dancept1の備忘録

答弁権のエソロジー

第35回人権理事会:ウィーン宣言に関する一般討論とレイシズムに関する特別報告者との対話


文書番号:HRC17/102E

ノート:

  • 中国の答弁権における発言に、「いくつかの(several)非政府組織の非難に反対する」とあるが、当会議要約では、直接中国に言及してるのは国連ウォッチしか確認出来なかった。
  • (反差別国際運動/小松泰介氏(事務局次長、ジュネーブ事務所)スピーチ全文)
    当会議要約では落ちているが、最後に「特別報告者が繰り返し要請したインド、日本、南アフリカ、タイへの訪問が[…]、後任者が要請を送った9か国だけでなく、実現することを望む」といった発言がある。

  • 下記も参照。

掲載URL:

http://www.unog.ch/unog/website/news_media.nsf/(httpNewsByYear_en)/D6CCCE693A25F4B0C1258144004B6C50?OpenDocument


HUMAN RIGHTS COUNCIL HOLDS GENERAL DEBATE ON THE VIENNA DECLARATION AND DIALOGUE WITH SPECIAL RAPPORTEUR ON RACISM
人権理事会、ウィーン宣言に関する一般討論とレイシズムに関する特別報告者との対話を開催

19 June 2017
2017年6月19日

The Human Rights Council this afternoon held a general debate on the follow- up to and implementation of the Vienna Declaration and Programme of Action, followed by an interactive dialogue with Mutuma Ruteere, Special Rapporteur on contemporary forms of racism, racial discrimination, xenophobia and related intolerance.
人権理事会は、この午後、ウィーン宣言と行動計画のフォローアップと実施に関する一般討論、続いて、レイシズム、人種差別、外国人嫌悪および関連した不寛容の現代的な形態に関する特別報告者、ムトゥーマ・ルトゥーレとの双方向対話を開催した。

[…]

General Debate on the Vienna Declaration and Programme of Action
ウィーン宣言に関する一般討論

[…]

China stated that the Vienna Declaration and Programme of Action had played a major role in the advancement of human rights. The right to development was a critical right, and developing countries should prioritize development according to their own priorities and local contexts. Countries should cooperate and respect the road to development chosen by the people in light of their own needs.
中国は、ウィーン宣言と行動計画が人権の向上に大きな役割を果たしてきたと表明した。開発権は重大な権利であり、途上国は優先順位と地域の状況に応じて開発の優先順位を決めるべきである。各国は、自身のニーズに照らして人々が選んだ開発への道を、協力し尊重しなければならない。

[…]

Pakistan said the Vienna Declaration and Programme of Action charted the basic principles in a balanced manner guaranteeing national ownership of the programme for the realization of all human rights, which were indivisible and interrelated. Pakistan had taken a number of initiatives for the implementation of the Vienna Declaration and Programme of Action, such as the China-Pakistan Economic Corridor which would enhance the energy security of the wider region.
パキスタンは、ウィーン宣言と行動計画は、不可分かつ相互に関連していたすべての人権の実現のためのプログラムの国家所有を保障するバランスのとれた方法で基本原則を策定したと述べた。パキスタンは、より広い地域のエネルギー安全保障を強化する中国パキスタン経済回廊のような、ウィーン宣言と行動計画の実施のための数々のイニシアチブをとった。

[…]

United Nations Watch recalled the case of Sun Qian, a Canadian citizen arrested in Beijing in February 2017. She was pepper sprayed in the face and eyes. In China, Falun Gong practitioners were subjected to widespread surveillance, arbitrary detention and torture. Would the United Nations turn a blind eye to such crimes against humanity.
国連ウォッチは、2017年2月に北京で逮捕されたカナダ市民、サン・キアンの事件を想起した。彼女は顔や目に唐辛子スプレーされた。中国では、法輪功学習者が、広範囲にわたる監視、恣意的拘禁、拷問を受けていた。国連は、このような人道に反する罪に眼を閉ざすのか。

[…]

Right of Reply
答弁権

[…]

China, speaking in a right of reply, said it opposed the accusations of several non-governmental organizations on alleged human rights violations in the country. The Falun Gong was an evil cult and an anti-China movement exercising harmful psychological control on its practitioners and their families. The Falun Gong was prohibited in order to ensure the respect of human rights in the country.
中国は、答弁権による発言で、同国における人権侵害の疑いに関する、いくつかの非政府組織の非難に反対すると述べた。法輪功は、その実践者と家族に有害な心理的コントロールを行使する凶悪なカルトで反中国運動だった。法輪功は、同国の人権の尊重を確保するために禁止された。

Interactive Dialogue with the Special Rapporteur on Contemporary Forms of Racism, Racial Discrimination, Xenophobia and Related
レイシズム、人種差別、外国人嫌悪および関連した不寛容の現代的な形態に関する特別報告者との双方向対話

[…]

International Movement against All Forms of Discrimination and Racism encouraged the Council to investigate the situation in countries where governments portrayed non-governmental organizations as terrorist groups. The Movement called on the Special Rapporteur to cooperate more with non-governmental organizations in his next report.
反差別国際運動は、政府が非政府組織を、テロリスト・グループとして描写した国の状況を調査するよう理事会に促した。同運動は、特別報告者に対し、次の報告において非政府組織とより多く協力するよう求めた。

Minority Rights Group said with regard to combatting racism and xenophobia in the context of countering terrorism that populist movements used the public’s fear of terrorism as a means to gain wider support for their messages of exclusion and to access power, and this was not only the case in western Europe and north America, but also in China, Sri Lanka, Ethiopia, Kenya and Chile.
マイノリティ・ライツ・グループは、反テロリズムの文脈におけるレイシズムと外国人嫌悪との戦いに関して、ポピュリストの運動が、国民のテロへの恐怖を、排除のメッセージと権力に接近するための広範な支持を得る手段として利用し、これは西ヨーロッパ、北アメリカだけでなく、中国スリランカエチオピアケニア、チリでも同様だったと述べた。


2017年7月9日