explanation of the vote before the vote, strongly opposed the amendment. Its purpose was to call into question many serious cases of actions against reprisals that occurred, by suggesting that they were politically motivated. The suggestion that some accusations of reprisals could be fabricated diminished the credibility of the Human Rights Council. The amendment entirely undervalued the work of the Secretary-General and the Office of the High Commissioner for Human Rights. Therefore, the United Kingdom called on all members of the Council to reject the amendment.
英国は、投票前の投票説明において発言し、修正案に強く反対した。その目的は、政治的動機だったことを示唆することにより、発生した報復に対する多くの重大な措置事例を疑問視することだった。報復の一部の告発が捏造された可能性があるという示唆は、人権理事会の信頼性を低下させた。この修正案は、事務総長および高等弁務官事務所の作業を全体的に過小評価した。したがって英国は、理事会の全メンバーに修正案を拒否するよう要請した。

The Council then rejected amendment L.53 by a vote of 15 in favour, 22 against and 10 abstentions.
理事会は、その後、修正案L.53を支持15、反対22および棄権10の投票により否決した。

Action on Amendment L.54
修正案L.54に関する審議

Germany, speaking in an explanation of the vote before the vote, said that it could not support the proposed amendment because it sought to water down the draft resolution. The sponsors had not been presented with credible facts or information that the United Nations and the Secretary-General had been failing to provide Member States with relevant information. Thus, the logic of the amendment was flawed and Germany asked all to vote against it.
ドイツは、投票前の投票説明において発言し、決議草案を骨抜きにしようとしたので提案された修正案を支持できないと述べた。スポンサーは、国連と事務総長がメンバー国に関連情報の提供を怠っていたという信頼できる事実や情報を提示されていなかった。したがって修正の論理に欠陥があり、ドイツは、すべてに反対を投じるよう求めた。

The Council then rejected amendment L.54 by a vote of 18 in favour, 21 against, and eight abstentions.
理事会は、その後、修正案L.54を支持18、反対21および棄権八の投票により否決した。

Action on Amendment L.55
修正案L.55に関する審議

Germany, speaking in an explanation of the vote before the vote, said it could not support the amendment. The language used by the original draft resolution was the same as the language adopted a few years ago. The amendment sought to discredit the way the United Nations mechanisms addressed cases of reprisals. It was not acceptable to run the clock back to end communications of individuals with the United Nations mechanisms.
ドイツは、投票前の投票説明において発言し、修正案を支持できないと述べた。 元の決議草案で使用された文言は、数年前に採用された文言と同じだった。この修正案は、国連メカニズムが報復の事例に対処した方法の信用を落とそうとしていた。 国連メカニズムとの個人のコミュニケーションを終わらせるために時計を戻すことは容認できなかった。

The Council rejected amendment L.55 by a vote of 16 in favour, 21 against and 10 abstentions.
理事会は、修正案L.55を支持16、反対21および棄権10の投票により否決した。

Action Amendment L.56
修正案L.56に関する審議

Japan, speaking in an explanation of the vote before the vote, said the proposed operational paragraph stated the necessity for checks, however it did not specify who had to undertake these actions. Japan therefore would vote against this amendment and encouraged others to do so.
日本は、投票前の投票説明において発言し、提案された主文パラグラフはチェックの必要性を表明したが、誰がこれらの措置を取らなければならなかったかについて明記しなかったと述べた。したがって日本はこの修正に反対を投じ、ほかにそうするよう奨励した。

Republic of Korea, speaking in an explanation of the vote before the vote, echoed the concern of many stakeholders regarding the amendment. There was no added value introduced by the amendment. Additionally, the amendment defocused the attention from the main purpose of the draft resolution. The Republic of Korea therefore would vote against this amendment and encouraged others to do so.
韓国は、投票前の投票説明において発言し、修正案に関する多くのステークホルダーの懸念に同調した。この修正案による付加価値はなかった。加えてこの改正案は、決議草案の主要目的から注意の焦点をぼかした。したがって韓国はこの修正案に反対を投じ、ほかにそうするよう奨励した。

The Council then adopted amendment L.56 with 21 votes in favour, 20 votes against, and 6 abstentions. The amendment stresses that information provided by all stakeholders, including civil society, to the United Nations and its representatives and mechanisms in the field of human rights should be credible and reliable, and must be thoroughly checked and corroborated.
理事会は、修正案L.56を支持21票、反対20票および棄権6で採択した。この修正案は、市民社会を含むすべてのステークホルダーにより国連と人権分野におけるその代表者とメカニズムに提出された情報は、信ぴょう性のある確実なものでなければならず、徹底的に確認し裏付けられなければならないと強調した。

Action on Amendment L.57
修正案L.57に関する審議

Croatia, speaking in an explanation of the vote before the vote, underlined that addressing acts of intimidation against those who cooperated with the United Nations was crucial. National human rights institutions played an important role. The Assistant Secretary-General helped enhance the position of groups cooperating with the United Nations.
クロアチアは、投票前の投票説明において発言し、国連との協力者に対する脅迫行為対応が重要であることを強調した。国家人権機関は重要な役割を果たした。副事務総長は、国連と協力した団体の立場を強化するのを助けた。

Panama, speaking in an explanation of the vote before the vote, rejected the proposed amendment. The goal of the resolution was to take note of the United Nations Assistant Secretary-General for Human Rights in dealing with reprisals against those who cooperated with the United Nations. This mandate strengthened the work of the United Nations in addressing acts of intimidation.
パナマは、投票前の投票説明において発言し、提案された修正案を拒否した。決議の目標は、国連との協力者に対する報復に対処するに際して人権のための国連副事務総長に留意することだった。このマンデートは、脅迫行為対処における国連の作業を強化した。

The Council rejected amendment L.57 by a vote of 16 in favour, 22 against and nine abstentions.
理事会は、修正案L.57を支持16、反対22および棄権九の投票により否決した。

Action on Amendment L.58
修正案L.58に関する審議

Albania, speaking in an explanation of the vote before the vote, rejected the proposed amendment because it sought to delete important elements of the draft resolution, which mandated the Council Bureau to deal with organisational and procedural matters. The draft resolution recognized the important role of the President and the Bureau in addressing reprisals and threats against those who wished to cooperate with Special Procedures. Presidents of the Council had on a number of occasions publicly rejected threats against those persons. Albania thus invited all to vote against the proposed amendment.
アルバニアは、投票前の投票説明において発言し、理事会事務局に組織上および手続上の問題を扱うよう委任した修正案の重要な要素を削除しようとしたため、提案された修正案を拒否した。決議草案は、特別手続との協力を望む者に対する報復と脅威への対処における、議長と事務局の重要な役割を認識した。理事会議長は、それらの人に対する脅威を公的に拒絶する多くの機会があった。アルバニアはしたがって、すべてに提案された修正案に反対を投じるよう依頼した。

Panama, speaking in an explanation of the vote before the vote, rejected the proposed amendment because the draft resolution did not seek to assign new functions to the President of the Council and the Bureau. The Council was tasked to generate a setting conducive to the work on human rights. That element was highly important for the substance of the draft resolution. Panama thus called on all to vote against the amendment.
パナマは、投票前の投票説明において発言し、提案された修正案は、理事会議長と事務局に新しい機能を割り当てることを求めていないため、提案された修正案を拒否した。理事会は、人権に関する作業に資する状況を作り出すことを任ぜられた。この要素は、決議案の内容にとり非常に重要だった。パナマはしたがって、すべてに修正案に反対を投じるよう要請した。

The Council then rejected amendment L.58 by a vote of 18 in favour, 21 against and eight abstentions.
理事会は、その後、修正案L.58を支持18、反対21および棄権八の投票により否決した。

Action Amendment L.59
修正案L.59に関する審議

Hungary, speaking in an explanation of the vote before the vote, supported the resolution as drafted and strongly opposed the amendment. The roles of the Human Rights Council President and Bureau were clear, and the paragraph addressed the functions of these in a most acceptable way. Therefore Hungary would vote against this amendment and encouraged others to the same.
ハンガリーは、投票前の投票説明において発言し、決議案を支持し、修正案に強く反対した。人権理事会議長と事務局の役割は明確であり、パラグラフはこれらの機能を最も受け入れやすい方法で扱った。したがってハンガリーは、この修正に反対を投じ、ほかに同じことを奨励した。

Georgia, speaking in an explanation of the vote before the vote, said it was the duty of the Human Rights Council to protect persons cooperating with it against acts of reprisals. The roles of the President and the Bureau of the Human Rights Council were crucial. The paragraph did not add additional functions to the President. Therefore, Georgia would vote against this amendment and encouraged others to do the same.
ジョージアは、投票前の投票説明において発言し、人権理事会が協力者を報復行為から保護することが義務だと述べた。人権理事会議長と事務局の役割は非常に重要だった。このパラグラフは、議長に追加機能を追加しなかった。したがってジョージアは、この修正案に反対を投じ、ほかに同じことをするよう奨励した。

The Council then rejected the amendment with 14 votes in favour, 23 votes against, and 10 abstentions.
理事会は、この修正案を支持14票、反対23票および棄権10で否決した。

Action on Amendment L.60
修正案L.60に関する審議

Ghana, speaking in an explanation of the vote before the vote, opposed the amendment. The original text recognized the need for a constructive dialogue with the United Nations mechanisms, including on the issue of reprisals and intimidation against individuals collaborating with the United Nations.
ガーナは、投票前の投票説明において発言し、修正案に反対した。もとのテキストは、国際連合と共同する個人に対する報復や脅迫の問題についてを含む、国連メカニズムとの建設的な対話の必要性を認識した。

Georgia, speaking in an explanation of the vote before the vote, stressed that the resolution underlined the constructive dialogue between States and all the mechanisms of the United Nations to prevent and address acts of reprisals against individuals and groups cooperating with the United Nations. Georgia opposed the amendment.
ジョージアは、投票前の投票説明において発言し、決議は、国連と協力する個人や団体に対する報復行為を防止し対処するための締約国と国連のすべてのメカニズムとのあいだの建設的対話を強調したと主張した。ジョージアはこの修正に反対した。

The Council adopted amendment L.60 by a vote of 23 in favour, 19 against and 5 abstentions. The amendment invites United Nations human rights mechanisms to continue to include in their reports to the Human Rights Council and to the General Assembly respectively a reference to credible allegations of intimidation or reprisal against those who seek to cooperate, cooperate or have cooperated with the United Nations, its representatives and mechanisms in the field of human rights, while providing an appropriate opportunity to the State concerned to respond to the allegations transmitted to them and to reflect the State’s response in their reports.
理事会は、修正案L.60を支持23、反対19および棄権5の投票により採択した。この修正案は、国連人権メカニズムに対し、送付された申し立てに対応することに関係する締約国への適切な機会の提供および締約国の対応を報告書に反映させるとともに、人権理事会と総会への報告を含む、国連、人権分野におけるその代表者およびメカニズムと協力を図る、協力する、あるいは協力した者に対する脅迫または報復の、確証ある申し立てそれぞれへの言及の継続を要請した。

Action on Amendment L.61
修正案L.61に関する審議

Hungary, speaking in an explanation of the vote before the vote, said the foundation of the Council was dialogue and exchange. The Secretary-General had asked on multiple occasions that the Human Rights Council address the issue of reprisals. Hungary would vote against this amendment and urged all others to do the same.
ハンガリーは、投票前の投票説明において発言し、理事会の根幹は対話と交流だと述べた。事務総長は、人権理事会が報復問題に取り組むことを複数回にわたって求めた。ハンガリーは、この修正案に反対を投じ、ほかのすべてに同じことをするよう強く促した。

Belgium, speaking in an explanation of the vote before the vote, said the Secretary-General had urged the Human Rights Council to address the issue of reprisals on many occasions. The only way to do so was through a structured interactive dialogue. For those reasons, Hungary would vote against this amendment and called upon all Members of the Council to do the same.
ベルギーは、投票前の投票説明において発言し、事務総長は、多くの機会に報復問題に取り組むよう人権理事会に強く促していたと述べた。そうする唯一の方法は、構造化された双方向対話を通じてだった。これらの理由によりハンガリーは、この修正案に反対し、理事会のすべてのメンバーに同じことをすることを要請した。

The Council then rejected amendment L.61 with 18 votes in favour, 23 votes against, and six abstentions.
理事会は、修正案L.61を支持18票、反対23票および棄権六で否決した。

Action on Resolution L.26/Rev.1 as amended
修正決議L.26/Rev.1に関する審議

Albania, speaking in an explanation of the vote before the vote, deeply regretted the adoption of three hostile amendments that undermined the draft resolution as tabled. The core group had tried to accommodate the different perspectives expressed by delegations. Albania strongly rejected any act of intimidation or reprisal against any individual or group that wished to cooperate with United Nations Special Procedures. The text was a good opportunity to stress the importance of that cooperation and it did not assign new functions to the President or Bureau, but highlighted good practices in addressing reprisals. Albania would thus vote in favour of the draft resolution and urged other to do the same
アルバニアは、投票前の投票説明において発言し、提出された決議草案を損なう三つの敵対的修正案の採択は、まことに遺憾だった。コア・グループは、代表団が表明したさまざまな視点に対応しようとしていた。アルバニアは、国連特別手続との協力を望むいかなる個人または団体に対する脅迫行為または報復行為を強く拒否した。このテキストは、その協力の重要性を強調する良い機会であり、議長または事務局に新しい機能を割り当てるのではなく、報復への対処におけるグッドプラクティスを強調した。アルバニアはしたがって決議草案に支持を投じ、ほかに同じことをするよう強く促した[。]

Venezuela, speaking in an explanation of the vote before the vote on behalf of a group of countries, expressed deep regret at the attempt to have a rather unbalanced approach. It believed that reprisals against those who wished to cooperate with the United Nations were utterly intolerable. But, even more intolerable was the attempt of a group of countries to use that noble cause to promote their own agenda. Venezuela reiterated the concern over those amendments that had been rejected which wanted to correct the undermining of the principles underpinning the work of the Council. Naming and shaming was a harmful practice. The draft resolution sought to grant excessive authority to a group of persons, and it did not heed any objections. Venezuela urged all Member States not to support the draft resolution.
ベネズエラは、各国グループを代表して投票前の投票説明において発言し、むしろアンバランスなアプローチを取る試みに深刻な遺憾を表明した。国連との協力を望む者に対する報復にはまったく耐えられないと考えた。しかし、さらに一層耐え難いのは、ある各国グループの自らの計略を推進するために崇高な理念を利用する試みだった。ベネズエラは、これらの修正案が理事会の活動を支える原則の弱体化を修正したいと拒否されたことへの懸念を改めて表明した。名指しと辱めは有害な習慣だった。この決議草案はある団体に過度の権限を付与しようとし、いかなる異議にも耳を傾けなった。ベネズエラは、すべてのメンバー国に決議草案を支持しないよう要請した。

Bolivia, speaking in an explanation of the vote before the vote, reiterated the right of all individuals and groups to communicate with United Nations mechanisms in the realm of human rights. Bolivia rejected any attempts of reprisals against individuals and groups collaborating with the United Nations. Bolivia would abstain from voting because consensus had not been achieved on this question.
ボリビアは、投票前の投票説明において発言し、すべての個人および団体が人権の領域において国連メカニズムとコミュニケーションする権利を改めて表明した。ボリビアは国連と協力する個人や団体に対する報復の試みを拒否した。ボリビアはこの問題についてコンセンサスに達せられなかったので投票を棄権する。

Cuba, speaking in an explanation of the vote before the vote, reiterated that it was opposed to any forms of reprisals against individuals or groups collaborating with United Nations mechanisms. The current guarantees provided sufficient protection for victims and an avenue for prosecution. Cuba regretted that some information received by the United Nations was politically motivated. A resolution on such an issue should be well-balanced, which was not the case. Cuba would abstain from voting.
キューバは、投票前の投票説明において発言し、国連メカニズムと協力する個人や団体に対するいかなる報復の形式にも反対することを改めて表明した。現行の保証は、被害者を十分に保護し、訴追の道を提供した。キューバは、国連が受け取った一部の情報が政治的な動機だったことが遺憾だった。このような問題の解決はバランスのとれたものでなければならず、その事例ではなかった。キューバは投票を棄権する。

China, speaking in an explanation of the vote before the vote, encouraged delegations to constructively take part in the work of the United Nations and engage in dialogue. China was against reprisals against those who cooperated with the United Nations mechanisms. Considering the limited resources of the Council, it should best use its existing mechanisms and resources instead of creating new mechanisms. China could not support this draft resolution.
中国は、投票前の投票説明において発言し、代表団に、建設的に国連の作業に参加し、対話に参加するよう奨励した。中国は、国連メカニズムとの協力者に対する報復に反対した。理事会の限られたリソースを考慮し、新たなメカニズム作成ではなく、既存のメカニズムとリソースを最大限活用すべきである。中国はこの決議案を支持できなかった。

Brazil, speaking in an explanation of the vote after the vote, said that Brazil fully appreciated the work of those who cooperated with the mechanisms of the Human Rights Council. Brazil had a vibrant civil society which cooperated with the human rights mechanisms, and this was fundamental to the protection of human rights. A national policy dedicated to the protection of witnesses and human rights defenders was fundamental for the work of international bodies and mechanisms dedicated to human rights. Brazil had extended a permanent invitation to all Special Procedure Mandate Holders, and had received many, while two were scheduled to visit Brazil next year. These visits were in the spirit of cooperation. Brazil welcomed the appointment by the Secretary-General of the Assistant Secretary-General for Human Rights to lead this important work. The importance and validity of this serious concern should not overstep the carefully formulated mandates. Brazil believed that the matter at hand had to elicit the most careful consideration and stood ready to discuss and implement a constructive, forward looking approach. Brazil would vote in favour of the resolution, but would disassociate itself from preambular paragraph 6; operational paragraph 9 and operational paragraph 10.
ブラジルは、投票前の投票説明において発言し、ブラジルは人権理事会のメカニズムに協力した人々の作業を十分に評価したと述べた。ブラジルは人権メカニズムに協力した活発な市民社会を持ち、これは人権の保護への基本だった。目撃者や人権擁護者の保護に特化した国家政策は、人権に特化した国際機関やメカニズムの基本だった。ブラジルは、すべての特別手続マンデート保持者への恒久招請を延長し、多くを受け入れたが、二名は来年ブラジルを訪問が予定された。これらの訪問は協力の精神の中にあった。ブラジルは、この重要な作業を率いる人権副事務総長の任命を歓迎した。この深刻な懸念の重要性と妥当性は、慎重に策定されたマンデートを超えてはならない。ブラジルは、当面の問題は最も慎重な検討を引き出す必要があり、建設的で前向きのアプローチについて議論し実施する準備ができたと考えた。ブラジルは決議に賛成を投じるが、序文パラグラフ6、主文パラグラフ9および主文パラグラフ10から離脱する。

Egypt, speaking in an explanation of the vote before the vote, said that the engagement of civil society in the field of human rights was of increasing importance and of added value. No group or individual should be attacked solely for cooperating with the United Nations. Nevertheless, the extensive consultations had failed to resolve a number of challenges in the draft text. New difficulties had been added by the recent text. Egypt rejected the fabrication of information for the achievement of politicised purposes, as well as naming and shaming based on unknown sources, which were not conducive to dialogue within the Council. Egypt would thus abstain from voting.
エジプトは、投票前の投票説明において発言し、人権分野における市民社会の関与がますます重要性を増し、付加価値があると述べた。団体や個人は国連との協力のためだけにより攻撃されるべきではない。それにもかかわらず、包括協議は、草案テキストにおける多くの課題を解決することができなかった。最新のテキストによって新たな困難が追加された。エジプトは、政治目的達成のための情報の捏造に加え、理事会内の対話に資するものではなかった未知の情報源にもとづく名指しと辱めを拒否した。エジプトはしたがって投票を棄権する。

United Kingdom, speaking in an explanation of the vote before the vote, noted that the issue of cooperation with the United Nations should be an issue that united Member States. No Member State should bring into question the total unacceptability of reprisals. It was deeply troubling that so many amendments had been presented. Their nature could not but question the readiness of the countries presenting them to defend individuals and groups seeking to engage with United Nations human rights bodies. The unnecessarily protracted voting had demonstrated that the United Nations needed to strengthen its response to intimidation and reprisals. The vote in favour would send a clear signal by the Council that it strongly rejected any such acts of reprisals and intimidation. It called on all countries to vote in favour of the draft resolution
英国は、投票前の投票説明において発言し、国連との協力の問題は、メンバー国の問題でなければならないと指摘した。いかなるメンバー国も、報復の全面的受諾不可能性を問うべきではない。多くの修正案が提示されたことは深刻な問題だった。それらの本質は、国連人権機関と関与しようとする個人や団体を擁護するための国の準備の提示を問うことはできなかった。不必要に長引く投票は、国連が脅迫と報復に対する対応を強化する必要があることを示していた。支持への投票は、このようなあらゆる報復や脅迫行為を強く拒否したという理事会による明確なシグナルを送る。すべての国に決議草案の支持に投ずるよう要請した[。]

United States, speaking in an explanation of the vote before the vote, regretted the presentation of many amendments to the draft resolution. The United States was concerned that the amended language changed the original meaning of the resolution. Some States sought to question the credibility of the victims. The United States dissociated itself from the new paragraphs OP4bis and OP7bis as amended.
米国は、投票前の投票説明において発言し、決議草案に対する多くの修正案の提示が遺憾だった。米国は、修正された文言が決議のもとの意味を変えたことを懸念した。一部の国は、被害者の信頼性に疑問を呈した。米国は、修正された新しいパラグラフ主文4の2と主文7の2から離脱した。


2017年10月20日