dancept1の備忘録

答弁権のエソロジー

第36回人権理事会:コンゴ民主共和国に関する強化双方向対話を終結/カンボジアにおける人権状況


文書番号:HRC/17/153E 

ノート:

掲載URL:https://unog.ch/unog/website/news_media.nsf/(httpNewsByYear_en)/137A756545AB026AC12581A8003FDEA0?OpenDocument


HUMAN RIGHTS COUNCIL DISCUSSES SITUATION OF HUMAN RIGHTS IN CAMBODIA
人権理事会、 カンボジアにおける人権状況を議論

 Concludes Enhanced Interactive Dialogue on the Democratic Republic of the Congo
コンゴ民主共和国に関する強化双方向対話を終結

27 September 2017
2017年9月27日

The Human Rights Council this morning held an interactive dialogue with Rhona Smith, Special Rapporteur on the situation of human rights in Cambodia, and concluded its enhanced interactive dialogue on the situation of human rights in the Democratic Republic of the Congo.
今朝の人権理事会は、カンボジアにおける人権状況に関する特別報告者ローナ・スミスとの双方向対話を開催し、コンゴ民主共和国における人権状況に関する強化双方向対話を終結した。

[…]

Cambodia, speaking as the concerned country, recalled that its recent past saw egregious crimes and despicable human rights abuses, under which millions of lives perished. Thanks to the win-win policy of the Prime Minister Samdech Hu Sen, the criminal enterprise was ended in 1998. Nowadays, Cambodia witnessed economic growth and declining poverty rates, ranking as one of the best performing economies in the world. But, based on selective and unverified sources, the Special Rapporteur stated that the situation in the country was reaching a dangerous tipping point. Political manipulation had been persistently conducted against the Government of Cambodia. Nonetheless, Cambodia remained committed to cooperate with all the United Nations human rights mechanisms.
カンボジアは、関係国として発言し、過去数百万人の命が滅亡した過去の凶悪な犯罪や卑劣な人権侵害を経験したことを想起した。サムデク・フン・セン首相のウィンウィンの政策のおかげで、犯罪の企ては1998年に終了した。こんにちカンボジアは、経済成長と貧困率の低下を目の当たりにし、世界最高の経済パフォーマンスの一つにランクされた。しかし、選択的かつ未確認の情報源に基づき、特別報告者は、この国の状況が危険な転換点に達していると表明した。政治的操作はカンボジア政府に対して絶えず行われてきた。それにもかかわらず、カンボジアは、すべての国連人権メカニズムと協力することに引き続きコミットしていた。

In the ensuing discussion, speakers welcomed Cambodia’s ongoing cooperation with the Special Rapporteur, its engagement with the Universal Periodic Review, and its efforts to guarantee the rights of women and persons with disabilities. Nonetheless, they voiced concern about the Government’s continued crackdown on opposition parties, independent media and civil society, noting that in the current repressive climate, Cambodia could not possibly hold free and fair elections in 2018. They urged the Government to ensure an environment conducive to the conduct of political activities by all political parties, including through the reform of the Penal Code, which continued to be abused to silence the opposition. Some speakers stated that the Special Rapporteur’s report contained rather subjective prejudices that did not conform with the United Nations principles of objectivity, non-selectivity and impartiality. Cambodia maintained peace and economic development, and it should be able to choose its own development path.
続く議論において、発言者は、カンボジアの特別報告者との継続的協力、普遍的定期的審査への関与、女性と障害者の権利を保証する努力を歓迎した。それにもかかわらず、野党、独立メディア、市民社会に対する政府の継続的弾圧に懸念を表明し、現在の抑圧的な風潮においては、カンボジアは2018年に自由で公平な選挙を行うことができないと指摘した。同政府は、反対意見を沈黙させるために濫用が続いている刑法の改正を通じてを含む、すべての政党による政治活動の実施に資する環境を確保することを強く促された。一部発言者は、特別報告者の報告書には、国連の客観性、非選択性、公平性の原則に合致しない主観的偏見が含まれていると表明した。カンボジアは、平和と経済発展を維持し、独自の発展経路を選択することができなければならない。

Enhanced Interactive Dialogue on the Situation of Human Rights in the Democratic Republic of the Congo
コンゴ民主共和国における人権状況に関する強化双方向対話

[…]

China welcomed the efforts made by all parties in the Democratic Republic of the Congo to conclude a political agreement and effectively implement it. China hoped that the Government and the people would have the wisdom to solve existing difficulties. The international community should continue its constructive assistance to the country.
中国は、コンゴ民主共和国におけるすべての当事者が、政治的合意を締結し、効果的に履行するために成された努力を歓迎した。中国は、政府と国民が既存の困難を解決する知恵を得ることを望んだ。国際社会は、引き続き同国に対する建設的援助を継続すべきである。

[…]

Interactive Discussion on the Situation of Human Rights in Cambodia
カンボジアにおける人権状況に関する双方向議論

[…]

Japan said it had submitted a draft resolution on the human rights situation in Cambodia, which included a two-year extension of the mandate of the Special Rapporteur. She was asked to share her thoughts on the background to the recently heightened tensions, as well as what kind of technical cooperation Cambodia needed to improve the situation.
日本は、特別報告者のマンデートの二年延長など、カンボジアにおける人権状況に関する決議草案を提出したと述べた。彼女[特別報告者]は、最近高められた緊張の背景に関する考えを共有することに加え、カンボジアが状況を改善するためにどのような技術協力を必要とするかを尋ねられた。

[…]

China stated that the Special Rapporteur’s report contained rather subjective prejudices that did not conform with the United Nations principles of objectivity, non-selectivity and impartiality. Cambodia maintained peace and economic development, and it should be able to choose its own development path.
中国は、特別報告者の報告書には、国連の客観性、非選択性、公平性の原則に適合しない、むしろ主観的な偏見が含まれていたと表明した。カンボジアは、平和と経済発展を維持し、独自の発展経路を選択することができなければならない。

[…]


2017年10月9日