dancept1の備忘録

答弁権のエソロジー

第41回人権理事会:(35・36回会合)中央アフリカ共和国およびロヒンギャにおける人権状況に関する双方向対話/技術支援とキャパシティ・ビルディングに関する一般討論


文書番号:——

ノート:

掲載URL:——


2019年7月21日

第41回人権理事会:(34回会合)人権の推進と保護における技術協力に関する年次テーマ別パネルディスカッション


文書番号:——

ノート:

  • 中国が発言。

  • UN Web TV

    技術協力に関するパネルディスカッション - 41回人権理事会定例セッション34回会合

掲載URL:——


2019年7月21日

第41回人権理事会:(33回会合)コンゴ民主共和国における人権状況に関する調査委員会口頭報告に関する双方向対話


文書番号:——

ノート:

  • 中国が発言。

  • UN Web TV

    拡張 ID:コンゴ民主共和国における人権 - 41回人権理事会定例セッション33回会合

  • 関連エントリ

    (前回セッション)

掲載URL:——


2019年7月21日

第41回人権理事会:(32回会合)レイシズム、人種差別、外国人嫌悪および関連する不寛容に関する一般討論/スーダン政府および人権高等弁務官事務所による口頭報告に関する双方向対話


文書番号:——

ノート:

  • 前日続きのレイシズムに関する一般討論(続き)において中国が答弁権を行使し、「一部の NGO 」に反論。ヨーロッパ法律司法センター(European Centre for Law and Justice)などが言及した模様 *1 。後述の反差別国際運動も参照。

  • 同一般討論(続き)で "GONGO"(Government Organized NGO/政府組織非政府組織)こと中国チベット文化保護・発展協会(CAPDTC)*2 が発言:「チベットはあらゆる面において驚異的な社会変革と人権向上を達成した」云々。2日には中国人権研究会(CSHRS)が下記サイドイベントを開催していた。

    新華網(2019年7月3日)

  • 同一般討論(続き)で、前日の特別報告者との双方向対話(続き)でも発言した反差別国際運動(IMADR)が香港のマイノリティについて提起。

  • スーダンに関する双方向対話で日本、韓国、中国が発言。

  • (外務省声明)

    第41回人権理事会 議題10 スーダン政府及びOHCHRによる口頭報告に関する強化されたインタラクティブ・ダイアローグにおける中込正志公使によるステートメント(令和元年7月9日)(英語

  • UN Web TV

    項目9一般討論(続き)- 41回人権理事会定例セッション32回会合

    拡張 ID:スーダンにおける人権 - 41回人権理事会定例セッション32回会合

    チャプター12:日本/中込正志在ジュネーブ政府代表部公使
    チャプター21:韓国/チェ・ウォンソク(Won-Seok Choi)政府代表
    チャプター28:中国/リュウ・ジャ(Liu Jia)政府代表

  • 関連エントリ

掲載URL:——


2019年7月21日

*1:前回セッションでも言及していた。 

*2:下記参照。

第41回人権理事会:(31・32回会合)レイシズム、人種差別、外国人嫌悪および関連する不寛容に関する双方向対話ならびに一般討論


文書番号:——

ノート:

  • レイシズム、人種差別、外国人嫌悪および関連する形態の不寛容、ダーバン宣言と行動計画のフォローアップと実施に関する一般討論で中国が発言。

  • 同特別報告者との双方向対話(続き)で反差別国際運動(IMADR)がインドネシアの西パプア(フランシスカン・インターナショナルと共同)について提起。

  • UN Web TV

    ID:人種差別に関する SR(続き) - 41回人権理事会定例セッション31回会合

    項目9一般討論 - 41回人権理事会定例セッション32回会合

  • 関連エントリ

掲載URL:——


2019年7月21日

第41回人権理事会:(29・30回会合)パレスチナおよびその他のアラブ被占領地における人権状況、ならびにウィーン宣言と行動計画のフォローアップと実施に関する一般討論


文書番号:——

ノート:

  • パレスチナおよびその他のアラブ被占領地で中国、北朝鮮が発言。

  • ウィーン宣言と行動計画 *1 のフォローアップと実施で中国が発言。

  • 同じく国連ウォッチから香港の歌手、デニス・ホー(何韻詩)氏が香港「逃亡犯条例」について発言。3日の会合同様、中国が議事進行を提起して声明を遮っている *2 。人気歌手の声明ということでただでさえメディアの注目が集まるのは明らかなのだが、「ひとつの国チャイナ」ポリシーが優先する *3 。答弁権も行使して反論。

    新唐人NTDTV(2019年7月9日)

  • (メディア報道より)

    時事通信(2019年7月10日)

    AFP(2019年7月9日)

    CNN(2019年7月9日)

    ※ 英語版のほうが詳細(7月8日)

    ロイター(2019年7月9日)

    「香港の歌手・活動家、国連権利機関に領域保護を要請」

  • UN Web TV

    項目7一般討論 - 41回人権理事会定例セッション29回会合

    項目8一般討論(続き)- 41回人権理事会定例セッション30回会合

    チャプター05:中国/チュー・レンタオ(Zhu Rentao)政府代表
    チャプター68:国連ウォッチ(議事進行)/デニス・ホー(Denise Ho)氏
    チャプター69:中国(議事進行)
    チャプター76:中国(答弁権)

掲載URL:——


2019年7月16日

*1:神戸大学ホームページ)

*2:国連ウォッチについては下記も参照。

*3:参考:


第41回人権理事会:(27・28回会合)ベネズエラにおける人権状況に関する双方向対話/ドミニカの普遍的定期的審査結果を採択/普遍的定期的審査に関する一般討論


文書番号:——

ノート:

  • ベネズエラにおける人権状況に関する双方向対話で日本、北朝鮮、中国が発言。

  • ドミニカの UPR で中国、北朝鮮が発言。加えて前日のベトナムで中国、北朝鮮、同じくアフガニスタン、イエメンおよびキプロスで中国が発言。左記五か国に加え、前日のチリ、ニュージーランドウルグアイ、バヌアツ、スロバキアコモロスおよび北マケドニア、本日のエリトリアおよびカンボジアの計14か国の UPR 結果の検討・採択が行なわれた。

  • 普遍的定期的審査に関する一般討論で中国が発言。UPR ポエム。前回セッションの一般討論も参照(関連エントリ 2019-03-15 )。

  • (外務省声明)
    第41回人権理事会 議題2 人権高等弁務官ベネズエラのレポートに関する強化されたインターラクティブ・ダイアローグ 中込正志公使ステートメント(令和元年7月5日)(英語

  • UN Web TV

    拡張 ID:ベネズエラにおける人権 - 41回人権理事会定例セッション27回会合

    チャプター13:日本/中込正志在ジュネーブ政府代表部公使
    チャプター25:北朝鮮/ムン・ジョンチョル(Mun Jong Chol)在ジュネーブ政府代表部参事官
    チャプター33:中国/チュー・レンタオ(Zhu Rentao)政府代表

    ドミニカ UPR 報告の検討 - 41回人権理事会定例セッション28回会合

    項目6一般討論 - 41回人権理事会定例セッション28回会合

  • 関連エントリ

    (前回セッション)

掲載URL:——


2019年7月16日

第41回人権理事会:(24 - 26回会合) ベトナム、アフガニスタン、イエメンおよびキプロスの普遍的定期的審査結果を採択


文書番号:——

ノート:

  • ベトナムで中国、北朝鮮が発言。アフガニスタン、イエメンおよびキプロスで中国が発言。

  • UN Web TV

    ベトナム UPR 報告の検討 - 41回人権理事会定例セッション24回会合

    アフガニスタン UPR 報告の検討 - 41回人権理事会定例セッション24回会合

    イエメン UPR 報告の検討 - 41回人権理事会定例セッション25回会合

    キプロス UPR 報告の検討 - 41回人権理事会定例セッション26回会合

  • 関連エントリ

掲載URL:——


2019年7月16日