dancept1の備忘録

答弁権のエソロジー

第35回人権理事会:人権の促進と保護における技術協力に関する年次テーマ別討論


文書番号:HRC17/105E 

ノート:中国のいつもの主張「じんけんには援助が大事」。

掲載URL:

http://www.unog.ch/unog/website/news_media.nsf/(httpNewsByYear_en)/07E7219416EC6344C125814500566CD9?OpenDocument


HUMAN RIGHTS COUNCIL HOLDS ITS ANNUAL THEMATIC DISCUSSION ON TECHNICAL COOPERATION IN THE PROMOTION AND PROTECTION OF HUMAN RIGHTS
人権理事会、人権の促進と保護における技術協力に関する年次テーマ別討論を開催

 20 June 2017
2017年6月20日

The Human Rights Council this afternoon held its annual thematic discussion on technical cooperation in the promotion and protection of human rights, focusing on a decade of technical cooperation and capacity building in the Human Rights Council: challenges and the way forward.
人権理事会は、この午後、人権理事会における技術協力と能力育成の10年に焦点を当てる、人権の促進と保護における技術協力に関する年次テーマ別討論、挑戦と将来の道を開催した。

[…]

Discussion
討論

[…]

China, speaking on behalf of Brazil, Russia, India, China and South Africa (BRICS), shared the view on the importance of strengthening technical assistance and capacity building as an indispensable component of the international human rights system. It was crucial to engage constructively and in good faith with concerned countries.
中国は、ブラジル、ロシア、インド、中国南アフリカBRICS)を代表して発言し、国際人権制度の不可欠な構成要素である技術支援とキャパシティ・ビルディング[能力構築]の強化の重要性について意見を共有した。関係国と建設的かつ誠実に関わることは極めて重要だった。

[…]


2017年7月12日