dancept1の備忘録

答弁権のエソロジー

第36回人権理事会:恣意的拘留と奴隷制度の現代的形態に関する双方向対話(答弁権)/傭兵の使用および有害廃棄物に関する双方向対話を終結/民主的で公平な国際秩序および一方的強制措置に関する双方向対話を開始


文書番号:HRC/17/125E

ノート:

  • ヒューマンライツ・ナウより高遠菜穂子氏が登場、米軍ほかによるイラクでの有毒廃棄物について発言。
  • 中国の答弁権による発言は、午前中の恣意的拘留と奴隷制度の現代的形態に関する双方向対話での指摘に対する反論(下記関連エントリ 2017-09-13 付参照 )。
  • ( UN Web TV の映像から)
    チャプター17:中国/ワン・イン(Wang Ying)政府代表
    チャプター40:ヒューマンライツ・ナウ/高遠菜穂子

    チャプター05:中国/ワン・イン政府代表

  • 関連エントリ

掲載URL:https://unog.ch/unog/website/news_media.nsf/(httpNewsByYear_en)/1B4128784BAEF21FC125819A00623F59?OpenDocument


HUMAN RIGHTS COUNCIL BEGINS DIALOGUE ON A DEMOCRATIC AND EQUITABLE INTERNATIONAL ORDER, AND ON UNILATERAL COERCIVE MEASURES
人権理事会、民主的で公平な国際秩序および一方的強制措置に関する対話を開始

 Concludes Interactive Dialogue on the Use of Mercenaries and on Hazardous Waste
傭兵の使用および有害廃棄物に関する双方向対話を終結

13 September 2017
2017年9月13日

The Human Rights Council this afternoon began a clustered interactive dialogue with the Independent Expert on a democratic and equitable international order and the Special Rapporteur on unilateral coercive measures.
この午後、人権理事会は、民主的で公平な国際秩序に関する独立専門家および一方的強制措置に関する特別報告者との集約化双方向対話を開始した。

[…]

Interactive Dialogue with the Working Group on the Use of Mercenaries and the Special Rapporteur on Hazardous Substances and Wastes
傭兵の使用に関する作業部会および有害物質と廃棄物に関する特別報告者との双方向対話

[…]

Interactive Dialogue
双方向対話

[…]

China noted that the rise in the number of private military companies in the world represented a new challenge since it was difficult to hold these companies accountable for their illegal activities and violations of human rights. China strongly supported the idea of creating a legally binding international instrument on this issue. China said it was implementing its international obligations on hazardous substances and wastes, and promoted recycling of resources.
中国は、これらの企業に違法行為や人権侵害の責任を負わせることは困難なため、世界の民間軍事会社数の増加は新たな課題を提示したと指摘した。中国は、この問題に関する法的拘束力のある国際文書を作成するという考えを強く支持した。中国は、有害物質や廃棄物に関する国際的義務を履行し、資源のリサイクルを促進していると述べた。

[…]

Human Rights Now noted that Iraqis had suffered from the toxic remnants of decades-long conflicts, which continued to cause serious health problems, particularly for children. All forces in Iraq, and especially United States’ forces, left behind toxic waste dumps and equipment.
ヒューマンライツ・ナウは、イラク人が数十年にわたる紛争の有毒な残骸に苦しめられ、これは特に児童への重大な健康問題を引き起こし続けたことを指摘した。イラクにおけるすべての勢力、特に米国軍は、有毒廃棄物のごみの山と装備をあとに残した。

Right of Reply
答弁権

[…]

China, speaking in a right of reply in response to some non-governmental organizations, objected to the allegations of the legal handling of some cases. Liu Xiaobo was a criminal convicted of violating Chinese law, and after he was diagnosed with liver cancer, experts had provided treatment for him, but his condition had continued to deteriorate and he had died. Ms. Liu Xia had personal freedom. Another person had committed crimes that were clear and substantiated. His case had nothing to do with human rights, as he was trying to incite hatred, which no country could tolerate. China’s handling of the case could not be interfered with. China was a country ruled by law, and being a lawyer was not a talisman to trample the rule of law. China urged non-governmental organizations to respect Chinese law and give up outrageous tactics.
中国は、いくつかの非政府組織に応じて返答権を主張し、いくつかの事件の法的取扱いの主張に反対した。劉暁波(リウ・シャオポー)は、中国の法律違反の有罪判決を受けた犯罪者であり、肝臓癌と診断された後、専門家が彼のために治療を提供したが、状態は悪化し続け、死亡した。劉霞(リウ・シア)氏には個人的な自由があった。もう一人は、明確かつ立証された犯罪を犯した。彼の事件は、国が容認することのできない憎悪を扇動しようとしており、人権とは何の関係もなかった。中国の事件の取扱いを干渉することはでなかった。中国は、法に支配された国であり、弁護士であることは法の支配を踏みにじる護符ではなかった。中国は非政府組織に中国の法律を尊重し、過激な戦術を放棄するよう強く求めた。

[…]


2017年9月20日