dancept1の備忘録

答弁権のエソロジー

第35回人権理事会:ブルンジとミャンマーにおける人権状況


文書番号:HRC17/096E

ノート:

掲載URL:
http://www.unog.ch/unog/website/news_media.nsf/(httpNewsByYear_en)/5B624502D33BC289C12581400051DACC?OpenDocument


HUMAN RIGHTS COUNCIL DISCUSSES SITUATION OF HUMAN RIGHTS IN BURUNDI AND IN MYANMAR
人権理事会、ブルンジミャンマーにおける人権状況を議論

15 June 2017
2017年6月15日

The Human Rights Council today held an interactive dialogue with the Commission of Inquiry on Burundi and an interactive dialogue with the Special Rapporteur on the situation of human rights in Myanmar.

人権理事会は、本日、ブルンジに関する調査委員会とミャンマーの人権状況に関する特別報告者との双方向対話を開催した。

[…]

Presentation by the Chair of the Commission of Inquiry on Burundi
ブルンジに関する調査委員会の議長によるプレゼンテーション

[…]

Interactive Dialogue
双方向対話

[…]

China said the Burundian Government had made efforts to promote national reconciliation, and supported the mediation of the East African community. Human rights issues should be addressed through constructive dialogue and cooperation, and the Human Rights Council should respect the territorial integrity and sovereignty of Burundi.
中国は、ブルンジ政府が国民和解を促進するための努力をし、東アフリカ共同体の仲介を支援したと述べた。人権問題は建設的な対話と協力を通じて対処すべきであり、人権理事会はブルンジの領土保全と主権を尊重すべきである。

[…]

Presentation by the Special Rapporteur on the Situation of Human Rights in Myanmar
ミャンマーの人権状況に関する特別報告者によるプレゼンテーション

[…]

Interactive Dialogue
双方向対話

[…]

Japan stated that promoting socio-economic development and reducing poverty were key steps in order to achieve a sustainable improvement in human rights in Myanmar and to build trust between all affected communities.
日本は、ミャンマーにおける人権の持続的な改善を達成し、影響を受けたすべてのコミュニティ間の信頼関係を構築するためには、社会経済開発の促進と貧困の削減が鍵となるステップだったと表明した。

[…]

China said that intercommunal affairs were internal affairs which could not be overcome overnight, and the international community should provide external situations conducive to the frictions being overcome.
中国は、コミュニティ間の事柄は一夜に克服することができない内政問題であり、国際社会は、摩擦を克服するのに貢献する外的状況を提供するべきだと述べた。

[…]

Democratic People’s Republic of Korea noted that country-specific procedures, including the one on Myanmar, often produced biased and non-factual reports, neglecting the reality on the ground. It should be well noted that Myanmar was striving to achieve national reconciliation and to ensure citizens’ human rights.
北朝鮮は、ミャンマーに関するものを含む国別手続きは、現地の実情を無視した、偏った事実ではない報告をしばしばつくりだしたと指摘した。ミャンマーは、国民和解を達成し市民の人権を確保するために努力していたことによく留意すべきである。

[…]

Republic of Korea noted Myanmar’s continued engagement with the Special Rapporteur and its full accord with the interim report of the Advisory Commission on Rakhine State. A safe environment for human rights defenders was vital in promoting and protecting human rights.
韓国は、ミャンマーの特別報告者との継続的な関与と、ラクヒン州諮問委員会の中間報告との完全な合意に留意した。人権擁護者のための安全な環境は、人権の促進と保護に不可欠だった。

[…]


2017年7月1日