dancept1の備忘録

答弁権のエソロジー

第35回人権理事会:ベラルーシにおける人権状況に関する特別調査者との双方向対話


文書番号:HRC17/092E

ノート:

  • (毎度ながら…)
    中国は人権問題のいかなる政治化にも反対
    北朝鮮は、人権分野における政治化、選択性、二重基準に反対
    ── ただし日本(の歴史問題)に対しては除く。
  • 下記も参照。

掲載URL:
http://www.unog.ch/unog/website/news_media.nsf/(httpNewsByYear_en)/BC3B6CEC515B082EC125813F004D9CE6?OpenDocument


HUMAN RIGHTS COUNCIL HOLDS INTERACTIVE DIALOGUE WITH THE SPECIAL RAPPORTEUR ON THE SITUATION OF HUMAN RIGHTS IN BELARUS
人権理事会、ベラルーシにおける人権状況に関する特別調査者との双方向対話を開催

14 June 2017
2017年6月14日

The Human Rights Council this afternoon held an interactive dialogue with Miklos Haraszti, Special Rapporteur on the situation of human rights in Belarus.
人権理事会は、この午後、ベラルーシの人権状況に関する特別報告者、ミクロス・ハラスツィとの双方向対話を開催した。

[…]

Interactive Dialogue
方向対話

[…]

China welcomed the progress made by Belarus and the adoption of its human rights action plan. Human rights differences should be handled through cooperation, and China opposed any politicization of human rights issues.
中国は、ベラルーシによって成された進展と人権行動計画の採択を歓迎した。人権の違いは協力を通じて扱われるべきであり、中国は人権問題のいかなる政治化にも反対した。

Democratic People’s Republic of Korea said it opposed politicization, selectivity and double standards in the field of human rights and rejected any attempt to interfere in the internal affairs of States. Thus, the Democratic People’s Republic of Korea did not see any value in the adoption a politically motivated resolution that foresaw the extension of the mandate of the Special Rapporteur on Belarus.
北朝鮮は、人権分野における政治化、選択性、二重基準に反対し、国家の内政を妨害しようとするいかなる試みも拒否したと述べた。したがって、北朝鮮は、ベラルーシに関する特別報告者のマンデートの延長が見込まれる、政治的に動機づけられた決議を採択することに、いかなる価値も見い出さなかった。


2017年7月1日