dancept1の備忘録

答弁権のエソロジー

デイヴィッド・ケイ

中国:人権派弁護士、江天勇の嫌がらせを止めなければならない、国連専門家述べる

文書番号:(なし) ノート: 国連人権高等弁務官事務所ホームページ「プレスリリース」(英語)より。 下記9月12日に続いて中国。江氏に関する何度目かの声明。こんかいもデイヴィッド・ケイ氏の名も見える。 関連エントリ 掲載URL:https://www.ohchr.org/…

中国/香港SAR:国連専門家、抗議者の権利を尊重するよう中国に強く促す

文書番号:(なし) ノート: 国連人権高等弁務官事務所ホームページ「プレスリリース」(英語)より。 おなじみ(?)デイヴィッド・ケイ氏の名も見える。 UPI(2019年9月12日) 「国連専門家:香港の抗議者の権利守る」 掲載URL:https://www.ohchr.org/EN…

第41回人権理事会:意見と表現の自由ならびに平和的集会および結社の自由/移住者の人権ならびに人権と国際連帯に関するマンデート保持者との双方向対話を終結

文書番号:HRC19.065E ノート: 表現の自由に関する特別報告者、デイヴィッド・ケイ氏による報告。フォローアップ報告書(A/HRC/41/35/Add.2)における日本についての報告内容への言及は無し。2017年の日本訪問報告については関連エントリ 2017-06-12 参照。…

第73回総会第三委員会:障害を持つ女性、少女は性の健康権を拒否される、第三委員会専門家、他がジャーナリストの保護、礼拝の自由を求めるなか強調

文書番号:GA/SHC/4240 アジェンダ: アイテム74:人権の促進と保護 アイテム74(a):人権文書の履行 アイテム74(b):人権および基本的自由の効果的享受を改善するための代替アプローチを含む、人権問題 アイテム74(c):人権状況ならびに特別報告者およ…

国連、警戒すべき領域の警告ならびに被害者、活動家および人権擁護者に対する報復の影響を報告

文書番号 プレスリリース:(なし) 報告書:A/HRC/39/41 ノート: 国連人権高等弁務官事務所ホームページ「プレスリリース」(英語)より。当該の事務総長年次報告「人権分野における国連、その代表者およびメカニズムとの協力」から中国と日本に関する記述…

第38回人権理事会:超法規的処刑および表現の自由に関する特別報告者との双方向対話/米国の理事会脱退表明

文書番号:HRC18/082E ノート: 前日から続くこのアジェンダにして中国や北への言及は(当要約によれば)、ヘルシンキ人権財団(本部ポーランド、ワルシャワ)が中国のサイバーセキュリティ法に言及したのみ(発言:メラニー・ブロンデル氏)。アメリカが脱…

第38回人権理事会:超法規的・簡易的または恣意的処刑、および意見と表現の自由に関する報告のプレゼンテーション/高等弁務官の口頭報告に関する一般討論(答弁権)

文書番号:HRC18/081E ノート: デイヴィッド・ケイ氏が報告(日本への言及は無い)。 この報告を受け、翌日の双方向対話に続く(下記掲載関連エントリ 2018-06-20 参照)。 中国が、午前の高等弁務官の報告に関する一般討論での、良心の自由のための団体と…

中国:国連専門家、投獄された権利弁護士、江天勇の健康について懸念

文書番号:(なし) ノート: 国連人権高等弁務官事務所ホームページ「プレスリリース」(英語)より。 (ロイター/2018年3月23日) 「国連人権専門家、権利弁護士のケア提供を中国に強く促す」 関連エントリ 掲載URL:https://www.ohchr.org/EN/NewsEvents…

中国:国連専門家、人権派弁護士の投獄を非難

文書番号:HR/17/377E ノート: 国連ジュネーブ事務局ホームページ「プレスリリース」より。 注釈に、総理が国連事務総長に立場を確認したり、ネット上で「国連の方から来ました」などと書かれたりする「国連専門家」についての説明がある。 なお、人権専門…

第36回人権理事会:諮問委員会との双方向対話/国連との協力者に対する報復と小農の権利に関する国連宣言草案に関する報告のプレゼンテーション

文書番号:HRC/17/139E ノート: アンドリュー・ギルモア人権担当事務次長補による、国連との協力者に対する報復に関する事務総長報告が中国に言及。この件に関する一般討論における中国の反論については下記関連エントリ参照。 上記報告書 A/HRC/36/31 はリ…

第36回人権理事会:理事会の注意を要する人権状況に関する一般討論を終結

文書番号:HRC/17/137E ノート: 非暴力急進党トランスナショナルとトランスパーティ(本部ローマ)が、中国によるウイグル人学生の処遇について言及。 国際キャリア支援協会から藤木俊一氏が、意見と表現の自由に関する特別報告者デイヴィッド・ケイ氏の報…

第35回人権理事会:開発権を含む、すべての人権、市民的、政治的、経済的、社会的、文化的権利の促進と保護に関する一般討論を終結

文書番号:HRC17/090E ノート: 70余りのNGOが意見表明したが、カナダ法律家権利ウォッチと被抑圧民族協会(ドイツ)が中国を非難。中国はお抱え(?)NGO( "NNGO" だな(笑)も立てて猛反発。 なお、被抑圧民族協会のピーター・アーウィン氏は、同じくドイ…

第35回人権理事会:意見と表現の自由に関する特別報告者との双方向対話を終結/市民的、政治的、経済的、社会的および文化的権利の保護に関する一般討論を開始

文書番号:HRC17/088E ノート: 高等弁務官の口頭報告に関する一般討論(6月7日)では、例によって非難合戦となった日本と北朝鮮を横に北朝鮮の拉致を非難するだけで新政権になっても慰安婦問題での日本「非難を控え」ていた韓国だが、ここは黙ってはおれぬ…

第35回人権理事会:意見と表現の自由に関する特別報告者との双方向対話を開始

文書番号:HRC17/086E ノート: 会合続きは下記掲載の関連エントリ 2017-06-13 参照。 (外務省ホームページ) 「表現の自由」特別報告者の訪日報告書のパラ50に関する訂正(A/HRC/35/22/Add.1/Corr.1)2017年10月30日発行:(仮訳(PDF))(英語正文(PDF…

第35回人権理事会:テーマ別/国別チャート

文書番号:なし(HRC35ThematicCountryChartJune 2017.pdf) ノート: 目次、および、本文チャートから観測対象以外だがG7の米、英、豪、北欧ノルウェーなども訳出した。北朝鮮はテーマアップされていない。 下記も参照。 掲載URL:http://www.ohchr.org/EN/…