dancept1の備忘録

答弁権のエソロジー

国際人権連盟

第40回人権理事会:シリア・アラブ共和国、ニカラグア、およびパレスチナ被占領地を含む29の決議を採択後、四十回セッションを閉会

文書番号:HRC/19/58E ノート: 本セッションにおける日本の発言は 16 の会議要約で採録 *1 、決議スポンサー *2 はひとつのみ(前回セッション比プラマイゼロ)。中国は今回もほとんどの会合で発言していたが、スポンサー決議は無し(同プラマイゼロ)、北…

第40回人権理事会:ベリーズ、チャド、中国およびマルタの普遍的定期的審査結果を採択

文書番号:HRC/19/42E ノート: 中国は、昨年11月に行なわれた作業部会(関連エントリ 2018-11-09 参照)で提起された346件の勧告のうち、284件を「受け入れ」、62件を「留意」とした。以下カッコ内の番号は作業部会の結果報告 A/HRC/40/6(2017年12月26日)…

第40回人権理事会:北朝鮮に関する人権高等弁務官の報告のプレゼンテーション/理事会の注意を要する人権状況に関する一般討論(日本 vs 北朝鮮 2nd ラウンド)

文書番号:HRC/19/35E ノート: 「北朝鮮における人権侵害についての説明責任に関する独立専門家グループによる勧告の実施に関する高等弁務官の報告」は拉致問題への言及は無し。報告書にも具体的に「拉致」との言及は無いようである(国連人権高等弁務官事…

第40回人権理事会:テロリズム対策の一方での人権保護に関する双方向対話

文書番号:HRC/19/14E ノート: 中国がテロ対策への持論を展開。NGO から中国人権研究会(CSHRS)*1 が登場、ウイグル問題に関して中国政府のような発言で側面サポート。国際法律家委員会(本部ジュネーブ)が、アーティクル19(ロンドン)、アムネスティ・…

第35回人権理事会:国内避難民の人権および人権と極度の貧困に関する双方向対話

文書番号:HRC17/079E ノート: オルストン特別報告者が中国でのマンデート実施への「いくらかの抵抗」を指摘。中国:「中国政府は、報告にいくつかの修正を求めていた。その要請は考慮されなかった。彼の結論において特別報告者は、犯罪者のいくつかの勾留…

拷問禁止委員会:日本の第二回報告に関する総括所見への「日韓合意」(慰安婦問題)についての追加フォローアップ報告に対する韓国政府による情報提供

文書番号:KGL/Pol/2016/8 ノート: 拷問禁止委員会第50回セッション(2013年5月)において委員会が採択した、日本の第二回定期報告に関する総括所見(最終報告)CAT/C/JPN/CO/2 への、日本政府による追加フォローアップ情報 CAT/C/JPN/CO/2/Add.2(2016年5…