dancept1の備忘録

答弁権のエソロジー

全訳

第37回人権理事会:北朝鮮における人権状況に関する特別報告者との双方向対話

文書番号:HRC18/035E ノート: 「引き続き深く懸念」の特別報告者(人権理事会)。31か国(地域)、7 NGO が発言。日本の NGO による発言はなし。当要約では日本による拉致問題への言及はオミットされた。 キューバ、シリア(特別手続対象国 *1 )、ベネズ…

第8130回安全保障理事会:北朝鮮における人道状況に関するブリーフィング聴取を許可する手続き投票を採択

文書番号:SC/13115 ノート: 「国連会合報道およびプレスリリ-ス(Meetings Coverage and Press Releases)」ホームページ(英語)より。 会合は仏、伊、日、セネガル、瑞、ウクライナ、英、米、ウルグアイの九か国の理事国の要請で開催された(下記掲載書…

「共謀罪法案」についてのプライバシーに関する特別報告者と日本政府とのコミュニケーションの状況

文書番号:(無し) ノート: 人権高等弁務官事務所ホームページの「プライバシーに関する特別報告者」ページ「ハイライト」に、「説明(CLARIFICATION)」と題された、安倍総理とグテーレス国連事務総長の懇談で言及された、特別報告者の立場に関する件につ…

拷問禁止委員会:日本の第二回報告に関する総括所見への「日韓合意」(慰安婦問題)についての追加フォローアップ報告に対する韓国政府による情報提供

文書番号:KGL/Pol/2016/8 ノート: 国連拷問禁止委員会第50回セッション(2013年5月)において委員会が採択した、日本の第二回定期報告に関する総括所見(最終報告)CAT/C/JPN/CO/2 への、日本政府による追加フォローアップ情報 CAT/C/JPN/CO/2/Add.2(2016…

挺対協共同議長・代表、尹美香(ユン・ミヒャン)氏と犠牲者の一人、吉元玉(キル・ウォンオク)氏との事務総長会談

文書番号:(なし) ノート: 国連事務総長(United Nations Secretary-General)ホームページ「リードアウト(Readouts)」ならびに、国連会合報道およびプレスリリ-ス(Meetings Coverage and Press Releases)ホームページ「昼のブリーフィング(NOON BR…

事務総長、「慰安婦」問題に関する合意を歓迎、日韓関係改善に資することへの期待を表明

文書番号:SG/SM/17436-WOM/2055 ノート: 国連ホームページ「事務総長プレスリリース」より。素早い反応。 「合意に達したことを歓迎」。 「歴史認識に基づいて」未来志向の関係を構築することの重要性を強調。 国連事務総長ホームページにも掲載あり(同内…